「しげる」の思い出

本屋さんへ行こう!の最近のブログ記事

直木賞作家の荻原浩さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、「第155回 直木賞」を受賞されました、

作家の荻原浩さんにお越しいただきました。

 

本屋20160822.jpg

 

荻原浩さんは1956年、埼玉県のお生まれ。 成城大学経済学部を卒業されたあと、

広告制作会社に勤務。その後、フリーのコピーライターを経て、1997年「オロロ畑で

つかまえて」で「第10回 小説すばる新人賞」を受賞し作家デビューを果たされました。

また、2004年に発売された「明日の記憶」で「第18回 山本周五郎賞」を受賞すると、

渡辺謙さん主演で映画化もされ、話題となりました。 そして、2005年の「あの日に

ドライブ」で「第134回 直木賞」の候補となると、2006年には「四度目の氷河期」で、

2008年には「愛しの座敷わらし」、2010年には「砂の王国」で直木賞候補となり、

今回、遂に5度目で直木賞を受賞されました。 また、その間、2014年には「二千

七百の夏と冬」で「第5回 山田風太郎賞」を受賞されています。

 

今回は、直木賞受賞作品『海の見える理髪店』についてお話を伺いました。

 

☆荻原浩さん著書情報

 『海の見える理髪店』

 (集英社より、税別1400円にて発売中)

 

 

編集者でライターの南陀楼綾繁さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、このコーナーの準レギュラーである、

編集者でライターの南陀楼綾繁さんにお越しいただきました。

 

本屋20160815.jpg

 

今回は、全国を回られているイベント『一箱古本市』や、築地にある築地ガーデンビルで

開催中のイラストレーター・畑たいむさんの原画展『北九州裏路地さんぽ』などについて

お話を伺いました。

 

 

『「第155回 芥川賞・直木賞」を総括』

今週の『本屋さんへ行こう!』には、「くにまるジャパン」が誇るブック・コンシェルジュ、

「ジュンク堂」池袋本店の副店長、田口久美子さんにお越しいただきました。

 

本屋20160801.jpg

 

今回は、先月19日に発表になった『第155回 芥川賞・直木賞』の総括ということで、

「芥川賞」を受賞された村田沙耶香さんの『コンビニ人間』、そして、「直木賞」を受賞

された荻原浩さんの『海の見える理髪店』について解説していただきました。

 

 

伊藤佳子アナ&鈴木純子アナが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、文化放送のアナウンサーで、気象予報士としても

活躍中の伊藤佳子アナと鈴木純子アナが登場。

 

本屋20160725.jpg

 

今回は、7月5日に出版されたばかりの二人の共著『いざというときに身を守る 

気象災害への知恵』について、お話を伺いました。

 

☆伊藤佳子アナ・鈴木純子アナ 著書情報

 『いざというときに身を守る 気象災害への知恵』

       (求龍堂より、税別1100円にて発売中)

 

 

「笑い飯」の哲夫さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、「よしもとクリエイティブエージェンシー」所属の

漫才コンビ「笑い飯」の哲夫さんにお越しいただきました。

 

本屋20160711.jpg

 

「笑い飯」の哲夫さんは1974年、奈良県のお生まれ。関西学院大学 文学部哲学科を

ご卒業後、2000年に西田幸治さんと「笑い飯」を結成。 漫才のビッグイベント「M-1

グランプリ」には第2回から10回まで毎年ファイナリストとして出場され、第10回大会で

見事グランプリに輝きました。

 

また、幼い頃から般若心経に関心があり、独学で仏教について研究されてきました。

そんな中、写経している姿を多くの芸人さんに目撃されたことから「仏教好き」を公表

したところ、各地から講演依頼が殺到! そして、2011年には東京大学・本郷キャン

パスにおいて「笑い飯・哲夫のおもしろ仏教講座」を開講し、500人以上の東大生を

前に熱弁をふるわれました。

 

これまでに、「えてこでもわかる 笑い飯 哲夫訳般若心経」、「花びらに寄る性記」

などの本を出されています。

 

今回は、今年の1月に出版された最新刊『ブッダも笑う 仏教のはなし』について、

お話を伺いました。

 

☆笑い飯・哲夫さん著書情報

●『ブッダも笑う 仏教のはなし』

 (サンマーク出版より、税別1300円にて発売中)

 

『2016年上半期のビジネス書を振り返る!』

今週の『本屋さんへ行こう!』には、このコーナーの準レギュラーともいえる存在、

ビジネス書評家の土井英司さんにお越しいただきました。

 

本屋20160630.jpg

 

今回は、『2016年上半期のビジネス書を振り返る!』というテーマでお話し頂きました。

 

【2016年上半期、印象に残ったビジネス書】

●『超一流の雑談力』/安田正(文響社より、税別1380円にて発売中)

●『幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えⅡ』/岸見一郎・古賀史健

                    (ダイヤモンド社より、税別1500円にて発売中)

●『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』/藤由達蔵

        (青春出版社より、税別1300円にて発売中)

●『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』/デイヴ・アスプリー著、栗原百代 訳

                      (ダイヤモンド社より、税別1600円にて発売中)

●『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』/児島明日美・福田真弓 他

                           (税別1400円にて発売中)

 

 

映画プロデューサー・作家の川村元気さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、映画プロデューサーとして数々の大ヒット映画を

プロデュースされ、また、ベストセラー作家としてもご活躍中の川村元気さんにお越し

いただきました。

 

本屋201606020.jpg 

 

川村元気さんは1979年、横浜のお生まれ。 上智大学文学部新聞学科をご卒業後、

『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』『バケモノの子』

『バクマン。』などの映画を製作し、ヒットを記録。 2010年にアメリカの「ザ・ハリウッド・

リポーター」誌の「ネクスト・ジェネレーション・アジア」に選出されると、翌2011年には、

優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。 また、2012年に発表

された初めての小説『世界から猫が消えたなら』が本屋大賞にノミネートされ、130万

部突破の大ベストセラーを記録。現在、佐藤健さん、宮崎あおいさん出演による映画も

大ヒット上映中です。

 

今回は、4月に出版された川村さんの新刊『理系に学ぶ。』と『超企画会議』について、

お話を伺いました。

 

☆川村元気さん著書情報

●『理系に学ぶ。』

 (ダイヤモンド社より、税別1500円にて発売中)

●『超企画会議』

 (KADOKAWAより、税別1300円にて発売中)

 

俳優の玉木宏さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、俳優の玉木宏さんにお越しいただきました。

 

玉木宏①.jpg

 

今回は、現在、絶賛公開中の玉木さん主演の映画『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』

についてお話を伺いました。

 

 

小説家の島田荘司さんが1年ぶりの登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、推理小説界の大御所である島田荘司さんに

お越しいただきました。

 

本屋160606.jpg

 

今回は、島田さんの著書『星籠の海』が映画化された作品『探偵ミタライの事件簿 

星籠の海』のほか、最新作となる『屋上の道化たち』についてお話を伺いました。

 

 

☆島田荘司さん 著書情報

 『屋上の道化たち』

 (講談社より、税別2000円にて発売中)

 

 

音楽評論家のサラーム海上さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、このコーナーには初めてのご出演となる、

音楽評論家のサラーム海上さんにお越しいただきました。

 

本屋20160530.jpg

 

サラームさんには、これまで"よろずエキゾ風物ライター"として、以前お送りしていた

「エキゾチック・ジャポン」や「音楽マスターピース」などのコーナーに定期的にご出演

いただいておりました。

 

今回は、5月27日に発売されたサラーム海上さんの最新刊『MEYHANE TABLE 

家メイハネで中東料理パーティー』についてお話を伺ったほか、その本の中で紹介

されている料理を実際に何品か作っていただきました。

 

本屋20160530②.jpg

 

☆サラーム海上さん著書情報

 『MEYHANE TABLE 家メイハネで中東料理パーティー』

       (株式会社LD&Kより、税別1600円にて発売中)

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11