文化放送

セキスイハイム プレゼンツ 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

日曜日 9時30分~9時55分

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!
金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

2012年11月19日

11月25日「2012秋・大人のファッション」

★オトナ放談
オトナのファッションは画一的になりがち。
売ってる側もそんな考えにとらわれている...とお二人。
「退職したからカジュアルにならなくちゃいけない、ということはない」(大垣さん)
「確かに、男の人はスーツ着ちゃいけないって思いこんでるかも」(残間さん)
そして残間さんは、オトナ世代女性の「あるファッション」に苦言を呈します。
「日本女性の体形に合わないのに、愛用者が多い」という、
その服は...!?

★オトナの一曲
「9時から5時まで/ドリー・パートン」
80年、同名コメディ映画の主題歌でした。

★オトナのためのお金の話
今週は、活性化しつつある中古住宅...
大垣さんとしては、この言い方には抵抗があるようですが...
その新しい形である、センチュリー21の「リボーン21」をご紹介。
中古住宅の購入とリフォームをセットにしたこのプラン。
「あえて儲けが減るのも構わず乗り出した、革命的事業」と
大垣さんが勧めております。

★田舎暮らしエクスプレス
ハワイ、マウイ島で暮らしていたものの、
ヴィザが取り難くなり帰国を決意。
愛媛、宇和島市に落ち着いた霜山哲夫さんをご紹介。
ご夫婦は東北・北海道の出身。
帰国後も暖かいところに...ということで、
3ヶ月体験移住ができて海があってミカンのおいしい
この町に決めた!


2012年11月15日

11月18日「オトナの酒飲み事情」

★オトナ放談
いよいよボジョレー解禁!ということでテーマは「お酒」。
最近「ノンアル」が大流行ですが、好奇心いっぱいの残間さんは「全部買ってる」
大垣さんは、お酒は飲むそうですが、
若い頃に比べて二日酔いが遅く来る。「次の日の昼くらいがしんどい」とのこと。
ちなみに大垣さんは、酔うとやたら「××する」クセがあるんだそうです。
さて、その意外なクセとは...

★オトナの一曲
「学生街の喫茶店/ガロ」
72年の大ヒット。現在もメンバーのライブは満員御礼!

★オトナのためのお金の話
「せっかく自宅を賃貸に出すなら、お金をかけて
 リフォームなどする方が、高い家賃を取れるのでお得」
...って、ウソ?ホント?
これはウソではないけど、あまり高いお金をかける必要もない。
もちろん家賃を高く取りたければきれいにするのは大事ですが、
それよりも、長く貸したいなら「耐震補強が大事!」とのことです。

★田舎暮らしエクスプレス
京都から島根県雲南市に住み替えた奥井義晴さん。
引越し先は朽ち果てようとしていた生家。
奥様は「しぶしぶ同意」だったそうで、さてこれからの暮らしは!?


11月11日「オトナだって勉強したい!」

★オトナ放談
もう一度勉強したい!という強い思いを持つ人が多いオトナ世代。
そこで各大学はこのマーケットに乗り出そうとしていますが、
「教えるのは大変。手強いし、生徒の方が詳しかったりする」と大垣さん。
ただし、「自分のやってきたことにこだわる人は伸びない」んだそうです。

★オトナの一曲
「追憶/バーブラ・ストライザンド」
同名映画の主題歌。
「あのころ、みんなセーター編んでたのよ」(残間さん)

★オトナのためのお金の話
「「自宅を貸しても大して家賃が取れない上に
 税金がかかって面倒だ」って、ウソ? ホント?
...これは人によると思います、と大垣さん。
東京でそこそこの家を貸せば、手元に入るのは月に8万円程度。
「でもこれが利息だとすると、元金が19億2千万必要なんですよ」
さて、この現実をどう評価するか。

★田舎暮らしエクスプレス
熊本から阿蘇山麓に住み替えられた谷岡鈴子さんが登場。
温泉、景色が魅力的で、前から憧れだった土地への住み替えを果たし、
とても幸福そうなご様子が伝わってきます!


10月28日 浜松町メディアプラスホールより公開録音 その2

前週に引き続き、公開録音のパート2。
今回は「田舎暮らしエクスプレス・スペシャル」
宝島社「田舎暮らしの本」の柳編集長をお招きして、
「田舎暮らしの真実」に肉迫!
そして実際に、横浜と河津を往復しながら
「田舎ライフ」を満喫している畦田さんご夫妻にもお越しいただいて、
ナマの貴重な情報を伺いました!


10月21日 浜松町メディアプラスホールより公開録音 その1

★大人放談スペシャル!
浜松町駅前、文化放送12階メディアプラスホールに、
リスナーの皆様をお招きしての公開録音の模様をお送りしました。
この日は「大人放談スペシャル」。
・二世帯住宅最新事情
・年金も給料も、どちらもゲット!
・やっぱり旅が好き
・それでも体の変化は気になります

...といったテーマについて、たっぷりお話いただきました。


10月14日「オトナと運転」

★オトナ放談
オトナ世代にとって、頭が痛いのが「自動車の運転をどうするか」。
だんだん判断力が鈍ってくると「免許の返納」がリアルになってきます。
ただ気になるのが「身分証明書」としての「免許証」の存在。
そこで最近、返納した人に発行される「運転経歴証明書」が、
公的なIDカードとして使えるようになりつつあるそうです。
しかもデパートなどで、この「証明書」を提示することで、
さまざまなサービスが受けられるようになっている...という
耳寄りなお話をご紹介しました!

★オトナの一曲
「よろしく哀愁/郷ひろみ」
1974年のビッグヒット!

★お金の話
「賃貸不動産への投資は所得税が戻るなどメリットが大きい」
ってウソ? ホント?...といえば、
まるっきりウソというわけではない。
減価償却などでお得に使えるという部分はあります。
ただし、空き家リスクなどもありますので、一概には言えないかも...

★田舎暮らしエクスプレス
大阪・堺と和歌山・日高川を行ったり来たりして
週末を送る和歌山では古民家レストランを経営されている
細木貴夫さんをご紹介。
もともと調理師免許をお持ちということで
地元のジビエを使ったメニューが大好評!


10月7日「長崎放送ネット記念 オトナな長崎」

★オトナ放談
「長崎は突出した人が多い。海外に行く人、海外に目を向ける人も多い」
...と残間さん。さだまさし、福山雅治、市川森一...と名前を挙げると
「たまたま突出した人が東京に出てきてるだけでは?」と大垣さん。
ロマンチックな教会、面白いデザインのお寺、そしてオイシイ食べ物...と
長崎についての思いは尽きません。
「男女が二人で行くと必ず恋に落ちる街じゃない?」
「ええ?」「坂が多いから...」坂が多いと恋が生まれる!?

★オトナの一曲
「500マイル/ピーター・ポール&マリー」
フォーク・ブームの嚆矢となった一曲です。

★お金の話
「 相続税対策のアパートはサブリースに出せばリスクなし?」
空き室が増えていて大変。相続税対策にはちょっと不向きかも。
これからますます厳しくなりそうな相続税。
詳しくは「49歳からのお金」を読んでください!

★田舎暮らしエクスプレス
東京・東大和から西伊豆に住み替えられた山下紘一さんをご紹介。
古民家で自家栽培の蕎麦を打ち、地元の蕎麦店に卸している!
また自宅マンションには温泉も。
趣味の釣りを楽しむ日々、本当に素敵です!


Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All rights reserved.