文化放送

セキスイハイム プレゼンツ 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

日曜日 9時30分~9時55分

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!
金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

2017年11月27日

12月3日 栃木探検隊!

★オトナ放談
今日は「栃木探検隊」!
栃木市役所の大野和久住宅課長にお話を伺います。
「東京から1時間、川沿いに蔵が立ち並ぶ蔵の街です。
都市部から離れた場所に行くと、自然も豊かですね
ほどよい田舎、ということでご紹介しています」
子育てがしやすい街としても知られる栃木市。
「お金の面で補助制度がありますし、
サポートも充実しています。学校もたくさんあるんですよ。
でも実は落ち着いた街なので、シニア向けの土地でもあります」

★オトナの一曲
「時代おくれ / 河島英五」
1986年、阿久悠・森田公一コンビの名作。
「この歌詞に出てくるような人、ホントにいなくなりましたね」

★おとなライフ・アカデミー
金融商品「オプション」についてのお話
「オプションには怖いのと怖くないのがあります。
最初に手数料を払って、儲かったときだけお金が入る仕組みですが、
おいしい話なので、手数料が高い。
でもそれでは高くて売りにくいので、
たいていの商品は、逆に下がったときに大損するものと
組み合わせてできてます」
おいしいだけの話はない! というオプション入門編でした。

play

[TIME 6:34]



★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
東京から屋久島に移って民宿を経営、
さらに75歳で別府に移り住んだという溝口康昭さんをご紹介。
「75にもなると医療が心配になってきまして、
それで別府に移り住んだということなんです」
屋久島の民宿は息子さんが継いでくださったとのこと。
「現在は別府のシニア向けマンションに暮らしています。
以前はリゾートホテルだった物件なので、
施設がゴージャスにできているんです」
プールのウォーキング、詩吟、パソコン教室、
太極拳、温泉教室...と、
連日やることが多くて大変、という溝口さん。


2017年11月20日

11月26日 オトナ世代の離婚・再婚

★オトナ放談

最近、身近の65前後の男性が、
40代の未婚女性と再婚するケースが多いんです...と残間さん。
「同じレストランでお一人様どうしで一緒になって、
そのうち仲良くなって...という話もありますね。
女性の場合は結婚相談所を利用するのもよくあるみたい」
残間さんが紹介する豊富なエピソードは興味深いものばかり。
じっくりお楽しみください!

★オトナの一曲
「三都物語 / 谷村新司」
こないだちょっと聞いて、ちゃんと聞いてみたくなって...
と残間さん。

★おとなライフ・アカデミー
子どもは何人がベスト? というリスナーからのご質問。
「一般的な話をすれば、やっぱり2人産んでくれないと、
社会保障システムが機能しなくなっちゃうということはあります。
でも5人いる私からすると、5人以下は考えられない。
5人でも少ないくらいと思ってます」という大垣さんの、
「子ども人数論」をお届けします!

play

[TIME 5:09]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦!
京都の八幡から琵琶湖を望む大津市のマンションに
住み替えることになった女性をご紹介。
自治体の補助など受けながら旧居を改修して貸し出して、
すでに220万円の賃料を手にしていらっしゃいます。
新居は、「ハワイのマンションみたいですね!」と
水谷さんが驚くほど、美しいリゾートマンションです。


2017年11月13日

11月19日 カラダのお手入れ 整体・ハリ灸・マッサージ

★オトナ放談
整体とマッサージは通っているけれど、
「ハリは何万人に一人の特異体質で、
打つときに激痛が走るんでダメなんです」という残間さん。
大垣さんに教えてもらった「野口式整体」に通い始めると、
なんだか気持ちが良くて、ずっと続いています...とのこと。
「整体行って気持ち良くなるのもいいですが、
膝なんかは、やっぱり走って筋肉をつけるのがいいと思います」(大垣さん)

★オトナの一曲
「小樽運河/都はるみ」
先日、石原裕次郎記念館が閉館というニュースを聞いて、
なんとなく聴きたくなって...という残間さん。

★おとなライフ・アカデミー
不動産屋に住宅購入を勧められ、ローンを組もうと思うが、
35年を返し終えると75歳。どうすればいいでしょう...という
リスナーからの問い合わせに答えます!
「20年で返す余裕があるのなら、かせるストックを利用されて、
残った部分を早めに返済するのがお勧めです」

play

[TIME 6:06]



★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
お母様の介護のため、東京から大分・別府に住み替えられた
吉野哲さんをご紹介。
「妻の母は中津に暮らしていて、東京と大分を往復していました。
それなら僕の母も介護が必要なので、いっそのことみんなで
大分に移ってしまえば、一度に介護ができていいのではないかと...、
妻はどうせ大分に住むなら海と温泉のある別府がいいというので、
こちらに来ることになりました」
海の風と山の風が合わさって、とても甘い香りのする土地なんです...
と、日々をエンジョイしてらっしゃるご様子が電話から伝わってきました!
「眠れる可能性を引き出してくれる土地」という言葉に、
スタジオ一同、思わずなるほど...と納得!


2017年11月 6日

11月12日 不良について考える

★オトナ放談
今回は「不良」のお話。
「昔は学校に必ずいたねー」と残間さん。
「親があの子不良だから付き合っちゃいけません、とかね」
高校の頃、不良少女に屋上に呼び出されたことがあるという残間さん。
「向こうはピアノの鍵盤を持って脅しにきたの。
でも私があなたたち、そんなことしてて将来どうなると思うの、って
言ってやったら、すごすご引き下がっていったのよ」
ピアノの鍵盤って...
話はそこから、日本企業の「不良品」へと発展します。

★オトナの一曲
「ラヴ・イズ・オーヴァー / 欧陽菲菲」
秋から冬に向かうこの季節、聴きたくなる1曲ですね...と残間さん。

★おとなライフ・アカデミー
前回に引き続き「AI」の話。
今起きているのは、サラリーマンがやっていることは、
だいたい機械に置き換えられるってことが、
おおっぴらに語られるようになったということなんです。
じゃ、置き換えられた人は何をすればいいのか?
その答えはまだ見つかっていないですよね...

play

[TIME 6:38]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
今回は広島の分譲地に住宅メーカーで家を建て、
子育て・定年の後、山口県柳井市に住み替えられた方。
まだまだ家も新しく、手放すのはもったいない...と、
ネットで知ったJTIの利用を考えることになりました。
「すでにご利用いただいて4年、380万円もの賃料を
お受け取りいただいています」

*文化放送はマラソン中継のため休止となります


Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All rights reserved.