文化放送

セキスイハイム プレゼンツ 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

日曜日 9時30分~9時55分

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!
金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

2017年6月12日

6月18日 旬はどこへ行った?

★オトナ放談
栽培や流通など、様々な技術革新のおかげで、
年中出回る野菜や果物が増えた昨今。
「でもいまだに、夏なら鮎とか鱧とか、
 春ならタケノコとか...
 その季節じゃなければ食べられないものはありがたいよね」と一同。
大垣さんは、スタジオに歳時記など持参、
失われつつある「季節感」をかもし出してくださいました!
・大垣さんがご紹介くださった本・
花ごよみ 365日
よくわかる俳句歳時記
にっぽんの七十二候

★オトナの一曲
「銀の雨/松山千春」
この歌も、やっぱり、この季節に聞きたい一曲です(残間さん)

★おとなライフ・アカデミー
今回は「いまどきのリバース・モーゲージの使い方」。
ローン残高が残っている人は使えなかった制度ですが、
大垣さんの努力でずいぶん使いやすくなってきたとのこと。
お勧めは「JTIに貸す」ことです!
興味のある方はぜひ問い合わせを!

★住み替え情報局
今回は「田舎暮らしエクスプレス」
会社を早期退職して、川崎から那須町に移り住み、
珈琲焙煎の専門店をオープンされた大橋宏さんをご紹介。
お店の名前「おひさま堂」は、もともと奥様が
web上で営まれていた絵本・児童書の販売サイトの屋号を使ったもの。
「もともと妻が田舎暮らしをしたいということで...」
このパターンは、うまく行くことが多いんですよね、と、大垣さん。

大人ファンクラブスタッフ 13:00

2017年6月 5日

6月11日 週刊誌、読んでますか?

★オトナ放談
スマホ社会の進展もあって、活字文化の息も絶え絶えな昨今ですが、
ご他聞に漏れず、週刊誌も全盛期に比べれば半分以下の発行部数に...
それでも「週刊文春」などスクープ連発で注目されています。
「話題のものはみんな目を通していますよ。
 文春なんか、あそこまでになると、持込ネタが次から次に来るらしいわね」
と、残間さん。
一方、大垣さんは、
「週刊誌、高いからあまり買わないですね。
 むしろ、ビッグコミックとか、電車の中で読むのは...」。
この言葉に女性陣は「電車の中で読むの!」と異口同音に絶叫...
そして、かつて女性自身編集部に籍を置いていた残間さんが、
女性週刊誌の歴史と伝統をレクチャー。
勉強になりますよ~!

★オトナの一曲
アカシアの雨がやむとき/西田佐知子
「この季節になると聞きたくなるの」確かに。
ちなみにこの歌、1960年リリースですが、ヒットしたのは、
西田さんが「コーヒールンバ」で人気者になった1962年。

★おとなライフ・アカデミー
今回はリスナーの方からいただいた
「宝くじの買い方にアドバイスをお願いします!」というメールを取り上げます。
「リスクとリターン、という考え方だとまったく話にならないけど、
 小さい金額ならリスクを取れる、という観点で考えればいい」と大垣さん。
「ワクワクして買ってください!」

play

[TIME 6:02]



★住み替え情報局
・新潟県新発田市にお住まいの60代女性。
 実家の隣に家を建て、両親の介護をしていたが、
 二人とも亡くなられて、相続を受けました。

・思い出たっぷりの家を手放したくないが、
 築32年と古いため、どうしたらいいものかと悩む。
 ネットでJTIのことを知って相談、
 借り上げ可能と聞いて大喜び!
 現在子育て世帯が入居し、月に5万円弱の収入が...

大人ファンクラブスタッフ 13:00

2017年5月29日

6月4日 介護について本気で考える

★オトナ放談
いよいよ団塊世代が70代に。
空前絶後の介護の時代が目の前...ということですが、
「まだまだそこまでの状況には間がありますよね、
いまは執行猶予状態って言えるんじゃないかな」(大垣さん)
まず東京にいちゃダメですよね。
地方に散ってもらって...と大垣さんは続けます。

★オトナの一曲
「愛の化石/浅丘ルリ子」
1969年の大ヒット。
「いま浅丘さんすごいですよね、やすらぎの郷に、直虎に...」

★おとなライフ・アカデミー
住宅ローンはいま35年が普通。
でも35年に設定しちゃうと、
退職後もローンが残ることけっこう多くなりました。
そういう方が実家に戻ったり、家を貸そうとすると、
メガバンクのうちの2つうは、
「自分で住まないなら住宅ローン使えないので、
金利の高いローンに借り換えてください」と言ってきます、
それで諦める人が多いのですが、
そういう場合は住宅金融支援機構をお使いになるといいと思います。
銀行も儲け主義であの手この手で
お金を取ろうと努力してますね。

play

[TIME 6:10]



★住み替え情報局
今日は大阪・堺から、伊勢本街道の宿場町に住み替えられ、
カフェをオープンされた南野忠晴さんをご紹介。
「人がいないから、やめておけ、と、
不動産屋さんに言われたんですよ」とにこやかに語る南野さん。
高校教師を早期退職しての暮らしに満足していらっしゃるようです!

大人ファンクラブスタッフ 13:30

2017年5月22日

5月28日 アジアとの付き合い方

★オトナ放談
国際都市はどこでも外国の方が多いもの。
これまで東京は日本人が多すぎたんじゃないですか、
と、大垣さん。
「でも、どんどんいろんな国の人が増えるのがいいんじゃない?」
と残間さん。
話はそこからアジア料理へと発展、
残間さんはエスニック大好きだけどパクチーが食べられない。
大垣さんは「生春巻だけはダメです」
何で?
「へその緒そのものなんですよ、見た目が」
さすが、自分の子どもを自分で取り上げた大垣さんだけに、
話が超リアル...
そこから軌道修正で、どうすればうまく付き合えるのか、
とても実践的な話に変わっていきます。

★オトナの一曲
「横浜ホンキートンク・ブルース/山崎ハコ」
こないだ山崎ハコさんの還暦ライブに行ったら、
この曲を歌ってて、皆様にもお聞かせしたくて...と残間さん。

★おとなライフ・アカデミー
今回は「確定拠出年金」について
リスナーの方から質問をいただいたので、
それに関連して「iDeCoとNISA」のお話をお送りします。

play

[TIME 7:40]


★住み替え情報局
今回は「マイホーム活用大作戦」。
広島、福山に念願のマイホームを建てたものの、
ご主人の仕事の関係で茨城県に引っ越しを余儀なくされた40代のご家族。
知り合いに貸していたが、不安もありメーカーに相談。
JTIのことを知る。40代だったので使えないかと思ったら
「定期借地権」つきの物件だったので救済措置が。
去年、入居者が出たので、JTIに申込み。
家賃が安くなるのではと心配しましたが、
ほどなく値引きなしで成約、毎月8万が手元に。
将来は戻れるメドも立って一安心、だそうです...

大人ファンクラブスタッフ 13:30

2017年5月15日

5月21日 伴侶を長生きさせるには

★オトナ放談
今回は「伴侶を長生きさせるには」というテーマでお送りしました。

★オトナの一曲
「からたちの花/井上陽水」
*あの有名曲ではなく樋口可南子に提供した歌。
 84年のセルフカバー盤「9.5カラット」に収録

★おとなライフ・アカデミー

play

[TIME 5:53]


★住み替え情報局
今回は「田舎ぐらしエクスプレス」。
いまから10年前、
奥様とご一緒に千葉県いすみ市に住み替えられ、
日々を楽しく過ごす堀谷武美(ほりたに たけみ)さんをご紹介!

大人ファンクラブスタッフ 13:30

Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All rights reserved.