文化放送

セキスイハイム プレゼンツ 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

日曜日 9時30分~9時55分

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!
金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

2018年8月27日

9月2日 青山学院大学・三木義一学長を迎えて(後編)

★オトナ放談
三木義一・青山学院大学長を迎えての後半戦は本についてのお話から。
「学生にとって大切なのは、本に接することなんです。
でも今の学生は、なかなか本を読まない。
そこで、本に親しんでもらう場を作るということで
大学の一等地にブックカフェをオープンしたんです」
後半はAI社会がどうなっていくの。
「AIにはできないことは何だと思いますか?
それは『意味を取る』ことなんです」
「あなたの顔、何回も見たい、
あなたの顔、なんかイモみたい...この区別が難しい」

★オトナの一曲
「夏の終わりのハーモニー / 井上陽水・安全地帯」
1986年、神宮球場でのジョイント・コンサート用に作られたナンバー。

★おとなライフ・アカデミー
遺品の整理サービスでトラブルが増えている、というお話。
「国民生活センターがわざわざ注意を出すくらいなので、
けっこうな問題になっているようです」
困ったときは消費者ホットライン「188」にすぐ相談を!

play

[TIME 4:21]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
今回は秦野市から高知県土佐清水市に移住された独身男性。
もともと田舎暮らしの希望があり、高知の海沿いに移住を決意。
とは言え、現在の秦野の家を売るつもりはなく、
どうしようかと悩んでいたところに、JTIのことを知って賃貸に。
現在は風光明媚な土佐の海暮らしを満喫していらっしゃいます!


2018年8月20日

8月26日 青山学院大学・三木義一学長を迎えて(前編)

★オトナ放談
今回で番組、3度目のご登場となる青山学院大学長の三木義一先生。
来年、相模原キャンパスに開設予定、認可申請中の
「コミュニティ人間科学部」のお話を中心に伺いました。
「青山学院大はグローバルに対応する学生を育てる一方、
日本の地域を活性化する人材も育てたいと思っているんです」
子育てや介護の支援や、文化のインフラを支えたり...」
大学は楽しくて知的じゃなきゃいけない! と力説する三木先生でした。

★オトナの一曲
「君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね/中原めいこ」
1984年夏、カネボウ化粧品のキャンペーン・ソングとして大ヒット。
「ええ!もう34年も前なの〜?」と驚愕の水谷さんでした。

★おとなライフ・アカデミー
いまキウイ、パパイヤ、マンゴーの歌でしたが、
ミャンマーのスーパーで売ってるのが、正にこの3つですね...と
このところミャンマー通いが続いている大垣さん。
「ミャンマーの人たちって、日本人とすごく似てるんです。
人に対しての気の遣い方が、昔の日本そのままで...」
最後のフロンティアとも言われるミャンマーの横顔をたっぷり伺います。

play

[TIME 5:28]



★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
今回は、横浜から信州、山ノ内町に住み替えられ、
引退するオーナーを引き継ぎ、ペンション「オードヴィー奥志賀」の2代目になった
荻野公男さんをご紹介。
「もともと宿を経営したいと思ってました。
世界を旅したり、旅行代理店で働く中で、もてなす側に回りたいと思って」
事業引き継ぎ支援センターという国の制度を利用してこの物件にたどり着き、
ご夫婦で日々忙しく立ち働いていらっしゃるという荻野さん。
電話の向こうから充実ぶりが伝わってきます!


2018年8月13日

8月19日 白髪ってどう?

★オトナ放談
今回は「白髪」について考えます。
「ストレスかかると増えますよね」
「お子さんを亡くされたりすると、
1日で白髪になっちゃったりするんですよね」
最近は芸能人でも隠さずそのままの白髪を見せる人が増えてきました。
「でも綺麗に真っ白になるまでは、けっこう大変なのよね」
「カナちゃんは白髪ないの?」
「私、全然ないんですよ」
そうか、やっぱりストレスがないと白髪にはならないのか...!?
「陽水のコンサート行くと白髪の人が多くて、
拓郎だとハゲの人が多いのよ」という残間さんの体験的データに
スタジオが盛り上がりを見せました!

★オトナの一曲
「真夏の果実 / サザンオールスターズ」
今年40周年を迎えるサザン。
ファンの間でも人気の高い一曲です。

★おとなライフ・アカデミー
「投資信託ってどうなんでしょう?」という問いに答えます。
前からお話ししてるように、投資信託って、
損したり得したり、ということはあまり関係なくできてます。
最初に指標を決めておいて、その範囲内で運用できればOK。
株式が暴落したら投資信託も暴落します。
まずこれだけは知っておいてください...と大垣さん。

play

[TIME 5:17]



★住み替え情報局 マイホーム住み替え大作戦
今回は伊丹市から松江市に移住された方。
1984年にマンションを購入、子育てを終えられ定年も迎え、
松江市の実家に戻ることになりました。
ただ実家はとても不便な場所でもあり、
戻ってくる可能性もあるかもしれない、どうしよう...と悩んでいる時、
JTIのことを知って賃貸に。
売却査定をしたら500万行くか行かないか。
しかし、賃貸に出してからもう既に300万を越える賃料を手にしていらっしゃいます!


2018年8月 6日

8月12日 超自然的存在について考えてみる

★オトナ放談
今回は「幽霊」「心霊現象」などについて考えます。
「お化け屋敷の季節ですね!」大好きです、という水谷さん。
「ええ? 何が好きなの?」と残間さん。
「行くんですか?」「行きますよ〜!」
お化け屋敷が苦手な大垣さん。
「中学校の時に肝試しで誰も出てこない真っ暗な山道を
ずーっと歩かされて、怖かったなあ」
ホラー話をする時の水谷さんのイキイキとした様子が印象的でした!

★オトナの一曲
「真夏の夜の夢 / 松任谷由実」
1993年、ユーミン最大のヒットシングル。

★おとなライフ・アカデミー
「暑さに強い家」というのはあるんでしょうか...という
リスナーの方から届いたメールに答えます。
高気密のスマートハウスは暑さにも寒さにも強い、という話から
昔の家の話へ...
「御簾をかけたりしませんか?」
「御簾? すだれじゃないですか?」

play

[TIME 4:18]



★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
南信州・飯島町に定年退職を機に移り住み、
築150年の古い蔵を使ってカフェ「飯島茶寮」をオープンされた
鈴木直人さんをご紹介。
「もともとジャズが好きで、レコードやCDを集めていたんです。
そんなコレクションを聴きながら、
飯島町特産のガレットを出しています」
700坪の土地を「高級車一台分」で購入された鈴木さん。
「広いので、すぐ草ぼうぼうになっちゃいますね」
そのためにヤギをレンタルしているとのこと、
近くまでお出かけの際はぜひお立ち寄りください!
(営業は土日祝)


Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All rights reserved.