文化放送

セキスイハイム プレゼンツ 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

日曜日 9時30分~9時55分

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!
金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

2013年10月21日

10月27日「和歌山探検隊!」

★オトナ放談
住み替え促進にがんばってる自治体を勝手に応援するシリーズ第2弾
「和歌山探検隊」!
和歌山県企画部地域振興局過疎対策課の
深江久美子さんが、地元ならではの住み替え情報を教えてくださいます!
2013年10月27日の"大人放談"

play

[TIME 07:58]


★オトナの1曲
「この素晴らしき世界/ルイ・アームストロング」(1967)
サッチモ、永遠のスタンダード・ナンバーをご紹介!

★オトナのためのお金の話
今週は「住み替え」をテーマに、
いろいろな業者が「リノベーション住宅」を
積極的に手がけるようになっている...というお話をお送りしました。

★田舎暮らしエクスプレス
大阪府和泉市から、奈良県川上村に住み替えられた馬場卓也さんを
ご紹介。
「のびのびと生きられる場所」を探して、
ここに行き着いたという馬場さん。
充実した毎日を送っていらっしゃる様子が、
電話を通じて伝わってきました。


2013年10月14日

10月20日「オトナの語学事始」

★オトナ放談
日本人が英会話にかけるお金はハンパじゃない! と語る残間さん。
そのご当人も
「60万くらい払い込んで、結局ほとんど何もしない...というのが2回」
家に教則本が32冊、カセット、ビデオ、DVDなどおびただしい数に!
大垣さんは冷静に
「英会話学校のシニア向けプランが凄く多いんです」とご紹介。
「日本人は、自分が言葉ができないと相手に悪いな、と思うんです」
これは確かにそうかも!
「大事なのはコミュニケートしようと思ったら、自分のペースで話すこと。
 相手に合わせてはいけません」
なるほど!

play

[TIME 07:01]


★オトナの一曲
「ささやく夜/カーラ・ボノフ」(1979)
ウエストコーストの歌姫、カーラ・ボノフの魅力的な歌声をご紹介。

★オトナのためのお金の話
最近「終身医療保険」をめぐって考え方が変わってきたという大垣さん。
昔は、貯金とほぼ同じことなので意味がないと思っていたが...
「貯金は使っちゃうかもしれない。そしたら医療費に困る。
 医療費がないと子供に迷惑がかかるから...」うーむ。悩みどころですね。

★田舎暮らしエクスプレス
 少年野球をいい環境でやりたい! という息子の一言に一念発起、
東京・豊島区から沖縄・浦添市に家族で引っ越してしまった
土屋佳子さんをご紹介!
ご本人も、地域で良質なおもちゃを使った遊び場を始めたところ、
事業が軌道に乗って言うことなしの毎日。
「沖縄ぐらしですか? とてもとても楽しい!」


2013年10月 8日

10月13日「オトナの記念日事情」

★オトナ放談
今回は「記念日」についてのトーク。
「人にお祝いするのは好きだけど自分はイヤ」という残間さん。
還暦を迎える際も、スタッフの皆さんに
「お祝いしたら首謀者はクビにする!」と宣言したのだとか...
そして迎えた誕生日当日...!?
一方の大垣さんは
「結婚記念日には、何かペアものを買います」
すると残間さん「気持ちワリい!」と一刀両断... ^^;

play

[TIME 07:29]


★オトナの一曲
「夜間飛行/ちあきなおみ」(1973)
夜、飛行機に乗ったとき、この曲が聞こえてきてハマってしまった...
と、残間さん。

★オトナのためのお金の話
巷で噂の「NISA」について大垣流アドバイスの続き。
もし株をやってみようかと考えているのなら、
各社から出ている「株主優待ハンドブック」がオススメ!
どんな株を買えばどんな特典があるのか、
利回りに換算するとどうなるのかが一目でわかります。
そして「値段の上下は気にしない。100万程度の投資なら売らない」と、
親身に話してくださいました。

★田舎暮らしエクスプレス
大阪の寝屋川から琵琶湖のほとり、滋賀県高島市に
住み替えられた合川宏さんをご紹介。
4年前に調査のための基地として別荘を買い、
時間をかけて情報収集。そして現在の家にたどり着いたという合川さん。
水を大切にするこの地に溶け込んだ暮らしぶり、
エコな毎日についてお話いただきました。
「いまは理想通りの生活を日々送っています」...!


2013年10月 1日

10月6日 「大人のグルメ・お土産事情」

★オトナ放談
食べ物はやっぱり「肉」!(残間さん)。
でも豚、牛、鶏のみで、ジビエは苦手なんだそうです。
大垣さんは「トンカツ好き」。
「舌は3歳までに作られる。それまでに、
 どれだけおいしいものの幅を作れるか」(残間さん)。
オトナ世代の食は「けっきょくコドモの頃の味に戻る」(大垣さん)
でも、いまのオトナ世代は、昔ながらの「煮物」とかではなく、
いずれハンバーグやカレーなどに「戻って」いくのでは...との分析、
なるほど...と頷かされます。
またオトナ世代の女性たちは、コンビニを使うことに
抵抗感がなくなりつつある、というデータも紹介されます...!

play

[TIME 06:15]


★オトナの一曲
「恋するデビー/デビー・ブーン」(1977)
デビュー曲で、10連続全米1位に輝いた大ヒット。
残間さんは映画「マイ・ソング」の
主題歌として覚えていらっしゃいました。

★オトナのためのお金の話
以前お送りした「NISA」についての続編。
最近、にわかにマスコミで耳にすることが多くなりました。
そこで「分散投資」の基本について、わかりやすくご紹介!

★田舎暮らしエクスプレス
石巻で震災に遭遇し、山形県遊佐町に住み替えされた
西山宣暢さん(76)をご紹介。
いったんは娘さんのいる名古屋に移ったものの、
食べ物や言葉の違いから「やはり東北」と、
山形の古民家(昔の豪農の家)を手に入れ移住。
毎日をたくましく暮らしていらっしゃいます。


9月29日 「静岡探検隊!」

★オトナ放談
住み替えを積極的に支援してくれる、
各地の地方自治体を勝手に応援しよう! という新企画の第一弾。
まずは、番組をネットしてくださっている静岡をクローズアップ。
「ふじのくに移住・定住相談センター」を担当していらっしゃる
県の文化観光部交流政策課 松本菜実さんと電話をつなぎ、
静岡への移住事情についていろいろお話を伺いました。
最初は具体的なことを決めていない人が多く、
いろいろ話を聞きながら、事情に合った地域を勧めているとのこと。
「世界遺産になった富士山のお膝元で温暖な気候、
 海の幸・山の幸にも恵まれ、古くからの文化が残る上、都会にも近い。
 ぜひ静岡に住み替えてください~!」とのメッセージを頂戴しました。
11月の16日、17日には、六本木ヒルズで相談会も開かれるそうです。

問い合わせはこちら↓

静岡県交流政策課(相談専用)
054-221-2610

ゆとりすと静岡
http://iju.pref.shizuoka.jp/


★オトナの一曲
「哀愁のシンフォニー/キャンディーズ」(1976)
解散宣言の半年前に出されたシングル。

★オトナのためのお金の話
今日は「住宅」がテーマ。
戦後ずっと新築ばかりだった日本の住宅事情ですが、
「住み替えていけば、家は資産になります」(大垣さん)
ただし、中古住宅はこれまで保証が薄かったのも事実。
「もし具合悪くなっても恨みっこなしね」というところがあり、
手を出しにくい部分もありました。
しかし、一部の業者では「瑕疵保険」に加えて、
「仲介した物件に関して自前で保証」するサービスを取り入れ始めています。
今まではどこが仲介しても同じだった中古住宅ですが、
「これからは差別化の時代になります」(大垣さん)とのこと。

★田舎暮らしエクスプレス
愛知県の名古屋市から新城市に移り住み、
林業に励んでいる田實健一さんをご紹介。
新潟県中越地震の救援ボランティアをした際、
林業を志すようになった田實さん。
「まさか自分がやるとは思わなかった」とのことですが、
親方に弟子入りし、忍耐の日々を経て、
今では仲間たちと山を守るため元気に活動中!
双子の女の子にも恵まれ、充実の毎日を過ごしていらっしゃいます。


9月23日放送の「大人ファンクラブスペシャル」!

お聞きいただけましたでしょうか。
ゲストに林マヤさん、三枝成彰さんをお迎えしての2時間。
あっという間に過ぎ去ってしまいました~!

前半登場の林さんは、茨城で有機農業にチャレンジ中。
取れたばかりの新鮮な「レアベジ(珍しい野菜)」を
スタジオにご持参くださいました。
早速かぶりついた残間さん、大垣さん、水谷アナも
「おいしい~!」と驚愕の表情。
DSC_0846.jpg

また、後半にご登場いただいた三枝さんは、
70を超えているとは思えないダンディーなスタイルで登場。
ライフワークとされている「オペラ」を始め、
音楽や人生について情熱的に語ってくださいました。
DSC_0847.jpg

このほか、番組に先立って実施した大規模な「大人アンケート」の
結果を読み解くコーナー(いわれて嬉しい言葉は? ダントツで「ありがとう」)、
住宅や金融についての、聞いてトクする大垣教授のミニ講義、
さらにいつもは毎週1曲ずつお送りしている残間さんの選ぶ
「オトナの1曲」をどーん!と4曲もお送りしました。
(ストレンジャー/ビリー・ジョエル、いとしのエリー/サザンオールスターズ
 サンキュー・フォー・ザ・ミュージック/ABBA、時代/中島みゆき)


Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All rights reserved.