文化放送

セキスイハイム プレゼンツ 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

日曜日 9時30分~9時55分

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!
金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

2013年8月19日

8月25日 「日本はもう動いている」

★オトナ放談
大垣さんが全精力を傾けて作った、
住み替えに関する大規模なデータがようやく完成。
どんな年齢層の人たちが、どんな風に動いているのか。
相変わらず東京への流入は続くのか?
ある程度の年齢になった人々はどんなふうに住み替えるのか?
衝撃的な分析結果が、いま、明らかに...!

★オトナの一曲
「乙女座宮/山口百恵」(1978)
百恵絶頂期の一曲。
「久しぶりに百恵ちゃんから手紙来たの。
 『母が亡くなった年に近づいてきました』って...」

★オトナのためのお金の話
「オトナ放談」と連動して、
「家に働いてもらう」という現実的かつ夢のあるお話。
しかし一般的に持ち上げられる「リバース・モーゲージ」はちょいと違う。
埼玉で流行しているという、
「家に働いてもらう」最新プランなどをご紹介します。

★田舎暮らしエクスプレス
東京から信州、伊那・高遠に移り、民宿を経営されている
磯田美香さんをご紹介。
借りた物件が
「桜まつりのときだけ人を泊めて」という風変わりな条件つき。
もともと実家が旅館を経営していたというだけに、
「面白そう」と受け入れたのが始まり。
「もともと田舎育ちなので。東京の方が不自由な感じでした」
今では通年営業で、楽しく毎日を過ごしていらっしゃいます。


2013年8月18日

9/23(月・祝)特別番組放送!番組アンケートを実施しています

番組からお知らせです。     
この「大垣尚司と残間里江子の大人ファンクラブ」、  
来る9月23日(月・祝)午前11時から午後1時まで  
「大人ファンクラブスペシャル」として、    
枠を拡大して、なんと、生放送で特別番組をお送り致します。 
この特別番組では、現在、皆様の「おウチ」や「おカネ」や  
その他エトセトラにまつわるネットアンケートを実施しています。 
アンケートにお答えくださった方の中から抽選で30名に  
3000円分のクオカードをプレゼントいたします。       
  
結果は、特別番組の中で紹介させていただきます。   
皆様のご参加を、お待ちしています!


↓参加は下記のアンケートフォームからどうぞ 

https://fofa.jp/joqr/a.p/121/


2013年8月12日

8月18日 「オトナの恋愛」

★オトナ放談
残間さん主宰、クラブ・ウィルビーのアンケートによれば
「異性の友人がいる」49.9%
「これから恋愛したい」18%
面白いのは、恋愛対象の想定で、
男性は「10歳から19歳下」
女性は「5歳から9歳下」
「男って何考えてんのかね~(笑)」
今どきの結婚相談所事情についても触れ、
その興味深い実態をじっくり話してくださいます。
残間さんが久々に夫婦二人きりで訪れた、
内緒の超おススメスポットもご紹介!

★オトナの一曲
「コパカバーナ/バリー・マニロウ」(1978)
ネコも杓子もディスコになびいた時代の産物。
「イントロがまるでちゃんちきおけさじゃない!」(残間さん)

★オトナのためのお金の話
今回はインフレと年金のお話。
これから年金はカットされていく、なのに政府は物価を上げようとしている。
インフレになったっら年金は上がるのか?
いずれ上がるかもしれないが、でもなかなか上がらないのが実際のところ。
そこで大垣さんが国に要望するシステムとは...

★田舎暮らしエクスプレス
東京から信州、飯山に住み替えた佐藤義昭さんをご紹介。
田舎で百姓をするのが夢だったという佐藤さん
「今は何の不安もありません」
この人に住んでほしいと、家が待っていたんだね(大垣さん)


2013年8月 7日

8月11日 「コドモの宿題、オトナの宿題」

★オトナ放談
今週のテーマは夏休みにちなんで「宿題」。
「自由研究ってオトナの宿題だよね(笑)
 31日に親がやる」...と盛り上がるスタジオ。
大垣さんは「ヤクルトの空容器でロケット」作ったり。
そこから話は脱線して
「牛乳のフタ集めたでしょう?
 ゴムではじいてゴキブリにぶつけたりするんだ」(大垣)
やや物騒な方向へ...
残間さんの息子さんは「近所の猫マップ」を作ったそうです!

★オトナの一曲
「カナリア諸島にて/大瀧詠一」(1981)
名作「A LONG VACATION」A面の2曲目、
シングル「君は天然色」B面。
「別れた夫と一緒に聴きながら、あ、この人のこと、
 もう嫌いだな...と思ったのよ(笑)」(残間さん)

★オトナのためのお金の話
最近話題の「教育資金贈与」のお話。
1500万まで贈与税がかからないシステムで、
実際に利用されている方も大変多いようですが、
これは「金融機関がうまいことやった」(大垣さん)
けっこう縛りがキツいので、
よくよく考えてから利用される方がよさそうです。
「あんまり乗らない方がいいですよ。
 自分で使わなければいけないお金まで
 あげないほうが...」

★田舎暮らしエクスプレス
東京から信州、池田町に移った、
もと都立高教師の高崎郷二さんをご紹介。
週末ごとに信州に通い、ハイキング、カヌー、
パラグライダー...とアクティブライフを満喫していた高崎さん。
ある日「渋滞の中、東京に戻るのがいやになって」
信州移住を決意!
地学の教師だけに、自宅の庭に天文ドームを建設、
飽かず空を眺めたり...。


2013年8月 4日

8月4日 「お盆とお墓」

★オトナ放談
お盆、帰省の季節。
「うちは京都で過ごします。
 なんとなくみんな集まってきて大文字を見に行く」(大垣さん)
ちなみに京都では絶対に
「大文字焼き」とは言わないそうです。
「大文字焼きって、銀閣寺の近くで売ってるドラヤキですよ」(大垣さん)
一方、最近どんどん増えている独身者の行く末に触れ、
残間さんは「お墓よりいま、一緒に住むことを考えたら?」と、
新たな「共生」の提案を...

★オトナの一曲
「ハロー・ミスター・サンシャイン/タニヤ・タッカー」(1976)
なんと曲を書いたのはかまやつひろしさん。
懐かしいマックスウェル・コーヒーのCMソングでした。

★オトナのためのお金の話
今週はJTIの住み替え支援がさらに充実したお話。
「耐震さえきちんとやってくれたら、
 20年分の家賃を先に一括してお支払します」
たとえば一ヶ月5万で貸したとして、その20年分...
1200万を最初に振り込んでくれるんだそうで...
大垣さんの「夢」が実現しつつあります!

★田舎暮らしエクスプレス
もともとは愛知県生まれの斎藤良子さん。
小豆島が気に入って移住しましたが、
そこからさらに那智勝浦にシフト。
「熊野に旅行に来て、こんなところに住みたいな。
 神秘的でいいな」と思ったのがきっかけ。
「運命的なものを感じます」とのこと


Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All rights reserved.