文化放送

セキスイハイム プレゼンツ 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

日曜日 9時30分~9時55分

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!
金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

2019年12月 2日

12月8日 気候変動を考える

★オトナ放談
今回は「温暖化」「気候変動」について考えます。
「自然災害があると、該当した地域の利用者の皆さんに電話を入れていますが、
 前は年に一回程度だったのが、最近では2週間に一回ぐらいに増えていますね」
と、JTIの代表理事としての大垣さんが発言。
ちなみに、これまでJTIの扱っている物件で、大きな被害に遭ったところはゼロ!
「うちにも区からハザードマップがきたの」(残間さん)
「ちょっと前までは、不動産価格が下がるとか、クレームがあったらしいけど、
 もうこうなると、そんなこと言ってられなくなりましたね」
と、大垣さん。続けて、
「団塊世代ぐらいの方が買われた場所はまだ大丈夫なんだけど、
 日本は家が回っていかないから、どんどん危ない所まで切り開いていくようになっちゃって...」
ホントは団塊世代の方も、積極的に住み替えて必要な人に手渡せればいいのだけれど...。
スウェーデンの16歳、グレタ・トゥーンベリさんの発言については
「正論です。純真だしね。ホント、やっていかなくちゃ」

★オトナの一曲
「まにあうかもしれない/よしだたくろう」
1972年のアルバム「元気です」から。
いつも環境問題の話になると「まだ間に合うのかしら」って思うんです。
それでこの歌を思い出した...と、残間さん。

★おとなライフ・アカデミー
「今回はどんな投資が危ないのか」をテーマにお送りします。
リスクが高い株より、一流企業の株の方が安全と100%言えるのか?
「100万を危ない会社に投資したとしても、それがゼロになるだけ。
 でも同じ100万を、借金して調達し、一流企業の株を買って、それが値下がりしたらどうですか?」
「危ない投資」の正体を、大垣さんが喝破!

★住み替え情報局 ふるさとネットワーク ラジオ版
今回は民話のふるさと、岩手県・遠野の物件です。
古民家好きなら舌なめずりしそうな「曲がり家」が、たったの550万!
「もともとは早池峰山への参拝者の宿として使われていました。
牛馬も共に暮らしていた曲がり家、土間で火が炊けます」
既に複数の問い合わせが入っているという物件、オンエアまでには売れてしまっているかも...


Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All rights reserved.