文化放送

セキスイハイム プレゼンツ 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

日曜日 9時30分~9時55分

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!
金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

2013年11月25日

12月1日「オトナだから、あったまりたい!」

★オトナ放談
いよいよ12月、
今週は「オトナだから、あったまりたい!」をテーマに、
あったかい話満載でお送りします。
残間さんのあったまり方は「鍋物」。
「でも鍋を一緒につつきたい人と、つつきたくない人がいるのよね」
潔癖症な若い人は、そうじゃなくても「鍋嫌い」が多いんだとか。
そして寒冷地に赴任した若手男性社員を待ち受ける「鍋女」のワナとは...!?
一方、大垣さんが勧める簡単な入浴法にも注目!
2013年12月1日の"大人放談"

play

[TIME 04:58]


★オトナの一曲
「リリー・マルレーン/マレーネ・ディートリッヒ」
第2次大戦のヨーロッパ戦線で敵味方を越え愛唱された歌。
鈴木明さんの名著「リリー・マルレーンを聞いたことがありますか?」の
エピソードを残間さんがご紹介くださいました。

★オトナのためのお金の話
今週は常陽銀行の池田重人さんをゲストにお迎えして
話題の新しいリバース・モーゲージ「住活スタイル」について
詳しくお話を伺いました!
茨城、千葉の方だけでなく、
首都圏から茨城に移住を考えている方も対象になります。
家を担保に取らない画期的な商品。ぜひご検討ください。

★田舎暮らしエクスプレス
川崎から山梨県北杜市に移住された、継松義彰さんをご紹介。
18の時から山登りを始めたと言う継松さん。
3000m級の山が見えるところに住みたいと言う長年の願いをかなえ、
アルプスの麓、標高850mのところに引っ越して一年。
週末には息子さんが遊びに訪れて楽しい時間を過ごされるんだそうです。
「みんなの意見を取り入れて、私が設計図を描きました」


2013年11月18日

11月24日 オトナの幸福論

★オトナ放談
テーマは「オトナの幸福論」。
ヒルティ、アラン、ラッセルが書いたものが「三大幸福論」と言われます。
「でも、これ全部、キリスト教っぽいんですよね」
という大垣さんが、最近、面白い...と勧めてくれたのが、
加藤諦三さんの著書「50歳からちょっと心を休ませる本」。
「僕らの若い時代に流行った著者だけど、今改めてこういうものが必要なのかな、
と思います」(大垣さん)
2013年11月24日の"大人放談"

play

[TIME 06:49]


★オトナの一曲
「私鉄沿線/野口五郎」(1975)
野口さんに、こないだ久しぶりにお目にかかったの。
いま見てきたコンサートを、帰りの電車の中でスマホで見られるような特許をとったりして、
いい年取り方をしてるのよ。(残間さん)

★オトナのためのお金の話
リバース・モーゲージの話を改めて。
「リバース・モーゲージには二種類あります。昔ながらのは、そんなに借りられない。
でも、最近出てきたのは、家を貸して、その家賃で返済していくというプラン」(大垣さん)
常陽銀行の「住活スタイル」ぜひご活用ください!
「亭主も活用できないしね」(残間さん)

★田舎暮らしエクスプレス
神戸と同じ兵庫県内の神河町の二地域居住をしながら、
パン屋さん「丸藤」を営む藤田政一さんをご紹介。
「薪の窯で一種類だけ焼いてます。もともとは会社員やったんですけども、辞めて」
築百年の古民家に魅せられて別荘として購入したものの、
ここで何かできないか...と考えて、
パン屋さんを始めたという藤田さん。
金、土、日、月の四日間、神河町でパンを焼いたら、
火、水、木は神戸で家族と共に過ごされるのだそうです。


2013年11月11日

11月17日 なつかしい言葉たち

★オトナ放談
今週のテーマは「なつかしい言葉たち」
最近は「誤用」が多いのよね、と残間さん。
「僕ね、就職する頃まで母子手帳のことをボコ手帳って言ってた」
みんな笑わなかった...って、冗談だと思われたんでしょうか。
「でもね、みんなが『的を得る』って言うと、それもありかな、って思ったりするのよね」
最近登場してきた言葉では「ざっくり」が一般的になりましたね、
「私は論文でも使いますよ。『この点についてざっくり説明しておこう』とか...」
2013年11月17日の"大人放談"

play

[TIME 06:04]


★オトナの一曲
「あなたといるだけで/荒木一郎」(1966)
元祖シンガー・ソングライター、荒木一郎の隠れた名曲をご紹介しました。

★オトナのためのお金の話
保険のニューウエーブ、アクサ生命の「治療保障のがん保険」をご紹介。
「面白いのは、入院費じゃなくて、治療費を払ってくれる。
入院するしないは関係ない。これは面白い」と大垣さん。
がんは、どんどん先進治療になっていく。でもあまり入院しないんですよ。
「これまでは治療=入院だったけど」時代が変わってきたんですね...。

★田舎暮らしエクスプレス
世界放浪生活を終え、北海道壮瞥町に定住。
エコな暮らしを志向して、築80年の古民家を自分で半年かけ改装し、
洞爺湖畔に薪ストーブのあるカフェ「ちゃいはな」を開いた
渡部大輔さんをご紹介。
「薪ストーブは燃料代がいらないのでいいですよ」
カフェでは、ネパールで習ったレシピを基にした「ネパールカレー」が名物。
「ストーブで3日間煮込みます」オイシソウ~!


2013年11月 6日

11月10日 オトナのクラブ活動

★オトナ放談
今週は残間さんが主宰している
クラブ・ウィルビー」の活動を詳しくご紹介。
「他人を信じる力」がないと、この先きついのではないか...
柔らかいネットワークを作り上げたい、と、
始めた「クラブ活動」。
既に12,000人の会員を抱えるこのクラブ、
間もなく5周年を迎えます!
大垣さんも「アクティヴな人が多いから面白い」とのこと。
「そう。もう私が関わらなくても、自主的に動いてくれる」と残間さん。
「合唱団も60人くらいいるんだけど、男6人しかいないのよ。男の人、ぜひ入って!」
皆様もぜひご加入ください!

2013年11月10日の"大人放談"

play

[TIME 07:00]



★オトナの一曲
「イエスタデイ/ビートルズ」(1965)
まもなくポール来日公演、始まりますね~!
「私も行きますよ~フッフッフ」

★オトナのためのお金の話
「老後貧乏」という話があります。
でもこれはホントじゃない。
「アセット・リッチ、キャッシュ・プア」という言葉があります。
売れない資産は億単位、
でも現金はほとんどない、というケースは多い。
だから「家がお金を生むように」住み替えていけば、
かなり快適に過ごせるはず...というお話。
「シニアの話をするとき、平均値が出てくるけど、これは意味がない。
凄くお金持ちか、お金がほとんどないか、どっちかなんです」

★田舎暮らしエクスプレス
大阪から石垣島に移住された、多部康裕さんをご紹介。
「内地からの移住者も多く、新しいコミュニティができてます」
奥様の憧れだったという島への移住。
でもその奥様は病に倒れ、還らぬ人に...
「その時は、大阪に戻ろうかとも思いましたが、
周りの人たちが頑張ってるのを見て、こっちでやってみようと」
奥様と開店する予定だった喫茶店を、いよいよこの11月にオープン予定だそうです!
名前は「チャコ・カフェ」。亡き奥様のニックネームだそうです...


Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All rights reserved.