文化放送

セキスイハイム プレゼンツ 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

日曜日 9時30分~9時55分

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!
金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

2017年9月25日

10月1日 買い物難民

★オトナ放談
今回は「買い物難民」を取り上げます。
「郊外型ショッピングセンターが主力になったおかげで、
逆に昔ながらの配達してくれるようなお店がなくなってきてますよね」
京都のお母様も、80過ぎて買い物に行くのが辛くなってきた...と語る大垣さん。
「経産省とかが考えると、新たなサービスがどうの、
雇用がどうの...という話になるんだけど、
むしろ昔ながらのコミュニティを取り戻すことを考えたらいいんじゃないかな」
ドローンを使えばいいって言うけど、
ドローンだらけになって交通事故でも起きて、
上から熱いラーメンが降ってきたりしたらどうするんですか、という
大垣さんの指摘にスタジオは大笑いでしたが、深刻な問題ですよね...

★オトナの一曲
「旅の宿/よしだたくろう」
「男女が一番いいときの歌ですね...」と、しみじみ残間さん。

★おとなライフ・アカデミー
住宅は年金になるか?
買うの、借りるの、どっちが得? ...というお話。
「現状の金利は異常に低いんです。
計算してみると、とにかく住宅を買うのがお得なんです」
詳細なシミュレーションでご紹介します!

play

[TIME 6:27]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
今回は北海道の北広島に家を建て、
静岡に転勤となった自衛隊員の方をご紹介。
もともと転勤は織り込み済みだったため
新築にはためらいがあったものの
高耐久の家でかせるストック証明なら、
JTIがきちんと借り上げてくれると聞いて決断!
素晴らしい物件だけに、借り手もすぐ決まり、
安心して仕事に励んでいらっしゃいます!

2017年9月18日

9月24日 大人の旅

★オトナ放談
最近、秩父に凝ってるんです、という大垣さん。
「最近、あちこちに温泉が出てきてて、秩父、面白いですよ」
夫婦二人旅が何より、という大垣さん。
「楽ですよ」「楽なふりしてるだけじゃない?」
......
「夫婦のどっちかがツアコン体質で、
どっちかが何が何でもここに行きたい、という組み合わせだと
ちょうどいいと思います」(大垣さん)
「気を遣わないでいいから、夫婦旅はやっぱり楽ですよ」と水谷さんも応じると、
「ふーん、そうなのね」とどこか冷たい残間さん...

★オトナの一曲
「慕情 / 中島みゆき」
話題のドラマ、「やすらぎの郷」テーマ曲!

★おとなライフ・アカデミー
リスナーからの「フラット35を使えないケースはありますか?」
という質問をご紹介。
「普通は大丈夫なんですけど、マンションだと
ダメなケースがあるかもしれません。
それから、逆にフラット35が使えない物件があったとしたら、
危ない可能性があるので、買わない方がいいと思います」
フラット35についての耳寄り情報をたっぷりご紹介!

play

[TIME 5:06]



★住み替え情報局
東京から富山にUターン、
ゲストハウスと農園を経営しながら
オーガニックな毎日をお過ごしの長谷川由美さんをご紹介。
「生まれたのは街中で、今住んでいるのは里山なんです」という長谷川さん。
コンクリートの世界から逃げ出したくて、
50代半ばで富山に戻ってきました。
「自然の中でやりたいことが山ほどあって」と、忙しい毎日を
過ごしていらっしゃいます。
「寂しいと思うことは、まったくありません!」

2017年9月11日

9月17日 秋の京都はいかが?

★オトナ放談
京都ネイティヴの大垣さん。
大垣さんを知ってから、京都のイメージが変わった。
もっと雅かと思ったら、硬骨漢じゃない? ...という残間さん。
京都の男性は「いけず」なんです...と大垣さん。
「いけず」ってどういう意味なんでしょう。
口は悪いけど愛情はある...とでも言えばいいのかな。
ストレートに褒めない。ちょっとひねる。
ひねくられた側も、上手にいじられるようにする...
大阪と京都の微妙な違いを面白く解説してくださいます!

★オトナの一曲
「中央フリーウェイ/荒井由実」
1976年のアルバム「14番目の月」から。
名曲ですね〜!
でも大垣さんはハイファイセットのヴァージョンの方が好きなんだそうです

★おとなライフ・アカデミー
今回は地震保険のメカニズムについて
とてもわかりやすくご説明いただきます!

play

[TIME 6:19]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
今回は大分市内の家をJTIに託し、
鹿児島に住み替えられた事例のご紹介。
定年となり子どもも育って、
もう少しコンパクトな家を...ということで
見つけたのが鹿児島市内のマンション。
元の家もお子さんに残せるということで
とても喜んでくださっています!

2017年9月 4日

9月10日 徳島探検隊!

★オトナ放談
今日は久々の「住み替えに熱心な自治体を勝手に応援」シリーズで、
徳島県三好市にフォーカス!
四国のほぼ中央に位置し、ほかの3県すべてと県境を接する三好市。
大歩危峡や黒沢湿原、剣山、祖谷のかずら橋など、文化遺産も豊富な場所です。
地域創生推進課主事の来見陽香さんにお話を伺います。
「市の中心部は池田町、あの高校野球で有名なところです。
徳島県の中でも、移住者が一番多い自治体なんです。
けっこう若い人も多いんですね。近隣の方も、
企業するために東京から移ってくる方もいらっしゃいます。
経験豊富なシニア層も積極的に受け入れています!」

★オトナの一曲
「時間よ止まれ/矢沢永吉」
1978年のミリオンセラー!
自分のいまの思いなんです。あんまり忙しくて...と残間さん。
この歌を聴くと、自分がいい女になったような気がします...と水谷さん!

★おとなライフ・アカデミー
今回は、年金をもらい始めた後に働くと、
年金が減ってしまうというお話、ちゃんと知ってますか?
...というテーマ。
「実はこれ、給与所得だけなんです。
自営だったり、自宅で民泊をやったりした収入はOKです」

play

[TIME 4:10]



★住み替え情報局!
今回は「田舎暮らしエクスプレス!」
岐阜から八ヶ岳山麓、山梨県北杜市へ住み替えて、
天然酵母を使った理想のパン作りに燃えるパン職人、
日野沢輝夫さんをご紹介。
「もう涼しくなって秋本番です。
空気が良くて、水もおいしいので、
薪を焚いていいパンが焼けますね」
息子さんが一人前になってきたので、
昔からよく遊びに来ていた八ヶ岳に新たな店を出したという日野沢さん。
とても楽しそうにお話をしてくださいました!

2017年8月28日

9月3日 ダジャレはいかが

★オトナ放談
今回のテーマは、なんと「ダジャレ」!
「嫌いです」とバッサリ切り捨てる残間さん。
「言えない。訓練が必要ですよね」と大垣さん。
「同じこと言っても、人によってシャレに聞こえる人と、
 そうじゃない人がいるわね」(残間さん)
「そう、許せる人が言えば許せる」(大垣さん)
そして浮かび上がった大きなテーマ...
「女はなぜダジャレを言わないのか?」

★オトナの一曲
「夏の終わり/森山直太朗」
*03年、「さくら」に次いでリリースされたシングル。
 内容は「反戦歌」。

★おとなライフ・アカデミー
今回もリスナーから戴いた質問に答えます。
離婚して家の名義を自分に変えることになった女性。
登記所で「登録免許税がかかる」と言われビックリ!
さて、これ、どういうものなのか? というわかりやすい説明、
そして残間さんが離婚した相手に家をプレゼントしたとき、
税金が高くて大変だったという仰天エピソードまで...

play

[TIME 6:27]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
今回は定年前、実家のお母様の介護が必要になり、
横浜から弘前に帰ることになった男性のケース。
新聞でJTIを知り、既に300万円以上の賃料を手にされています!

2017年8月21日

8月27日 いまさら英会話!

★オトナ放談
東京オリンピック・パラリンピックまで3年を切りました。
このチャンスに英会話を始めようとしている
オトナ世代の人も多いのでは...。
「私も何度もチャレンジして、
教則本が家の本棚2つ分くらいあります」(残間さん)
そんな皆様に向けて、英会話の達人、大垣さんが
実践的なアドバイス!
「上達のコツは、下手ですみません、と思わないこと!
 それから自分のペースで話すこと。文法はどうでもいいです。
 ずっと笑いっぱなしもだめ、いっぺん笑ったらそれでいいので、
 あとはマジメに話してください。卑屈になっちゃダメ。
 筆談でも十分です。
 それから、よくRとLの話が出ますけど、Rはどうでもいいです。
 Lだけ気をつけて、必ず舌先を上の歯のウラにつけてください」

★オトナの一曲
「過ぎゆく夏/中島みゆき」
2000年のアルバム「短編集」に収録のナンバー。

★おとなライフ・アカデミー
公団住宅って、いまどうなってるんですか...というメールに、
大垣さんが公団住宅→URの現状を紹介。
またURで分譲を買った人は、高い金利を払っている可能性があり、
借り換えできるので検討してみてください...とのアドバイスも。

play

[TIME 4:31]



★住み替え情報局
今回は滋賀県から伊豆・下田へと住み替えられた
岩崎務さんをご紹介。
20年前、イタリアで西洋考古学を勉強していた岩崎さん。
現地で下田出身の人と知り合い、訪ねてみると、
気候温暖で素晴らしい場所、住んでみたいと思ったのが
住み替えのきっかけでした。
大好きな下田の自慢をたっぷり伺います!

2017年8月14日

8月20日 オトナのクッキング

★オトナ放談
今回はクッキングがテーマ。
「必要があればやりますよ」という大垣さん。
肉をグリルで焼いたり、残りごはん
チャーハンを作ったり。
一方残間さんは、忙しくても朝ごはんは自作、
「カロリーが高いものは朝に食べるの。
朝からカレーうどん、カレーライスは多いですね」
2人の繰り広げるクッキング談義、面白いですよ〜!

★オトナの一曲
「八月の濡れた砂 / 石川セリ」
今週はアンニュイな感じで!

★おとなライフ・アカデミー
今回はソニー銀行が売り出した新しい形の
「投資型クラウドファンディング」をご紹介。
これは株に似た感じで、小口でネットでやるのに向いています。
株とどう違うのか。
株の場合は赤字だと配当が出ませんが、
こちらのクラウドファンディングでは自由に決められます。
一方、株は売買自由ですが、クラウドファンディングは
基本的には売買できず、分配金で回収が基本です。
興味のある方は、こちらにアクセス!

play

[TIME 7:08]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
今回は東京・日野のマイホームをJTIに託し
富山・魚津の実家に戻ったご夫婦をご紹介。
かつては田舎だった家も、新幹線も通り、
近所にスーパーやコンビニもできて
とても便利になったこともあり、
住みやすい土地になっていた!
老朽化していた実家をメーカーで新築、
充実の日々を過ごしていらっしゃいます。

2017年8月 7日

8月13日 星座を覚えよう!

★オトナ放談
「時々空を見上げて星になんか言ったりするの」という残間さん。
お父さん、とか、お母さん、とか呼びかけちゃうの...と
いう乙女チックな言葉に、大垣さんもちょっとビックリ!
「星空を見る少年って賢そうに見えるじゃない。
だから天体望遠鏡を買ったんだけど、一度も見ないのよ。
結局人にあげちゃった...」
一方の大垣さんは、子ども時代、ギリシャ神話の愛読者だったり、
ちょうどアポロ計画の真っ最中だったこともあり、
星にはそれなりの関心があります。
スタジオにiPadを持ち込んで、星座アプリで
いま見える星座を教えてくださいました!

★オトナの一曲
「白いサンゴ礁 / ズー・ニー・ヴー」
1969年のヒットナンバー。阿久悠さんの初期の代表曲の一つ。
作曲は村井邦彦さん。

★おとなライフ・アカデミー
今回は「レンタル家族」についてのお話。
90年代の論文に出てきたので
今どうなってるか...と調べてみたらいろいろあるんです、
と、大垣さんがスタジオに持ち込んだのが
「おっさんレンタル」の資料。
「オバサンのレンタルはないの?」
「オバサンはいいんじゃないんですか...」
「でもオバサンの方が役に立つわよ」
世の中のコミュニティがないので、
身元がしっかりしてる他人にニーズがあるんですね!

play

[TIME 6:43]



★住み替え情報局
今日は「田舎暮らしエクスプレス」!
定年退職後、神戸から長野県箕輪町に住み替えて8年、
下田延治さんをご紹介。
「最高ですね。定年の2年前に家を買いまして、
最初は連休とか、夏休みに来てたんですが...
今では地区の皆さんと日々飲み会などで楽しんでます」
積極的に地域に溶け込むのが田舎暮らしのコツ、
と、具体的なヒントを教えてくださる下田さん。
最近では、近所にゲストハウスも買って、
友人・知人を招いては箕輪町の良さをアピールして
いらっしゃるそうです。

2017年7月31日

8月6日 お見舞いの作法

★オトナ放談

お見舞いは果たして必要なのか、
迷うことの方が多いですね...と残間さん。
「お花も難しいですよね。
一番いいのはお金よね」
「昔はマスクメロンでしたよね」
少女時代の残間さんが入院中に訪れた
男の子たちのエピソードに注目!

★オトナの一曲
「シーズン・イン・ザ・サン / TUBE 」
1989年の出世作。
「いよいよ8月ですからね!」

★おとなライフ・アカデミー
今回は高齢者ドライバーの話。
警察庁でも議論されていて、
将来的には自動運転限定免許の導入なども
考えられている、というお話。
「アウディが作った新しい車は
突発事故以外の時は自動運転できるんです」
という大垣さんのお話に
「危ない時こそ機械がやってくれないと」と女性陣。
うーむ、そりゃそうだと大垣さん...

play

[TIME 6:36]



★住み替え情報局
JTIの斉藤さんを迎えてのマイホーム活用大作戦!
子育てを終え、ご主人に先立たれた女性。
東京・昭島市から生まれ故郷の札幌に戻ることにして、
JTIの利用をスタート。
管理もきちんとしてくれているということで、
安心して札幌の生活を楽しまれているようです。

2017年7月24日

7月30日 美術館へ行こう!

★オトナ放談

最近行った美術館は?
草間彌生さんを見に行った残間さん、
ブリューゲルのバベル展を見たという水谷さん。
「最近、オトナ層は多いですよね」
「5、6時間並んだって話もよく聞きます」
オトナ的にはちょっとしたブームになっているみたい。
山本地方創生大臣の「学芸員はガン」発言もありましたが
学芸員、キュレーターという言葉も一般的になってきて
オトナ世代を中心に美術館、博物館通いが
ごく一般的になってきているようです。
ちなみに残間さんのお勧めは沼津のビュッフェ美術館!

★オトナの一曲
「恋する夏の日 / 天地真理」
1973年のNo. 1ヒットをご紹介しました。

★おとなライフ・アカデミー
そろそろ金利が上がりそう...というこの状況。
じゃ金利が上がったらどうするの? というお話。
変動がいいのか、固定がいいのか?
一番いいのは、固定金利なんだけど、
もし金利が下がったらその分下がるというローン。
そんなのあるんですか? あるんです! と大垣さん。
フラット35だと、安い金利で借り変えられる仕組みが
ちゃんとできている! これは素晴らしいですね。

play

[TIME 7:04]



★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
今回はさいたま市から安房鴨川に住み替えられた
荒川幸夫さんをご紹介。
リタイア後は釣り三昧の暮らしを送ろうと各地を回り、
年寄りが安全に釣れる場所としてターゲットを絞ったのが
鴨川市でした。
ただ釣りばかりしてもしょうがない、と、
シルバー人材センターに登録して農作業をするように。
農繁期になると釣りどころじゃない、と、
忙しい毎日を過ごしていらっしゃいます!

Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All rights reserved.