文化放送

セキスイハイム プレゼンツ 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

日曜日 9時30分~9時55分

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!
金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

2018年3月 5日

3月11日 東日本大震災から7年

★オトナ放談
あの日から7年...
震災と東北を見つめる二人の思いは...

★オトナの一曲
「春の風が吹いていたら / 吉田拓郎」
73年のアルバム「伽草子」収録のナンバー。
最初の夫人である四角佳子とのデュエット。

★おとなライフ・アカデミー
フラット35の利用に難色を示す業者がいたら?
大垣さんのアドバイスは必聴!

★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
東京から信州・佐久に住み替えられた
藤木モトエさんをご紹介。
「東京は仕事をするにはいい場所ですが
住むにはちょっと...」という藤木さん。
「ピンコロ地蔵さんというのがあると聞いて、
一度お顔を見に行こうと思って...
駅前の喫茶店に入ったら、マスターが
市役所まで送ってくださったんですよ。
こんないい人のいる所ならいいな、と思って」
医療も充実、行政の支援も手厚い佐久は、
住み替えの先進地。
藤木さんのお友達も、移住組がけっこう多いそうです!

2018年2月26日

3月4日 おとなのウォーキング

★オトナ放談
去年の12月2日から気持ちを入れ替え、歩くようになった...という残間さん。最近のブログには「何歩歩きました」という記述が目立ちます!
「膝が悪いからというのを言い訳にして歩かなかったんだけど、膝の先生に少し歩きなさい、と言われて...」
歩いているといろいろな発見があって面白い。
「同じ道を歩くのはつまらないから、いろんな道を歩くの。最近は階段を見てもヤだな、と思わなくなりました」
一方の大垣さんはランニング派。
「目白、護国寺界隈を作務衣を着て走ってます」
「作務衣がいいんですか?」
「いえ、趣味です(笑)」
走るといろいろなことが思い浮かぶ、という大垣さん。
「お勧めは3拍子で走ることです」
なぜ3拍子か...は、放送を聞いてのお楽しみ!

★オトナの一曲
「桜三月散歩道 / 井上陽水」
名盤の誉れ高い73年の「氷の世界」所収。
「この歌も、この季節になると聞きたくなりますね」(残間さん)

★おとなライフ・アカデミー
「郵便切手でボケ防止」というお話。
80円切手がなくなって、皆さん、どうしてますか。速達料金が280円、+82円。82円切手ばかりある場合、どうすればいいか。362円にならないですよね。郵便料金を効率よく払うためにどうすればいいか。100円と10円と30円と50円を組み合わせるのが一番いい...と、あれこれ思索を巡らせた大垣さんの結論は...?

play

[TIME 5:52]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
定年退職後、広大な島根の実家が心配で帰郷したものの、
大阪のマイホームを空き家にしていた80代の男性。
新聞でJTIのことを知り、手紙と電話のやりとりで手続きを進めました。
こちらも阿倍野区の便利な場所の物件だったため、賃料も10万以上!

2018年2月19日

2月25日 会津探検隊

★オトナ放談
小学校6年の遠足が会津だったという残間さん。「いいとこですよね~」という会津若松の住み替え事情について、市役所の長嶺智美さんに電話でお話を伺いました。
「福島県西部、四季がはっきり感じられる街です。今年は雪が多いですね」
JRで東京から3時間、直通バスもあってアクセスが便利な会津若松。
「去年は12世帯の方が移住されました。現役世代も多いですが、退職されて間もないご夫婦もいらっしゃいます。市街地を希望される方が多いですね」
少し行けば猪苗代湖もあり、山間部、農村地帯...いろいろな風景が楽しめるという会津若松。
「定住・二地域居住推進協議会では、仕事探しから家探しまでをワンストップで情報提供できます」
IT専門の「会津大学」があり、IT関係の仕事も多いそうで、現役世代の就職も恵まれているようです。長期滞在が可能なお試し住宅も用意されていて便利!
「体験していただければ好きになっていただける街だと思います!」

★オトナの一曲
「雪化粧 / 松山千春」
この季節になると、スケールの大きな歌声が聞きたくなりますよね? という残間さんのチョイス。

★おとなライフ・アカデミー
家を住み替え、確定申告書を書いた方。値下がりしているのに救済措置がない...というメールを頂戴しました。
「損が出た場合、赤字にして、収入が減るのでその分、返してもらえます。でもこの方の場合は、ダメ。というのは、次の家を買う時に、住宅ローンを利用しなければならないのですが、現金で買っちゃってるからなんです」家を売って損をする場合、次の家を買う時、ローンを借り入れれば優遇措置がありますよ、というお話。

play

[TIME 7:24]



★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
川崎から千葉・館山に住み替えられた山崎守さんをご紹介。
「13年前に体調を崩し、療養を兼ねて別荘でも作ろうかなと、あちこち探したんです。当時はまだ仕事をしていて、時々来ていたんですが、こっちの方がずっといいな、と、完全に住み替えることにしました」
地所が広く、けっこう山が多いという山崎さん。毎日、山の手入れと、畑仕事でけっこう忙しいそうです。
「海が近いので、釣りも楽しんでいます。眺望がとてもよくて、180度、海が見渡せるんです」
冬が温かく、夏はクーラーがいらないほど涼しいという理想的な環境! 充実した毎日をお過ごしの様子が、電話の向こうから伝わってきました!

2018年2月12日

2月18日 地図が読めない?

★オトナ放談
今回は「地図」がテーマ。
2000年に「話を聞かない男、地図が読めない女」というベストセラーがありましたが、
実は大垣さんは「地図が読めない男」。
「中学のときとか、ほぼオール5でしたが、地理だけは全然ダメでしたね~。面白くなさすぎる(笑)」
「車なんかちゃんと運転できるんですか?」
「今は間違った方に行くと、ナビに怒られますからね」
それから残間さんは、松本清張さんが地図を見ながら執筆していたという秘話を教えてくださいました!

★オトナの一曲
「元気を出して / 薬師丸ひろ子」
1984年のナンバー。
「最近、元気がないから、自分を鼓舞しようと」(残間さん)

★おとなライフ・アカデミー
あなたは何歳まで生きると思っていますか? その年齢まで生きるとしたら、何歳から年金を受給するのがお得? でも働き続けるとしたらどうなる? ...といったオトナ世代なら誰もが知りたい疑問に大垣さんがズバリ回答!

play

[TIME 6:16]


★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
今回斉藤さんがご紹介くださるのは、
故郷の富山に住み替えた後
埼玉のマイホームを空き家のままにしていたという方。
売るには査定が安すぎるし、どうすればいか...と
悩んでいたところ、テレビでJTIのことを知り、
問い合わせたところ条件がピッタリ!
今では月に10万以上の賃料収入があり
8人家族の入居者も大喜び!

2018年2月 5日

2月11日 AIが世の中を変える?

★オトナ放談
いまAIのプログラム言語「パイソン」を勉強していて、
それがすごく楽しいんです...という大垣さん。
このパイソンというのは「モンティパイソン」から来ているそうです!
「本当に10年、15年先にはほとんどの仕事がなくなっちゃうんでしょうか?」
「わからないですね」
大垣さんが正直な感想。
「人は減っていきますよね。
だからその分の仕事をロボットに置き換えれば
暮らしは逆に豊かになっていく。
そういう風に考えればいいんじゃないでしょうか」
これからどんな事態が予想されるのか、
チェックポイントを残間さんが解説してくださいます!

★オトナの一曲
「メランコリー / 梓みちよ」
1976年から翌年にかけロングセラーとなった名曲。
大垣さんはまったく聞いたことがないそうです!
「京都では流れてなかったんじゃないかなあ」

★おとなライフ・アカデミー
今日は「副業で稼ごう」シリーズその1。
所得の種類と税金の問題などについて
わかりやすくレクチャーしてくださいます。

play

[TIME 4:45]



★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
東京から千葉・いすみ市に住み替えられた漫画家
清つねおさんをご紹介。
「本当はゴミゴミした東京が好きなんですけど、
奥さんに無理やり連れて来られちゃって」と
苦笑する清さん。
「毎日早く寝て、早く起きて...
そんな暮らしをしています」

2018年1月29日

2月4日 もしも有事になったら...

★オトナ放談
「アマゾンでシェルター売ってるの、知ってます?
核シェルター240万。
津波が来ても浮くシェルターは690万...
それにしてもアマゾンでこんなもの買う人、いるのかなあ」
ちょっと前までこんなのありえなかったよね...と一同。
「でもね、たぶん有事っていっても地震の方が怖いですよね、
天災に対する備えをやっておかないと」

★オトナの一曲
「ワインレッドの心 / 安全地帯」
玉置さんは歌うまいよね、ホントに...としみじみ語る女性陣。

★おとなライフ・アカデミー
野菜が高いのはアベノミクス効果? という質問。
「これはアベノミクスとは関係ないですね。
あの偉いおじさんたちが、物価がまだ上がっていない、というのは
経済がうまくいっているなら、自然と物価が上がる、という前提があるからなんです」

play

[TIME 6:00]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
滋賀県大津市で一人暮らしの男性。
高松に転勤が決まり、自宅の売却も考えたが、
査定額が低過ぎて売るに売れない...
困っているところ、テレビでJTIのことを知る。
「もし知らなかったら、いまだに税金を払い、
草刈りに通わなければならなかったわけです」

2018年1月22日

1月28日 節分どうしてますか?

★オトナ放談
今回は節分を話題に取り上げます。
「ちゃんと豆撒きやりますよ」と残間さん。
「福は内、福は内、鬼もときどき内〜って」
「鬼も内なんですか?」
「まあ誰も来ないからね、鬼でも来てもいいかと」
水を用意して、がんばって年齢より一つ多い豆を食べるという残間さん。
「それでも病気しちゃってるけどね」
そして大垣さんは興味深い京都の節分風俗をお話しくださいます!

★オトナの一曲
「駅 / 竹内まりや」
「悪さしたことのある女はみんな好きな歌だよね」という残間さんに
水谷さん大ウケ。86年の名曲でした。
「その頃大垣さん、どうしてたんですか?」
「知ってて聞くなよ(笑)。最初の奥さんに逃げられた年(大笑)」

★おとなライフ・アカデミー
「お守りは持っていた方がいいでしょうか」というリスナーのメールをご紹介。
「手放せないですね」と内ポケットから各種のお守りを取り出す大垣さん。
そんなに沢山、神様がケンカしたりしないんですか?
「大丈夫、神様は心が広いから」
いろいろなことが偶然に起きているんだけど
それは何か大いなるものに守られているような...という大垣さん。
最初はNYでホールドアップになったときの用心に
お守りに100ドル入れて持ち歩いていたのですが
今では常に身につけていないと不安になってしまいました...!

play

[TIME 5:16]



★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
定年退職後、静岡の三島から長野の信濃町に住み替えた高橋周平さん。
「ウインタースポーツが好きで。
人が沢山いる場所があまり好きじゃないんです」
春、夏、秋は冬の準備をするために過ごしている、という高橋さん。
「天気が良かったら毎日、クロスカントリー・スキーを楽しんでいます。
森の中をウロウロして、ウサギの足跡を見つけたり」

★大垣さんからのお知らせ
青山アカデメイア
大垣さんの夢だったという、社会人向けの大学がいよいよ誕生!
大垣さんもウォール・ストリート・ジャーナルを使って英語を学ぶ講座を開設します。
興味のある方、ぜひ検索してみてください。

2018年1月15日

1月21日 オトナの英会話 パート2

★オトナ放談
大好評の英会話講座パート2。
「日本人は名詞・単語で話そうとするんだけど、
これだと単語が出てこないと喋れなくなっちゃう。
それでどうすればいいのか、というと、
5W1Hで話すクセをつければいいんです」
たとえばチケット売り場はどこですか、と聞きたいとき。
日本人は「チケット売り場」という単語を考える。
だから喋れなくなっちゃう。
そうじゃなくて、「どこ?」をベースにして考えればいいんです。
つまり...
Could you tell me where I can get the ticket?
こうすれば「チケット」という言葉を知っていればなんとかなりますよね...
など、実践的な英会話のコツを披露します!

★オトナの一曲
「夢をあきらめないで/岡村孝子」

★おとなライフ・アカデミー
最近出てきた「トンチン年金」のお話。
これトンチンさんていうイタリア人が考えたんですけど、
払い込む額を少なくすることができる。
普通の年金と違って、早く亡くなった方が払い込んだ金額を、
生き残った方が受け取れるシステムなんです...
最近国もこのやり方を認めて、この種の商品が
続々登場してきています、というお話。

play

[TIME 6:56]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
今回は長野県松本市のご自宅を賃貸に出し、
自然豊かな安曇野に住み替えられたご夫婦をご紹介。
「住み替え先の家を建てた工務店に、
JTIのことを聞いて、それはいい...と、
ご利用いただくことになりました」

2018年1月 8日

1月14日 こたつがパラダイス!

★オトナ放談
こたつありますか?
「母が亡くなってからありません...」(残間さん)
「そういえばないなあ...」(大垣さん)
住宅全体が暖かくなったせいか、
最近の住宅からはこたつが消えつつあるようですが...
「うちは実家にありますけど、子どもたちは大喜びですね。
こたつがあるから、おじいちゃんおばあちゃんの家に行く、みたいな」
(水谷さん)

★オトナの一曲
「永遠の嘘をついてくれ/中島みゆき」
吉田拓郎に提供した歌のセルフカバー。

★おとなライフ・アカデミー
今回はビットコインのお話。
最近値上がりが目立つということで、
仕組みを丁寧に解説します!
「お金は国の信用が裏付けになっている。
それじゃ金はどうでしょう。
これは希少で、美しく、いつまでもそのままでいる...
だから価値が認められているわけです。
さてビットコインは?
これはネットの中で作れる量が限られているので、
価値が出てくるものなんです。
それではなぜ値段が上がっていくのか。
ビットコインを使ってモノを買うと、
それで裏付けができて、経済圏みたいなものができつつあるんです」

play

[TIME 9:33]



★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
会社を早期退職して、大阪から和歌山・有田川町に移り住み、
「自然農」に取り組んでいる高嶋一さんをご紹介。
暮らしていらっしゃる古民家は、本当に住みやすそう!
「冬場は農作業があまりないので、薪割りとか...
家族は大阪にいますが、寂しさを感じたことはないです」
そのうちご家族と一緒に住まれるんですか?
「子どもたちは全然来る気がないですね。
妻は...来るかもしれません」

2018年1月 1日

1月7日 魅惑の時代劇

★オトナ放談
市川雷蔵と高田浩吉が好きだったという残間さん、
兵児帯で覆面みたいにした遊んだな、という大垣さん。
「やっぱり日本人は勧善懲悪が好きなのよね」
「ニューヨークにいるとき、水戸黄門やってましたよ。
英語の字幕が出るんだけど、控えおろう! っていうのが
Down the head! って(笑)あれはうけたな」
最近の時代劇は言葉遣いが現代的になりましたね、と大垣さん。
「キョーエツシゴク、なんて言わなくなりましたよ。
ちゃんと使えばいいのにね...」

★オトナの一曲
「雨に濡れても / B・J・トーマス」
「なんか、明日に向かって撃ちたい気分」(残間さん)

★おとなライフ・アカデミー
今日は「会社四季報」の見方ガイド。
「ROEとROAというところを見てください。
Eは株主はどれくらいで回っているか、
Aは会社そのものがどれくらいで回っているか。
二つの数字がかけ離れている会社は、借金している。
似通っている会社は、無借金経営。
利回りのいい会社は、それだけ浮き沈みも激しい。
どっちがいいか悪いかではなく好みの問題」
そういったことがわかった上で投資を考えよう、というお話でした。

play

[TIME 7:13]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
広島県福山市から大阪に転勤になった男性。
子育てをした、思い出深い自宅をどうするか悩んでいたとき
JTIのことを知って、「貸す」選択をしました。
間もなく定年退職、その折には
懐かしい福山の自宅に戻りたい...

Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All rights reserved.