文化放送

セキスイハイム プレゼンツ 大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

日曜日 9時30分~9時55分

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり!
金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、団塊世代プロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。

2019年5月20日

5月26日 4K 8Kでテレビはどうなる?

★オトナ放談
テレビ見てますか? という問いに
「割と見てる」という大垣さんの答えにビックリ仰天の女性陣。
「アメリカの刑事ドラマとか...」意外な大垣さんの横顔が明らかに。
それにしても
「4K、8Kになって嬉しいですか?」(大垣さん)
「20代の人しか出られないよね」(残間さん)
立体になったらビックリするけれど...という大垣さん。
「今の若い人はテレビ見ないしね...」
大垣さんの子どもたちは誰もテレビを持っていないそうです。
「売る側の盛り上がりしか感じないよね...」
さて、テレビの将来はどうなるのでしょう?

★オトナの一曲
「海岸通 / イルカ」
1979年のシングル。伊勢正三作。
伊勢の故郷、大分県津久見の風景を歌っています。

★おとなライフ・アカデミー
今回は「会社のM&Aについて」
なぜ会社を買うのか? その初歩的な仕組みについて
大垣教授が分かりやすく解説します。

★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
・現在、61歳の男性。
 1999年、埼玉・蓮田市でマイホームを新築。
 2008年、転勤で大分に移り住むことになり、
 築10年にも満たない家をどうするか頭を悩ませた。
 売却も考えたが、査定額が低くどうしようもない...

・そんな最中に、新聞でJTIのことを知る。
 問い合わせてみると、十分借上げが可能だとのこと。
 賃料は8万円ちょっと、入居者なしでも7万5千は入る。
 このお金で、大分では戸建てが借りられる。
 安定してお金が入ってくるし、
 遠くに暮らしていても管理に手間がかからずありがたい!
 これまでおよそ1千万円の賃料を手にされています。

2019年5月13日

5月19日 天気予報いかがですか?

★オトナ放談
天気予報を気にしますか?
「すごく気にします」という残間さん、
「まったく気にしません」という大垣さん。
「気にするのはだいたい女性の方じゃないですか?
洗濯とか、お化粧どうしようとか...」
気象予報士・鈴木純子アナを挟んで展開される
2人の自由すぎるトークをどうぞお楽しみに!

★オトナの一曲
「天気雨 / 荒井由実」
1976年のアルバム「14番目の月」収録のナンバー。

★おとなライフ・アカデミー
人生100年時代、最近よく言われるようになりましたが、
そのきっかけとなった「The 100 Year Life」についてご紹介します。
本のタイトルだけ一人歩きしてますが、
内容は世間で論じられている「人生100年時代」とは
ちょっと違ってますよ...というお話。
「これからはいろいろな資格が必要になる」という本の内容に関連して
「ねこ検定」「入浴検定」「調味料検定」など、
様々な資格をご紹介します。

play

[TIME 5:10]



★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
横浜から群馬県神流町に住み替えられ、
ダイニングバー「神梛」をオープンされた佐方武さんをご紹介。
横浜の大きなレストランでコックを務めていた佐方さん、
「若い頃から田舎暮らしをしたかったんです。
たまたま神流町の移住相談会に行ったところ、
とても理解のある方がそこにいらして...」
充実の毎日を過ごされている様子が、電話の向こうから伝わってきます!

2019年5月 6日

5月12日 もう一度、花咲かせよう

★オトナ放談
今回は残間さんの最新刊
もう一度 花咲かせよう
定年後'を楽しく生きるために
」にフォーカス。
「花は勝手に咲かないから、相当な力を持って
水をやったりしなきゃいけないんだけど...」
50代、60代の親が何を考えているのか、
これでやっとよくわかりました...と、
20代の若者から感想が届いたという残間さん。
前著「閉じる幸せ」から「もう一度花を咲かせる」への
シフトはどのように起きたのか、ぜひご覧ください。

★オトナの一曲
「無縁坂 / さだまさし」
母の日だから...と、残間さんのチョイス。
1975年、元はグレープのシングルでしたが、
後にソロでもレコーディングされました。

★おとなライフ・アカデミー
「家の骨組みは100年、外装は20年ということですが、
どういうメンテナンスをすればいいでしょう」という
リスナーからの質問に答えます。
「住み続けるのなら、定年退職ぐらいをポイントに、
きちんと手直しされることをお勧めします」
理由はオンエアでお確かめください!

play

[TIME 6:25]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
・現在63歳の男性。
 香川県高松市に1992年に家を新築、
 2人の子どもを育て上げました。
 仕事も一段落したところで、お子さんが暮らしている、
 奈良県北葛城郡に引っ越そうかという話が...

・そこでネックになったのが、僅か築18年の家。
 売却査定の金額は低すぎて移住に踏み出せない。
 そんな時、新聞記事で目についたのがJTIの存在。
 賃料が取れるのか不安だったが、
 担当の不動産業者が丁寧に応対してくれ、
 思っていたよりも高い査定が出たことで貸出を決意。
 お子さんの家の近くに新居を建てて移住を敢行、
 どちらにもメリットがあり、大成功の住み替えでした。

2019年4月29日

5月5日 鈴木純子さんをご紹介します

★オトナ放談
今週から水谷アナウンサーに代わって鈴木純子アナウンサーが登場。
「雰囲気が全然違う!
すごく高級になった気がする」(大垣さん)
「聞いてるとちゃんとスポンサーの名前ちゃんと言うわね」(残間さん)
「水谷さんはこなしてる感じだったね(笑)」(大垣さん)
そして鈴木アナの「気象予報士」資格について様々なトークが...

★オトナの一曲
「麦の唄 / 中島みゆき」
麦の季節だからね。どんなに踏まれても出てくる(残間さん)
2014年の朝の連続テレビ小説「マッサン」主題歌。

★おとなライフ・アカデミー
鈴木さんが初めてなので、JTIのことをおさらいしましょう...と大垣さん。
「鈴木さん、小学2年生の女の子がいるんですよね。
でも、いずれ、その子が家を出て行ったら、どうなるか...」
どうすれば家をきちんと活用できるのか、初歩からご説明します、

play

[TIME 7:35]



★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
茨城県稲敷市で「動物介在教育」に取り組んでいる
小森明美さんをご紹介。
子どもたちに動物と触れ合ってもらって、
脳に刺激を与えるのが「動物介在教育」、
小森さんはNPO法人「マメポニ」で、
ポニーを飼ってこの活動に取り組んでいらっしゃいます。
「心が病み気味なお子さん、大人の方でも、
心の向きが変わってくるんですね」
稲敷市に家を購入された小森さん。
「平屋がよかったんですが、牧場が見つかったので、
それに合わせて適当なものを購入しました」

2019年4月22日

4月28日 さようなら水谷加奈

★オトナ放談
なんと!水谷アナウンサーが本日限りで
この放送を離れることに...
「9年前にスタートした『アクティブシニアの住み替え大作戦』以来...
でもどんな話してたか、全然覚えてないんですよね」(大垣さん)
去りゆく水谷さんに、2人からお言葉を頂戴します!

★オトナの一曲
残間さんから水谷さんへのはなむけの一曲
「愛燦燦 / 小椋佳」

★おとなライフ・アカデミー
初心に帰ってマイホーム借り上げの復習をします。
家を貸すということ事態は広まっていますが、
そもそもなぜこの制度を作ったのか?
第一歩は借地借家法、これは借りた方の権利を守るための法律です。
逆にいうと、ちょっと貸すと出ていかない権利ができちゃう。
だったら空き家にしとこう...と普通は考えますよね。
じゃ、それを公的機関が借り上げて、きちんと管理しよう...
JTIがなぜ生まれたのか、という原点のお話を伺います。

play

[TIME 5:23]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
・2004年、30歳のとき、岡山市内にマイホームを建てた男性。
 当初の予定と違い、3人目のお子さんに恵まれたのはいいが
 家の間取りが合わなくなってしまった!
 近所に適当な広さの分譲地があったが、
 現在の家の売却査定額には納得がいかない...

・そんなとき、住宅メーカーの営業担当から、
 「ウチで認定長期優良住宅を建てて
 かせるストックの証明書を発行してもらえば、
 50歳以下でも現在の家を借り上げてもらえる」と聞く。
 それなら...と思い切って、一回り大きな家を建てることにし、
 現在の家を貸し出すことに。
 新居はすぐ近所なので、ご近所づきあいもそのまま、
 毎月10万近い賃料も手にすることができています!

<エンディング>
来週からは鈴木純子アナウンサーが登場します。
「大垣さんの好きなタイプだよね」(残間さん)
「いろいろ聞きたいのでメール送ります」(水谷さん)
「嘘ばっかり!(笑)」

2019年4月15日

4月21日 丹波篠山探検隊!

★オトナ放談
今回は住み替えに熱心な自治体を応援するシリーズで、
5月1日から名前が「丹波篠山市」になる兵庫県の「篠山市」をご紹介。
篠山暮らし案内所の仙林寛実さんにお話を伺いました。
「京都大阪姫路神戸を結ぶ交通の要衝として古くから栄えた町です。
黒豆や猪肉など、特産の美味しいものもたくさんあります」
昔は田舎の代名詞のように言われた丹波篠山。
でも最近は逆にハイカラ、ある意味お洒落なブランドとなっている...
「佐渡裕さんも気に入って、何度もいらして頂いてます」
篠山城を中心とした歴史文化豊かな町、篠山をぜひ訪れてください!

★オトナの一曲
「春ラ!ラ!ラ! / 石野真子」
1980年のナンバー。石野真子さんのシングルでは最大のヒット。
「私が編集長やってた雑誌の旅企画で、一緒にオーストリアに行きました。
離婚したばっかりの時で、いろいろ興味深い話を...」

★おとなライフ・アカデミー
災害で家を流されてローンをどうしよう、というお話。
全国銀行協会がガイドラインを4年前に出しています。
それまでは「お気の毒ですが、借金は借金なので返してね」ということでしたが、
このガイドラインではできるだけ圧縮しようということになりました。
そして先日の西日本豪雨で初めて適用され、
1千万が半分くらいになったんです...
まだ知らない方が多い話なので、こういう制度があるということを
広く知っておいて頂きたいですね。

play

[TIME 5:02]



★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
大阪から屋久島に住み替えられた得平恵美さんをご紹介します。
「自然が素晴らしくて...ちょっと車を走らせると森の中に入れたり、
海が見えたり...緩やかな時間が流れるんです」
日々忙しい大阪での暮らしから一転、
ゆったりした直時間を楽しんでいるという得平さん。
カフェ「島Cafe ラ・モンステラ」はモーニング限定!
「玄米茶粥のプレートが人気です。地元産の有機のほうじ茶を使います」

2019年4月 8日

4月14日 パッケージからダウンロード、ストリーミングへ?

★オトナ放談
今回は音楽や出版のソフトウエアについて。
CDなど、お店で買う「パッケージ」商品から、
ネット経由の「ダウンロード」や「ストリーミング」へと
時代は大きくシフトしつつあります。
「LPの時代はジャケットが楽しかったけど、
今じゃジャケットも何もないんでしょ?」(大垣さん)
アルバムはどうなっちゃったの? という大垣さん。
「うちの息子なんか、CD取り込んだらもういらないって、捨てちゃうの。
私、もったいないから全部回収して持ってる」(残間さん)
一方でアナログ盤人気も復活していたり...
パッケージソフトはどうなっていくのでしょう。

★オトナの一曲
「岬めぐり / 山本コウタローとウィークエンド」
山本コウタローさんはいつも「この一曲で生きてます」と言ってます(残間さん)

★おとなライフ・アカデミー
お葉書を頂戴しました。
「持ち家か賃貸か。
3年ごとに転勤があります。どうしたらいいでしょう」というご質問。
そこで大垣さんの新アイデア「マイホーム・リース」をご紹介。
「自分の家はちゃんと作るんです。借りるんじゃなくて。
家は普通、買ったら死ぬまで持ってるしかないけど。
それを公的機関に売って借りるというやり方です。
3千万の家を買って、公的機関に売ると、
公的機関はローンを払ってくれます、
そして最初に買った人はそれを借りるんです。
このやり方だと、自分の好きな家を建てられることができて、
しかも賃貸として住むことができる...」
画期的な構想についてじっくりお聞きください。
「住みたい期間だけ家を買える」!?

play

[TIME 6:58]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
・現在、71歳の男性。
 1992年に鎌倉に家を建て、定年を迎えたが、
 故郷・佐賀県三養基郡の家が気になり始めます。
 空き家にしておくわけにもいかず、移住を考えますが、
 まだまだ住める鎌倉の家を売るのは気が重い...

・迷っているとき、雑誌でJTIのことを知ります。
 相談した所、鎌倉という地の利が生きて、
 賃料もソコソコ入ると言う事がわかり、貸出を決意。
 現在、毎月89,250円の収入を手にすることができています。

・生まれ育った田舎での暮らしはユッタリとして日々穏やか。
 気持ちに余裕のある毎日を過ごせているそうです。

2019年4月 1日

4月7日 アラフィフ世代と貯蓄

★オトナ放談
今回は「アラフィフ世代と貯蓄」がテーマ。
50代で貯蓄ゼロ...今からでも貯めた方がいい?
「普通の方は住宅ローンがあると思います。
引いちゃうとマイナスになる人も多いんじゃないかな。
だから実際には1%の貯金をするよりは、
2%の住宅ローンを減らすことを考える方がいいと思います」(大垣さん)
貯金をしたいなら、毎月ちょっとずつ引き落とされるのがいい...など、
お金の使い方に関するヒント満載でお送りします。

★オトナの一曲
「春だったね / よしだたくろう」
1972年のアルバム「元気です」冒頭のナンバー。

★おとなライフ・アカデミー
日本人は世界の先進国に比べて高齢になるまで働いている。
10年くらい前までは日本は年を取っても働かなきゃいけない、という
否定的な文脈で使われていた統計を、
「日本はこんなに高齢者が元気な社会です」と肯定的に捉えるようになった。
いったいどういう策略なの? 大垣さんの解説をお聞き逃しなく。

play

[TIME 5:02]



★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
今回は福岡市内から同じ県内の糸島市に住み替えられた、
寺田和憲さんをご紹介。
「糸島は自然がたっぷりで、福岡市から近いんですが、
海も山も田舎の雰囲気が味わえます。
それで引っ越してきたんです」という寺田さんは、
「ハーフビルド」という「半分手作り」の家にお住まいです。
「作っている過程が楽しいんです」という寺田さんは、
その後、電動工具にハマってしまい、それからは木工三昧の日々が...

2019年3月25日

3月31日 襲名、代替わり、事業承継

★オトナ放談
今回は中小企業には深刻な問題の「事業承継」。
「二つ問題があります。
そもそも、まず継いでもらえない。
でも最近はマッチングしてくれたりとか、M&Aというのがあります。
もう一つは、創業社長がいて、先に奥さんが亡くなって、
後妻が入ってきて...というケース。
長男は継ぎたいんだけど、後妻さんに株が行っちゃったり...。
その辺のことをキレイにするのがけっこう大変なんです」(大垣さん)
「私は来年会社が40年なんです。
もういらないんだけど、どうしたらいいか...。
息子はいらないって言うし」(残間さん)
いま日本の深刻な問題の一つ、事業承継。
大垣さんがいろいろなヒントを提示してくれます。

★オトナの一曲
今日の日はさようなら / 森山良子
「卒業式で歌いましたね〜」(水谷さん)

★おとなライフ・アカデミー
今日は「墓じまい」のお話。
イオンの子会社が墓じまいを専門にやってくれるところがあります。
「先祖代々のお墓は行くのがとても大変なんです。
知り合いもいないから、そこのお墓をやめて、
みんなが来れる所に持ってきちゃえばいいかなあと。
でもいろいろ大変なんですよね」
そこで登場したサービスが「墓じまい」。

play

[TIME 7:07]



★住み替え情報局 マイホーム活用大作戦
広島県福山市に暮らす、82歳の男性。
1981年に山間地の実家を出て、駅の近くに家を新築。
定年を迎え、実家に戻ることを考えたが、
気になるのが築30年の家。
まだまだ使えるが、売ってしまえば0円どころか、
取り壊し費用が値引き材料とされてしまいかねない...
そんなとき住宅メーカーから
「売らずに賃貸に出してみては」と提案を受ける。
査定を受けると、そこそこの賃料で貸し出せることが判明...。
そこで実家を二世帯住宅に建て替え、駅近の家はJTIに。
新築した実家は非常に住み心地がよく、
また定期的に賃料も入って来るので老後もゆったり。
家に価値があることに気づいてよかった...とのこと!

2019年3月18日

3月24日 スパイス&ハーブ、使ってる?

★オトナ放談
香辛料好きだからいろいろ使います、と残間さん。
「やっぱりコショウかな」(残間さん)
「私は山椒が好きですね。鰻にたっぷりかけて」(水谷さん)
「インドの人はシナモンを食べるから禿げないって話、
聞いたことがあります」(大垣さん)
日常的にみんなスパイスを使うようになりましたね...と
しみじみ語る残間さん。
「最近パクチー流行ってますよね」
「私絶対ダメ!ノーパクチー」(残間さん)
それから話はハーブティーに。
「カモミール飲むとお酒より寝ちゃいますね」(大垣さん)
スパイストークは尽きるところを知らず...

★オトナの一曲
春の風が吹いていたら / 四角佳子
残間さんととても仲良しという四角さんの、
この季節にぴったりな歌声をお送りします!

★おとなライフ・アカデミー
千葉市の女性から届いた質問。
「自宅を担保に老後資金を借りるのがいろいろ出てきていますが、
金利払えなくなったらどうなるんでしょう?」
最近リースバックというやり方が出てきました。
業者にいったん家を売ってしまって、
その家をそのまま借りる...というやり方のことなんです。
これは会社がよくやる手で、業績が悪くなると
本社を売ってそれを借りて、そのまま仕事を続ける。
一般住宅の場合は、だいたいい10年くらい、
このやり方で借りられるようです。
リバースモーゲージよりはたくさんお金が入りますが、
いつまでもいられる訳ではないのが特徴です。
業者もいろいろあって、玉石混交かもしれません。

play

[TIME 6:18]



★住み替え情報局 田舎暮らしエクスプレス
神戸から熊本・天草に住み替えて
ゲストハウス「ホリデーパーク風来望」を営んでいらっしゃいます、
生田雅子さんをご紹介。
「主人が天草に決めてきたんですが、
当時はまだ3歳の娘がいて、まだゲストハウスというのも
一般的ではなかったので、最初は主人が一人で移り住んで...」
やがて雅子さんと娘さんも合流、
そして雅子さんのご両親も天草へ...。
「心配だったみたいですね(笑)」
バックパッカー対象で始めた宿でしたが、
最近では家族連れも多く、バラエティ豊かな客層とのこと。

Copyright © Nippon Cultural Broadcasting Inc.All rights reserved.