文化放送

幸せ戦隊 ハピリー

ハピリー体操

玉川美沙 ハピリー

家族が一緒にリラックスし、笑い時には一緒に悩み話し合える時間をお届けします。

podcast
ハピリーとはmail

タイムテーブル

7:00 オープニング
7:10 ニュース
7:12 天気 交通情報
7:15 ハピリー 今日の一つめ!
7:35 天気 交通情報
7:40 ハピリーくらしっく 宮川彬良
8:00 ニュース
8:02 天気 交通情報
8:05 片山右京・玉川美沙 Radio Koguuu!
8:20 ハピリー 今日の二つめ!
8:30 天気 交通情報
8:35 ハピリー 今日の三つめ!
9:00 ニュース
9:02 天気 交通情報
9:05 ハピリー 今日の四つめ!
9:20 今日のメモ
9:30 天気 交通情報
9:35 神保美喜の Tea Lounge
9:50 エンディング
※生放送のため、タイムテーブルは時間が若干前後する場合がありま す。
  • 大切な人の大切な日に花を贈ろう!
  • 横浜ゴム
  • DHC Presents 神保美喜のTea Lounge

ハピリー最新情報

2017年11月26日

11/25 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。

 
右京)おはようございます。
玉)おはようございます。そして先週、今週ゲストにお招きしているのは、現在関東一部リーグ・エリースFCに所属していながら、来年40歳を迎える年にJリーガーデビューを目指している安彦考真さんです。よろしくお願いいたします。


安彦)安彦です。よろしくお願いいたします。


右京)安彦さんが面白い存在すぎて、頭がパニクってコメントすらまともに言えないです(笑)


玉)だいぶ面白いですよね!このコグーの10分くらいで安彦さんから得る情報が多すぎて、先週はだいぶ目が回りましたね。


右京)40歳でJリーグに入るなんて「そんなことあるわけないだろ」で終わっちゃうんだけど、実は下地があって、ブラジルでプロ契約したけども怪我をしてしまい戻ってきたが、自分に嘘をつきたくないため再チャレンジをして、子供たちへのメッセージもあるというところまで整理しました。


玉)凄い!綺麗にまとめましたね。


安彦)お見事です!


右京)だけどウィキペディアには何も情報がない(笑)


安彦)誰か書き加えといてください(笑)


右京)若いやつに「何言ってんだ」と言われないためにトレーニングは続けていて、普通だったら成仏してしまいそうだけど、絶対にあきらめない心を持っていて、僕も同じ相模原出身として同じ匂いを感じています。そのエネルギー源を聞きたいですね。


玉)高校を卒業してまずブラジルにサッカー留学をしてプロ契約をされて、結果としては怪我の為に結果を残せなかったわけですけども、18歳の安彦少年は世界が開いていたわけですよね?


安彦)本当にそうですね。


玉)ご自身でブラジルに行くというのは決めたんでしょうか?


安彦)そうです。僕は元々三浦知良さんに憧れていたので、カズさんがブラジルから日本に帰ってきた光景を見たときに「僕もああなりたい」と思いましたね。もちろん親には最初反対されて「自分でお金を貯めなさい」と言われて、今思えば本気かどうかわからなかったから僕に試練を下したと思うんですね。それで新聞配達を始めて半年くらい頑張ってお金を貯めて許してくれました。何とか自分の力でブラジルに行くことができて、最初の1年が一番つらかったですね。言葉もわからなければ、物が盗まれたりもしましたからね。

玉)やっぱりあるんですね。文化の違いと言ってしまうと綺麗に聞こえてしまいますけども。


安彦)盗まれたものが朝の市場で売られていたりね(笑)バッグには「安彦」っておっきく名前が書いているんだけど、言葉が通じないからもう一回買い戻しました。今思うと何してんだって思いますけどね。日本で買ったより結果として高かったです(笑)


右京)そういう経験をして、18歳にしてはきついけど強くなりますよね。


安彦)なんというか、毛穴が開いている努力というか細胞が生きている感じというのをはじめて感じたんですよ。


玉)今でも思い出しますか?


安彦)もちろん思い出します!じゃないと殺されてしまうんじゃないかというくらいでした。もちろん治安の悪さもあったんですけど、ブラジルの方はお金を稼ぐためにサッカーをやっているのに、自分は留学しているのでわざわざお金を出してサッカーをやっているわけですから、お金を出してまでサッカーをやっている日本人という周りからの目があったのでパスは全然くれなかったですね。
だからとにかくコミュニケーションを取って仲良くなって信頼できる人を見つけるという1年間を思いっきり過ごしましたね。


右京)今、若い「プロになりたい!」という人に、ブラジルに行って毛穴が開くようなそういう経験を必死になってやってみろって言える?


安彦)いやぁ、、、そこが難しい所だと思っていて、やるべきだとは思うんです。でも実は僕2年目にその毛穴が閉じてしまったんですよ。1年目に開いていた毛穴が2年目は言葉も喋れるし、コミュニケーションも取れたのでほっこりしてしまったんですね。プロ契約が取れたのは最初の1年の覚悟があったから取れたのに、ゆっくりしてしまって怪我に繋がったのかなと思いますね。なので「行くなら本当に覚悟していけよ!」というのは全力で伝えたいですね。ただ「行け」とは言えないですね。


玉)ただ行くことが目的ではないですもんね。


安彦)行ったときに感じたものをずっと進化し続けられるか。ゆっくりしてはダメで、最初温かいお風呂も気づけばぬるま湯になってしまいますから、ずっと熱いままでいるというくらいになれるかどうかが、次のステップには必要だなと身をもって感じましたね。


右京)正しいアドバイスだよね。毛穴が開いて血が逆流するような思いをしながら泥臭いけど、たった一回の人生を生きているんだと伝わってくるよね。


安彦)今まさにもう一回毛穴が開いた感じを再現していますね。
生きるとはこういうことだなと。年齢は関係ないなと思いますね。


玉)安彦さんの持っている強みというのは、通訳だったりディレクターのように支える側の世界を長年見てこられたからこそ、プレゼンできる選手という強みになりますよね。


右京)生き方がプレゼンだもんね。一生やってほしいね。チャレンジも40代と言わず50代もね。


安彦)そうしたいなと思います。ひとつ思っているんですけど僕は年俸0円でいいんですよ。どうするかというと、観客席100席を契約させてほしいと言います。


玉)安彦さんの名前として?


安彦)こうするとファンを可視化できるんですよ。サポーターはスタジアムに2万人とかいるんですけど、あれはクラブのファンであって本人のファンではないんですよ。本人のファンであればチームを移籍してもついてくるんですが、基本はついてこないんですよ。なので自分のファンを可視化するために100席をまずもらえるようにして、そこまでの動線を作りたいんですよ。そんなサッカー選手は今までにいないので。そこに地元でしか飲めない地酒であったり、地元の相模原の何かを準備して100人が楽しめる何かを用意します。1年間頑張って1000席契約で来たら、僕と同じような選手が9人いれば1万人のファンを選手だけでスタジアムに呼べるんですよ。自分のファンを可視化するために人間力を高めて、出場するかはわからないのに試合を見に来てくれる面白さもあると思います。


右京)100人くらいだったら友達の付き合いで来てくれるかもしれないけど、1000人呼べたらそれは本当のプロということだから、Jリーグでもクラブが増えてきて、スポンサー問題だったり色々あるからそういう新しいチャレンジをしていく人がいないとね。


玉)同じ世代の方で言うと武井壮さんみたいにスポーツ界をプレゼンしながら、別の形で本当の意味でのエンターテインメントとプロという言葉を使って高めていきそうですよね。


安彦)僕、知り合いじゃないんですけど、武井壮さんにダイレクトメッセージで「僕のトレーニングパートナーになってくれませんか?」と急に送ったんですよね(笑)まだ返答が返ってきていないので聴いていたらよろしくお願いいたします(笑)


右京)一瞬ちょっと引くよね(笑)「こいつなんなんだ?」って(笑)


玉)キャラのタイプは違うかもしれないですけどスポーツ界に向けて思っていることは似ていると思いますけどね(笑)


安彦)そうやって新しい角度で変えていきたいし、誰かの何かに頼るだけじゃなくて、自分の努力によって巻き込み型でやっていきたいなとは思うのでたくさんの仲間を作っていきたいとは思っています。


右京)面白い!


玉)今週、先週聴いた話をうまくまとめてウィキペディアに載せてくれる方も募集しています(笑)


安彦)ぜひとも!右京さんに怒られちゃうので(笑)


右京)まずは100席の前にそこから力を入れてもらってね。


玉)安彦さんはブログとかもやっていらっしゃるんですよね。そういうところで直接情報は伝わってくると思いますのでぜひ。


右京)ツイッターのコメントとかを見ていると熱いから伝わってくる。ちゃんと行動した人間が持っている言葉だから哲学は感じるね。早くJリーガーになった所が見たい!


玉)100席の中に行きたいですね!


右京)そしたら俺らも「安彦さん友達だよ。ラジオに呼んだんだよ」て自慢できるからね!


安彦)ぜひそうしていただきたいですね!


玉)怪我に気を付けて結果を残せる日を楽しみにしております。片山右京さん、安彦考真さんありがとうございました。


右京&安彦)ありがとうございました。

 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!
 
 
今週の一曲 

M  Loser    /  長渕剛  

« 2017年10月 | メインに戻る >> | 2017年12月 »

知られざるウイルスの世界

ついに番組開始時の気温が一桁になりました。
1511615436779.jpg
90℃に見えるけど9.0℃です。
日に日に寒くなってきました。

今週はそんな時期にぴったりなテーマ「知られざるウイルスの世界」
今週風邪をひいて休みの日に寝込んでいたのは僕だけではないはず・・・
そして毎年流行るインフルエンザを中心にウイルスに関するお話を伺いました。


8時台は国立感染症研究所 インフルエンザウィルス研究センター室長の渡邉真治さんをお迎えしました。
街頭インタビューにもあったインフルエンザにかかりにくい体質というのも実在するかもしれないが、
まだ分かっていないとのこと。
現在もヒトゲノムの解析中だそうです。
だから対策は必要です。

後半は予防接種についてのお話。
予防接種とはいいますが、正確にはインフルエンザに感染するのを未然に予防するものではなく、
感染しても重篤な症状に陥らないためのワクチンの接種であるとのこと。
だから注射を受けてもインフルエンザにかかることはあり得るが、
高熱が出るなどつらい症状を緩和してくれるものだそうです。

なんとなく理解していても、普段から意識していなかった事かもしれません。


そしてインフルエンザに感染が疑われる際は病院に行くことをお勧めします。
ウイルスをもらってしまうから・・・と敬遠するのは危険な可能性もあります。
そして処方された抗ウイルス薬を用法通り全て服用することも大切。
よく症状が和らいでくると途中でやめてしまう話も聞きますが、それはやめてほしいとのこと。
もらった期間分の薬は全て服用しましょう。治療を自己判断で途中で止めてしまうのはリスクが伴います。
1511615448065.jpg

渡邉さんの国立感染症研究所でのお仕事でもある、鳥インフルエンザの監視のお話も興味深い。
今も中国で流行中だそうです。
現在ニュースにならないので意識から消えていますがいつ日本で再度流行を始めるか分からない危険があるそうです。

------------------------------------------------------------------------------------------


9時台は東京理科大学 理学部第一部教授の武村政春さんをお迎えしました。
武村さんの専門は巨大ウイルス。

巨大・・・ウイルスなのに巨大・・・


先生は荒川で「トーキョーウイルス」を発見された研究者です。
でも「トーキョーウイルス」は人間に何もしないウイルスだそうです。
アメーバに宿るから安心。
その他「メデューサウイルス」など合計4種類を発見されています。
メデューサかっこいい。



そしてウイルスとは怖いものという認識でしたが、人間の進化に大きな影響を及ぼしてきたそうです。
有名なものではウイルスが感染した事で遺伝子が胎盤を作るように進化したそうです。

卵を産んで子孫を増やす卵生から胎盤を持つことで胎生に進化する。その過程に実はウイルスが関わっていたとのこと。
悪い奴ばかりではないようです。ありがとう。


突然変異で生まれたものもいますが、哺乳類が進化し人間が誕生したように、ウイルスも長い時間をかけて進化し続けているそうです。
目に見えない存在なので分かっていない部分も多く研究が世界各国で進められていて、トーキョーウイルスはスウェーデンでも研究されているとのこと。

通常のウイルスは自分でたんぱく質を生成できず感染した生物(インフルエンザウイルスなら人間や鳥など)に依存していますが、
巨大ウイルスはこれまでのウイルスの枠に収まらず、自分でたんぱく質を生成する遺伝子を持つものがいて実は生物に近い存在なのではないかという考えもあるそうです。
1511615454520.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------

ハピリーくらしっくでは、2018年2月18日の宮川彬良まつりのお話。
会場であるアクトシティ浜松の元プロデューサーで主催の浜松市文化振興財団から島田さんがご出演です。
1511615431055.jpg

宮川彬良まつりがなぜ浜松で開催されるのかというと、2月18日が宮川先生の誕生日、
来年2018年は数字も揃うので宮川先生にとって特別な誕生日。
そこで2018席の劇場でコンサートをというアイディアがあったそうな。

ある打ち合わせ中に同席していた島田さんに話したところ「ウチでやりましょう」と提案。
スケジュールを確認したらその日だけ奇跡的に空いていたそうな。


もう即決。



という経緯があり本日お越し頂きました。
浜松はヤマハはじめ、モノづくりの街・楽器の街、気質はやらまいか精神。
浜松の特徴・バスツアーのアイディアをお話しいただきました。

話は変わりますが文化放送のある浜松町は浜松と無縁ではなく、
江戸時代に浜松出身のこの辺りの有力者にちなんで付けられたそうな。
これ有名かな。僕は先週知りました。




こっから告知!!


2018 宮川彬良まつり

開催日 2018/2/18(日)
時間
開場 16:15~  
開演 17:00~  
会場 アクトシティ浜松 大ホール
入場料 S席 5,000円
A席 3,000円
学生(当日指定) 1,000円 *大学生以下
*当日指定:当日15:45~地下1階クロークにて座席指定券と引き換えを行います。
*未就学児不可

【出 演】  
  宮川彬良
  井上芳雄、大山大輔、JKim、緑川まり、米良美一
  今井学、加藤宏隆、高畠伸吾、水船桂太郎
  加藤恵利子、鈴木玲奈、田上知穂、趙知奈、中島実紀
  INSPi(杉田篤史、北剛彦、大倉智之、渡邊崇文、吉田圭介)
    *奥村伸二は療養中のため、5名でのパフォーマンスとなります。
  ダイナマイトしゃかりきサ~カス(たろう、ゆうき、KWANI)
  宮川知子、宮川安利、宮川大典
  アンサンブル・ベガ+フレンズ、平原まこと
  浜松フィルハーモニー管弦楽団、浜松(B.J)市民合唱団、ジュニアクワイア浜松

チケット発売場所
・アクトシティチケットセンター(店頭販売のみ)
・HCFオンラインショップ http://www.hcf.or.jp
・チケットぴあ 【Pコード:345-488】
 電話予約0570-02-9999
(セブンイレブン、サークルK・サンクス、磐田市情報館(ららぽーと磐田1F)
 ベイドリーム清水店、ほか全国チケットぴあ取扱店)

より詳しくはこちら
    http://www.hcf.or.jp/hall/detail.php?id=20087

------------------------------------------------------------------------------------------


さ~て来週のテーマは、


まだ決まってない。


だから来週は文化放送で番宣が流れたとしても、
レアなオーソドックスバージョンが流れるぞ。
そもそも流れないかもしれないぞ。


(↑もし怒られたらこの部分は消されます)



では来週もお楽しみを。





















« 2017年10月 | メインに戻る >> | 2017年12月 »

2017年11月19日

11/18 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。

 
右京)おはようございます。


玉)おはようございます。今週来週はスタジオにゲストをお呼びしています。


右京)今月の1週目に玉ちゃんが紹介してくれた方ですね。なんと!40歳でJリーグに挑戦している!


玉)なんと40歳で...ダメなんですか?(笑)


右京)あえて最初から言わせてもらいますけど、理解不能です(笑)ウィキペディアで調べましたが情報が少なすぎます。
今日は本人に語ってもらわないとわからないです。


玉)どういう方をお招きしたかというと、現在関東一部リーグ・エリースFCに所属しているサッカー選手で、40歳になる来年をJリーガーとして迎えるためにチャレンジを続けている安彦考真さんです。よろしくお願いいたします。


安彦)よろしくお願いします。

koguuu guest.jpg
右京)今までこんなチャレンジャー見たことがないです!


玉)現在そこに向けてチャレンジ中ということですね。


安彦)そうですね。、真っ只中です。


玉)来年の契約ができれば40歳でJリーガーデビューですね。


安彦)来年の契約を目指してます。今39歳なんですけど、来年の2月で40歳になるので「40歳Jリーガーデビュー」となります。


玉)そこを右京さんは聞きたいということですね。


右京)冷静に考えたら「おいおい、何言ってんだ、酔っぱらっているのか?」とかいろいろ表現はあるよ(笑)


玉)大事なところは、ここまでJリーガーとしての活動はなかったですが、いきなりポッと出てきて「俺サッカー好きだからJリーガーになる」と言ってチャレンジしている方ではないですよ(笑)そこをちゃんと言っとかないと「安彦さんは何を考えている人なんだ」ということになりますからね。


安彦)急にどうしたってなりますね(笑)


玉)1978年生まれで、高校を卒業した後にプロを目指してブラジルにサッカー留学していたんですね。ブラジルでプロ契約はされていたんですか?


安彦)プロ契約はしていました。ただ契約後の最初の練習試合で前十字靭帯を断裂してしまいました。そこから1年間は間が空いてしまったのですが、日本に帰ってきて色々なチームを受けさせてもらったりしているので、「ザ・サッカー」を真ん中でしてきた人間ではありますね。


右京)本場ブラジルでプロ契約をしているわけだから実力があることは事実。怪我をしてしまって、残念だけど日本に帰ってきてジーコさんのお兄さんのエドゥさんの通訳をされていたんですよね。


安彦)通訳と選手とコーチを兼任していて、そのチームからプロを輩出する気持ちでやっていたんですが、ちょうどジーコ監督が日本代表の監督になるときにお兄さんであるエドゥも一緒に代表スタッフに行ってしまったんですね。そうなったら、そこのチームも締めざる負えない状態になってしまったので、僕も一緒に現役引退しようかなと思いましたね。


右京)普通だったらそれを受け入れながら、現実的になってくるじゃないですか。でも安彦さんは40歳でJリーガーを目指すという現実的なことじゃないチャレンジをしてますよね(笑)何がそうさせたり、何を目指しているのか、何が安彦さんの核なんですか?


安彦)僕は選手をやめてからずっと自分に嘘をついてきたなと思っていたんですよ。いま子供たちにサッカーを教えたり、座学的な授業もやっているんですよ。子供たちに教えているときに、子供たちはやたら素直に行動して、彼らは嘘なく一生懸命なんですね。その時「お前はどうだ?自分自信に嘘はついてないのか?」と思ったときにやっぱりどこか後悔に蓋をしてしまっていたんですね。
実際にブラジルから戻ってきたときに、清水エスパルスとサガン鳥栖のテストを受けさせてもらって非常にビビってしまったんです。その時21歳くらいだったんですけど浮足立ってしまって足がガタガタでろくにプレーできなかったんですよ。その自分をずっとひた隠しにしてきました。「プロ受けたけどダメで、でもまだ目指している」なんて言いながらも、もうビビった自分がいるからどっかでダメだと思っていたんですよ。それで蓋をしていたので「どこかで人生の後悔を取り返しに行かなくてはいけない」と思って。


玉)まだ決着ついていなかったんですね。


安彦)そうなんですよ!「お前勝負してないじゃないか、この先そんな自分が誰に何を伝えられるんだ!」と思ったんですよね。


玉)毎年毎年チャレンジしていたわけではなく、自分の納得する形でサッカーに携わりながら、サッカー以外の場所も見つけてしっかり活動していたんだけど、まだ決着ついていない物に気が付いたんですね。


右京)それだ!安彦さんのウィキペディアを見ていたら見るべきものが何もなかったの。


玉)ウィキペディアはね(笑)


安彦)おっしゃる通り(笑)


右京)勲章も誉もないけど、今日もらった資料を見たときに何か凄い通じるものを感じて、同じ人種だと思ったの。
別に同じ相模原出身だからじゃないよ(笑)


玉)そこが一番大きいです(笑)


右京)相模原のDNA的な?じゃないけど感じるものがあったの。それは多分自分の弱さや失敗したことを隠していたこと。
だからその失敗を子供たちや次の世代にさせないために、失敗を恐れない姿を見せること。


安彦)右京さんにそう言ってもらえると嬉しいですね。


右京)何をやっていても、場所が違っても本当はそれなんだよね。


安彦)自分に嘘をついてきていたのが本当に嫌になってきて、ある程度お金稼いできて選手のマネージメントもやったり、高校のチームを全国大会に導いたりもしたんですけど、やっぱりどっかで自分に嘘をついてきたのはわかっているし隠し切れなくて、これじゃあ次の世代に伝えることはできないなと思いました。
大きな目標として日本のサッカー界を変えたいことと子供たちの未来を変えたいというのがざっくりとあって、その中で伝えていく身として自分に嘘をついてる人は本当の事は言えない。ということは「生き様」を教科書にしないといけない。元々地頭がいいわけではないのでうんちくを語って指導するより、僕の生きている姿を見て教科書代わりにすることができることだなと思いました。その中で何ができるかとなったら「Jリーガー」だなと。小学校の時のアルバムには「サッカー選手になる」だったのでもう一回やろうと決めて、どれだけ馬鹿にされてもいいから自分への嘘と後悔を取り返しにいこうというのが決断のきっかけでした。


玉)改めて伺いたいのですが、入団テストの結果が出るのはいつくらいなんですか?


安彦)Jリーグはトライアウトみたいなことはないんですよ。元々Jリーガーの人が受けるテストはあるのですが僕には資格がないので、自分で各クラブの門をたたいて営業活動をします。僕はその時にお願いするスタンスではいかないです。「雇ったほうが得になるよ」というプレゼンをします。


玉)話術でいくわけですね(笑)


安彦)お願いしてしまうと対等じゃない気がするんですよ。雇った意味を明確に見せるためにプレゼンをします。20歳くらいの年齢の子たちは能力だけのピッチ内でのプレゼンじゃないですか?僕はピッチ外も含めてプロ選手であるべきだと思うので、技術力を上回る人間力がプロの定義であると僕は決めました。技術はある程度まで必要ですけどそれ以上に人間力は必要ですね。


玉)いつ決まるんですか。


安彦)そうですね(笑)ああだこうだ言いましたけど言ってなかったですね(笑)11月20日に一つのクラブのトライアウトを行います。


玉)明後日じゃないですか!


右京)残念だけど来週もこの放送があるんだけどね。


玉)しー(笑)


安彦)でもその次の週にももう一つトライアウトを予定しています。


玉)年末までに大きな動きがあるということですね。


安彦)結果が出たらもう一度この番組に出て発表したいです。


玉)楽しみにしていますよ!来週は高校生の安彦少年がブラジルを目指した時のチャレンジの話を聞きたいですね。


右京)子供たちへのメッセージも聞きたいですね。


玉)「Radio Koguuu!」今週は片山右京さんと安彦考真さんにお話を伺いました。来週もよろしくお願いします。

 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!
 
 
今週の一曲 

M  Don't wanna cry    /  安室奈美恵  

« 2017年10月 | メインに戻る >> | 2017年12月 »

2017年11月18日

かくれ糖尿病、かくれ痛風

11月28日土曜日
だいぶ冷え込んできましたね
番組始まったときはほぼ気温10度
Image_4a226ac.jpg

ハピリークラシック
宮川先生とお送りしているハピリークラシック
Image_102f812.jpg
今日は、素晴らしいゲストに来ていただきました。

小野田龍之介さん26歳!
子供のころから舞台の子役として活躍
見るからに好男子!!
そんな彼が来年1月20日、21日に豊橋の『穂の国とよはし芸術劇場PLATメインホール』
で上演されるミュージカル「ナインテイルズ 九尾狐(クミホ)の物語」に主演で
出演される。このミュージカルは20年ほど前に韓国で上演するために宮川先生が
韓国語の歌詞を前提に書かれたミュージカル。
それを日本語に歌詞を作り変えたものを生で歌っていただきました
Image_b95eda8.jpg
曲名は愛別離苦。優しく、時に激しく歌っていただきました。
その迫力に、玉川、スタッフともにうっとりしてしまいました。



今日は「かくれ糖尿とかくれ痛風 あなたは大丈夫?」というテーマでお送りしました。
11月14日は世界糖尿病デー。なっちゃった人はかわいそうね、私には関係ない、自分は大丈夫
と思っている方は多いですよね。そんなあなたが実はかくれ糖尿病、隠れ痛風かもしれませんよ

まずはかくれ糖尿病につて
Image_5c962ec.jpg
内科医で生命科学研究者、筑波大学准教授の矢作直也さんにお話を伺いました
糖尿病のメカニズムなどを伺った後、予備軍と呼ばれる人たちは
どのようにすれば直したり進行を遅らせたりすることができるのか
まずは、自分がかくれ糖尿病なのか、簡単に調べることができる方法を
教えていただきました。
指先から微量な血液の採取でいろいろな数値がわかる「ゆびさきナビ」
病院に行くのは敷居が高いと感じている方、ぜひゆびさきナビで検索してみてください
お近くの測定室がわかるようになっています。


続いてかくれ痛風について
Image_1efeee4.jpg
秋葉原駅クリニック院長の医師、大和田潔さんにお話を伺いました。
痛風の発作は突然前触れなく起きるのだそうです。
前兆はほとんどないということですが、尿検査で尿酸値が高いと注意が必要です。
乳酸菌がいいという話もあり、その理由も教えていただきました。
ちなみにお勧めしてくださったのがこちら
Image_e5c2eb1.jpg
そして最後に衝撃の発言が。
「女性はほとんど発症しない」ホルモンの関係で女性の発症はまれなのだそうです。
大和田先生のところの痛風の患者さんもほとんどが男性なのでそうです。

予防として、運動は激しくするのではなくゆるゆると継続的なものがいいのだそうです
自転車を30分こぐとか、駅3つ分ぐらい歩くとか、きつくない程度でやるのがコツなのだそうです。

今回は不安、体験談などたくさんのメールを番組に頂戴しました。
ありがとうございました。

« 2017年10月 | メインに戻る >> | 2017年12月 »

2017年11月12日

11/11 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。

 
右京)おはようございます。


玉)おはようございます。今週もよろしくお願いいたします。11月11日。1がたくさん並んでいますよ。


右京)かっこいい!


玉)なんとなくゾロ目ってウキウキしますよね(笑)


右京)しかも‟1"というのがいいよね。朝からテンション上がるね。1番大好き!でもね僕は今そういうことが言っていられない状況なんですよ。
玉)ど、どうしましたか?
右京)今日予選で明日が決勝で、「横浜ゴム100周年で必ずタイトル獲ります!」と言ってきたスーパーGTの決戦が今週あります。今シリーズトップですからね。一番近い所にはいるんですけど、自力で完全にトップを決めるには2位以上にならないといけないです。とにかくカッコよく決めたいですね。
玉)何事もカッコよくって大事ですよね。

右京)でもカッコ悪くてもいい。勝てたら(笑)さっきと言ってること違うけどね(笑)
玉)その泥臭いカッコよさもあるじゃないですか!
右京)そんなに何やったっていつもカッコよく行くどころか反対だもんね。でもそれでいいの。
玉)それを認めて勝つことへの貪欲さやがむしゃらさを見せるのも大事ですね。
右京)だって仕事だもん。僕が中心じゃないからね。
玉)最近思うんですけど。「カッコいい」って本人が決めることじゃないじゃないですか?見ている人が「カッコいい」と思えばそれはカッコいいんですよ。どんなに自分がカッコ悪いと思おうがね。
右京)それは励まそうとして言ってくれてる?(笑)。
玉)違いますよ(笑)スポーツの世界って難しいなと思うのが、先月ゲストに来ていただいた女子プロボクサーの「藤岡奈穂子」選手が言っていた「殴られずに打つ。美しい試合をすることも見に来ていただいている方たちに恩返しだと思う」というのを聞いて、スポーツの世界は「勝たなくてはいけない」ということと「ファンの方を喜ばせる」というサービス精神もあり、そのバランスを求められ所があるじゃないですか。
右京)そうだよね。自分の理想があるじゃない?モハメッド・アリのように「蝶のように舞い、蜂のように刺す」みたいにやりたいけど、そういかなくて泥臭く殴りあわないといけなこともあるよね。表現悪いけど自分から血を流さないとカッコよく見えない場合もある。それは本当にカッコよく見える時もある。頑張っているのはみんなに伝わるからね。でも僕はできればスマートにいきたいね(笑)
玉)本当はね(笑)自転車のレースの話を聞いていてもそうですけど、目に見えるカッコよさではない物を求めて頑張っているところもあるじゃないですか。
右京)だから平均点が良ければいいと思うけどね。もっともっと頑張っている人もいるし、戦っている人もいるからね。
例えば難病の子供たちの夢をかなえるボランティア団体の「メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン」は自分も仕事をやらせてもらっていて、紙の上だけで見てはいけないけど子供達の夢を叶えるのに頑張っているのに寄付が全然足りてなかったりね。アメリカだと「ディズニー」が完全タイアップでやっているけど、日本は権利物とかがあるから簡単にグッズとかは作れない。だから意識の高い人達とか、寄付に頼ったり、イベントに参加してくれる人たちに頼るしかないから本当にカツカツでやっています。

この前25周年のパーティーがあったので行きました。初代の事務局長の大野さんが色々振り返っていて、大野さんは何人もの子供たちがお星さまになっていったのを見送ってきて、詩を紹介していました。もう亡くなってしまったんですけど小学校低学年の子が「僕の宝物」という詩を書いたの。「みんなの応援してくれる気持ち。僕を生んでくれたお父さん、お母さん」みたいな感じでね。そういう立場の子たちのほうが勇気があるよね。それを支えている若い学生の女の子が「今の自分たちの世代に『夢がない"子たちが多い。それがさみしい』と言いますよね。でも私は思うんです。夢がないことよりも、夢がある人を応援できないことのほうがさみしいですよね」
それを聞いて世の中捨てたもんじゃないし、今の若い子たちもしっかりしているし、本当にそうだなって思いましたね。僕たちおじさん達も好きなことやらせてもらって、今立っている場所があるからね。できることをみんなで協力
して社会とか世の中を作っていく物だから。
 
玉)できる限りそういうものを紹介していきたいですね我々メディアという立場はね。知ってもらえる機会をたくさん作っていきたいと思います。
右京)ラジオは言葉だけでしか伝えることはできないけど、そういう大事なことを伝えるにはもってこいだと思います。「メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン」に是非皆さん協力してください。よろしくお願いいたします。


 
今週のお便りのコーナー
 
千葉県成田市の女性 RN「ケンケン」さん(56歳)さんからのお便り

右京さん、おはようございます。
突然ですが、私は運動が嫌いです。ですが、最近寄る(よる)年波(としなみ)には勝てず、ついに平地でもつまずくようになってしまいました。実は仕事では担当している高齢者の方に、いつも「転ばないように」と言っている立場なんです。このままではまずい、と真剣に考え、エアロバイクを引っ張り出してきて、毎朝10~20分こいでいます。右京さん、果たしてこれで運動になっているのでしょうか。一応、筋肉痛にもなり、汗もかいています。ご指導、アドバイスよろしくお願いします。

 
右京さんのお答え

右京)平地で転んじゃう位だからね(笑)運動していると言えば運動していますね。だけどそこから始める。
 
玉)まずはそこからですよね。

右京)運動ってどこから運動っていうと。目指す物が違うけど有酸素運動と筋力と二つあって年齢を重ねていったら筋力が衰えますからね。女性の56歳は色々ホルモンが変わっていったりしますけど、心が元気だから大丈夫です!それにエアロバイクを引っ張り出すほうが運動だと思いますよ(笑)
 
玉)そうですよ!持っていたということは以前やろうとした実績があるということですよ。
右京)みんな昔はちゃんと頑張れたんですよ。仕事で忙しくて時間が取れなかったりしてやめちゃったんですけど、もう一回さらに頑張ろうと思っているわけですからね。
そういう時に短くてもできるトレーニングがあります。無理はしないでくださいね。名前はど忘れしちゃったんですけど、「40秒頑張ってペダル回して、20秒休む」これを4セットやります。ウォームアップを軽く3~5分やって、このトレーニングを4分やって、クールダウンを3分ぐらいやるとたった10分くらいですごい有酸素運動が強くなります。
玉)ただ10分、20分だらだらこぐより、40秒一生懸命にやって20秒休むこのトレーニングのほうがいいんですね。
右京)でもそんなこと安易に進めて心筋梗塞になっても嫌だから言っておきますけど、ちゃんとアップしてそこに行くまでに準備はしたほうがいいかな。筋肉を温めるに例えば軽く温かいシャワーを浴びていくと、ジョギングする前に体が温まっているから故障しづらいんですよ。お風呂入る前に15分エアロバイクこいでそのままお風呂入ると、心拍数や体温が高いからお風呂の中でも燃焼状態は継続しています。体温も高いので自分の体をうまくだましているから、そんなに負荷をかけずに脂肪燃焼状態やデトックス効果もあります。あとは続けることですね。
玉)是非今日の右京さんからのアドバイスを試してみてください。
 
右京)もし3日坊主になって続かなかったら、自分への戒めとしてそのエアロバイクを10回持ち上げる筋力トレーニングをしてください。
玉)危ないから絶対にやらないでください(笑)
右京)もちろん冗談ですよ(笑)

 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!
 
今週の一曲 

M  HONEY   /  大橋トリオ        

« 2017年10月 | メインに戻る >> | 2017年12月 »

2017年11月11日

SF映画はお好きですか?

毎週土曜日は3時起きのスタッフSですが、
今朝はまだ全然寒くなくって、うれしかったです。
でも、オープニング曲で流れたのは
「冬がはじまるよ」♪
   ・・・(そ、そうですね~)

今日の特集は「SF映画ってお好きですか?」
打ち合わせ時にずっと
「SF映画かぁ、よくわからないし、たぶんあんまり観てないかも」なんて言ってた玉川さんでしたが、
今日は番組の中でたくさんのうれしい発見があったようです。

そのもっとも大きなものが、「え!それもSFなの??」という驚き。
たとえば、
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ドラえもん』『本能寺ホテル』に『バブルへGO!!』
これらもぜーんぶ「SFですね」と教えて下さったのは、
映画評論家の添野知生さん。

映画評論家添野知生さん1111.JPG

SFというのは、現実には不可能なんだけど科学的または論理的な理屈があって、
そのストーリーの中でちゃんと筋が通っているもの、というのが大切なポイントなのだそうです。

添野さんに初心者にもおすすめのSF映画3本を教えて頂きました。
『メッセージ』
『ブレードランナー』
『2001年宇宙の旅』
まだ見てないよ、という方や、ずいぶん前に見たから覚えてない~って人、
ぜひご覧になってみてくださいね。

2017111101

続いてのゲストは、SF評論家でもありアニメやSFの設定の考証なども行っているという
堺三保さん。

2017111102

スパイダーマンのTシャツを着てのご登場。
聞いてみると、やっぱり「アメコミ」大好き!(笑)
そうそう、ちなみに「スパイダーマンは、もろSFです!」とのことでした。

設定の考証というお仕事では、「結構無茶ぶりもあるんですよー」とのこと。
アニメや映画の制作には、裏側を支えるスタッフの力が結集されているんですね。
(ラジオも同じ!!!と言えるようにもっとがんばらないと。笑)

本が好きで、SFが好きで...とどんどん興味が広がっていったという堺さん、
実は添野さんとは20年来の「SF仲間」だそうです。
休憩時間にも二人で本当に楽しそうにうれしそうにお話されていたのがなんだかうらやましかったです。
好きなものがある!そしてその好きなものが仕事につながっている!というのは素敵なことですね^^。

SF作家堺三保1111.JPG

添野さんが監修、堺さんも寄稿されている『SFマガジン 2017年12月号』は、
オールタイム・ベストSF映画総解説 PART2!
現在書店で販売されていますので、ぜひ手に取ってみてください。

2017111103

↑左側は、今回資料に使った映画の本です。
番組の途中から「SF映画、結構観てた!」「ワタシ、SF映画、すごく好きみたい」ってはしゃいでいた玉川さん。
うれしそうに「SFマガジン」(写真右側)を持って帰りましたよー。

「くらしっく」の宮川彬良さんは、今日はアキラ少年となって(?)の電話相談をお送りしました。
年末から年明けにかけて、たくさんの舞台やコンサートが続きます。
みなさん、ぜひ、足をお運びくださいませ。
どんなことをやるのかは、
今後のくらしっくの中で、順次ご紹介していきますのでお楽しみに。

明日は冷え込むそうですから、みなさんどうぞお気をつけて。
また来週~!



« 2017年10月 | メインに戻る >> | 2017年12月 »

2017年11月 5日

11/4 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。

IMG_4200.JPG
右京)おはようございます。


玉)おはようございます。今週もよろしくお願いいたします。


右京)よろしくお願いします...と言っているそばから、すぐに皆さんさいたま新都心に向かってくださいね。


玉)大至急ですよ(笑)


右京)大阪の方も新幹線に乗れば僕のトークショウには間に合いますよ(笑)
最近自転車のレースに行っていないから、このコーナーでチームUKYOの成績を発表するときわからないんです。
現場の雰囲気も(笑)それほどマネージメントに四苦八苦して飛び回っているので、成績よりグッズの売り上げが気になっている今日この頃です(笑)


玉)本日11月4日はさいたま新都心で10時から「ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」です。


右京)ロードレースは「ビュッ!」って通り過ぎちゃうからどう楽しんだらいいかわからないと思うのですが、基本的にこのイベントはお祭りなので、美味しいグルメがあり、僕のトークショウがあり、チームUKYOのグッズも販売しています。ぜひそれを楽しんでください。


玉)右京さんは「さいたまクリテリウム」と同時開催している「サイクルフェスタ」のチームUKYOブースでトークショーをします。


右京)そこまでちゃんと宣伝してもらっているのに自分で自分のショーの時間をわかっていない(笑)


玉)今行っている方もいると思いますし、現場で聴いている方もいるかもしれませんね。


右京)是非来てください。もれなくサインいたしますから。


玉)「コグー聞いています」の一言お願いします。


右京)「そんなのいらないよ」とは言わないでくださいね(笑)


玉)メインレースのクリテリウムは午後3時からです。実際にツール・ド・フランスの雰囲気を味わいに行ってくださいね。ちなみに今回チームUKYOからは誰が参戦されていますか?


右京)今回は、全日本チャンピオンになったキャプテンの「畑中勇介」、小さな巨人の「平塚吉光」、小さいけど巨人じゃない「中井路雅」、手品のごとく消えていきそうな「菱沼由季典」の4人が出ます。


玉)監督(笑)もう少し一人一人にいいキャッチコピーを付けてあげてくださいよ。


右京)すいません反省しています(笑)だって最近全然現場に呼んでくれないんだもん。


玉)「行けない」じゃなくて、「呼んでくれない」のほうなんですね(笑)


右京)呼んでくれないの!寂しいんだよ。「監督が来てくれないと士気が上がりませんよ!」とか言ってくれれば「そうか」ってなるんですけどね。この前久しぶりに声をかけられたと思ったら「今年のクリスマスパーティーはいつですか?」って言われたから「お前は呼ばねぇ」って言ってやったよ(笑)


 
今週のお便りのコーナー


群馬県館林市の47歳のRN「ぽんすけ」さん(男性)さんからのお便り

右京さん、雨の中のジャパンカップ、ドライバーお疲れ様でした!(季節外れの超大型台風21号が接近している中でのジャパンカップでした。)も雨の中、見ていましたが、悪天候で距離が短縮された分、序盤からアグレッシブな展開で非常に面白かったです。そして、驚いたことに偶然前を通った時に、期限りで引退を表明した、あのコンタドール選手から直接サコッシュをプレゼントれました。もう嬉しくて、涙が出そうでした。

 
右京さんのお答え
 
右京)本当にみんなすごかった。あんな土砂降りの中見に来てくれるなんて変態だね(笑)さっきも僕この原稿を見た瞬間に悔しいって涙が出そうになった。僕も欲しかった!写真も一緒に撮りたかった!監督カー運転していたから、そういう暇ないのよ。

 
玉)欲しい側ですか!右京さん、もしそこにいたらもらいに行っていましたか?(笑)


右京)僕が自転車始めたときに「コンタドール」大好きだったし、すごい応援してて。引退だし最後のブエルタ・エスパーニャの最終ステージで勝って「バキューン!」ってやっているときテレビの前で正座してみていたからね。その本人が目の前にいたんだけど、仕事仕事でそれどころじゃなかったのよ。


玉)でもコンタドール選手とチームUKYOが同じステージにいるわけですからね。


右京)お願いです。そのコンタドール選手にもらったサコッシュ僕に下さい(笑)それはダメだよね(笑)


玉)ダメですよ(笑)是非皆さんには、コンタドール選手に「ありがとう」とか「お疲れ様です」と言いに行く暇がないほど働いていた右京さんの姿がYouTubeでご覧いただけます。検索してください。


右京)たくさんのお友達がお金ないところで手伝ってくれました。


玉)お金がない所は言わなくていいんですよ(笑)


右京)みんな勘違いして「チームUKYOは予算たくさんあるな」っていうけど全然逆で、うちの財産は人です。


玉)一番の財産じゃないですか!「GoPro」を駆使して定点で録画したりしていますからね。


右京)見てもらえればわかるけど、あれは一人で撮っています。安いカメラを木の上とか電信柱にぶら下げて一日中カメラ回しっぱなしにして、夜中に回収しています。盗られちゃうこともあるらしいですがそれを一人で編集して見せてくれているという超荒業です。


玉)ジャパンカップの時のチームUKYOの動画としてYouTubeに上がっていますので是非。
右京さんも映っているんですよね?


右京)監督一番人気です。編集で入れていただきました。いつかYouTubeの「ツール・ド・フランス」でチームUKYOのジャージが一緒に走ってくるのを目指してこれからも走り続けます。


玉)きっと遠くない未来だと思います。


右京)でもチームがつぶれちゃう前に今日の午後よろしくお願いいたします。


玉)チームUKYOのブースではグッズが・・・


右京)しつこいと思うのでもう宣伝は大丈夫です(笑)


玉)ジャパンカップは、チーム過去最高の2位でフィニッシュ。その結果、2017年のUCIアジアツアーでトップが確定いたしました。


右京)本当に皆さんの応援のおかげです!


玉)残すは来週の「ツール・ド・沖縄」。2018年シーズンはスタートしていますけどね。


右京)と言いつつも中国でレースも今行っていますけどね。


玉)ここのところ週末ごとに台風が来て選手の皆さんにかなり負担が大きいレースが続きましたからね。


右京)自転車はどうでもいいんだけど、台風が来た時の観戦は十分気を付けてくださいね。川が増水したりして危ないですから。


玉)そうですね。今週末は久しぶりにいい天気になりそうですから、さいたまクリテリウムも楽しんでください。

 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!
 
今週の一曲 

M  1,2,3,4   /  ファイスト      

« 2017年10月 | メインに戻る >> | 2017年12月 »

2017年11月 4日

「骨ってすばらしい!」

昨日(11月3日)は文化放送の一大イベント「浜祭」でした。
総動員数13万人以上の大盛況でしたが、みなさんは参加されましたか?
今年もハピリーではホンビノス貝の佃煮を販売。玉川さん自らが物販ブースで販売し、遠忠食品さんに用意していただいた500個を完売しました! 
みなさん本当にありがとうございました!!
売上の一部は、二枚貝が生息する環境の再生に取り組む千葉県漁連の「ハマグリ稚貝放流活動」に寄付させていただきます。
今後も放流結果などお伝えしていくので、そちらもお楽しみに!

さて、今日の早朝の東京タワーは、薄っすらとモヤがかかっていました。周囲には霧がかかっており、快晴の1日が期待できそう!日が昇ると予想通りの快晴になりました!

20171104ハピリー画像1.jpg

今日のハピリーくらしっくはブルースDAY。
みなさんからのメッセージで最も多かった「献立が変わり映えしない」というボヤキで作曲した「今日もコンダテーガ」をはじめとして、たくさんの楽曲を披露しました。

20171104ハピリー画像2.jpg

今日は宮川先生だけではなく、ダイナマイトしゃかりきサーカスの3人も一緒。
軽快な歌とピアノをスタジオに響かせていました。先週は選挙期間中で言えなかった選挙ネタのあるあるも入って、玉川さんとスタッフは大爆笑!
曲の合間のKWANI(カニ)さんのセリフも秀逸なので、聞き逃した方はラジコのタイムフリーで是非聴いてみてくださいね!聴取期限は一週間なのでお早めに!

20171104ハピリー画像3.jpg

そして8時台では骨博士の桜木晃彦さんをお迎えして、人間の骨の素晴らしさや面白さについて詳しく話を伺いました。
子どもの頃に恐竜の骨を見て骨の魅力に目覚めた桜木さんは、現在、宝塚大学東京メディア芸術学部の教授として生徒たちへ教鞭をふるっています。

20171104ハピリー画像4.JPG

桜木さんのお話の中で最もインパクトのあった内容は「身長を伸ばしたいなら身長の高い両親に産んでもらうこと」。カルシウムを過剰に摂取しても、身長が高くなるわけではないとのことでした。
今まで背を伸ばすために牛乳や小魚をたくさんとってきた皆さんには悲しいお知らせに...。
とはいえ、普段からカルシウムとたんぱく質を普段から摂取することは大切。食生活が乱れてカルシウム不足になると、足りないカルシウムを骨から摂取しようとするので、骨は弱くなってしまうそうです。一度弱くなった骨の強度を高めることはかなり大変なので、普段から骨に注意して健康な食生活を心がけましょう!

20171104ハピリー画像5.JPG

桜木さんは、解剖学とCGの融合にも取り組んでいます。人体の骨を3Dというかたちで立体的に見ることのできる「骨ナビ2.01」を監修。医療界をはじめとした様々な分野で「骨の動きを立体的に見たい」というニーズが高まっているため、今後も幅広い分野での活躍が期待されます。

20171104ハピリー画像6.JPG

9時台の今日の4つ目では、絵本作家の青山邦彦さんをお迎えしました。青山さんは「絵で見る日本の城づくり 大阪城」のなかで、城の骨組みを細密に描かれています。
青山さんは建築設計事務所に勤務し、その後に絵本作家になられた異色の経歴の持ち主。緻密に描かれた城の骨組みにその経験が活かされています!

20171104ハピリー画像7.jpg

青山さんは、巨匠・手塚治虫さんに憧れて漫画家を目指し、教養を身につけるために設計事務所で働き始めたそうです。
コーナーの後半では、大阪城と他の城の骨組みの違いなどを教えていただきました。絵本のなかでは、城だけでなく城造りのために働いている人たちも細かく描かれているので、実際の城づくりの大変さを知ることができます。
繊細な絵のタッチはもちろん、色彩もとても美しいので、まだ読んだことのない方は、是非読んでみてくださいね!

20171104ハピリー画像9.jpg

来週のハピリーはSF映画特集!
SF映画を普段見ない方も楽しめる内容なので、来週もお聴き逃しなく。
それではニコニコ楽しい週末を〜♪

« 2017年10月 | メインに戻る >> | 2017年12月 »

ページトップへ