文化放送

幸せ戦隊 ハピリー

ハピリー体操

玉川美沙 ハピリー

家族が一緒にリラックスし、笑い時には一緒に悩み話し合える時間をお届けします。

podcast
ハピリーとはmail

タイムテーブル

7:00 オープニング
7:10 ニュース
7:12 天気 交通情報
7:15 ハピリー 今日の一つめ!
7:35 天気 交通情報
7:40 ハピリーくらしっく 宮川彬良
8:00 ニュース
8:02 天気 交通情報
8:05 片山右京・玉川美沙 Radio Koguuu!
8:20 ハピリー 今日の二つめ!
8:30 天気 交通情報
8:35 ハピリー 今日の三つめ!
9:00 ニュース
9:02 天気 交通情報
9:05 ハピリー 今日の四つめ!
9:20 今日のメモ
9:30 天気 交通情報
9:35 神保美喜の Tea Lounge
9:50 エンディング
※生放送のため、タイムテーブルは時間が若干前後する場合がありま す。
  • 大切な人の大切な日に花を贈ろう!
  • 横浜ゴム
  • DHC Presents 神保美喜のTea Lounge

ハピリー最新情報

2017年12月 9日

キャッチフレーズで魅力100倍!?

今朝7時00分前の浜松町の気温は5.5℃。
昨日の夜、本当に雨が降ったの?というくらい気持ちのいい天気で一日がスタートしました。

5.5℃.JPG

今週のハピリーのテーマは「キャッチフレーズで魅力100倍!?」。
現在の文化放送のキャッチフレーズは「あなたのマイメディア 文化放送」。
キャッチフレーズ一つで、一度聞いたら忘れられなくなってしまうこともあります。
番組の中でも紹介しましたが、「タンスにゴン」の「亭主元気で留守がいい」のように
インパクトがあって、30年たった今でも覚えている人が多いキャッチフレーズもあります。

そんなキャッチフレーズやネーミングの専門家として、
今日の8時台のゲストは中央大学商学部教授の飯田朝子さんを
スタジオにお迎えしました。

飯田先生は、みなさんが分かりやすいところでは
「東京スカイスリー」のネーミング検討委員会にも参加されて、
「東京スカイツリー」と名前に決定した経緯を話してくれましたが、
コンセプトにずれがあったりすでにある名前でかぶったりして
公募の中から名前を決定するのは、大変だったんですねぇ。

後半では、実際に「玉川美沙ハピリー」という番組に
キャッチフレーズを付けてもらいました。
キャッチフレーズは「土曜の朝にフムフムほっこり」に決定しました。

飯田先生21071209.jpg

そんなキャッチフレーズの勉強をした後は、来週の予告ともいうべき、
東京都を除く46道府県の新たな魅力が発掘できるような「キャッチーな新名物」を
ハピリースタッフが勝手に決めてしまいました。


何も勝手なイメージでなんとなく決めたわけではなんですよ。
例えば、新潟県の「新潟米 新之助」。
表参道にある新潟県のアンテナショップ新潟館・ネスパスの広報の渡辺寛子さんが
いろいろあるけど、新米がとれた今の季節なら「新之助」と推してくれました。

新之助お米.jpg

長野県は、アンテナショップ銀座ナガノの保科宗継さんが、東京に来るまでは全国区のパンだと
思っていた「牛乳パン」が実は地元パンだったことにショックを受けて、それから
「牛乳パン」は保科さんのソウルフードになったから「牛乳パン」になりました。

牛乳パン1_20171209070322.JPG

静岡の「富士山」は山梨だって「富士山」という意見があるのは承知で、
静岡県観光協会の原さんが静岡と言えば「お茶、富士山、駿河湾」だけど
「静岡県富士山世界遺産センター」がオープンするし、やっぱり富士山だわね、
と答えてくれました。
そんな山梨県は、フルーツ県で、これからの季節は「あんぽ柿」と冬でもおいしく食べられる
フルーツということで「あんぽ柿」になりました。

アンポ柿1209.jpg

ということで、この前に掲載したブログとダブりますが、スタッフが決めたたたき台の
東京都を除く「46道府県の名物」は次の通りです。

46県ロール色つき.png

そうじゃないよという方は、自分にゆかりのある県の名物、名産、名所はこれだと思った方は、
番組宛にメールを送って下さい。
送ってくれた方の名から東京駅のお土産をプレゼントします。

今日の「ハピリーくらしっく」は2月18日にアクトシティ浜松で行わる「2018宮川彬良まつり」の
出演者との公開打ち合わせ。
インスピの吉田圭介さん、オペラ「ブラックジャック」でおなじみの大山大輔さん、
そして、「風のオリバストロ」の井上芳雄さんが電話出演してくれました。
朝早くから一方的なお願いをオンエアでしてしまってすみません。
そして、2/17~2/18の1泊2日の「2018宮川彬良まつり」の鑑賞ツアーが決定しました。
お問い合わせ先は郵船トラベル株式会社になりますが、
電話の受付が平日の9時30分~17時30分になるので、ご注意ください。
電話番号 03-5213-6240
メール tst@ytk.co.jp

宮川彬良20171209.JPG

ハピリー  14:56

番組スタッフが決めた東京を除く46道府県の名物はこれだ

今朝のハピリーでは番組スタッフが情報を収集して決めた東京を除く、
46道府県の名物を発表しました。
いやいや、それじゃないでしょと思った方は、
あなたが思う「名物・名産・名所」を送って下さい。

46県ロール初期案.png

ハピリー  09:23

2017年12月 2日

そのクレームにクレーム!?

今日も気温が一桁台の寒い朝でしたが、胸が暖かくなる美しい朝日をスタジオから見ることができました。

ハピリー20171202画像①.jpg

ハピリーくらしっくでは、宮川彬良先生が久しぶりに歌とピアノを披露。
内容は、年越しコンサート「超!ジルベスター・コンサート2017→2018」の中で披露する「パトロネージュの歌」で、コンサートへ寄付した企業名や法人名がその歌詞の中に盛り込まれていました。
4週前に曲を披露した時から、企業数・法人数はなんと倍以上に!
宮川先生が各会社を訪れた時の思い出も一緒に教えていただきました!

ハピリー20171202画像②.jpg

来週は来年2月に行われる『2018宮川彬良まつり』についての
「生電話 公開打ち合わせ」を予定。
宮川先生がご出演者に電話をかけて、コンサートをどのように作っていくか色々と話し合います!

今日のハピリーの全体のテーマは、「そのクレームにクレーム!?」。
最近、巷で何かと話題になる「クレーム」について掘り下げてみました!


7時台の一つ目では、精神科医の片田珠美さんが電話出演。
2010年頃から他人からの暴言や攻撃に振り回されて精神科を訪れる人が増えてきたそうです。
特に多いのは、仕事のなかで感じる不安や欲求不満を、自分よりも弱い人にぶつけるようなケース。
ぶつけられた人がまた自分より弱い人にぶつけるので、深刻な悪循環に陥っているというのが現状だそうです。
解決策としては、次の二つのことを教えていただきました。
①出来るだけ冷静に観察して、正当なクレームなのか、単なるイチャモンなのか判断する。
②動画や音声で記録をする。
先日の女性政治家の例ではないですが、記録するのは一つの有効な手段だと感じました。

8時台の二つ目・三つ目にご出演いただいたのは、苦情・クレーム対応アドバイザーの関根眞一さん。
2009年に約5,000人の苦情のデータをまとめた「日本苦情白書」を出版されており、来年2018年にはその最新版が発売されるそうです。(最新版は約17000人に調査)
以前出した「日本苦情白書」は国立図書館をはじめとした大きな図書館に所蔵されており、その重量は2冊でなんと4kg!
最新版はDVDでの販売になるので、どこへでも持ち運び可能です。


ハピリー20171202画像③.jpg

2009年のデータと最新のデータを比べると、苦情・クレームの全体の件数は減っていることが分かるそうです。
他にも、クレームの約23%は勘違いが原因で起こっていることが分かったり、男女のクレームの違い、関東と関西での内容の違いなど、参考になるデータが盛り沢山。
クレーム対応の方法として気をつけるのは次の二つ。
①相手に「疑われている」と感じさせないこと
②相手を否定しないこと
有効な万能フレーズは「お気持ちはわかります」ですが、いつでも連発すればいいわけではなく、言うタイミングが重要です!

9時台の四つ目には、株式会社インサイトテックの代表取締役社長・伊藤友博さんにお越しいただきました。
伊藤さんの会社は「不満を買い取ってくれる」という画期的なサービスを提供しています。
現在の会員数は36万人以上で、集まったクレームは720万件以上!
それらを企業や自治体に提供し、商品・サービス開発に活用されています。
クレームはその内容に応じてポイントがつけられ、それを貯めることでアマゾンギフト券に引き換えられるそうです。

ハピリー20171202画像④.jpg

クレームを買い取ってくれるということで気になるのは、「どんなクレームが高く売れるのか」ということ。
1日に1〜2万件寄せられるクレームを査定をするのは、なんと「AI」(人工知能)!!
寄せられるメッセージの中から必要な情報を抜き出して、どれだけ価値があるのかを査定するそうです。
高ポイントをゲットするためのポイントは、「いつ・どこで・誰から・何を」購入して、その結果「どんな点が不満なのか」をしっかりと明記すること。
「どうしてそれを購入したのか」も含めて、「5W1H」のかたちで記入することを「ゆるやかに」サイト上でお伝えしているそうです。
クレームの裏側にある「期待」に注目して、社会に役立てているということに驚きました!

来週のハピリーは、「キャッチフレーズ」についての特集。
そちらも是非お聴き逃しなく!

そして、12月11日からのスペシャルウィークに向けてのハピリーの企画は、
「魅力発掘!46県ロールスペシャル‼︎ハピリーが新しい46道府県のイメージを決めます!!!」
(昨年4月に行った6県ロールスペシャルの第2弾です)
あなたにゆかりのある東京以外の46道府県の「これだ!」と思う名物、名産、名所を教えてください!
みなさんのメッセージをお待ちしています!!

ハピリー  10:47

「超!ジルベスター・コンサート2017→2018」のチケット特電

12月31日(日)15時開演の
宮川彬良VS新日本フィルハーモニー交響楽団の
すみだトリフォニーホールで開催される
「超!ジルベスター・コンサート2017→2018」のチケットを
本日8時~12時まで、ハピリーをお聴きの方に
特別料金で販売します。
ご希望の方は次の電話番号で申し込んで下さい。
03-5610-3820
※「ゴロージュウ・サバ二十匹」と覚えて下さい。

特電価格は
S席 6000円→5400円
A席 4000円→3600円

※シルバー(65歳以上) 4500円
墨田区在住・在勤・在学の方 4500円
中学生以下 1000円
とすでに割引になって、購入しやすい金額になっています。

ハピリー  07:40

ページトップへ