文化放送

幸せ戦隊 ハピリー

ハピリー体操

玉川美沙 ハピリー

家族が一緒にリラックスし、笑い時には一緒に悩み話し合える時間をお届けします。

podcast
ハピリーとはmail

タイムテーブル

7:00 オープニング
7:10 ニュース
7:12 天気 交通情報
7:15 ハピリー 今日の一つめ!
7:35 天気 交通情報
7:40 ハピリーくらしっく 宮川彬良
8:00 ニュース
8:02 天気 交通情報
8:05 片山右京・玉川美沙 Radio Koguuu!
8:20 ハピリー 今日の二つめ!
8:30 天気 交通情報
8:35 ハピリー 今日の三つめ!
9:00 ニュース
9:02 天気 交通情報
9:05 ハピリー 今日の四つめ!
9:20 今日のメモ
9:30 天気 交通情報
9:35 神保美喜の Tea Lounge
9:50 エンディング
※生放送のため、タイムテーブルは時間が若干前後する場合がありま す。
  • 大切な人の大切な日に花を贈ろう!
  • 横浜ゴム
  • DHC Presents 神保美喜のTea Lounge

ハピリー最新情報

2017年6月25日

6/24 Radio Koguuu! レポート!



レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。


玉)おはようございます。今年は自転車に乗る時間も増えている右京さんです。


右京)そうですね。この前も海外で自転車に乗ってきました。「パリ・ミラノ」というマセラティのイベントに招待してもらって、海外の有名なアーティストとか有名な人が自転車でフランスからイタリアのミラノまで行って、走った距離1キロにつき1ユーロをチャリティー団体「Rêves(レーヴ)」に寄付しました。毎日大勢が100キロ、200キロ走るからそれを全額ね。「子供たちの願いをかなえる」とか「困っている人達を助ける」とか社会的なボランティアで、日本からもプロでモータースポーツをやっていて、自転車もやっているということで呼んでいただきました。


玉)そうなんですか!


右京)そういうのを日本でも9月以降に同じようにやる予定です。日本人はそういうのシャイだったり、慣れてないでしょ?海外だと当たり前にあるの。例えば会社を起業して大金持ちになったら、イベントをやってそのお金を癌の撲滅の研究に回したりとかのイベントがいっぱいあるの。日本でも陸前高田の「ツール・ド・三陸」をやって復興支援を少しでも増やそうとしています。継続することと同時に世界中の人に来てもらってそこもグローバルにできたらなと思います。


玉)そうですね。日本を縦断してもらいたいですね。


右京)そう。自転車で走って、東京から箱根まで行って富士五湖とかサイクリングしてもらってね。アーティストとか俳優さんとかと一緒に走れたらちょっと楽しそうでしょ?自分たちが楽しく走って距離でお金を寄付するということはいい事でしょ。著名人はお金持ちだからいっぱい走ってもらいたいですね(笑)


玉)その言い方(笑)


右京)その間で片山右京は1円も抜かないですからね。いい人だと思わせようプロジェクトも継続中です(笑)


玉)またまた(笑)
実はそういう働きかけとか活動は小さい物から大きい物までけっこうあるんでしょうけど、広げるすべを日本人は知らないというか、恥ずかしかったり、「やってます」と働きかけることがカッコよくないというか、変にシャイな部分がありますよね。


右京)自転車なんか持っていないという人は、コンビニのレジの横にある募金箱に寄付してくれるだけで十分なんですよ。やらないよりやった方がいいという事がいっぱいあると思うからね。


玉)お買い物に行っても、「この商品はこういう活動に賛同していてこの売り上げの一部が寄付されています」という物も増えていますからね。


右京)社会全体とか社会の中で国を支えている企業がそういう考え方をCSR(企業の社会的責任)としてやってくれて、なおかつそれが世界とつながってやっていったら、自転車は健康や環境の為だけではなくて、他のポテンシャルを持っていることも証明できますからね。


玉)そうですね。自転車の持つ一つの可能性が見えますよね。
ちなみに先ほど右京さんから出ました「ツール・ド・三陸」正式名称は「ツール・ド・三陸~サイクリングチャレンジ2017~in りくぜんたかた・おおふなと」は、今年10月1日(日)に開催されます



右京)これも時間がたってから行くと道路が綺麗になっていたり、建物が建っていたりすると「もう復興したんだ」となんとなく思えるところもあるんですけど、SNSとかで「忘れちゃいけない」というメッセージの中に、絶対に人間の中から消えない大切な人達を失ったとか、本当の復興とか戻るっていうのは、時代を超えて行く位ハッピーな事が起きて心を洗ってくれるようにならないと本当の復興という事にはならないからね。でもそれには下世話な話だけど経済効果とかそういうこともいっぱいあるから続けていって、たくさんの人たちに参加してもらわないとね。


玉)そうですね。まだまだ復興できてないことも実は復興が始まっていることも目に見えないことの方が実は多いでしょうからね。そういうことに気づく為に足を運ぶことは大事ですよね。


右京)地元の人たちと普通に話してご飯食べて一緒に笑うだけでそれは大切な活動になりますからね。


玉)ぜひ興味のある方行ってみてください。来週の月曜日6/26から参加受付がスタートします。


右京)もちろん僕もまた走りますので、一緒に走りましょう。







今週のお便りのコーナー


江戸川区の男性RN「けいすけ」さんからのお便り


右京さん、おはようございます。
自転車に乗りながら、犬の散歩をしている人がいますが、自転車の安全な乗り方やマナーもありますが、犬にも相当な負担が掛かっています。春の気持ちイイ時、秋の涼しい時に、ワンちゃんが自転車を引っ張っていくほど元気がいいのをみかけますが、これからの酷暑の夏にやるのは犬はたまらないと思います。やはり犬の散歩は犬のペースで寄り道したりしながら、のんびり歩いたりするのがイイと思います。





右京さんのお答え


右京)たぶんこの方が見たのは小型犬だと思うんですよね(笑)これが大型犬だと大きいのでこれくらいいっぱい走りたい犬もいるかもしれないのでね。でも少なくとも危ないです。犬はなんだかんだ言っても力強いので、中型犬くらいので引っ張られたら危ないです。小型犬でも小型犬どうしでキャンキャン言い合って反対側に走りだしたりしますからね。それで後ろから早いロードバイクが来たら「わんわん落車」と言ってぶつかったら犬も痛いし、もしかしたら最悪のこともあり得るからね。

 
玉)リードが絡まったりもありますしね。なにかしらの理由があって犬の散歩に自転車っていうふうになっているんでしょうけどできればやめてほしいですね。


右京)これは言いだしたらキリがないんですけど。マナーとか啓蒙の話はずっと自転車活用推進法になっても上から下までいろんな話があって、矢羽根マークとかブルーラインとかが出来て進化していると信じなくてはいけないんだけどね。この前、警察の人と会って話したんだけど、問題発言かもしれないけど警察の人は自転車を歩行者にしたいんだって。じゃないと警察の人も人間だから、24時間どんな時でも100点満点の運転しないとだめだからね。警察の人が間違った場合に僕らが徹底的に責める資格があるのかなと。人間だからそういうアバウトなところがあるから、歩行者の領域で寛容に自転車を見たいという気持ちがあるそうです。
でもやっぱりそこは厳しく法を管理する側の人たちとして、徹底してこないと一番最後に痛い思いをするのはみんなですからね。そういうことをちょっとずつ襟を正してやるときが来ているのかなって思いますね。みんなついついテンション上がって感情的になるけど、心の中で10数えてから言葉を選んで「みんなで考えよう」としたいですね。


玉)今言ったようにイライラしたときに10数えるが出来たらいいですよね。


右京)大丈夫ですみんな大人になれば。


玉)ここからのじめじめした季節に入るとイライラしがちなんですよね。夏休みに入ると世の中のお母さんはイライラしますからね。余計にガミガミ言いたくなるので皆さん「10秒ルール」思い出しましょう。


右京)気をつけます。







番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!




今週の一曲 

M  CREEP   /  RADIOHEAD    

« 2017年5月 | メインに戻る >> | 2017年7月 »

2017年6月24日

「頭をやわらかく~」^^

「もう!頭、カタイんだから!!」って誰かに腹を立てたり、
自分がそう言われたりってことはないですか?
あるいは、いろんなことで頭がパンパンになっちゃって、
「頭がカチンコチンになっちゃって動かない・・・」なんて時はないでしょうか。

一昔前に「やわらかあたま」という言葉も流行りましたよね。
頭をやわらかくして、脳がいきいきと自由に動いてくれれば、よい発想やナイスアイデアが
生まれるかもしれません。

そ・こ・で!
今日のハピリーは「頭をやわらかくする」3時間。

ゲストにお迎えしたのは、
脳科学者で「脳の学校」の代表も務めていらっしゃる 加藤俊徳さん
062401
加藤さんからは、脳は機能ごとに場所が分かれていることや、
まだまだ使っていない部分がたくさんあることなどを教えていただきました。

そして、『ラジオを聴くことは、脳にいい!!!』←ここ、大事!(笑)

二人目は、
ボディーワーカーの藤本靖さん。
062402

藤本さんからは、
凝り固まった頭に「ゆるみ」を作ってリラックスさせる方法を教えてもらいました。
のびのびした脳から、のびのびした発想も生まれるってものですよ。
その方法とは...「耳ひっぱり」!!
062403

中指を耳のくぼみに入れて親指は耳たぶの裏側に当てます。
そして軽----く、ひっぱるというよりは「つまむ」程度の優しい力で斜め後ろ方向に...
1分くらいで効果が表れるそうです。実際にハピリースタッフも試してみて、効果ありました!
みんなもやってみてね。

加藤俊徳さんも藤本靖さんも、たくさんのご著書が出ているので、
詳しく知りたい方はそちらもご覧ください。

♪♪♪
ハピリーくらしっくは、特別ゲストにダイナマイトしゃかりきサーカスの皆さんと
宮川彬良さんの愛娘・安利さん。
安利さんのオリジナルの『手話』的動作を用いた発音法によって、
しゃかりきの3人の英語の歌の発音がみるみるぐんぐん上手に変わっていく様子を
公開レッスンでご紹介しました。
062404
「L」は"小っちゃく前になれ"
「R」は"カモーン"と斜め後ろに・・・
これ、本当に画期的です!!!

062405
"Up Up And Away"かっこよかったぁー!!!

終わってから、密談中の皆さんの様子はコチラ。
062406

今日もとっても楽しくて、笑いに満ちた3時間。
みんなにも、この「ハピリー」な気分が届いていますように。


« 2017年5月 | メインに戻る >> | 2017年7月 »

2017年6月18日

6/17 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。


玉)おはようございます。5月の初めにチャレンジスクールがありまして、今回はクライミングやボルダリングなどありましたね。


右京)そうですね。去年自転車の方に会社のリソースを全部傾注して休んでいたんだけど、今年は1年を通して回数をいろんな形で増やそうということになりました。それの日帰り版ということで5月7日に行いました。
昔は可愛いから子供たちの才能に親がブレーキをかけてしまっていたけど、「かわいい子には旅をさせろ」みたいに周りの人がセキュリティをもってチャレンジさせることによってブレーキを解除して可能性を伸ばそうという感じでやっていました。ロッククライミングをしている子供たちが怖くて途中で止まってしまっても、こっちが引っ張り上げたりお尻を押し上げたりして助けるんじゃなくて、言葉で「右手を伸ばして、次は足を上げて」という感じで成功体験を体現させてあげることで「今上まで行けたよな。俺は手を貸してないぞ。自分の力で上がってこれたんだぞ」ということをやっていました。
でもなんか最近みんなすごい上手いの(笑)


玉)もうできちゃう感じですか(笑)


右京)すごい上手いし、レベルも上がっているから、なんでだろう?って思ったら、たぶんオリンピックの種目になったことでどこかのスポーツクラブで既にやっているから経験値が高い状態で入ってきているんだよね。


玉)最近の子供の習い事の多様さがすごいですね!昔は野球と水泳とそろばんしかなかったですよ。


右京)僕たちの時は遊ぶ事がなくて運動神経がよくて、今の子はなんて言われてるけど、今の子たちはちゃんと教育受けてやっているから凄いのよ。泳ぐのもロッククライミングも体操もちゃんとできるんだよね。だから生半端な教え方だとダメだなと感じて、僕たちもそれで学ぶことが出来るね。自転車とかサッカーとかもそうだけど進んでいるスポーツはもっと科学的にやっていてただの根性論じゃないなというね。


玉)やっぱり変わっていくんですねそういうのは。


右京)でも一方で夏にやるチャレンジスクールみたいのも大事。山登りには全部詰まっている。歩くこと、食べること、あきらめないこととか、集団生活で団体行動だから周りに対して気遣う事とか、時間を守ること、挨拶することとかという日常生活に大切なことはただのスキルアップと違うから子供たちに教えなくてはいけない教育でもあるからね。


玉)夏休みのサマーキャンプは8月2、3、4日ですね。


右京)はい。自分たちでご飯つくたっり、お布団片付けたりね。家にいたらみんなお母さんがやってくれちゃうから、そういう当たり前のことからまずは教えていきたいです。


玉)いまさらですけどサマーキャンプは何歳から参加できるんですか?


右京)小学校1年生から6年生までなんですよ。でもみんな中学になっても行きたいという「ジュニアリーダー」という子たちがいて、その子たちが「肝試しやろう」とか「スイカ割り」やろう」とかの企画をたてて、みんなで話し合ってオペレーション組んだりとかしています。そこらへんも今の子たちは凄くて、肝試しをやって多き声で小さい子が泣いたりするといけないから周りの近所の人たちに「すいません。1時間くらい大きな声を出すかもしれません」って先に中学生の子たちが言いに行くのよ。


玉)すごい!そんなことまで気がついてくれるんですか!


右京)それを大人びているというんじゃなくて社会性が優れていると言いたいね。またそこからさらに大学卒業した子たちもたまに来てくれたりして、久々に会うとこれがもうみんな立派になっているんですよ。チャレンジスクールも馬鹿にならないなと思ったね。


玉)そうでしょうね。今回のサマーキャンプはもう締め切ったんですか?


右京)まだもうちょっと募集しているかな。


玉)うちの子も突っ込もうかしら。小学校1年生になりましたからいけますもんね。


右京)入れますね。ちょっと手強そうだな(笑)


玉)気になる方はHPをチェックしてみてください。日程は8月2,3,4日です。





今週のお便りのコーナー


古河市の男性RN「若葉が薫るちゃん」さんからのお便り


右京さん、おはようございます。
5月は「自転車月間」ということもあって、家族でサイクリングをしました。栃木県の谷中湖(こ渡良瀬遊水地のサイクリングコースをスタートして、利根川合流地点の栗橋から関宿方面まで、昼食は菜の花の群生場所でとって、最高でした。




右京さんのお答え


右京)もちろん。僕ねここの渡良瀬遊水地のなんとかリーダーっていうのがあって、すごいのよここ。遊水地のちゃんとした呼び方、なんとか条約とかいうのがあるじゃない?

 
玉)ラムサール条約ですか?


右京)それのここのあれに入れてもらって(笑)


玉)「なんとか」とか「あれ」とか「これとか」多いですね(笑)


右京)すいません(笑)なんでかっていうと、ここでジャパンツアーのタイムトライアルを毎年やっていたんですよ。栃木の人とか埼玉の人とかみんな自転車でここで走ったり関わっていたからね。僕なんかはただの客寄せパンダ1号でして何も貢献できてはいないんですけど本当にいい場所でね。気球のイベントとか自転車の大会をやったり自然豊かな場所でいろんな催しをやっています。


玉)なるほど。谷中湖は日本一大きなハート形の湖で有名なんですね。


右京)本当にすごい広くて、最初にハート形と気づいた人凄いな。


玉)写真を今見ていますけど本当にハート形ですね。気持ちよさそうなところですね。お昼なら菜の花、これからの季節は緑が深くなって気持ちよさそうです。だんだん日差しが強くなっていますので、ただサイクリングとはいえ帽子を被ったり紫外線対策とか熱中症対策も気にしないといけない季節になりましたからね。


右京)女の人とかお年寄りや子供達もしっかりしないといけないですからね。僕は最近全然逆にいっちゃっていて、真っ黒に日焼けしちゃっていますね。何だろうなこの元気さは(笑)


玉)本当に真っ黒ですよね(笑)それはトレーニングとかでですか?


右京)そうなの。また9月に懲りずにヒルクライムにお呼ばれして出ようかなと。だんだん自転車の上で生活する時間が増えてきているしもっと増やそうかなと思っています。


玉)今年は順調に増えていますね!


右京)仕事の為じゃなくて、単純に暑い中で汗をかいて風を感じることを楽しんでますね。


玉)いいですね。やっぱりそういう時ってイキイキするもんなんですね。


右京)元気ですね。なんでも感謝できます。でもいい時もあるし悪い時もあるので、一喜一憂していると疲れちゃいますから。


玉)ぜひみなさんも「こういうところ行ってきました」などのメールお寄せください。





番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!




今週一曲 

M  Don't Look Back in Anger   /  OASIS   

« 2017年5月 | メインに戻る >> | 2017年7月 »

2017年6月17日

遺産相続で起きるトラブルは事前準備で防げるんです。

梅雨入りしてから週末は気持ちのいい天気が続いていますが、
今朝の浜松町の番組スタート7時の気温は20度。

20170617気温20度.jpg



























スタジオの窓から見える芝離宮は緑が栄えていました。

20170617modori.jpg



























今日のテーマは「遺産相続!フツーの人ほどもめるんです」。
敬遠しがちなテーマで、自分には関係ないと思えるテーマですが、
実際にはすべての人が「相続」の当事者になるということで、
今回真正面から向かい合いました。
遺産相続の問題について、じっくり学び、もめない相続にむけて心備えは
できたのではないでしょうか。
街頭インタビューでは8~9割の人は
「相続」なんて考えていないのではないかという予想を立てて取材をしたのですが、
意外にも親族が亡くなって「相続」を考えたことがあるという人が
取材した半数近くいて、ビックリしました。


今朝は7時台から相続コンサルタントの毛利豪さんをスタジオに迎えて、
まずよくある典型的な相続トラブルの事例を挙げてもらいました。
もめる事例は
①長男が親と同居
②介護したから寄与分
③田舎の長男と嫁いだ妹
④子供がいなくて夫婦でご主人名義の持ち家に住んでいる
⑤残された財産は自宅だけで現金の遺産はない


そして、8時台で、弁護士の武内優宏さんを迎えて、
上記で挙げた事例から実際に裁判になった話を聞きました。
事実はドラマや小説よりもドロドロしているんですね。
特に兄弟や姉妹だと感情がより前面に強く出てしまうものなんですね。
武内優宏さんの話を聞いたら、絶対にもめたくないと思ったのですが、
そういったトラブルを避けるにはやはり事前の準備、
遺言書とエンディングノートなんですね。
なかなか遺言を書く、書いてもらうというのをお願いするのは難しいですが、
そういった話が出来る家族関係が築きたいと思いました。

武内優宏20160617.jpeg



























9時台には再び、相続コンサルタントの毛利豪さんをゲストに迎えて、
相続で起こりうるトラブルを防ぐ方法をお聞きしました。
武内さんと同じで遺言書は大事と話していましたが、
最近注目の「家族信託」という制度にもスポットを当ててくださいました。
「家族信託」についてすべてが分かったわけではありませんが、
そういう「相続」の制度があるということを知ることができて
一歩前進した気がします。

20170617毛利豪氏.jpg












今日、ご出演してくださった弁護士の武内優宏さんの書かれた
『誰も教えてくれなかった「ふつうのお宅」の相続問題ABC』は
セブン&アイ出版から出ています。
そして相続コンサルタント、毛利豪さんの著書は「相続コンサルタント入門」は雷鳥社から、
「家族に感謝される相続68のポイント」「相続から家族と資産を守る61のポイント」という本は
合同フォレストから出版されているのでご覧になってみて下さい。

« 2017年5月 | メインに戻る >> | 2017年7月 »

2017年6月11日

6/10 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。


玉)おはようございます。今日こうして喋っていますが、明日がいよいよマウント富士ヒルクライムですね。


右京)そうですね。泣いてるか笑っているのか明日には、はっきりしていますけど、やれることはすべてやってきた。でも正直言うと計算
通りにいかないことがあって、普通トレーニングの量を調整したらどれくらいパフォーマンスが上がるか計算できるんだけど、そこまでパフォーマンスが上がっていないのはなんでだろう?リカバリーが遅れてるからもしかして歳をとったのか?なんて思っていた。でもやってみないとわからないし、調子は上がっているからうまくいけば年齢を超えて去年の自分に勝てる気もする。

もう一つの敵は、金曜日まで海外に行っていて、土曜日にモータースポーツの解説を徹夜でやった後、マウント富士ヒルクライムに行って、そのあとまたテレビ局に戻らないといけないから、そういう中でコンディションを維持するには、もっとメンタルを強くしてアドレナリンを出して行かなければいけない。ここが一番大事なことで、選手にいつも「体は心が動かしているものだ」と言ってる自分がお手本にならないといけないからね。今、自分でこういうこと言っていてお腹痛くなってきました(笑)


玉)胃が痛いですね(笑)よくスポーツ選手が言う「その瞬間にピークを持っていくために準備する」といいますが、前後のお仕事もある意味ピークでいなくてはいけないものばかり続いていますから、ものすごく大変なことですよね。


右京)それも言い訳はできないからね。逆に言うと100点満点は何をやってもたぶん人生で何回かしかないから、少なくとも最低限の仕事のレベルを上げて行く作業とか、頑張ることとか楽しむこととか大事だよね。悲壮感をもっていてもいい事はないからね。もう一人の自分を俯瞰で客観的に見て色々な場面でも対応できるようにすることは大事だね。
だから同じようにマウント富士ヒルクライムに出る人とか、ほかのことに挑戦している人もそうだけど、点で見てしまうと周りが見えなくてつらい事しかなくなってしまうからね。ドキドキしてる自分を楽しめと言っても「そんなのできるかよ!」と思うかもしれないけど、そこが自分の弱点というかキャラクターと捉えて、そのために考え方を色々変えて「失敗してもいいんだ」「結果より積み重ね」といった感じにすると強くなれる。その先に未来があるわけだからね。と僕は明日の為の話をしてみました(笑)


玉)さあ!明日の今頃、右京さんはどんな表情で富士にいるのでしょうか(笑)


右京)本当に今中大介は大人げなく一生懸命本気でト練習しているからね。


玉)でもファンライドというメルマガで秘策があるって右京さんが言っていたと聞いたのですが、秘策とは何だったんでしょうか?


右京)いやー、まあ、秘策が5個も6個もあったんだけど、シミュレーションしてみたら全部空振りだった(笑)


玉)本当ですか?(笑)


右京)正直言うと3回位富士山に登って、1時間20分位走ってたんだけどおもしろいくらいタイムが変わらない。何回やっても進歩なし。もう年齢的な天井に来ちゃったかなと2、3週間くらい前に思ってた。でもそのあとにあることがあったの。夜中に移動しなくてはいけなくて、トレーニングする時間がなかったから自転車で行こうと思って普通より過酷な状況になったの。そしたらスイッチが入って「やってやろうじゃん」という感じになった。人間て言葉とかじゃなくて強制的にやると火事場の馬鹿力じゃないけど、そういうスイッチはあるんだなって思ったよ。


玉)そういうのやっぱりあるんですね。


右京)なんてね(笑)
最近はTOJ(ツアー・オブ・ジャパン)とか勝ったりすると本当に世の中が美しく見えるんだなっていう状態になっています。


玉)それは本当に大きなことですよ。


右京)物事うまくいかなくて荒んでやさぐれていくとダメですからね。今はゴルフでOB打ったってあの白い杭見ただけで「ありがとうございます」っていう状態だからね。もしこの世の中にこのOB杭がなかったら、アウトなのかセーフなのかわからなくなってしまうからこの杭のおかげで判断できますっていうね(笑)


玉)全てのことに感謝ですね(笑)いいですね。右京さんにお願い事するなら今ですね。




今週のお便りのコーナー


春日部市の女性(54歳) RN「ポリママ」さんからのお便り


おはようございます。
今日は鎌倉に向かう途中の車の中で主人と聞いています。今日は鎌倉でレンタサイクルで御朱印巡りをしてきます。いくつ回れるか楽しみなのですが、ありがたく御朱印をもらってきます。自転車で回っても健康にいいのか分かりませんが・・・。



右京さんのお答え



玉)健康にいいんじゃないですか!鎌倉エリアとかもそうですけど、あの辺はレンタサイクル充実していますよね。駅で自転車借りて、お寺めぐりとかして別の駅で返すとかもできるんですよね。


右京)自転車も積める車両とかも今やりだしているから、そういうところにすごい未来を感じるね。観光の目的なんだろうけど、それによってテリトリーが延びて色んな所に行けるから健康にもなるし、ましてや御朱印とかをもらったら幸運ももらえて楽しそうですよね。

 
玉)そうですよね。神奈川とか三浦のほうにもレンタサイクルがあって、京急で三浦海岸に行ってそこから自転車に乗って埠頭の方まで行けるんですよね。


右京)三崎港とかあっちの方に行くとマグロの定食とかあって凄い美味しいよね。


玉)京急の「みさきまぐろきっぷ」というのがあってですね。凄いお得なんですよ。バスも乗り放題でランチにどこでも好きな丼ぶり食べれる券がついているんですよ。


右京)楽しそう!それでレンタサイクルで自転車こいでカロリー使っておけば思う存分食べれますし、フェリーに乗って千葉側の方に行ってマザー牧場でソフトクリーム食べてもいいですね。


玉)いいですね!本格的に梅雨が始まる前にぜひそういう遊び方したいですね。ここからはアジサイの季節にもなるのでいいですね。


右京)紫陽花寺とか昔よく行ったな。


玉)「長谷寺」、「明月院」、「成就院」が有名だそうです。


右京)もうつぶれて無いかもしれないけど、長谷寺の前の左側に、旅館があってね。1人で時間があると泊まって、なんの意味も特にないんだけどお風呂がタイル張りのお風呂でそれが気に入ってね。2階の窓から江ノ電の踏切の「カーン、カーン、カーン」ていう音を聴いてね。ご飯もないからゲタはいて外に食べに行かないといけないんだけど、そういう雰囲気が好きで暇があると泊まりに行ってた。


玉)いいですね。
土日とかは結構混む場所が多くなると思いますが、ぜひみなさんレンタサイクルも使ってみてください。観光で周りたい場所は歩いている方も多い場所ですので、便利ですけどルールとマナーを守って気を付けてください。


右京)本当にそうです。キョロキョロしていると危ないですので気を付けて運転しましょう。





番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!




今週一曲 

M  ゾンビ   /  The Cranberries   

« 2017年5月 | メインに戻る >> | 2017年7月 »

2017年6月10日

自分のニオイを大切に!

最近暑くなってきて、制汗スプレーがドラッグストアなどでたくさん並ぶようになりましたね。
みんな汗をかいた時にスプレーをシュッとしたりして、日頃から自分のニオイを消そうとしますが、「それもしかして、大事なニオイまで消しちゃってない?」そんな疑問から、今週のハピリーはスタート!
テーマはズバリ「匂えば分かる!」です。

番組内では、玉川さんの驚異的な嗅覚が明らかに!
玉川さんはなんと、オナラのニオイを嗅ぐと、家族の誰がオナラをしたか分かるそうです!!!

そんな動物的な嗅覚の玉川さんが、8時台にまずお迎えしたのは、多くの動物図鑑や書籍の監修・執筆をされている成島悦雄さん(日本動物園水族館協会 専務理事)。
上野動物園などで獣医さんとして勤務されたあと、2015年まで井の頭自然文化園の園長を務めていらっしゃいました!
20170610成島悦雄.JPG

ニオイといえば、よく聞くのは「フェロモン」の存在。人間同士でも、魅力的な女性や男性からフェロモンが出ていると言ったりすることがありますが、人間は残念ながらそれを感じる器官が発達していないそうです。
なので、みんなフェロモンじゃなくて、見た目で判断しているんですって!

ニオイの個性のお話も大変興味深く、ヒツジやヤギは、自分が産んだ赤ん坊の体をなめて、自分の子どものニオイを記憶するんだそうです。ニオイにそれぞれ違った個性があるというのは驚きです!
タヌキのニオイのお話で大変面白いエピソードがあったのですが、それは時間が足りずまたの機会にぜひ!


そのあとの9時台には、汗や体臭の研究の第一人者、五味クリニックの五味常明先生にお話を伺いました。
20170610五味常明.JPG

五味先生がクリニックで診察された人数は数万人に及ぶそうですが、その7割の方にニオイの問題はないそうです。
体臭などに問題があるわけではなく、問題があるのは人間関係の方だそうで、相手への悪いイメージが不快なニオイにつながることがあるそうです。
また、自分に自信がなく「他の人にクサイと思われているのではないか」という不安で訪れる方も多いそうです。
「世界にたった一つしかない自分のニオイに自信を持った方がいい」というお言葉は、勇気づけられるとっても素敵なお話でした!


そして、今日の宮川先生のコーナーでは、「ひよっこ」についてお話いただきました。
20170610宮川先生.JPG

桑田佳祐さんのテーマ曲と、宮川先生のテーマ曲のキーが同じというのは、本当にびっくり!!
来週は映画音楽の話が聞けるそうなので、そちらもお聴き逃しなく!

みなさん、来週もお楽しみに!


« 2017年5月 | メインに戻る >> | 2017年7月 »

2017年6月 4日

6/3 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。



右京)おはようございます。


玉)おはようございます。ようやく6月に入りましたね。今日は言わなくてはいけないことが2つございます!
右京さんお誕生日おめでとうございました!


右京)ありがとうございます。そんなにおめでたい事ではないですけどね(笑)


玉)今週の初めでしたね。


右京)たくさんの人からお祝いの言葉をいただきました。さっきも番組が始まる前にまさかのケーキが登場しましたね。マウント富士ヒルクライムに向けて甘いものを断って体重を落としている僕に向かってね(笑)


玉)ちょっとした嫌がらせのような(笑)


右京)でも本当においしかった!ありがとうございます。
image0603.JPG


玉)そして何と言っても「ツアー・オブ・ジャパン」優勝おめでとうございます。


右京)本当にたくさんの方のおかげです。選手にも言っていたんだけど、「僕たちは将来ツール・ド・フランスを目指しているけど、僕たちは日本の登録チームで、いろいろな課題はあるけど現時点で最も重要なレースなんだ」って。未来が一番大切だけど、未来を作る今が一番大切だってことを外国の選手にもみんなに伝えてわかってもらえた。でも外で見ているより結構色々あったんですよ。


玉)そうなんですか?


右京)スペインの選手とかオーストラリアの選手とか来て、みんな4番バッターでみんな横綱みたいな感じで強い。アシストを人のためにするっていう、誰かのために一生懸命やるのは大変なことで中々難しい。だから喧嘩になって怒鳴りあいになったりもして夜ミーティングしたりもするのよ。でもやっぱり選手はアドレナリンが出ちゃうものだから、本当は総合1位2位だったからハッピーだったんだけどね。終わってからホテルの部屋でミーティングしていたら1位のオスカルが2位のネイサンの所に行って「ごめんな。ちょっと熱くなり過ぎた」と言って二人でハグして。でもそこでB級映画みたいに僕が入っていって「よかった、よかった」と言ってもそこは変わる物じゃないし、二人がちゃんとわかっていればいいからね。結果的にそのおかげで全員で総合も個人もタイトル獲ってるから、賞金もいっぱい入っています(笑)


玉)それも言いますか(笑)大事なことですよね。


右京)でもそれでもみんなたくさんレースに出て、たくさんアジアとかでもポイント獲ってくれているからね。
でもどうも赤字なんだよな(笑)


玉)それだけなかなかバランスがうまくいかない物なんですか(笑)


右京)でもそんなことは、また会社の床に泊まって穴の開いた靴下をはいたりして節約すればいいですからね。


玉)右京さん。皆さんどのくらいまでその話が本当なのかと思って聞いていると思うんですけど。結構本当なんですか(笑)


右京)一つ皆にいい事を教えてあげる。もし右の靴下に穴が開いている状態でお客さんとして人の家に御呼ばれしたとき。左に履き替えてください。穴が中指の方にいって見えなくなります。
そういう話をしてそういう生活を本当にしていると、二つの現象が起きていて。一つは誕生日に友達がネクタイや靴下を使い込んでいるだろうとプレゼントしてくれたりね。もう一つの現象は奥さんが「恥ずかしいからそういうこと言わないでよ。ちゃんと買ってるじゃない!」とかって言われています(笑)


玉)そりゃそう言われますよ(笑)
たくさんの方から「応援行きました」とか「優勝おめでとうございます」というメッセージが届きました。


右京)本当にたくさんの人たちが応援してくれて、どうもありがとうございます。


玉)5/21(日)大阪・堺市を皮切りに先週の日曜日5/28の東京ステージの8日間に渡って開催された「ツアー・オブ・ジャパン」でチーム右京は総合優勝。オスカル・プジョル選手は6日目の富士山ステージでのリードを守って、2年連続の個人総合優勝に輝きました。


右京)マルコカノラっていうイタリア人の選手が超早くて、第2ステージは逃げて勝ったり、第3ステージも連続して勝ったりしていた。でも振り返るとその時に2位だったのがうちのチームのジョンで、逃げ切りはされたけど集団が最後捕まえていたら、ジョンがその集団のトップだったから勝っていたかな。第3ステージでカノラが勝った時もジョンが3位に着けていたり、飯田の南信州ステージでまたカノラが勝った時、同着で同タイムで2位だったのがネイサンだったりと本当だったらうちが4勝とかできたかもしれない。


玉)常に射程圏内だったんですね。


右京)残念だったのが、総合の順位で8位につけていたベンジャミン。伊豆のステージでアシストに徹してくれていたんだけど、ゴールまであと500mくらいの所でオスカルとネイサンと3人で絡んで転倒しちゃった。ゴールはしたんだけどそのあとすぐに病院に連れて行ったり、ネイサンもあちこち擦過傷で血だらけになっていたんだけど、アシストがいなくなってしまうから頑張ってくれて、東京ではしっかりアシストしてくれた。


玉)すんなりとは言い切れないかもしれないですが、しっかり結果を出してくれたレースなわけですね。


右京)そういう一つ一つのことが、たぶんその時には大きな問題になっていく。でもそれをみんなが話し合ったり解決していくかで変わる。本人たちが言うんだけど、少し冷静になったところでオスカルが「僕たちは本当に強くなったと思う」と言っていたの。今チーム内では英語のみの会話にしているの。スペイン人がスペイン語だけだとグループが出来てしまうから。日本人も英語のみにしてみんなたどたどしくてもいいから共通の言語でやろうと決めている。それでみんなが「強くなった」って言ってくれたから、言葉でしか解決できない物もあるから大切だなって感じたよ。僕たちが世界を目指すなら本当のグローバルな感覚を持つ事が重要だなと思います。


玉)何か気持ちを伝えあうツールと言う意味で色々持つべきですね。


右京)僕もF-1とか行ってた時に、背中の大きなスポンサーのワッペンの下に日の丸を背負って君が代を歌ってました。その僕が外から見た時に、島国根性と言い方は変だけど、そうなっていくのは21世紀ではちょっと滑稽だからね。


玉)どこで戦っているのかっていう事をちゃんと見ていないといけませんね。選手たちは今、熊野ですか?


右京)熊野に入ってプロローグも始まってやっています。ベンジャミンとネイサンはケガをしてしまったので、その分キャプテンの畑中君とか徳田優は最初から出る予定だったけど、そこに平塚君とかロドリゴっていう地味にレースをいつも前で引っ張ってくれる選手を残してそっちも連覇を狙っています。


玉)6月4日までがツール・ド・熊野になります。






今週のお便りのコーナー


板橋の男性 RN「高齢ライダー」さんからのお便り



美沙さん、右京さん、おはようございます。
右京さん、ツアー・オブ・ジャパン。総合優勝おめでとうございます。小生は、大井ふ頭周回コースの自主警備でツアー・オブ・ジャパンに参加しました。警備なので、選手の走りを見ることは出来なかったのですが、背中で選手の風を感じて楽しみました。
これからのチーム右京のご活躍と選手のみなさんが事故や怪我のないことを祈っています。




右京さんのお答え


右京)祈ってくれていたのにやってしまいました。
警備の人たちはいっぱいいて、何千人っていて成り立っているのね。そういいう人たちはお客さんに向かって立っているからレースは見れないわけですからね。それで後ろに風の音だけが聴こえるわけですね。


玉)だから背中で選手たちの風を感じていたんですね。


右京)そう意味では距離感的にはすごいスピードがあるから危ないですよね。でも本当にありがたいことですね。

 
玉)好きだからお手伝いをっていう方も非常に多いでしょうから、本当だったら振り返ってみたい気持ちもあるでしょうね。


右京)両方注意してもらわないと危ないのは危ないですからね。来週もよろしくお願いいたします。




番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

今週一曲 

M  BEAUTIFUL NOW   /  ZEDD    

« 2017年5月 | メインに戻る >> | 2017年7月 »

2017年6月 3日

6/3 『歯は大切に』

「今朝は寒いね~」

そんな話題から始まる朝が早いハピリー。
しかし、早くから動いているため、晴れた日には素晴らしい朝焼けが拝めます。
そんな晴れた日の今日、特集するテーマは『もう歯のことで迷わない』


と、その前に今日の『ハピリーくらしっく』
宮川彬良先生は電話でのご出演。

宮川先生が音楽を担当されている『ひよっこ』
そのサントラから先週も紹介した「家族」という曲のバリエーションについて、、、

作曲者である宮川先生に解説していただきながらアレンジの聴き比べに、まるでシーンが目に浮かぶようでした♪


***


さて、今日の特集テーマについて、二つ目・三つ目では森永歯科医院院長 オーソモレキュラー・デンタル代表の森永宏喜さんにお話を伺いました!

170603たまこれ.jpg

先々週の放送でも森永先生にご登場いただきましたね!

森永先生には歯周病が及ぼす体への影響。
唾液の重要性など、とてもためになるお話を伺いました!
そして、森永先生によりますと歯周病の原因菌には「親分」と「子分」のような菌が口内にあるそう。

みなさん「親分菌」の名前、覚えましたか?・・・ジンジバリス菌です。


***


そして、四つ目
今日は前半と後半で、それぞれの専門分野の方々が登場。

まず前半は「しいはら歯科医院」の副院長であられる椎原康之さんにお電話でご出演いただき、
正しいハミガキ、デンタルフロスの重要性をお話しいただきました!


後半では、歯周病をなくす運動をされているグッバイぺリオプロジェクトの歯科衛生士、
事務局の鈴木茜さんと 株式会社オーラルケアの歯科衛生士、出口茜さんにスタジオへお越しいただきました!

170603たますぺ.jpg


お二方に、デンタルフロスによるケアの仕方をレクチャーしていただきました。
ポイントは「きちんと歯茎の奥まで通すこと!」

そして「デンタルフロスの使い方」!


まず、40cmほど出します。(ひじより少し長いくらい)

170603長さ.jpg


そして両手の中指に巻きます。


170603巻き方.jpg

指と指の間は15~20cmぐらい。


そして、人差し指のお腹にひっかけると奥歯(リスク部位)まで届きやすくなります!


170603奥歯に形.jpg


コツはしっかり40cmほど出すこと!ケチってはダメです!


そして番組内でもお話ししましたが、
歯科衛生士さんに質問できる無料セミナ-開催のお知らせはコチラをご覧ください。


それでは、口内スッキリの週末をお過ごしください~


« 2017年5月 | メインに戻る >> | 2017年7月 »

ページトップへ