文化放送

幸せ戦隊 ハピリー

ハピリー体操

玉川美沙 ハピリー

家族が一緒にリラックスし、笑い時には一緒に悩み話し合える時間をお届けします。

podcast
ハピリーとはmail

タイムテーブル

7:00 オープニング
7:10 ニュース
7:12 天気 交通情報
7:15 ハピリー 今日の一つめ!
7:35 天気 交通情報
7:40 ハピリーくらしっく 宮川彬良
8:00 ニュース
8:02 天気 交通情報
8:05 片山右京・玉川美沙 Radio Koguuu!
8:20 ハピリー 今日の二つめ!
8:30 天気 交通情報
8:35 ハピリー 今日の三つめ!
9:00 ニュース
9:02 天気 交通情報
9:05 ハピリー 今日の四つめ!
9:20 今日のメモ
9:30 天気 交通情報
9:35 神保美喜の Tea Lounge
9:50 エンディング
※生放送のため、タイムテーブルは時間が若干前後する場合がありま す。
  • 大切な人の大切な日に花を贈ろう!
  • 横浜ゴム
  • DHC Presents 神保美喜のTea Lounge

片山右京・玉川美沙 Radio Koguuu!

2017年10月14日

10/14 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。

玉)おはようございます。右京さん最近は何に乗っていることが一番多いですか?
右京)本当は自転車と言いたいところなんだけど、先月は車で3レースあったりしてあまり自転車の練習はできなかったです。でも「グッドスマイルレーシングカップ」があって、今年は趣向を変えて早朝からタイムトライアルをやることになったの。エントリーが37,8人いて日本チャンピオンとかも来ていました。みんなタイムトライアルバイクを用意していたけど僕はノーマルのバイクで出ました。それで僕のタイムを超えると「右京越え」っていう缶バッヂがもらえるの。
 
玉)それすごい欲しい!!!
右京)スタッフが「どれくらいの人が超えますかね?」と聞いてきたから、ほとんど練習できていないので参加賞になる可能性があるから一応全員分を作っておいたの。結果的に渡した人は5人!
玉)おお!右京さんはなかなか越えられないですね。
 
右京)走り出したら大人げなく本気出しました(笑)足に来ちゃってゴールした瞬間に5分位立てなかったよ(笑)
玉)そういう右京さんが大好きです(笑)
右京)今月は「グッドスマイルレーシングカップ」があったり「赤城山ヒルクライム」と「ツール・ド・三陸」があったりと意外と自転車に乗るイベントがあるので付け焼刃で頑張ります。
玉)車にしてもバイクにしても、面白い試みがたくさんあるんですね。
右京)でもね。正直色々考えたときに「僕の人生これでいいんだろうか。大事なやらなければいけないことが他にあるんじゃないか」と思いました(笑)
玉)いいと思いますよ!さっきの話にも出ていた「グッドスマイルレーシングカップ」のキャチコピーは「アニソンを聴きながら自転車で走って、メシを食って、また走る!」ですからね。
右京)わかります?(笑)
玉)わかんないけど、楽しそうな雰囲気と勢いは感じますね(笑)「右京越えバッヂ」どこかでプレゼントとかできないですかね?
右京)みんな捨ててって行っちゃったんだよな。
玉)凄い欲しいですよ。
右京)越えないとあげられないからね。
玉)コグーでも頑張ってチャレンジをクリアしたあかつきにはみたいなこと考えたいですね。
右京)大林素子さんが「私は身長で越えた」って言ってきたけどね(笑)
玉)今週も大林さん話題に出ましたね(笑)ゲストに来ていただいたのは先々月ですよね。
右京)そうだね。いまだに身長が伸びているらしいですね。184センチと言っていたので、本当は186センチですね。
玉)逆にサバ呼んでいるんですね(笑)「Radio Koguuu!」では毎月色々な分野で活躍している方をゲストでお呼びしています。今月は女子プロボクサー世界チャンピオンの「藤岡奈穂子」さんを来週と再来週にお呼びしています。
右京)いいですね。面白い話が聞けそうです。

 
今週のお便りのコーナー
江戸川区の男性 RN「クワTM」さん(46歳)さんからのお便り
右京さん、おはようございます。
春先頃から、足が弱っていると感じ、ジョギングを始めました。今は、始めた頃よりも足腰が強くなった感じがしており、特にふくらはぎがモッコリ膨らんでいますし、腕も振っているので、上腕ニ頭筋にも筋肉がつきました。体重も少しずつ減りましたし、良いこと尽くしです。

 
右京さんのお答え
右京)46歳だからまだ全然大丈夫ですよ。僕なんて自転車にのめりこんだのは40代になってからで、最初はサイクリングのみだったけど、48歳位から本格的に始めた。それで「ジャパンカップのクリテリウム」とか「JCRC」で優勝したりしたからね。
 
玉)そうですよ。なかなか右京さんを越えられないですからね。
右京)基本的に筋肉は裏切らないからね。
玉)筋肉は裏切らない!
右京)だから老化は足腰からとかあるでしょ?
玉)たしかに。「凄く鍛えろ」とは言わないまでも、使ってあげたほうがいいってことですよね。
右京)でも一気にやると疲労とか回復力に急に弊害がきちゃうでしょ。だからやっぱり高い負荷をかけるよりもずっと続けていくことが大事だね。ジョギング位でショックを与えて刺激を与えるのもいいですよね。ただ「カーフ」というふくらはぎはすぐには鍛えられないんですよ。その他にも、四頭筋とかおなかの下の腸腰筋とかは鍛えにくいしすぐに落ちちゃうからやり続けないとダメだね。
玉)そうなんですね。
右京)自転車は基本的にももを使うけど、山登りはふくらはぎが大事になります。氷の壁を登っているときに、アイゼンの爪で蹴り込んで先っちょだけで6時間も7時間も同じ状態が続いているわけだから、足がプルプルしてくるのよ。そうなると動けなくなるから、そういうバランスと持久力がある筋肉をつけるおすすめの方法は、リュックを背負って階段でつま先立ちを一日に1000回くらいかな。
玉)えー!まさかの数字が出てきました(笑)ハードル高いな。いい気候になってきましたから「少し運動しようかな」って気分にはなりますよね。ちゃんと使ってあげることが大事ですよ。
右京)でも40代は全然若者です。自分で勝手にブレーキをかけているだけだから。
玉)「やっていないのに」ってことですね。
 
右京)あとは周りからの刺激が大事ですよね。僕も朝「ズイフト」を漕いでいて「今日は軽く刺激入れるだけにしようかな」って思っていたら、10分弱の坂道で後ろからアメリカ人とペルー人が後ろにびったりくっついてきたの。
玉)オンラインならではですね!
右京)日本人はこの時間帯はお仕事に行っている時間で、向こうはたぶん夕方くらいかな。ずっと牽制が続いて途中揺さぶってもついてくるから「これ本気だ」って思ったから、最後残り1キロのあたりでペース上げてちぎってやりました。どこがちょっと流す程度やねんってね(笑)
玉)朝からズイフトで(笑)
初めて「ズイフト」という単語を聞く方もいると思うので説明をお願いします。
右京)外で走るロードバイクをネット上でオンラインでみんなで競争ができるローラーです。画面で実際に外を走っているようにできます。
玉)チームUKYOの選手と一緒に走れるイベントとかも組んでいますし、右京さんがうっかりいて知らないアメリカの方と本気でやりあったりできるそうです。
右京)いい所はパワーメーターを見て、実際に外を走っているのと同じようにトレーニングができるというところで、悪いところはいつも頑張って張り合ってしまうから休む暇がない所です(笑)
玉)それは性格によるところが多いんじゃないですか?(笑)もし皆様も「ズイフト」を体験できる機会があったら試してみてください。

 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!
 
今週の一曲 

M  今夜月の見える丘に   /  B'z      

ハピリー  23:40

2017年10月 8日

10/7 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。

FullSizeRender.jpg


右京)おはようございます。


玉)おはようございます。10月に入りました。秋ですね。


右京)今年もあと2か月とちょっとですよ。でも、もううちでは再来年の話をしています。来年の話をしただけで鬼が笑うんだけどね。


玉)再来年だと何が笑うんでしょうね(笑)


右京)笑いたいけど鬼も笑わないよ(笑)社会で働いている人たちはそういうロードマップとか事業計画は当たり前なんだけどね。


玉)来シーズンの目標だったらなんとなくわかりますけどね。


右京)そこまでちゃんと計画していかないとしっかりした基礎はできないかなとは思うけど、そんな話をしていて「つまんないな。おれ」って思っちゃったんだよね(笑)


玉)愚痴ですね(笑)


右京)「ツール・ド・北海道」とか「China‐1」とか「China‐2」とかでオーガナイズがバタバタで当日、急に泊まるホテルが変わったり、レースのリザルトが入ってこなくてやってるんだかやってないんだかわからなくなってたんだよ。選手もバタバタ引き抜かれちゃって、来年選手すごい入れ替わるのよ。北海道で6位に入った「エゴイツ」とか7位に入った「サルバ」もだし、「ジョン」もだし「ネーサン」もだから、うちのチーム選手が全然いなくなるのよ。


玉)レースの世界では当たり前の事かもしれないですけど、こんなシーズン中に引き抜かれるものなんですか!?


右京)強いとどんどん引き抜かれるんですよ。それで個人が持っているポイントごといなくなっちゃうから、うちのポイントが500くらい一気に減っちゃうのよ。そうすると来年のスタートがまた1からやり直しって考えると、決算終わってまた3月に営業を新しくしないといけない。


玉)チームUKYOがそれだけ強い選手を持っているということが世界中のチームに周知されているってことですよね。


右京)今アジアツアーはトップで世界ランキングみたいなところで言うと全体で36位くらいだったかな。だから本当に大きいスポンサーがついたらワールドチームにいくという再来年に向けての段階の話し合いをしました。


玉)それがさっき言っていた再来年の話ですね。


右京)こういう現状ですけど大丈夫です。再来年の話をしながら来年のこと考えたら、もっと強くなると思います。


玉)やった!


右京)任せてください。こういう問題がいっぱい起きて、壁に当たるとへこむでしょ?だけど達観して、変態の深みにはまってきて、何が起きても「よーし!頑張るぞ!もっともっと!」ってなってきてるからね(笑)そういうことのおかげで強くなれるんですよ。


玉)シーズンごとにチームの解体や再編成を余儀なくされ、その都度新しいチームでの強さを作り上げるというね。


右京)だから皆さん私、嘘つきました。本当はへこたれています。誰か助けてください(笑)


玉)実はへこたれている秋のスタートですね(笑)


右京)そんなことに負けてはいられないけどね。


玉)今のチームのこの形で行けるとこまで、まずは目指すということですね。11月の沖縄はどうするんですか?


右京)日本人だけとかで組みますね。オリンピックに向けて日本人を強化していきたいから、アジアツアーはとにかく日本人が勝てるようにする布陣にしています。


玉)来シーズンに向けてのチームUKYOが着々と動き始めているんですね。


右京)みんなびっくりすることがあります。今年は早めに発表しようかと思っています。


玉)いつも年初めでしたよね。是非お願いいたします


 
今週のお便りのコーナー


荒川区の78歳RN「野うさぎ」(女性)さんからのお便り


いつも楽しく聴いています。「チャレンジしていること」を募集しているということで、私も「チャレンジしています」。今"おもてなし英会話"の講習を受けていまーす。昔の中学校の教師は日本人で、英語も日本語的発音、そして、文法を重視する、実に実用的な英語でした。例えば、「ホワット・タイム・イズ・イット・ナウ?」(What time is it now?)の様です。そして、今、新しい会話術をどんどん知ることになって、身に付いた英語を修正する必要を感じ、今頑張っていまーす。


 
右京さんのお答え


右京)偉いですね。なんでもチャレンジして少しでもブラッシュアップしたりするとかね。前にここで言ったかもしれないけど「ホッタイモイジルナ?」って言うと本当に通じるからね。最初は「ん?」って顔されるけど、しっかり通じて答えを返してくれるから。

 
玉)本当ですか?ちょっと勇気がいりますね(笑)


右京)通じなかったらすいません(笑)


玉)多分これは東京オリンピックに向けての地域の取り組みなりに参加されているんでしょうね。


右京)外国の方が来たらおもてなしということだろうね。人間はいくつになっても肉体だけじゃなくて成長したいという気持ちがあるから凄いよね。
話が変わるけど、この前AI(人工知能)の事が凄い話題になって、将棋とかチェスで人間が負けちゃったでしょ?それでその文化がなくなるわけじゃないんだけど。例えばレーサーの運転が負けることはあるのか?っていう話になったのよ。もしかしたらセンサーみたいのがあれば正確な運転ができるかもしれないけど、センサーを積んだら物理的に重くなるからブレーキが利きづらくなったりして違う問題があるから簡単ではないとして。そういう話とは別に「挑戦する」みたいなコンピューターにないような感覚と、達成感のような人間だけが持っているものがあるから、やっぱり「運転する」ということはただ移動するというモビリティとは違うんじゃないかなと思う。達成感とか夢を見たり、人間だけが泣いたり、笑ったり。


玉)正解を選択し進んでいくのがAIの考え方じゃないですか。でも人間はそうばっかりではないですよね。


右京)最終的にはアルゴリズムみたいなパターン認識と倫理観で、例えば飛び出してきてその人をよけるとその先のバスに突っ込んでしまうとかで、自分の命を犠牲にするか?それとも飛び出してきた人を犠牲にするか、AIはどっちを選択するのかって問題になるけど、それ自体ナンセンスだと思っている。人間は目の前に出てきた人をまず助けようとするでしょ?そこから正面衝突してとかなるけど、それは別の話で、エアバッグなりがあるからそこはメーカーを信じてあげましましょうよ。それよりも安全運転支援システムをもっと早く着けたりとかしたほうがいいですね。


玉)「そこを突くんじゃなくてさ」というのがこういう話題では出てきますよね。


右京)小さいことをね。でも一つだけ言えるのは、将来そういうシステムがいっぱいついたら、運転するのはやめないけど渋滞の時は自動運転システムを使うだろうね。楽だもん(笑)


玉)楽というものは怖いですね(笑)


右京)そうなるとどんどん落ちていきますからトレーニングしたり勉強しましょう。


玉)「ホッタイモイジルナ」これに挑戦できる気持ちを持ち続けたいと思います。野うさぎさん凄いですね。数年後の東京オリンピックの時は是非活躍してほしいです。


 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!
 


今週の一曲 

M  GUTS!   /  嵐      

ハピリー  21:24

2017年10月 1日

9/30 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。

 
右京)おはようございます。


玉)おはようございます。そして今月のゲストはプロサーファーの水野亜彩子さんです。


水野)よろしくお願いします。


玉)今週もよろしくお願いします。あっという間に3週目になってしまいました。


右京)そうだね。サーフィンは東京オリンピックに向けて、ショートボードでジャンプしたり、フィギュアスケートのような競技と聞いてイメージが全然変わりました。


玉)まさに水野さんがやられているのがショートボード。あらためて紹介させていただきますと、15歳高校1年生の時にプロ入りされて、2年後の2011年にJPSA(Japan Pro Surfing Association)第3戦で初優勝されたのが18歳の時。その後は年間ランキング2位になるなど、そうそうたる経歴をお持ちです。


右京)すごい!リザルトから言ったらかなり凄いですよ。


玉)しかも小学生の時にフラダンサーとして日本人で初めてハワイの大会に出ていますからね。


右京)そうだ!その延長だったら普通は常磐ハワイアンセンターに就職しようとか思いそうだけどね(笑)


玉)でもそこでサーフィンに出会い、サーフィンで頂点を目指してプロになり10年目ですよ。


右京)月並みだけど、サーフィンをやっていて悩みはないですか?


水野)サーフィン自体の技術面は、他のスポーツと違って自然の波を使うので毎日違う状況でやる分スランプになりづらいんですよ。


右京)同じシュチュエーエションがないからか。


玉)そうですね。自分が得意な波の時はできるので、苦手な波の時にできるような練習をすることはあります。他のスポーツのようにタイムだったりが伸び悩むことは少ないと思うんですけど、試合に対してのスランプは感じることはありますね。


右京)イメージしていたことができないという部分かな?


水野)そうですね。あとは制限時間で自分が狙っていた波に乗れないとかですね。


右京)どっちにしても自然の中でやるスポーツだから、自分でどうしようもないとこもあるし、その中でできる技術を上げなくてはいけないジレンマもあるしね。難しいけど自然の中でやるから楽しいっていうのもあるよね。モータースポーツだって計算されているように見えるけど自然の中でやるから違ってくる。俺なんかゴルフやっててOB杭にも感謝するくらい自然に感謝している。あれがないと自分がOBかどうかわからなくなっちゃうから感謝しているっていうのを真面目に話しているのに、みんな馬鹿にしてくるんだよね(笑)


玉)してないですよ(笑)先週、先々週とお話を伺って、競技として観るポイントも難しいでしょうし、自分が観ていて野球やサッカーのように点数が入ったかどうかわからないし、勝敗がわかりにくい競技なんだなとちょっと思いました。


右京)でも本当は、ツウになったらフィギュアスケートのようにショートボードもライブで観たら一目瞭然にわかるんじゃないかな。


水野)深い所を追求すればするほど難しかったりはします。フィギュアスケートもそうなんですけどジャンプするまでの入りがサーフィンでも重要なんです。やっぱりそういう部分も観ていくと結構面白くなってくるとは思います。


玉)芸術点につながるのかもしれないですけど、会場の空気を作るとか、掴むとかもあるんですか?


右京)そういうのあるのかな?陸上の選手でも拍手したりするしね。


水野)どうしても海に入ってしまうので、結構応援が聞こえない状況があって自分の世界に入ってしまいますね。


玉)距離がありますもんね。


右京)魅せるスポーツなんだけど、狙ってイメージしていた波と違った時のメンタルな部分のほうが結果に影響するから難しいだろうね。


水野)潮の満ち引きを見て自分が待つと決めたポイントで波が来ない状況が続くと、移動したほうがいいのか、もうちょっと粘ったほうがいいのかの決断を早く決めないといけくて難しいですね。早く移動したら元居た場所にいい波が来たり、変に粘りすぎて制限時間が迫ってきて焦ってしまったりすることもよくあります。


右京)波って難しいよね。モータースポーツの感覚で物理的に考えちゃう。例えば地形を把握して風を把握して、同じ場所に同じ時間で何時間もいてデータを取れば大体わかるんだけど、波は全然違うんだろうね。


水野)前日から試合に入ったりすると潮の満ち引きでどういう波が来るかは一応見るんですけど、当日の天気によって波のうねりの向きが変わっていて前日と波が全く違うことがすごいよくあるんですよ。


玉)そういう競技に向かう為に、技術は置いといてどんなトレーニングに重きを置いているんですか?


水野)どんな波にも対応できるような下半身のトレーニングが陸では重要ですね。波に乗っている時間は、ものの数十秒だと思うので、その時に使う下半身の筋肉や体幹は大事です。その数十秒を繰り返しても筋肉はつかないので、先に筋力を作ってどういう波の状況でも技の成功率を上げるほうが、どの状況でも技を決められる自信に繋がっていくので大事になってきますね。


右京)聞いているとF-1と一緒だと思った。F-1もコース歩いたり気温とか路面上のデータはあるけど、実際にコースインしてみないと前日の雨や砂で路面のグリップ力が違うから、その瞬間の為にコーナーのGに耐えられる筋力をつけたりイメージトレーニングもするからね。どんなスポーツも一緒なんだ。これからオリンピックの競技になって、何年後かには本番が来るから本当に緊張するだろうね。


玉)2020年はあっという間に来るんでしょうしね。


水野)本当にあっという間ですね。


玉)ちなみにサーフィンの競技会場は千葉の釣ヶ崎海岸というところが決定しています。この3週の中で千葉は比較的に波が安定していていいという話が出ましたね。


水野)そうですね。太平洋に面しているので、コンスタントにどの方角のうねりも拾えるので地方のプロサーファーも千葉に移り住んで拠点にされている選手も多いです。湘南で波がないと千葉に移動して練習する事もあるような場所なので凄いレベルが高い場所ですね。


玉)今回お話を伺って皆さんがサーフィンという競技に興味を持っていただいて、ちょっと見てみようかとなってくれたらいいですね。


右京)こうやって知り合うと他人事にならないから、当日に「頑張れよ、頑張れよ。朝練しただろ」ってなるからね(笑)


玉)波に乗っている姿の後ろで走っている右京さんが目に浮かびますね(笑)みんながサーフィンに触れたり、見たりする機会がオリンピックの競技に決まったというのをきっかけに上がってきたらいいですね。


水野)是非いい方向に向かってもらいたいです。


右京)せっかく日本でやるオリンピックだから、ぜひメダルを目指して頑張ってもらいたいですね。


水野)刺激にもなるので。


右京)でも自然の中でやるスポーツだから気をつけて頑張ってください。


玉)水野さん3週にわたってありがとうございました。


水野)ありがとうございました。



 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!
 

 
今週の一曲 

M  MIZUWARI   /  JAMBO LACQUER×DUSTY HUSKY  

ハピリー  11:37

2017年9月24日

9/23 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。

 
右京)おはようございます。


玉)おはようございます。今週もよろしくお願いいたします。


右京)綺麗すぎるプロサーファー。朝からテンションが上がりますね。


玉)私もテンションが上がります(笑)プロサーファーの水野亜彩子さんの登場です。


水野)よろしくお願いします。


玉)高校1年生の15歳でプロサーファーになられてから10年目の24歳です。


右京)学校行ってたの?


玉)先週言っていたじゃないですか(笑)学校の前後に練習をしていたって。


右京)そうだった(笑)朝練していたんだよね。


玉)学校で寝ていませんでしたか?


水野)たまに、、、(笑)


玉)あらあら(笑)元々スポーツはされていたんですか?小学生のころとかは。


水野)特に何もしていなかったんですよ。


玉)むしろサーフィンのみということですね。


右京)普通だったらバトミントンとかいろいろスポーツがあるのにサーフィンを選んだきっかけは何だったんですか?


玉)海のそばに住んでいた。そこに海があったから。みたいな感じですか?


右京)哲学的だね(笑)


水野)小さい頃は毎年家族でスキーに行く程度で、のめりこむスポーツは特にはなかったですね。でもフラダンスはずっとやっていました。


右京)そっちはイメージがなんとなくわくね。


水野)フラダンスはハワイで大会に出たりする競技としてやっていました。


玉)へー!フラダンスのほうがサーフィンより先ですか?


水野)そうですね。小学2年生くらいからやっていて、小学校の部門では日本人で初めて出場して入賞しました。


右京)ちょっと待って。先週サーフィンの競技のルールでもこんがらがっていたけど、フラダンスにも競技があるのか?
練習は「常磐ハワイアンセンター」ですか?


玉)絶対に違いますね(笑)


水野)違いました(笑)


玉)頂点を極めたいという欲求をお持ちなお子さんだったんですね。


水野)目標がわかりやすいじゃないですか。優勝したいとか、勝ちたいとか明確なものがあるほうが頑張れますね。テスト勉強とかも日付が決まっているほうが頑張れるんですけど、ダラダラ期間が長いと継続できないです(笑)夏休みの宿題とかも最後に追い込んでやってしまうタイプです(笑)


玉)よかった!ダメな部分もあった(笑)


右京)お話を聞いていると、男女関係なく本当に根っからのアスリートだね。外見の華やかさやフラダンスでだまされていたけど、ただの負けず嫌いのアスリートだ(笑)


玉)お話している感じは凄く柔らかくて、ガツガツしたイメージは受けないんですけど、試合が始まると目つきが変わるんでしょうね。


右京)負けたら悔しいよね。


水野)本当に悔しいですね。


右京)自然を相手にするスポーツだから、ライバルの時にいい波が来て自分の時はいい波が来なくて負けたら、夜一人で家で枕投げ大会が始まって「くそー!」ってなりますよね。


水野)そうですね。小さい頃はギャーギャー泣いてました(笑)


右京)小さい頃はみんなそうだよね。卓球の愛ちゃんだってそうだし、おれも54歳だけど「くそー!」ってなるよ(笑)


玉)まだあるみたいです(笑)
今プロサーファーの人口は日本ではまだ少ないですかね?


水野)趣味とかを含めると人口は結構いるみたいですけど、競技人口になると少ないですね。


玉)きっと女性のプロサーファーの方も少ないですよね?


水野)今は減ってきていますね。


玉)減ってきているんですか!?そんな中で小学校、中学校、高校生くらいの女の子がプロになって頂点を目指していくのに、一緒に頑張っていく女性サーファー仲間というのが少なかったんじゃないですか?


水野)たまたま私と同じくらいの年の子が全国的に多くて、逆に切磋琢磨していけました。今みんなプロになって活躍しています。


玉)なるほど!そういう環境って大事ですよね。


水野)そうですね。刺激になって頑張れました。


右京)いい意味でライバルは大事だよね。前にプロサーファーの北沢麗奈さんに話を聞いたときに、僕達は夏の遊びに行っている海しか知らないけど、プロになると冷たい真冬の海に行っているわけだからね。プロだからそんな中でも練習しなくてはいけなくて「耳ちぎれちゃいそうです」って笑いながら言ってたけど本当に凄いことだよね。


玉)凄い世界ですよね。凄い素朴な疑問なんですけど、日本の波っていいんですか?


水野)日本の波は場所によりますけどいい波のところはいい波ですね。


玉)いいんですね。なんか勝手にハワイとかが凄くいい波だと思い込んでいるんですよ。


水野)スケールが違ったりはあるんですけど、日本だと千葉は太平洋に面していてコンスタントにいい波が来ますね。波のクオリティで言うと宮崎、徳島、高知、あとは北で言うと仙台のほうもいい波が来ますね。島国なので意外とサーフィンできる場所はたくさんあるんですよ。


右京)僕は瀬戸内海がいいな。


玉)瀬戸内海はどうなんですか?


水野)瀬戸内海は穏やかで波が来ないですね(笑)


右京)冗談はさておき(笑)いい波って白波で、ある程度大きい波が来るわけでしょ?江の島あたりで「今日は波が高いので気を付けてください」っていう日の時は、飲み込まれるとゴロゴロ転がっちゃうし、波の上で普通より高い位置に立つわけじゃないですか。怖くないですか?


水野)怖いですね。ハワイとかだと波の力が強いので、どんどん下に巻かれて持っていかれて苦しかったりする怖さはあるんですけど、乗れた時の気持ちが凄いですね。


右京)チューブの中を乗る時か。


玉)シューっと行くやつですよね?映像で見ると本当にすごいですよね。


右京)綺麗だしあの中に入ったら、違う次元の景色を見れるゾーンがあるだろうけど怖いよね。


水野)あのチューブが割れる所は水深が深いところからいきなり浅くなる場所なんです。水深が深い場所で乗っても割れた場所は腰くらいしかないので怪我をするリスクは大きいですね。


右京)板が飛んできて頭に当たったり、下がサンゴ礁だったり、危ないから止めな(笑)


玉)親戚のおっちゃんじゃないですか(笑)
チューブというのも一つの競技のカテゴリーなんですか?


水野)競技というより技の一つですね。でも本当にハワイとかの限られた場所でしかなかなか綺麗なチューブはないですね。


玉)東京オリンピックとなるとどういう形になるんでしょうね。


水野)そうですね。日本はどちらかというと砂浜のポイントが多いので、チューブよりは飛んだり回ったりとかの技のほうが多くなりそうですね。


右京)ショートボードって書いてあるけど、それがそういう技用の板なんですか?


水野)そうです。短いので動きやすいぶん、クイックな動きで飛んだりできますね。


玉)観る分にはアクロバティックなのでこちらのほうが面白そうですね。


水野)そうですね。見出したら面白いと思います。


玉)なかなか見に行く機会がなかったスポーツですよね。


水野)やっぱり地方での開催が多いので、東京からだと駅から遠いですし、駐車場が少なかったりと観に来ていただける環境がなかったんですけど、最近は携帯とかからでも観れるライブ配信があるので、そこがきっかけで興味を持っていただいて競技を知っていただけたらなと思っています。


玉)そういう環境を聞くと、自転車がこれまで進んできた環境と似ているところがありますね。認知であったり、集客であったりね。


右京)オリンピックの競技になって、そこまでレベルの高いところで世界の一番を決めなくてはいけないから、やっぱりそういう次元の高いものはライブで見ないとね。


玉)そうですね。今まさにシーズン中で9月も遠征に行かれたりもあるんですよね。


水野)9月21日から9月24日まで、鹿児島県の種子島の竹崎海岸で行われるんですけど。JPSAの「ジャパン・プロサーフィン・ツアー2017」のショートボード第6戦で「サーフアイランド種子島プロ」というのがあるので行きます。


右京)その頃リザルトどうなっているかなって気になりますね。


玉)そうですね。もしなにかしらの結果が出ていたらご紹介していきます。教えていただいたアプリとかでも観れますしね。


水野)JPSAの公式サイトに行くと大会期間中はライブで観れます。種子島は綺麗な場所なので見ているだけで癒されると思います。


玉)東京オリンピックの正式種目に決まったのをきっかけに、みんながサーフィンに触れたり、見る機会が増えていくと嬉しいですね。


水野)そうですね。いい方向に向いていったらなと思います。


玉)水野さん今週もありがとうございました。

 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!
 

 
今週の一曲 

M  AT THE TIME   /  MILES WORD  

ハピリー  11:27

2017年9月18日

9/16 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。

 
右京)おはようございます。


玉)おはようございます。今週もよろしくお願いいたします。


右京)毎週、毎週朝一に僕のくだらない話を聞いてもらって申し訳ないですが、月の真ん中からはアスリートの方の為になる話が聞けますからね。


玉)くだらないなんてとんでもないですよ。今週はプロサーファーの水野亜彩子さんに来ていただきました。よろしくお願いいたします。
IMG_3948.JPG


水野)よろしくお願いします。


右京)よろしくお願いします。本当に綺麗ですよね。


玉)ご本人に一番振りにくいお話ですよね(笑)「綺麗ですよね?」って言われても困るでしょう。「はい」とも言えないしね(笑)


右京)「よく言われます」くらいに言っておけばいいんじゃないの(笑)


水野)そんなこと言えないです(笑)


玉)私くらいになると「ありがとうございます!!!」くらいに言いますね。これは多分年齢の差です(笑)


右京)そうなんだ(笑)単純なおっさんの馬鹿な感じで言っちゃったけど、さっきたまたまエレベーターでお会いしてモデルさんかと思ったよ。


玉)「美人すぎるプロサーファー」として活躍されていて、インスタグラマーとしても大人気ですからね。


水野)全然です(笑)ありがとうございます。


玉)今日もおしゃれで、オフショルダーのシャツです。右京さんオフショルダーっていうんですよ。知ってましたか?


右京)そういう難しい英語は使わないでください(笑)


玉)プロサーファーと言えばチームUKYOとして右京さんもプロサーファーを応援されていますよね。


右京)たまたま番組で知り合う機会があったの。言い方悪いけどサッカーとか野球に比べてマイナーな競技で、オリンピックの種目にもなっているのにまだまだ企業のサポートはほとんどないし、海外で転戦をすると飛行機代も自分らで仕事しながら出さなきゃいけない。オリンピックの競技になるから進歩しているかと思ったら、そうとは言えないですからね。


玉)そういう話も実際に戦っている方に聞けるわけですから、よろしくお願いいたします。
まだ24歳。ですがプロ歴10年です。


右京)えっ!凄い難しい数学の話になってきた(笑)


玉)10年目になるわけですよね。


水野)15歳の時にプロの資格を取ったので、今年で10年目ですね。


右京)車の免許もないし、どこで練習されていたんですか?


水野)家が鵠沼海岸の近くだったので、歩いて行ったり、自転車に乗って行ったりですね。試合の時は先輩に連れて行ってもらっていました。


玉)何歳くらいから波の上にいたんですか?


水野)小学校5年生くらいなので11歳くらいですね。


玉)そこから3~4年ほどでプロの資格を取られたんですね。


水野)そうですね。ずっと学校の前後に走ったり、海に入ったりしていました。


玉)前後ということは学校の前にも練習されていたんですか?


水野)そうです。朝も日の出のタイミングで朝練していました。夏だと4時半とかで明るいので朝練していました。


右京)サーフィンのようなおしゃれなスポーツで朝練があるとは。


水野)走って、波を見てよかったら海に入って、そのあと学校に行ってました。


玉)凄い!そんな小学生、中学生だったんですね。


右京)まだ頭の中がこんがらがっています。怒らないで聞いてね。どっちかっていうとサーフィンは、人生で社会に適合しなくて・・・


玉)よくそんなこと言えますね(笑)


右京)これは完全に僕の偏見だからね(笑)都会の生活に疲れて、自然の中でやっているイメージだから、バリバリに競技で「優勝するんだ!」っていうのがくっつかないのよね。


玉)確かにゆったりとしているイメージかもしれないですね。私もそうなんですけど、サーフィンを全く知らない方からすれば、競技となると何を競っているんだろうと思いますからね。


水野)そうですね。ライフスタイルの一部というイメージのほうが強いですね。だから「試合はどうやって結果が決まるの?」ってよく聞かれます。技術点と芸術点があって、フィギュアスケートに近い部分があるんですけど、フィギュアスケートと違うところは同じ波が来るわけではないので、いい波に乗るのも自分のテクニックですからそこが違うかもしれません。


玉)波の見極めということですね。


右京)そしたら運もあるってことだ。極端に波がない時だってあるもんね。時間も限られているんですか?


水野)やっぱり運もありますね。制限時間はだいたい20分位あります。


玉)じゃあその20分の中で「この波に決めた」っと思ったときに行くってことですよね。


水野)そうです。試合の1時間前とかに波を見てここって決めていても潮の満ち引きでいきなり自分のタイミングで波が来なくなってしまうこともよくありますね。その臨機応変なところがサーフィンは面白いですね。


右京)ゴルフだって前半は晴れて風もなくいい結果が出ても、後半になってゲリラ豪雨で雨降って結果変わっちゃうってことありえるからね。


玉)レースもそうですよね。


右京)波なんてもっと読めないものだからね。そういう時ってどうするの?


玉)その日が競技の日なのに結局できませんでした。ということもあるんですか?


水野)プロもアマチュアも基本的に試合の期間は決まっていて、大体毎日試合をこなさないと期間内に終わらないのでどんなに波が小さくても、どんなに波が大きくても基本的に乗りますね。


右京)小さくても大きくても乗るのが基本的な技術なわけですね。


水野)選手によっては、波が小さそうな地域での大会だと体重を落としてなるべく軽くしていくということもありますね。


右京)体重もあるんだ。軽ければ浮いていられるもんね。


玉)どっちが有利なんですか?水野さんは間違いなく軽いほうに入ると思うんですけど、不利になる、有利になるは簡単には決められないですかね。


水野)その時の波によりますかね。サーフボードも自分の体重に合わせて作っているので、そこでその体重で大きい波に対応できる板、小さい波に対応できる板をみんな何本か持っていてチョイスしていますね。


玉)そんなに細かいんですね。ちょっと小脇に1本抱えて向かっているイメージだったのですいません。なんかめちゃくちゃ失礼な入り方してしまいました!


右京)無知すぎたね(笑)すいませんでした!


玉)正直水野さんから見て、日本における認知度は低いと感じますか?


水野)オリンピックが決まったりして「サーフィン」というのはテレビとかでも名前を聞くようになったんですけど、試合としての基準はなかなか理解してもらう機会が少ないので、その認知度はまだ低いのかなと思いますね。


玉)これはいい機会ですね。今回来ていただいたことで、来週再来週とまだ2週あるので、皆さんに「プロサーファーの世界」というのをしっかり知っていただきたいですね。


右京)東京オリンピックに向かって、頑張っている人がいっぱいいますからね。自転車も含めてね。


玉)これは1週目に聞きたいんですけど、東京オリンピックに出るための選手の選考基準とかはもう決まっているんですか?


水野)一応今のところはまだ決まっていなくて、決まれば公表されるんですけどまだたぶん進展はないみたいですね。


玉)この時点でその話というのはモヤモヤしますね。


水野)そうですね。早く決まってもらえればそのほうがいいんですけど、前例がないのでやっぱり難しいと思いますね。変な話タイムとかとは違うので、そこの波でいい結果が出ても、開催地でいい波が来て結果が残せるとは限らないですからね。必ずしもうまい選手が勝つスポーツではないと思うので、そこに対してオリンピックに出れる選手を決めるのは結構難しいかもしれないですね。


玉)そうか。今月水野さんに色々教えていただいて、私と右京さんとリスナーの皆さんはサーフィンの世界をちょっと知りましょう。


右京)これからボード買って湘南に行こうかな。高校生の頃は「丘サーファー」と呼ばれたことはあるんだけどね。


玉)右京さんはどちらかというと丘じゃなくて山ですからね(笑)


右京)ネットではサーフィンしているんだけどね。


玉)せっかくですので水野さんに曲を選んでいただきたいのでお願いします。


水野)この曲は地元の人が歌っている曲で、地元の人だと自分も頑張ろうという気にもなりますしテンションも上がりますね。


玉)乗る前に聞く曲ですね。水野さんどうもありがとうございました。来週もよろしくお願いいたします。

 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!
 

 
今週の一曲 

M  EVERYONE D.   /  DINARY DELTA FORCE      

ハピリー  17:18

2017年9月10日

9/9 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。

 
右京)おはようございます。


玉)おはようございます。今週もよろしくお願いいたします。


右京)もう元気で元気でしょうがないです。


玉)ちょっと目の下にクマがあるように見えますが(笑)


右京)物理的には寝不足だったり、寝違えたりしています。でも心が元気です。


玉)おー!充実しているんですね。


右京)皆さんにいい方法を教えます。50歳を超えると、苦しいとか、神経痛が痛いとかあると思いますけど、ボケて全部忘れるということです。


玉)「ボケて」は、いらないじゃないですか(笑)忘れるだけでいいですよ。


右京)これはかなり高等テクニックだと思いますが、できたらみんな幸せになります。自分の辞書から、疲れたとか、痛いとか、風邪ひくとかを削除しちゃうの。何か問題が起きたら「かかってこい!もっと来い!」ってしていると楽しくなっていきます。


玉)チームが結果出せなかったりしてもできますか?


右京)それはちょっと頭に来るね(笑)
先月スーパーGTのスパ・フランコルシャン24時間レースに行ったときは怒るとか、悔しいとかじゃなくて、こういうふうに大変だということはわかっていたの。チャレンジだから。スパ・フランコルシャンに行って、世界のそっちでもチャレンジしてみようとしていたんだけど、結果的に正確な原因はわからないんだけど小林可夢偉が大クラッシュ。チームとしてはやめるかどうかの瀬戸際だった。ナイトセッションも走っていないし、ウェットのタイヤでも走っていないから、経験がない中で谷口信輝選手や片岡龍也選手が走るのは危ないから「やめよう」と監督の立場で言ったの。でもみんな「やるだろうな」と思っていたの。そういうので諦めるメンバーじゃないからね。決勝はほかの危ないといわれているドライバーに突っ込まれて結果2台目の全損。億越えです。


玉)数億円ですか。


右京)間違った言い方だけど、「お金で済むことならいい」と言っていたの。スタート前に言ったんだけど、「生きててもリスクはある。レースはそれを承知で覚悟を決める」。みんなはそれでもやりたいと言って始めたからしょうがないよね。本当だったら車を全部変えてるから失格なんですよ。でもわざわざレギュレーションを変えてまで日本からきてやってくれているから「やってください」って主催者側から言ってくれて、夜の7時頃にクラッシュして全損したのに、次の日の朝6時にはメルセデスのAMGが新車を届けてくれたの。
世の中には「奇跡なんかない」という考え方と「奇跡しかない」という二つの考え方しかないって言うけど、「人間ができる奇跡」というのがあって、いろいろなシチュエーションでチャレンジしているから助けてあげようという気持ちがあって奇跡を起こす。モータースポーツでも小さな世界だけど、世界は繋がっているんだよ。


玉)そういう話を聞くと、奇跡は勝手に起きるんじゃなくて、誰かが起こしているんだろうなって思いますね。誰かと誰かの力で奇跡が起こったというのはありますよね。


右京)億払ってればなんでもしてくれますよっていう人もいるけどね(笑)2年間で4台潰しているからいいお得意様ですねって(笑)でも夜中に車を潰して、次の日の朝に間に合わせるために夜を徹してきてくれるドライバーの方やそれを整備してくれたメカニックの方たちが全員ボランティアで来てくれたからね。目に見えるお金とかではないものの結果だからね。本当にありがたかったですね。


玉)結果だけではなく得るものはあったわけですね。


右京)でもスタートすると終わりがないじゃないですか。お金をしっかり稼がないとな。


玉)結局そこに行きつきますね(笑)





 
今週のお便りのコーナー


川越市の男性 RN「小江戸川越筋肉爺ちゃん」(70歳)さんからのお便り


右京さん、おはようございます。
右京さんじゃないけれど、60歳から始めたマラソンですが、10年過ぎましたが、まだ記録が更新できるのではと頑張って、ハーフですが、年4回程の大会に向けて練習しています。登山も50歳から始めたのですが、年間かなりの数を登ります。そして、温泉に入ってくるのが楽しみなんです。

 
右京さんのお答え


右京)困ります!こういう大先輩がいるから、今中さんとどっちが早いかの小さい戦いをしている僕たちはもっと頑張らないといけなくなるね(笑)でもこれ自慢ですよね(笑)

 
玉)「こんだけやっているぜ!」っていうメールですね(笑)


右京)でも確かに耳が痛い話ですね。人間って負けず嫌いのところを隠さずに正直にやればエネルギーになって人間を育てるよね。こういう先輩がいるから僕たちも頑張らないとなってなるね。


玉)子供の頃はクラスメイトの中で勉強もそうですし、かけっこもそうですけどライバルが身近にいるじゃないですか。大人になるとそういう相手を得にくくなっていきますよね。


右京)それも相手が頑張っていることをリスペクトしつつ認めて、正々堂々と戦ってさらに自分がステージアップしていくんだけど。日本て頑張って苦しいのが嫌なわけではないんだけど、頑張っているように見られたくないんだよね。恥ずかしいし、シャイなのはわかるけど、その挙句に頑張っている人を見て「なに頑張っているんだよ」って足を引っ張るじゃないけど、そういう風潮はもったいないよね。失敗すると凄い傷つくし、ショックを受ける。そのあとにずっと落ち込む。でも人間はそんなに線が細くないからやっぱりまた頑張ってしまう。結果的に振り返ってみると強くなっているじゃないですか。だからみんな恥ずかしがらないで高い山登れ(笑)


玉)そして走れ(笑)そして漕げ!「Koguuu!」ですからね(笑)頑張っている人に、妬みではなくリスペクトを持ちたいですね。


右京)それがたった一回の生きているうえでの豊かになる要素だと思いますよ。


玉)そうですね。やる気スイッチ押してくれる人が周りにたくさんいると思えばいいんですよね。


右京)まだ間に合う。60歳から始めたマラソンで10年過ぎてもタイム上がっているんですからね。よく言うけど今が一番若いんだから。


玉)本当ですよね!これからどんどん年齢を重ねて、、、考えたくないですね。


右京)この前タイムマシーンに乗って過去に戻りたいっていう人がいたの。でもその人に「俺はタイムマシーンで戻ってきたんだよ」って言ったの。


玉)ドラえもんみたいな話ですね(笑)


右京)本当は32年後にいたんだけど、その時ツール・ド・フランスにチャレンジしとけばよかったとか。牧場やって、乳しぼりやって、アイスクリーム売ってもっと儲ければよかったとか後悔してたの。その時に目の前にタイムマシーンがあったから、戻ってきたからツール・ド・フランスを目指しているの。


玉)おもしろい(笑)じゃあ次は牧場経営ですね。過去に戻る計画を今から作るんですね。


右京)そうそうみんな戻れますからね(笑)


玉)皆さんはタイムマシーンに乗ってやりたいことは何ですか?お待ちしています。右京さん本当にアイスクリーム屋さん始めそうですね(笑)




 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!
 


今週の一曲 

M  IT'S TOO LATE   /  CAROLE KING      

ハピリー  14:07

2017年9月 2日

9/2 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。

IMG_3946.JPG

右京)おはようございます。


玉)おはようございます。夏休み終わって9月になりました。右京さんには夏休みなかったと思いますけど。


右京)ところが今年は夏休みが取れたんですよ。


玉)いつの間に。


右京)仕事の合間をぬって、シンガポールで家族と合流しました。F-1では何回も行っているんだけど、遊びで行ったのは初めてだったから植物園に行ったりナイトサファリに行ってきました。でも世界中がホリデイだったから凄い人だったの。


玉)そうか!


右京)オーバーな表現じゃなくて、人数制限されてたから最初に3時間待たされて、ゲートの前で2時間待たされ、中に入ってから1時間待たされました。


玉)右京さんそこで半日使っちゃってますね。


右京)本当に夜中よ。でもね凄い楽しかったですよ。


玉)そうですか!中々ない機会ですもんね。


右京)しみったれた話だけど、子供が大きくなってそういう場所で並ぶというのは普通だったら嫌じゃない?でも僕からすると多分2度とない機会だからね。たぶん子供が小さいころにテーマパークで並んだのを思い出すエモーショナルな感覚で、もっと忙しくなるだろうから「これが最後だろうな」と思いつつね。みんな自分の道や夢を持って進んでいくから、そういう時間は大切だなと。その時に色々話せたしね。


玉)大人になってから並んでいると話の濃さが違いますよね。


右京)僕が遊んでいる頃、チームは日本のチームで初めて中国のレースに招待されて日本の代表として行ってました。


玉)中国青海省ですね。


右京)2週間以上と長いし、毎日中華料理で、空気が薄いところだからね。毎日レポートで「今日はどうでしたか?」と聞いていたんですけど、最初の頃は「いい所みせて勝ったよ」とかだったんだけど、段々みんな食べ物に飽きたり、空気が薄くて高山病になったりレースにならなかったの。


玉)過酷だったんですね。


右京)普段僕らが行かないような、標高4000メートル近いところで生活してレースしているわけだから自転車は過酷なスポーツですよ。


玉)過酷ですよ。7月16日~29日までの2週間ですから。


右京)今までスポーツの世界では西側と東側が政治的な理由でオリンピックをボイコットしたり、中国の人たちからすると日本を絶対に招待しないとか事実としてあったの。でも薄れてきたわけではないけど、次の変えようとする世代が出てきて、その中でうちのチームだけが招待されて、日本人の選手がいて普段アシストで頑張っている平井君という選手がアジアンライダーの中で総合6位と頑張ってくれた。そういう意味では、優勝することは大事だけど、一つ一つの積み重ねの上にあるというのも確かなので。


玉)結果は数字では残りますからね。


右京)それはいい経験できたと思いますよ。でもまだ年内に中国で3レースあるんですよ。


玉)今回でいろいろ学んで帰ってきたでしょうから、今度は色々対策を施すこともできますよね。


右京)とにかくこれから忙しいですね。


玉)トレーニングをする環境づくりも大変ですよね。日本でやるわけですから、空気の薄い場所でだったり高山だったりの場所をどういう風に作るかですもんね。


右京)自転車のレースは町中を走るクリテリウムっていうのもあるし、ツール・ド・フランスのようなステージレースもあるし、アルプスを越えるレースもあるから、いろんな環境で耐えられなくてはいけない。それ以前に何日も走るのに必要な内臓の強さとか人間としての強さが求められるからね。オリンピックの1日でピンポイントで結果を出すのは無理で、どれだけ底力をつけるかだから、やらなくてはいけない課題が多いですね。僕たちはオリンピック後の先も考えているから、もっともっと働いて稼がなくてはいけないなと思っています。HPとか見るともうそろそろ冬物が発売になりますからね(笑)


玉)そうですね(笑)「ウインターサイクルジャージ」という商品が数量限定で発売されますね。


右京)公共の電波にのせて通販番組みたいなことして申し訳ございません。


玉)どんどん使っていきましょう!これは受注期間というものが限られていて9月6日までにオファーしないと手に入れられないものですからね。


右京)そうですね。すごくいい生地でいいものにこだわっているので、数が少なくしか作れないです。たしかあと3個しかなかった気がします。て言って押入れを開けると100枚くらい出てきたりします。


玉)押入れって(笑)


右京)うちのチームは「ツール・ド・フランス行くぞ!」って言ってるけど信じれないくらい過酷な規模でやっていますからね。前にも言ったかもしれないけど、4Kのブラック企業って言われてしまうような現場だから・・・「きつい」「汚い」「苦しい」「片山右京」っていうね。


玉)4つ目片山右京なんだ(笑)よくできていますね(笑)みなさん半分くらいは冗談ですからね。


右京)全部冗談です(笑)


玉)ウィンターサイクルジャージは数量限定で9/6までが受注期間です。HPをチェックしてみてください。


 
今週のお便りのコーナー


RN取手市「美佳(みか)」さん(50歳)(女性)さんからのお便り


右京さん、玉ちゃん、おはようございます。
夏休みも終わって新学期がスタートしました。しかし、思春期にかかる子どもとのコミュニケーションが難しいです。何を考えているのか分からないことが多いので、どう思っているのかを聞き出す、子どもの気持ちを引き出すテクニックを教えて欲しいです。

 
右京さんのお答え


右京)うちは反抗期がほぼなかったんですよね。だから楽でした。でも思春期の自我が目覚めるときにどんな子供もデリケートでナイーブな時期はあるからね。僕はチャレンジスクールで逆にたくさんの子と接して感じさせてもらって、こっちが勉強させてもらった中で言うと。まずは親の事を嫌いな子供はいない。でも親の聞き方とかで上から目線だったり、さも知ったようにとか、親がかっこつけたりしてると聞いてくれない、親が夢をもってチャレンジして親が失敗しているところがあると、子供が親を心配したり距離感が近くなってよくなっていきます。本当だったらチャレンジして背中を見せたほうがリスペクトしてもらえていいけど正直になったほうがいい。僕なんかは娘に「ごめん、わからないんだ。でも一緒に考えよう。お父さんもはじめてなことが多くて毎日悩んでいる」て正直に言っています。

 
玉)親がなんでも知っているわけでもないですし、なんでもできるわけでもないですもんね。


右京)でもわけもわからずに若い時のノリでお酒を飲んでしまったとか、友達に流されて失敗することはある。でもその中でも取り返しのつかない時間だったり命だったりがあるから、例えば「薬物の話や悪いことはしない。それだけは約束してね」というのは話をしておけばわかるからね。それ以外は許してあげようよと思いますね。


玉)これは親が必ず通る道なんでしょうね。子供ももちろんそうですけど。親がそう思っているのと同じように子供も親と分かり合えないと同じ時期に思っているでしょうからね。


右京)人間である限り大丈夫。わかりにくいと思うけど許してあげてください。親は正直に生きましょう。


玉)そして恐がらないことですね。ありがとうございました。




 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!
 


今週の一曲 

M  BEAUTIFUL   /  CAROLE KING      

ハピリー  17:57

2017年8月19日

8/19 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。

 
右京)おはようございます。ついに来ましたねこの時が。


玉)おはようございます。今週と来週は2週にわたってゲストに来ていただきます。そして今月のゲストは?


右京)大林素子さんです!
 
IMG_3726.JPG

大林)よろしくお願いいたします。「ついに来た!」ってなんなんですか?(笑)


玉)いらっしゃいませ!失礼かもしれませんが、「Koguuu!」が始まって以来度々、大林さんの話題がネタとして出ているんですよ(笑)


右京)正直緊張しております!大林さんと仲良すぎるから失礼なこと言いすぎて「ネタにしているらしいじゃないか」って言われると思ってたの。


玉)バレているんじゃないかって心配してましたね(笑)度々大林さんの名前を使って色々な話をしているから怒られるんじゃないかって言ってましたね。


右京)そもそも大林さんとは、98年に大林さんが引退後に初めての仕事で僕とご一緒したのが始まりなの。


玉)引退後に初めて一緒に仕事したんですね!


右京)F-1のイタリアGPに来てくれたの。そこで知り合った後「みんなで一緒にご飯に行こう!」という感じになって、六本木で待ち合わせしていたんだけど、大林さんがなかなか来なくて待っていたら、東京タワーの方から大林さんがズン!ズン!ズン!って来たの。


大林)ゴジラのテーマに乗せてですか(笑)


玉)出た(笑)こういう感じで喋っています。


右京)それで僕は大林さんの肩に乗って耳につかまってご飯に行きました。そのあとはお台場に等身大のガンダムを見に行ったら、大林さんが「あれ?ガンダムいないよ」と言っていたら、大林さんがガンダムを踏んでいたの(笑)


玉)大林さん本当にすみません!こういう感じでおっしゃり続けるんですよ右京さんは(笑)


大林)ラジオでもこうやって喋っているんですね(笑)でも嬉しいです!


玉)え!?何でですか?


大林)本当に私にとって片山右京は神のような存在なんです。初めてキャスターの仕事で右京さんを見てしまったから、全世界のアスリートで片山右京を超える人はいないと思っています。


右京)擦り込みです。


玉)卵から出たひよこの感覚ですか(笑)


右京)大林さんは本当にうぶだからね。


大林)右京さんが色々ないい言葉を話していたし、右京さんがちょうど引退されるときで、近くで聞いていたので自分の講演会で右京さんの話は出しています。


右京)まさかゴルフのカップに落っこちたとかの小さい話じゃないよね(笑)


大林)違いますよ(笑)右京さんはF1時代レースに向かうときにご家族の方に向けて「お父さんはもしかしたらこれで帰ってこれないかもしれないから、しっかり生きていくんだよ」みたいな話をしているのを聞いた瞬間、私たちの現役時代の魂はなんて甘っちょろいんだろう、そうじゃなきゃダメなんだって痛感しましたね。それを引退後に聞いたのでますます神になりましたね。


玉)モータースポーツというものを目の当たりにしたわけですね。


右京)今、急に自分が恥ずかしくなってきました。


大林)右京さん超かっこ良かったんですよ。


右京)もうホリプロの大林さんのプロフィール欄の「身長」部分が「体長」ってなっているなんて言わないです。


大林)本当ですか!?知らなかった!


右京)嘘です(笑)


玉)本当にこういう事ばっかり言うんですよ(笑)右京さんなにごそごそしてるんですか?
携帯の電源は切ってくださいよ(笑)


右京)ごめんなさい。本番中に携帯いじるなんてすごいな俺(笑)


玉)でも大林さんがゲストに来ていただけることが決まって本当に楽しみでした。


大林)とんでもないです!私も嬉しいですよ。


右京)今日、大林さんからお墨付きをいただいたので、Facebookで色々載せていきます。


玉)まだあるんですね(笑)
アスリートという大きなくくりで見たときに、バレーボールの世界とモータースポーツのようなジャンルが違っても共通することってありますか?


大林)モータースポーツ界を知ってからは私たちは甘いなと思うことばかりです。


右京)でも大林さんはこうやって謙遜しているけど、オリンピックには3回も出てますからね。そういうアスリートとしてやっている中で辞めたくなるような事もあったでしょ?


玉)そうですよ。甘いはずはないですよ。


大林)私の場合はバレーボールを始めたきっかけが純粋にバレーボールが好きだからというわけではないんですよ。
元々はアイドルになりたかったんです。


玉)有名な話ですよね(笑)


右京)せっかく人がいい話しにしようとしたのに笑いを入れてくるね(笑)


大林)本当にアイドルになりたかったんですけど背が大きすぎたんですよ。幼稚園から身長が大きくてトップでした。「ジャイアント素子」とか「デカ林」とか呼ばれてました。東京タワーも言われましたよ(笑)


右京)自分から言っちゃうんだね(笑)


大林)それで小学校6年生の時に170センチ位あって、学校で「デカい」と言われてちょっとしたイジメみたいにあってしまって、気が小さいタイプだったので少し引きこもりになってしまったんですよ。でもその時に「アタックNo.1」を観て「バレーボールは背が高い方が有利なんだ。じゃあ私はオリンピックに出て見返そう!」と思ってたので、好きとかのキラキラしたスタートではなかったですね。


玉)ある意味コンプレックスが原動力になることもありますよね。


右京)すごいわかる!俺の場合は正反対だったから絶対見返してやるって思ってたもん。そういうのはスポーツで大事だもんね。


大林)逃げ場がないから絶対に誰よりも頑張りますよね。私も始めたときは辛くてサボっていたこともよくあったんですけど、でも結局試合に出れないのは嫌だし恥ずかしいから頑張ろうと思いましたね。心の中には「いつか!」っていう復讐の気持ちだけで17年間やってましたね(笑)


右京)もちろんその気持ちだけじゃないでしょう(笑)日本の絶対的エースでバレーボールの世界を引っ張ってきて、今でもバレーボールとなるとどうしても大林さんがシンボルみたいな感じはするよね。


大林)テレビで解説をやらせていただいているので、なんとなく男は川合俊一さん、女は私みたいにありがたくお仕事はいただいていますね。


右京)89年のワールドカップの前に靭帯をやってしまったり、故障してしまったりして出れなかったときに、エースアタッカーとして周りのみんなに迷惑をかけてしまったとかの気持ちは自分の中でどうやって気持ちを持ち続けましたか。


大林)私もありがたいことに、全日本に入ってからは試合に出ないでベンチで見守るということがほとんどなかったので凄く嫌でしたね。だからバレーをできない期間はなるべくバレーを見ないようにしていました。悔しいし辛くなってしまうので、野球中継とか深夜のエアロビ大会とかを見て、他のスポーツで頑張っている人を見てエネルギーをもらっていました。それで泣いちゃったりして「なんでこんなに感動するの?私ももう一回頑張ろう!」って感じたりして気持ちを保っていました。


右京)そういう忘れ方もあるんだね。


玉)同じバレーではないものを見て保つ方法もあるんですね。


大林)バレーだと練習時間長いし、朝から晩までコートの中なので私は離れたかったですね。


右京)そんだけ一生懸命やっているから辛くてそういう方法になるんだね。そんなに好きで打ち込んで、最初はコンプレックスだったかもしれないけど好きになったスポーツを引退するというのはどんな気持ちで決めたの?そういえば真面目に聞いたことなかったな。


大林)そうですね。結局オリンピックに2回出て、4位と5位でメダル獲れなかったんですよ。でも日本では1番で敵は特にいなくて、このままいたらオリンピックに出てもメダル獲れないと思ったときに、プロになって海外に挑戦してもう一回最後のチャンスをつかもうと思って出てたので、92年のバルセロナオリンピックが終わった時に次のオリンピックが最後だなと何となく決めてましたね。4年スパンで私たちは生活していたので、自然とアトランタオリンピックが最後。29歳だったし膝の怪我もあったりしたし、これ以上はベストパフォーマンス出せないなと思ったので引退は先に決まりましたね。


右京)聞いててちょっと似ているところがあって思い出すところありますね。身長が大きいか小さいかの差だけで凄い似ているなと(笑)


玉)おそらくお二方とも選手として最終的に一番何を求めることかというと、それはトップを獲ることであったということですよね。それができないのであれば別の形でバレーボールなりモータースポーツに関わっていこうという道を選んだということですよね。


右京)そう!本当はそれが言いたかった。今自分を支えているのは、その時にアスリートをしていたから学んでいたこととか、それを伝えたいから今があるんだよね。


玉)大林さんにもぜひ来週は「その後」バレーボールの選手を引退した後のご自身の人生でチャレンジして来られたのか。今現在もきっとチャレンジをしている最中ではないかと思われますのでその辺の話をぜひ聞きたいです。


右京)そうですね。面白い話ばっかりじゃなくてね。


玉)いい話していますよ(笑)めちゃくちゃいい話でしたからね。


大林)私が驚いたのは右京さんが「右京ノート」みたいな取材ノートを持っていることです(笑)


玉)そうなんですよ。ちゃんと真面目なんですよ(笑)


大林)ファンの皆さん右京さん凄いですよ。


玉)ちなみにこのコーナーではゲストの皆さんにリクエストの曲を選んでいただいているんですけど、今回は「ケツメイシ」ということで理由はどうしてでしょうか。


大林)「はじまりの予感」という新曲なんですけど、ミュージックビデオに出演させていただきまして、本当に夢のような時間でした。


右京)皆さんシンゴジラじゃないですからね。噂によると大林さんが中に入ってたとか。


大林)それオファーが来なかったやつですよ(笑)進撃の巨人も来なかったんですよ。なんででしょう?


右京)それ自分でネタにしちゃだめだよ(笑)



 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!
 

今週の一曲 

M  はじまりの予感   /  ケツメイシ      

ハピリー  16:52

2017年8月13日

8/12 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。



右京)おはようございます。


玉)おはようございます。


右京)今週は噛みませんでした(笑)もう元気です!


玉)使い慣れている言葉ほど滑るというか、何言ってるか途中でわからなくなりませんか?


右京)疲れているときって一番無意識でしょ。だから一番やばいのが自分の名前ね。


玉)わかります!私は「たまがみさ」といった感じに「わ」が抜けてしまいます。


右京)僕は「かたやみゃ右京」になります(笑)自分で自分の名前が言えないんですよ。どっちでもいいんですけどね(笑)


玉)可愛くなりますね(笑)
そしてようやくお盆ですね。社会人の皆様お疲れ様です。ようやくお休みです。


右京)ここがある意味一番大変なんですよ。


玉)確かに。お盆休みだからと言って本当に休めるのか?というのが大人のお盆ですね。


右京)この前家族サービスで休日に映画館に行きました。すっごい並んでいて、すごい大変だったから、普通だったらイライラする所なんだけどなんかすごいハッピーでした。フードコートに行ったら周りみんな家族連れで、子供たちが走り回り、テーブルで思い思いのものを食べて、疲れているお父さんがいて、お母さんが怒っていたりしたけどそれを見ているのが平和な感じがして凄い楽しかった。並んでポップコーン買ったり、並んでチケット買うのもすごい久しぶりでうれしかったです。


玉)一応聞きますけどその映画は何を見ましたか?


右京)「パイレーツ・オブ・カリビアン」です。


玉)そっち行ったか(笑)「カーズ」って返ってくると思っていましたよ。


右京)嘘つこうかと思ったけどダメだった(笑)


玉)「ジャック」のほう行きましたか。でもお子さんも成人されていますしね。


右京)でも「カーズ」に関わる人間として一言言っておくと、今回のカーズは子供向けじゃないですね。


玉)そうなんですか?


右京)もちろん子供が見ても楽しめるけど、テーマが若い時に勢いだけでいっていた「マックイーン」がアクシデントを起こして、次の道はどこへ向かうのかの岐路、「クロスロード」に向かっていて全てが完全なハッピーていうわけじゃないの。だから「あれ?それで俺呼ばれたのかな」と思っていたりしたね。


玉)トークショウとかイベントとかCMに呼ばれてますもんね。


右京)マックイーンが緊張してトラックの中で「アイムスピード、アイムスピード」って言ってみたり、勝った時に日本語では「勝っちゃう!」って言ってるけど、英語だと「キャッチアップ!」みたいに思わず「ダジャレかよ!」って言いたくなるけど、観ているだけで色々昔を思い出してきた。僕もレース前は緊張して手の感覚がおかしくなってハンドルが太く感じていたりしたんだけど、そこを自分に「大丈夫!何度も何度も乗り越えてきた!」って言い聞かせて自分を鼓舞してきたの。それで若い世代が出てきて、自分たちの先輩にシューマッハがいたりセナがいたり順番にいたけど「まだ諦めないんだ!」って気持ちがあって、「カーズ」で色んな時間の経過を見ながら思い返して自分と向き合っていたね。どんな世界にも当てはまることなわけで、自分と向き合う、世界と向き合うってみんなあるから観てほしいですね。


玉)結構ズン!って来そうですね。私は色々なこと考えて落ち込みそうな気がします(笑)


右京)でも小林可夢偉と対談した時に、先輩の戦っている姿を見て「それでもまだ戦っているんですよね」っていう考え方をしていて、こっちはズン!ときて抗えないものやその先の苦しさを考えたりして、観る人の角度によって全然違う見方になるんですよ。


玉)是非皆さん見に行ったという方は感想をお寄せください。全国公開中です。


右京)今日のマックイーンはなんかおかしいですね。


玉)その声です(笑)うちの息子はすぐに右京さんだと気づきましたよ。



 
今週のお便りのコーナー


春日部市の男性(48歳) RN「サキチ」さんからのお便り


おはようございます。男性の日傘の話題をされていましたが、自転車に乗りながら傘をさしている人をよく見かけます。急な雨で慌てて、傘を購入して急いで帰っているのかもしれませんが、危ないですし、禁止されています。右京さんからも、注意喚起をお願いします。



 
右京さんのお答え


右京)ちょっとその前に男性で日傘をさしている人いるの?なんで?

 
玉)私は是非おすすめしたいと思っているんですけど、涼しいんですよ!本当に楽なんですよ!


右京)もしかしたら語弊のある言葉を使ってしまいますけど。それは「婦女子」です。


玉)まさかそんな言葉が飛び出すとは(笑)


右京)男がトイレで座って小の用を足すとか、掃除が楽な気持ちはわかりますがそんな大の男がね。確かに年取ってくると色々あって自分でコントロールができなくて飛び散ったりしますけどね(笑)でも男はダメですね。それ以前に自転車で片手運転がまずダメですね(笑)


玉)そうですよ!そっちは間違いなくダメです。今時さすがに見なくなったと私は最近思ったんですけど、その昔自転車のハンドルに傘をくっつける傘立てが関西では流行ったんですけどね。


右京)あったあった!あれどこで作って誰が売っているんだと思ってたんだよね(笑)


玉)うちの母は「すごい発明だ!あんたこんなんあるんねんで」ってものすごくお勧めしていましたよ。


右京)大阪のおばちゃんたちは警察の道路交通法を変えちゃったと言われていて、二人乗りがダメと言われて「二人乗りじゃなくて三人乗りだから」って言っちゃうくらいだけど、ゲリラ豪雨やら突風やらであれは危ないからね。あんなに固定してさしていたらメリーポピンズみたいに飛ばされちゃうよ。危ないから絶対だめだよ。


玉)本当に何が起こるかわからないですからね。ゲリラ豪雨は予想できないかもしれないけど、今日危ないかなと思ったら自転車をやめる勇気も必要ですね。


右京)そうだね。ロードバイクに乗ってる人でも、ホイールが軽くてタイヤのリムが分厚いやつも危ないからやめたほうがいいね。軽いホイールよりどっちかというと重いホイールのほうが安定する。でもあんまり風吹いたらやっぱり乗らないほうがいいですね。


玉)これからまだ先、低気圧が急に来たりしてバーッと雨が降る可能性もありますから、レインコートがギリギリですね。あと雨合羽とかポンチョとかですかね。


右京)僕が子供の頃サイクリングしていたころと違って、今のポンチョはビニールみたいになっていなくて、もっとぴったりした素材になっていて、しかも伸びるようになっているの。水を通さないようにゴアテックスの生地や熱で蒸れないように熱を放出するようになっています。そういうのが欲しい方はチームUKYOのホームページでぜひ!


玉)グッズとして展開しているんですね(笑)機能が高いものを提供しているのはまず間違いないです。


右京)プロが使うものですからよく考えられています。


玉)こういった物はちゃんとした物を使うほうが安全に繋がっていきますからね。


右京)それは本当にそうです。で僕たちはそういった方たちに支えられているので是非お願いします(笑)


玉)まだまだ雨とか大変な時期ですので本当に気を付けましょう。ぜひよろしくお願いします。



 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!
 

今週の一曲 

M  エンジン   /  奥田民生      

ハピリー  01:35

2017年8月 6日

8/5 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。



右京)おはようございます。


玉)おはようございます。


右京)最近寝不足で、おはようございますを噛みそうになりました(笑)


玉)右京さんは最近夜中のお仕事が多いですよね。夏はイベントが多いから寝不足になることが多いでしょうが、インターネットのおかげでほとんどのスポーツがリアルタイムで見れる機会が増えてきていて、右京さんのような方達は夜中に実況をお願いしますという機会が増えていますよね。


右京)北米で何かがあると大変なんですよね。日本では真夜中で朝まで実況して、スタジオから出ると通勤の人たちがいて、白んでる所を帰るのではなく次の仕事に向かう。そのときチームのスタッフから電話がかかってきてきて「第1ステージ勝ったよ」という内容だったんだけど「やったー!」じゃなくて「ぐぅぅぅzzz」っていう状態で誰からかかってきたかわからない状態だった(笑) 中国でやっている「Tour of Qinghai Lake」というカテゴリー的には「HC」っていうワールドツアーで一番上の格付けのレースで勝ってくれたから、本当だったらうれしいはずだったのに寝不足でした。


玉)「Tour of Qinghai Lake」は7月の半ばから後半までのレースですね。


右京)ロドリコはその前の韓国のレースで転んでしまって怪我をしてしまったんだけど、この中国のレースから復活してくれた。彼のFacebookにはチームメイトの為に風除けになってる写真とかがあげられていて「怪我から復帰してこのチームで働くのが本当にうれしい!」って書いてくれていた。僕たちチームはまだツール・ド・フランスに出たことなくて、海外の人たちとみんなで力を合わせて同じ夢を追いかけているからいつも勝ってほしいと思っています。いつも勝てるわけではないから選手たちは「もう1回勝つ!」っていう意思を伝えてくれる。そうすると僕は寝不足だろうとハッピーな気持ちになるし、誰かの為にやることは本当にいいことですね。


玉)選手たちも体調管理の為に生活リズムを崩さないようにするには大変なんでしょうね。


右京)そうだね。だけど周りも大変で、僕の代わりに行っている本当の監督から連絡来て「中華料理は美味しいんだけど、毎日は飽きた」って(笑)


玉)どんな感じなんでしょうね(笑)中国の青海省ですからね。


右京)チベットです。標高が4000メートルで空気が薄い場所なんだよね。でも前に行ったときは料理美味しかったような気がする。


玉)我々は食べたことないものだから羨ましいと思いますけど、選手たちはそれどころじゃないですもんね(笑)


右京)2週間のレースが3回あるからね。


玉)度々お話に出てきますが、チームUKYOのFacebookでは各レースの結果などをスタッフの方が更新していますので是非チェックしてみてください。


右京)今度YouTubeのチャンネルを開設しました。レース動画も見れますのでそちらも是非チェックしてみてください。



 
今週のお便りのコーナー


RN「ロード初心者」さん(男性)さんからのお便り


右京さん、玉ちゃん、おはようございます。
7月1日~の3週間、ツール・ド・フランス、興奮しました。ロード初心者の64歳、レースを見に行けませんが一度でいいで目の前で駆け引きを体験したいです。興奮するんだろうなぁ。
ところで右京さんにお尋ねします。私、ロードバイクをはじめて2年、時速30キロの壁を破るのに一年近くかかり35キロまではすぐでしたが、現在40キロの壁に悩んでいます。週2回のライドでは難しいのでしょうか。ちなみに筋トレはしていません。筋トレしないとダメでしょうか。よろしくお願いします。


 
右京さんのお答え


右京)最初は初心者だからということで「30キロの壁」と聞いて初心者だからしょうがないなと思っていましたが「40キロの壁」と聞いてびっくりしました。これ終わってみたら自慢ですね(笑)

 
玉)全然自転車についてわからない方の為に聞きますけど、30キロというのは始めたばかりの初心者の方達があたる最初の壁なんですか?


右京)一瞬だったら下りとかですぐに出せるけど、普段の走行で30キロを出すのは大変ですね。レースのアベレージとしてアップダウンがある場合にしてもかなり大変なものですね。


玉)64歳で始めて2年なわけですよ。そして1年目で30キロの壁は破ったわけですからね。


右京)40キロの壁は、一瞬でも超えるのは大変になってくるし、レースで先頭で引いて40キロでずっと走るとなると僕たちでも大変なレベルです。


玉)そういうレベルなんですね!


右京)筋トレをしてないとなるとうちのチームで走ってくださいっていうレベルですね(笑)


玉)膝とかの負担を考えたら筋肉は付けておいたほうがいいですよね。


右京)そうですね。絶対そのほうがいいですね。来週重大発表をしますけども、筋トレをしたらリカバーもしないといけないですからね。


玉)毎日乗ることはしないでしょうからね、週2回、週3回とかで筋トレを入れてみるということから始めるべきですかね。


右京)そうですね。筋トレにも色々あって、普通のジムとかにあるようなバーベルを使ったトレーニングはオフの選手たちも利用しています。自転車に関係ないと思いますが、ハンドルを引くためにバーベルのトレーニングは必要です。オフの間は筋肉付けてそのあと絞っていきます。筋肉は重いからね。結局は一瞬のパワーだから、長く走るための筋肉のためにはちょっと重めのペダルでゆっくりゆっくりと1キロくらいの坂で筋力トレーニングをします。でもそういうトレーニングの内容はいきなりジムに行ってやっても故障のもとになるので気をつけてましょう。


玉)週2回のライドのところに重めのトレーニングを入れたほうがいいわけですね。


右京)専門用語ではSFRと言います。長距離を走ってきた後の本当の最後に1分くらいで上がれる坂を重いペダルで5回くらい登ります。そうするとバーベル持ち上げると同じ効果があるので、最初は3回くらいでいいですが筋肉がついていきます。筋肉を破壊した後は必ずタンパク質を摂取しましょう。今はやりのサラダチキンとか豆腐とかでね。


玉)サラダチキンは楽でいいんですよ(笑)


右京)奥さんたちには喜ばれますね(笑)


玉)そういうのを補充しないとダメなわけですね。いっぺんに色んなことを始めると何が自分に合っていたかわからなくなると思うので、まずはこの筋トレを初めて見て週3にしたり、週4にしたりしていきましょう。


右京)やっぱりもう一回自分の体を設計しなおすのは長い人生の中で大事なことだからね。50代、60代はなんとなく自分に甘くなっていくから、そう意味で組み立てなおして諦めないで追っかけていくのはいいことですね。


玉)体を設計しなおす。いいですね。


右京)こういう先輩がいるから僕たちはまだ小僧っていう感じですね(笑)



 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!
 

今週の一曲 

M  アイネクライネ   /  米津玄師      

ハピリー  12:13

2017年7月30日

7/29 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。
 

右京)おはようございます。


玉)おはようございます。今週もよろしくお願いいたします。


右京)今週も「Radio Koguuu!」じゃなくて「Radio 泳ぐぅぅぅ!」ということですね。


玉)なんで先週その「泳ぐぅぅぅ!」を思いつかなかったんですか(笑)
なぜ「泳ぐぅぅぅ!」かというと、今週も競泳で4大会連続オリンピックに出場し、4個のメダルを獲得した松田丈志さんが一緒だからです。松田丈志さん、よろしくお願いします。


松田)よろしくお願いします。

IMG_3626.JPG
右京)先週、先々週と現役の最先端で世界と戦ってきた人の言葉を生で聞くと、こっちも身が引き締まるし説得力がありますよね。目が覚まされたような気がします。


玉)覚まされますね。私がどうしても皆さんにお伝えしたいのは、失礼を承知で言いますが松田さんも「変態」だったと。
右京さんの変態ぶりはこのラジオで色々伺ってきたんですけどね(笑)


松田)伝わりましたかね(笑)


玉)なんでアスリートの方って皆さんそうなんですかね?休まないんですか?


右京)偏見だよ(笑) 「いつも運動している」とか「筋肉バカ」と言われるけど、これはチャレンジだから。絶えずポジティブに新しい自分を探すためには血行が良くないとね。


松田)運動して血液を促しているんですよね(笑) 


玉)そういうことか(笑) 右京さんもなんだかんだ失敗されるんですよ(笑)今年も年に一度の大会で結果を出せなくてね。


右京)それは振り返らないでいいです(笑)


玉)松田さんもオリンピックに初めて出られた時は結果が出せなかったわけですよね。きっと毎回良しとされる結果が出るわけじゃないですよね?


松田)当然そうですね。8割9割が悔しい思いをしますね。それを糧にして頑張ったら、残りの1割2割で狙った大会で納得のいく結果が出たりです。


玉)おそらく皆さんが一番聞きたいのは、それをどう糧にできるか。失敗したり落ち込んだりしたときにどうしたらいいかですよね。


右京)それは今一番僕が聞きたいことですね。つい最近もあってこの歳でもまだわからないからね。


松田)僕がよく自分で思っているのは、失敗した悔しさがエネルギーになるというか、悔しさをトレーニングにぶつけてもう一回向かっていきますね。チャレンジし続けることが一番大事な気がして、当然成功するときもあれば失敗するときもあります。成功すれば自信になってまた次に進めますけど、失敗したときに人のせいにしたり、環境のせいにせずに自分自身の足りない部分を見つめられればいい。改善できる思考回路にしたほうがいいですよね。


玉)なぜその結果になってしまったかの自分への原因追及がまず必要ということですね。


松田)環境とか自分の周りの人は変えられない。変えられるのは自分だけなのでどんな環境にいても向き合う方向が自分に向いていれば伸びていけると思いますね。


右京)伸びていく人はみんなそうやってまっすぐな人達なんだろうね。


松田)もう一つ水泳をやって感じたのは、周りの力をいかに自分の力に変えていくかということが重要だと思っています。アスリートの現役生活は限られていて、その限られた時間の中でいかに成長するかという意味では、やはり周りの先輩や仲間たちの経験やノウハウを自分のものにしていかないと成長のスピードは上がらないですよね。この間、右京さんは「水泳は水着一つでできるんじゃないの?」って言っていましたが(笑)


玉)右京さん結構根にもってますよ(笑)


右京)大変失礼しました!


松田)僕らもスタート台に立つまでは本当にいろいろな人が関わっているんですよ。コーチもいればトレーナーさんもいて体のメンテナンスをしてくれる人もいて、みんなが「あいつ勝ってほしいね」という風に思っているかはわかりませんが、それは選手が頑張るエネルギーになりますし、もしかしたら運を引き寄せるかもしれませんしそういう意味では周りから応援される選手になるのは大事なことだと思いますね。


右京)確かにパンツ1枚だから「お金かからないだろう」っていう語弊があるかもしれないですね。


松田)怒ってないですよ(笑)でも意外とお金かかるんですよ。海外遠征も多いし、高地トレーニングとかで1か月くらい合宿するので、そこに僕とコーチと体のメンテナンスするトレーナーさんと行くと結構お金かかるんですよ。


玉)下世話な話ですいません。それは全部松田さん持ちなんですか?


松田)日本代表選手である期間は1年のうちに3~4か月くらいしかないんですよ。日本代表のくくりで動く時以外は全部個人で強化するので、個人のスポンサーであったりとかのお金をうまく自分たちで計画的に運用していかないといけないんです。そういう意味では金額は0ひとつか2つ違うかもしれないですけど、きっと車の世界も同じだと思うんですよね。


右京)でも勝つのが一人しかいないように、誰を応援しようっていう時に、金額の問題じゃなくて引きつけるのは結果を出すことと、お金じゃ買えない魅力だったり可能性だったりですよね。それを引きつけて周りの力も自分の力に変えていくのは必要で、シューマッハもそうだしセナもそうだったけど、それがないと1番にはなれないよね。


松田)そういうトップの人たちは引きつける力を持っていますよね。


玉)スポンサーという部分で、ある意味環境を自分で作らなくてはいけない状況で、スポンサーを失ってしまう事態に直面された経験があるそうですね、それは現役の時ですか?


松田)現役時代で北京オリンピックで銅メダルを獲った後だったんですけど、ちょうど世界の状況で言うとリーマンショックの後でとにかく世界中で景気が悪くなっていて、僕らスポーツにスポンサーをするというのは厳しくなっていましたね。僕の事情だけで言えばオリンピックでメダルを獲ってもスポンサーがつかないという状況でしたね。その時は辛くてこのまま辞めなくてはいけないのかなと思いましたからね。


玉)そこはさすがに人のせいにしたくなるじゃないですか。リーマンショックのせいというか自分はメダルを獲った後もまだ努力を続けているのにって。


右京)人のせいというか運のせいというか諦めそうになりますよね。


玉)でもその時松田さんがやった行動は違ったんですよね。


松田)自分でとにかく動きましたね。その時は500社くらいに手紙を送って、会っていただける方がいたら会ってお話させてもらいに行っていましたね。


右京)すばらしい!


玉)オリンピック選手が500通手紙を送ったという話は誰も知らかったですよ。


右京)話聞いてて、本当にパンツ1枚でという話は本当に申し訳ないです(笑) 聞いてたら松田さんは水泳じゃなくても全部成功したと思います。誠実なやり方だったり諦めないハングリーさがありますからF-1でもできますよ。


玉)いろいろな方法を試していけば自分に合ったチャレンジの仕方というかモチベーションの上げ方って見えてきますか。


松田)見えてくると思いますね。モチベーションの上げ方は現役の時にあの手この手で苦労しましたね。色々な頑張る理由を色々なところに作って自分がやらなくてはしょうがないという状態に持って行っていましたね。例えばコーチのために頑張ろうとか、スポンサーのために頑張ろうとか、先輩を手ぶらでは返せないとか、美味しいものが食べたいとかね。


玉)身近なことから1日1日毎日の目標を何か持ってもらえるといいですね。


右京)全国のちびっこ諸君、それから親御さん。アスリートの言葉を聞いてたまにはブレーキを外して背中を押してみてあげてください。


玉)本当に素敵な言葉をたくさんいただきました。あとは右京さん、松田さんに自転車のプレゼントをお願いします(笑)


右京)自転車はまた何でも相談してください。


松田)次回ここに来るときは自転車で来ます。


右京)とりあえず自転車は乗ってみないとわからないですから、練習会を開きましょう!


玉)いいですね!自転車の輪を広げていきましょう!
松田丈志さんでした。本当にどうもありがとうございました。






番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!




今週の一曲 

M  LIFE IS BEAUTIFUL   /  平井大     

ハピリー  15:59

2017年7月23日

7/22 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。
 
右京)おはようございます。


玉)おはようございます。今週もよろしくお願いいたします。


右京)「夢を持って、夢をかなえる大切さ」とか「チャレンジすることの大切さ」と言っていて、ゲストにも来ていただいているのに、「自転車を通じて」とか「Radio Koguuu!」というのもなんかおかしいよね(笑)タイトルも全部変えちゃったほうがいいんじゃない?「ビニールハウスのプールを通じて」とか・・・(笑)


玉)だめですよ(笑)3週終わったときに自転車の世界へ引きずり込んでいくんですよ!
さて今週もこの方に来ていただいています。
松田丈志さんです。よろしくお願いします。


松田)よろしくお願いします。


右京)よろしくお願いします。松田さんといえば、「北島さんを手ぶらで帰すわけにはいかない」という名言が浮かんできますね。


松田)やっぱりそのフレーズが浮かびますか(笑)


玉)きっとああいう名言って狙って出てくるものじゃないじゃないですよね。


松田)そうですよね。本当に全然狙ってなかったので、帰国したときにそればっかりがテレビで流れていてびっくりしたんですよ(笑)そんなつもりじゃなかったけどそういうものなんでしょうね。


玉)そうでしょうね。それこそ自転車競技は右京さんがいつも言う「チームで戦うんだ」とおっしゃっているんですよ。松田さんはもちろん「個人」としての結果を出さなくてはならないことと、「チーム」としての結果という両方を経験されているわけじゃないですか。そこは通じるような気がありました。


右京)だから「かっこいい」って思ったよね。北島さんが水泳界の代表で引っ張ってきて、でも年齢とともに苦しい時が来ていて「手ぶらで帰すわけにはいかないんだ」ってチームでやるって素晴らしいですよ。本当にパッと出た言葉なんでしょうけど、だからこそ説得力があるし、本当に結果も出しましたからね。


松田)やはり康介さんの存在が大きかったからこそ僕らも一致団結できました。あの時、康介さんはすでに4つ金メダルを獲っている選手でしたけどロンドンオリンピックでは個人ではメダルが獲れていなくて、最後メドレーリレーだけが残っている中で一致団結しました。僕自身も最初のアテネオリンピックでメダルを獲れなくて、その時に「オリンピックってメダル獲らないとこんなにつまらないものなんだ」とすごく思ったし、メダリストとメダリストじゃない人の扱いの違いを痛いほど感じていたので康介さんに同じ思いはさせたくないと思いました。


右京)そういうものが作ってくれるものが、単純にスポーツだけじゃなくあるんじゃないかなって思うね。一人でアスリートとして頑張っている時間帯と、責任感の中から自然と出てくることもあって、自分がいつかリーダーになる重圧とかもあるからね。メダルをかけて争っている時にそのプレッシャーの中でやったら何が浮かぶんだろう?言葉にできないものってアスリートの中にはあるじゃないですか。「ゾーン」みたいに。その状況でコンマ1秒を争っていて何を考えて泳いでいたんだろう?って思います。


松田)レースしているときは本当に「無」に近いですね。無に近い状態になればなるほどパフォーマンスもいいような感じがしますね。トレーニングの時は当然きついし、孤独ですね。僕らはプールの床を見ながら行ったり来たりしているだけなんですよね(笑)そういう意味ではチームで戦うメリットは、孤独のスポーツであるがゆえに「誰かと一緒に」とか「誰かの為に」とかのそういう思いがトレーニングを頑張るエネルギーになりますし、精神状態を保つ上でもプラスの要素が大きいのかなって思いますね。


右京)僕なんかもトレーニングしているときに、ローラーこいでて疲れると「今日はこの辺にしとこう」とか「これ以上こいだら故障するぞ」とか違う声が聞こえて追い込めなかったりする。でもそんなレベルでやっていたら自分を超えていけないでしょ。


松田)進化しないですよね。


右京)一人で水泳のレーンとかでただやっていたら、いろんな意味で苦しい葛藤があったりするけど、チームで誰かのためにやっていたら無になれるというのは一つ越えているんだなって気がしますね。


松田)壁を超えるきっかけだったりモチベーションになったりしますよね。あとは「あいつも頑張っているから俺も頑張ろう」という気持ちは一人ではなかなか生まれてこないエネルギーかなという感じはしますね。


玉)しかもオリンピックで日本代表として大きなものを背負って出ていらっしゃるわけで、日本の水泳業界を背負って立っているというプレッシャーという言葉では表せられないくらい大きなプレッシャーを抱えていますよね。


松田)でもプレッシャーや思いがあるほうが人は頑張れるんじゃないかなと思っています。チームで戦うというのは横のつながりで今一緒に戦っている人達とのつながりだと思うんですけど、水泳界となると長年先輩たちが積み重ねてきた歴史みたいな物もあって、そういう話を代表合宿では聞く機会も多いですね。例えば「フジヤマのトビウオ」と呼ばれていた古橋広之進会長と一緒に戦っていた橋爪四郎さんという方がいて、代表合宿に来てお話していただいたことがあるんですけど、50年くらい前のオリンピックの話をしていて、「俺は今でも金メダルが獲れなくて悔しいんだ」ということを言うんですよ。


玉&右京)へ~!


松田)その真剣な顔を見ると、今自分たちはチャレンジできる立場にあるというのは凄い幸せなことなんだと感じましたね。それに時代を作ってきた先輩方のためにも繋いでいきたいなと思いますね。


右京)水泳業界はすごいな。そんな大先輩がきてまだ繋がっているんだもんな。そこが車の世界に足りないとこだな。自分のことしか考えていないから。


松田)右京さんもっと話に行かなきゃいけないんじゃないですか(笑)


玉)右京さんよく先輩達のこと「おっちゃん」とか呼ぶじゃないですか(笑)


右京)だいたい車の世界なんて使えなくなったドライバーは壊れたギアボックスと一緒だからね。


玉)ひどいですよ(笑)


右京)俺もそうだから、学んだ事とか継承されていかないからね。呼ばれもしないからね(笑)

玉)いやいやいや(笑)でもお二人とも次の世代に繋いでいく役目を担ってらっしゃるわけで、それこそ松田さんは世界水泳の解説としても行かれますし、泳いで見せることではない部分で伝えていかなくてはいけない立場になられてますよね。


松田)そうですね。自分が経験してきたことを踏まえて後輩たちに伝えていくこともできると思いますし、もっと言うと小学校、中学校の子供たちに水泳に限らず話していくこともできると思いますね。今すごく面白いなと思うのは、いろんなスポーツを取材に行かせていただいているんですけど、トップアスリートというかスポーツを突き詰めていくとみんな同じような思いを抱いていたり、同じような考え方を持っているんだなというのは凄く面白いなと思っていて、今もこうして右京さんとお話をさせていただいても感じますね。


右京)僕もいつも思っていて、何をやっても一緒。最後は自分がいてライバルがいて、敵じゃないけど争う相手がいてコンペティションが人を育ててくれて、後ろを見たときに育ててくれた世界があって、前を見ると未来の為に子供たちがいる。だから分野は変わってそこで見える景色は一個一個違うから、それをしっかりと自分の言葉で伝えないとなと思います。もちろん苦しいこともね。


玉)これまでの経験を言葉にするということは本当はとても難しいことなんじゃないかなと思いますね。特にこうやってラジオに呼ばれて話してくださいって求められるわけですもんね。


松田)そうですね。でも今そういう機会が増えて、おかげさまで自分が夢中になってやってきた競泳人生を振り返る機会があるので、そういう部分で現役の時には到達しなかった考えも見えてきたりするので、本当にいい機会をいただいていますね。


右京)それはまっすぐやってきたからこそ、そういう人だけが言えることなんだけどね。


玉)本当ですよ。耳が痛いです(笑)来週もよろしくお願いいたします。


松田)よろしくお願いします。






番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!




今週の一曲 

M  GIFT   /  Mr. Children     

ハピリー  15:33

2017年7月15日

7/15 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。
 
右京)おはようございます。


玉)おはようございます。そして今週からはゲストの方が登場してくださいます。今月は競泳で4大会連続オリンピックに出場し、4個のメダルを獲得した松田丈志さんです。よろしくお願いいたします。
DSC_0189.JPG

松田)よろしくお願いいたします。


右京)よろしくお願いいたします。光栄です。


松田)こちらこそ初めてのゲストに呼んでいただいて光栄です。


右京)僕が番組でいい加減くだらないことばかり言っていたから、「頑張っている人を呼んで、世の中の為になる話をしたほうがいいよね」という企画が通りました(笑)


玉)今回、晴れて松田さんに来ていただきました(笑)


松田)光栄です。ありがとうございます。


右京)単純にオリンピック4回ってすごいですよね。


玉)2004年の20歳の時が初めてですよね。


松田)そうですね。2004年のアテネが初めてで、最後が2016年の32歳の時ですね。


玉)まだこの間ですよね。


松田)まだ1年たたないくらいですからね。


玉)ご自身の中でこの1年で、オリンピックに出ていた自分と引退した自分は変わりましたか?


松田)凄く変わりましたね。ちょうど1か月前が誕生日だったんですけど、1年前の誕生日はオリンピックに向けてどんどん研ぎ澄ましていった時なので、1年変わるとこんなにも違うものかとしみじみ思いましたね。


玉)なるほど。プロフィールを拝見すると4歳から「水泳」の世界に入られていて、32歳までの28年間ですものね。


右京)オリンピックに出ているその12年間だけじゃなくて、目指している期間を入れたらどれくらいのハードなトレーニングをして、モチベーションは何だったのか。夢を持ち続けることは簡単なことじゃないし負けることだってあるけど、4歳から始めたと聞いてびっくりしました。
でも正直4歳のころに「夢は?」って聞かれても、「オリンピックで金メダルです」とは言っていないですよね。


松田)言ってないですね。なんとなく水の中にいることが好きで、プールに行くことが好きでやっていたのが始めたころですね。でも8歳の時に、バルセロナオリンピックで岩崎恭子さんが金メダルを獲った瞬間をテレビで見ていて「自分が今好きでやっている水泳にはこんな世界があるんだ」と思って、それからはオリンピックに行きたいと思っていましたね。


玉&右京)へ~!


右京)小学校の頃ですよ。


玉)8歳の男の子からみて岩崎恭子さんはすごくお姉さんだと思っていました?


松田)中学生のお姉さんが金メダルを獲っていたので、僕はそれに勝ちたいと思っていました。岩崎恭子さんが14歳なら次のオリンピックの時、僕が12歳になるときに金メダルを獲らないと勝てないと思っていました。


玉)すごい!現実では取れないとしてもですね。


松田)子供の本当に抱く夢ですよね(笑)ただなりたいとだけは思っていましたね。


右京)普通だったらそんなことを口にすると「そんな環境があるのか」とか「スポーツやるにもお金がかかるんだ」とか。


玉)親としてそう思います(笑)


右京)ね(笑)そうなっちゃう。でも現実に近所にスイミングクラブがなくビニールハウスみたいなプールに通われていましたもんね。ビニールハウスって言ったら怒られちゃうか(笑)


松田)そうですね(笑)ビニールハウスでずっと水泳やってきました。ただ幸運だったのは、そこの先輩がバルセロナオリンピックに水泳で出ていたんですよ。あのビニールハウスで泳いでいた先輩が出ていたので、なんとなく身近に感じましたね。


右京)環境じゃないってことですよね。


松田)この環境でも頑張ったらできるかもしれないという可能性みたいのは感じていましたね。


右京)凄い近代的なオリンピックの研修センターは今の時代では当たり前ですけど、僕の若い時はロッキーみたく石もってトレーニングしたり、エアコンだってなかったからね。


松田)僕の通っていた場所はそもそも水を温めるボイラーがなかったですからね。僕が高校生になるまで冬は冷たいままです。


右京)マジで!?


玉)えっ!?でも休むわけにはいかないですよね?


松田)はい。だからランニングしたり陸上トレーニングをして、少しだけ泳いだりでしたね。土日は隣町の温水プールに行ったりはしていましたけどね。


玉)今あるもので努力をして、いかに自分の力を試して方法を見つけていくかをその頃から実践されてるわけですよね。


松田)実践というか生きる道がそれしかない感じですかね。


右京)みんなよく聞いておけ。僕はレースやりたいっていう人たちに言うんだけど、みんな「お金がないから」とか「コネがない」とか言って、みんな「ない」から始まる。今の話聞いていたら一緒ですもんね。


松田)ある意味自分で道を切り開いていくしかないですからね。


右京)それで結果を出したら誰か見ていてくれるからね。


玉)今週から3週にわたって松田さんにお話を伺うんですけど、すべて教えてくれると思います!


右京)まずは子供のころからの話を聞いて、次は現役のころの話も伺います。


玉)先に予告をしますが、松田さんはスポンサー探しもすべて自分で行っています!


松田)苦労しましたね。


右京)水泳ってそんなにお金かかるものなんですか?


松田)意外とかかるんですよ。


右京)パンツ一枚でやっているから(笑)エンジンをオーバーホールしなくていいし、タイヤ交換もしないから(笑)


玉)いやいやいや!あの水着にも開発秘話あるんですから(笑)


右京)本当に!?水泳連盟に怒られちゃうな(笑)


玉)そういうのも全部教えていただけると思うので、みんなの言い訳を打ち砕いていく回になると思います。


松田)そうですね(笑)そういう回にしたいですね。


右京)ぜひぜひ!


玉)チャレンジのプロとしてみんなへのアドバイスとか希望を持てるような言葉を頂けたらありがたいです。


右京)みんなが勇気を持てればね。みんな信じられない話だからね。でも引退した後の次のチャレンジも聞きたいですね。


玉)引退した後からはまだ1年ですから初心者ですもんね。


松田)本当ですよ。僕の第2の人生という点ではね。右京さんにアドバイスをいただきたいと思います。


右京)俺には聞かないほうがいいかも(笑)


玉)あとはここでは自転車の話もしているんですけど、松田さんは自転車にも興味があるそうですね。


右京)もう乗っているんですか?


松田)まだクロスバイクみたいのしか乗っていないです。水泳選手だったので、マラソンも経験していますし、あとは自転車さえ経験すればトライアスロンもやれるかなと思っています。


右京)アスリートはみんな変態だからね(笑)自分を追い込む癖がね。でもそういうのも必要なんですよ。そこから時間が経って自分を俯瞰で見れるようになるには、いくつになっても走り続けないといけないからね。心配なら僕に聞いてくれればね。僕を反面教師にしてください(笑)


玉)新しいことにチャレンジするモチベーションだったり、失敗した自分を奮い立たせる時の気持ちの持って行き方とか、そういうのも是非聞きたいですね。


右京)特に今夢見ている子供たちのお父さんお母さんも聞いているだろうし、みんな素朴な疑問や悩みはいっぱいあるだろうから、そういう人たちに「頑張ることは恥ずかしくないんだ」とか「結果より大切なものがあるんだ」と言い続けてみんなに元気になってもらいたいですね。僕は時間が経ちすぎちゃってそろそろ忘れてきているから、去年まで最前線で戦っていて世界の頂点に立っている人の言葉をぜひ届けてください。


松田)はい。よろしくお願いします。






番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!




今週の一曲 

M  笑えれば   /  ウルフルズ     

ハピリー  16:37

2017年7月 9日

7/8 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。



右京)おはようございます。


玉)おはようございます。さて右京さんここで「マウント・富士・ヒルクライム」のお話を聞きたいのですがいかがでしょう。


右京)やっぱり聞きますか。みんな忘れているだろうから、いいかと思ったんですけどはっきり言って惨敗です。惜敗とかではなく惨敗です。シュミレーションで3回登って10秒とかしか変わらないから、本番になったら気合入るし機材も変わるから大丈夫だろうと思っていたら15分とか20分ぐらい遅かった。


玉)ちょっと単位が違いますね。


右京)だからチームのドクターに聞いたら「それはおかしいですね。」「もう一回登ってみてください。客観的に見ると寝不足とかちょっとした怪我でパフォーマンスが20%も30%も落ちるのは考えられない。あるとしたら他のちゃんとした病気とかが考えられる」と言われた。だけど自分としてはそれにしてもおかしいと思ってて、いろいろ考えた。イタリアに行っていたんだけど、その時に転んで擦り傷と打ち身ができたけど仕事があるから金曜日に帰ってきたの。そのままフォーミュラEの解説して夜の0時半とか1時に終わって、移動して3時くらいに富士について4時からウォームアップしてお昼ごろまでヒルクライムやって終わってまたフォーミュラEの解説に行くようなスケジュールでした。
一つ分かったのは僕はここまでの人間だったってこと。たった3日間寝ない位でそんなパフォーマンスしか出せないんだ。


玉)いや「たった3日間寝ない」はたったじゃないですよ(笑)


右京)最初は歳かな?って思ってたんですよ。走っている間は下向きながら走っていても、グリコさんのおかげで息が全く上がらなかったけど、パフォーマンスが低いんじゃなくて自分の中にハングリーさがなかったかな。今回練習があんまりできていないから今中さんに負けてもしょうがないなという感じで、アドレナリンが1CCも出ていなかった。それイコール丸くなって歳をとったんだなと感じた。カートで子供に勝てないとか、先をよむ年齢になったのかなと思っていたんだけど、3日経ち、4日経ちと、気が付いたら全日本の大会に行く前の日に1人で150キロとか走っていた。


玉)ぜんぜん歳をとっていないですね(笑)


右京)自分が寝不足で悪かったとかのマネージング不足は反省しているけど、それ以前にそういう片山右京という生き方を裏切っちゃいけない。結果はどうなるかわからないけど、チャレンジしなきゃいけないし努力するのを前提に生きているから、来年にむけて今からチャレンジします。


玉)かっこいい!さすがです!


右京)もう一回失敗するかもしれない。だけど少なくともとも1年という時間をかけていくので、今朝も走ってきました。


玉)その準備ももちろんですけど、来年はなんとかハードスケジュールは無しで当日迎えることはできないものでしょうか(笑)


右京)さすがにうちのマネージャーも「悪かった。その時にブレーキをかければよかったな」って言ってた(笑)
でも俺が「俺を誰だと思っているんだ。1週間位食べなくても、寝なくても全く大丈夫」って言っちゃったの(笑)そしたら先生たちに「あほか」って言われました。


玉)おもしろい(笑)1年後だそうですよ!みなさん!来年の富士・ヒルクライムに期待しましょう!


右京)オーバーに言えば一生ですよ。


玉)きっと毎年のようにこの話をするでしょう。報告ありがとうございます。


右京)絶対ベストタイムを出します!そのためにはやっぱり走りこまないとだめだね。


玉)すでに再スタートを切っている右京さん。9月に行われるヒルクライムも右京さんが走るんですか?


右京)これもゲストという形で出場します。


玉)これも出るんですね!10月にはツール・ド・三陸もありますよね。


右京)これも復興支援という形で始まって、6年とか経っています。ちょっと疑問があったのが、現実的にいくら集まって、いくらチャリティーできてますか?っていうところ。言い方が悪いけどそれが目に見えている形でないのであれば、僕たちがやっている意味はあるんでしょうか。むしろ形を変えて違うチャレンジをして応援するべきではないんでしょうか?ということを話し合いました。でも去年知り合った方たちが家に泊めてくれたりして、そういうのも含めて続けていくことで生まれるものとか創られる大切なものがあるでしょ?だからお金だけがすべてじゃないし。やっぱりとにかくやって感じたり、その中で変化を加えたり新しい事も必要だけど、とにかくやってみようということになりました。


玉)行って走らないとわからないこともきっとありますからね。10/1に開催される「ツール・ド・三陸~サイクリングチャレンジ2017~in りくぜんたかた・おおふなと」受付もスタートしています。


右京)みなさんぜひ参加して盛り上げていきましょう。


 


 
今週のお便りのコーナー


八千代市の女性 RN「しぃちゅん」さん(63歳)


おはようございます。
「インディ500」で佐藤琢磨さんが、日本人で初優勝しましたね。初優勝おめでとうございます。これはすごいことなんですよね。右京さんは、「インディ500」に参加されたことがあるのですか。





右京さんのお答え



右京)何回もゲームセンターではありますよ。

 
玉)その話は置いといて(笑)琢磨さんすごかったですね!


右京)本当にね!その時はライブで観れなくて、朝どうなったかなと思いつつ結果を見たんだけど後でちゃんと見直しました。最後の10週は結果がわかっているのに興奮しちゃって、解説の人も言っていたんだけど本当に信じられなくてね。残念なのは他のニュースは出るけど、あまりニュースにならなかったからね。いかに凄いことなのかが伝わってないよね。日本は自動車産業は凄いんだけどモータースポーツの立場はなかなかね。


玉)好きな方はリアルタイムで盛り上がっていて、夜中に「なんでこんなに日本中は盛り上がってないんだ!」という声もありましたからね。


右京)本当だったら国民栄誉賞ものだとおもうよ。世界3大レース「ル・マン24時間」「インディ500」「モナコグランプリ」だからね。琢磨が勝ってくれたみたいに日本人のドライバーは劣っていないんですよ。ル・マンでもモナコでも勝っている若い人がいっぱいいる。でもそういうチャレンジできる橋をかけたり、チャレンジできるチームを作ってあげられない日本の体質は課題があるけど、1個1個こういう歴史的事実を作っていってほしいですね。


玉)みなさん言うことも大事ですよ。「知っているか?インディ500というレースで勝った佐藤琢磨選手はこんなに凄いんだぞ!」てね。


右京)少なくてもこれで園遊会くらい呼んでほしいですね。自動車関係で呼ばれた人はいまだかつていないんだもん。
なんで?と思いますよ。テレビでやっているスポーツだけがすごいって感じになりますからね。マイナー競技にも光を(笑)


玉)マイナーっていう言葉に「キッ!」てなりますけどね(笑)他にも琢磨選手に関するメールもいっぱい頂きました!


右京)一つ言い忘れたけど、琢磨選手も自転車やっていたんですよ。インカレで勝ったりもしていて、今回、今中大介には負けたけど琢磨になら勝てるかもしれないです(笑)


玉)本当に全く歳なんかとっていないですね(笑)


 
番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 
今週の一曲 

M  深呼吸   /  ハナレグミ     

ハピリー  12:27

2017年7月 2日

7/1 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。
IMG_3628.JPG



右京)おはようございます。


玉)おはようございます。夢を持って、夢をかなえる事の大切さ、チャレンジすることの大切さをお届けしていきます。


右京)今月から3週目以降、チャレンジしたり夢をかなえてきた人たちをゲストに呼んでいきますね。


玉)ゲストトークですね。


右京)この「Radio Koguuu!」も進化していきますからね。そんな夢をかなえた中の一人でうちのキャプテン畑中が青森の日本選手権で優勝してね。


玉)畑中勇介選手!青森県階上町(はしかみちょう)で開催された「全日本自転車競技選手権大会ロード・レース」で、チーム右京のチームキャプテン、畑中勇介選手が念願の初優勝を飾りました。


右京)そうなんです。チームのリリースですぐに出したんですけど、誤字で「無念の初優勝」と書いてあって色んな人からツッコミが入りました(笑)


玉)悲願のですね(笑)


右京)僕は彼と凄い古くて、絶対にいつ勝ってもおかしくない選手だった。突風で他の選手が煽られてぶつかって転んでしまったりとかで運がね。それで結果を出せなくて、ジャパンプロツアーとかは3回も年間タイトルは獲ってるのに、これだけが勝てないって言っていた。


玉)なるほど「全日本」だけはって感じですね。


右京)だから本当の意味で「悲願」だったし、ゴールした後も座り込んで、小学生みたく顔の汗を拭きながら「勝てました!勝った!勝った!」って泣きながらしゃっくりする勢いで言ってるからこっちにも伝わる物があった。しかも当日は娘さんの誕生日だったの。


玉)すばらしいドラマチックですね!


右京)お父さんとしては最高のプレゼントをできたよね。でも「やりました!」って歓喜の言葉を言った後のちゃんとした最初の言葉が「おれすごくないですか?」だったの。


玉)かわいいじゃないですか(笑)



右京)たしかに「凄い」ってなったけど、ん?あれ?とも思わされたからね(笑)


玉)監督としては一言言っておかなくてはいけないと(笑)


右京)でも彼のキャラではあるけどもね(笑)凄いのも本当だし、自転車は一人では勝てないからね。スタートすぐに去年のチャンピオンが大怪我する落車事故があったりして、素直に手放しで「よかった」というより心配な部分があるしね。でもみんながアタック合戦をしている中で、チーム全員がしっかりやってくれた。「チームUKYOなんてツアー・オブ・ジャパン勝っても、外国人が勝ってるだけで日本人は強くないじゃん」と言われているんだけど、みんな一緒に走ってレベルが上がっていることを見せればいい。ただ結果は時の運だから勝てるか負けるかはわからないから「楽しんでやりな」としか言うことがなかった。毎年全日本があちこちで行われてそのレースは応援にも言っているんだけど、青森ではゆっくりできなくて十和田湖にも行けなかったな。


玉)なんの愚痴ですか?


右京)観光できなかった(笑)


玉)それが愚痴ですか(笑)
畑中選手が正式にコメントされていて、ちゃんと言ってました。
「チームメイトが動いてくれたお陰で追走との差を開くことが出来ました。やっと欲しかった日本一のタイトルが取れて本当に良かった。ありがとうございます。」


右京)本当に最後の30キロ以上1人で逃げた時は、飛び出した時「あっ!まだ早い!オスカルの時と一緒だ!」みたいにこんな時に行ったらダメだと思ったけど、周りの選手は「畑中選手の実力を舐めてました」みたいに、畑中君がこの時のために絞ってきてたからね。


玉)素晴らしかったです。


右京)また次のレースからは彼は日本代表の日の丸ジャージで走ります。


玉)あらためましておめでとうございます!初優勝!チームUKYOのFacebookとかでも写真や動画がございますのでよかったら見てみてください。


右京)あれ僕が撮ったんですよ。それをそのままスクリーンショットでやったら、バッテリー残量とかが出てるは素人丸出しの編集でした(笑)


玉)編集しないでやったんですね(笑)「やったー!」の瞬間もありますのでぜひ!



 
今週のお便りのコーナー


伊勢原市の男性 RN「甘海老王子」さんからのお便り


右京さん、おはようございます。
右京さん、6月3日、海老名文化会館に行きましたよ。自転車の話は非常に勉強になりました。




右京さんのお答え


玉)海老名環境フェスティバルのことですね。


右京)そうですね。「片山右京が語る環境問題」という普通ではあまり無いタイトルでお話を頂いて、専門家でもないし有識者でもない中で「素直に正直に僕が感じてきたことをお話していいですか?」と言ったら「ぜひ!」ということだったので行かせていただきました。
たとえば山登りをしていて本当だったら雪が降る所で雨が降ってきたり、子供たちが夏休みで書くように北極や南極の氷が割れそうで、すぐではないけど溶けたら海面が10㎝上がることがわかってたりね。そうすると台風がどれくらい巨大化するかとかをスーパーコンピューターがシュミレーションしている中でみんなが考えなきゃいけない。そういう提案の中に自転車っていうのはモビリティとしては最小限のエネルギーで、原始的で健康にもいいし環境にもいいということで皆さんの前で自転車の話もさせていただきました。

 
玉)日本はどうしても若い方も含めて現状を見る視点がちょっと小さくなってきているという話ですからね。


右京)でもしょうがないのかもしれない。自分たちも親になったり、歳をとった時にやっと振り返ってみて、小さい子ども達に歩かせる道とか、渡せるものを想像して責任感が感じるのは50歳位を過ぎてからじゃないと持てないのかなと反省もしていますね。


玉)その反省の気持ちを持ってどう伝えていくか、残していくかということですね。そういう風な場所が増えていますよね右京さんは。


右京)ますます「おじいちゃん化」しているというか、自分が先輩たちを見た時に、責任ある言葉でそういう姿勢をたくさん見せてくれた爺さんたちがいたから、自分もそうやって歳を重ねながらブレないでやっていかなきゃなと思うんですけどまだおっちょこちょいです(笑)


玉)右京さんはそういうじいちゃんになるチャレンジをしているんですね。右京さんにとっては「環境問題について語ってください」もチャレンジですよね(笑)


右京)そうだね(笑)
この前小学生の日本チャンピオンとカートで競争する企画があったんだけど、タイムはコンマ2秒しか変わらないんだけど、レースになると(体重差で)ボコボコにやられるわけなんですよ。それで家に帰ったら奥さんに「勝った?またなんか貰えた?」みたく安易に聞いてくるわけですよ。


玉)無邪気ですね(笑)


右京)そうすると50歳も半ばにきているから、「そろそろ許してくれよ俺を」という感じになってきて。どこかのディズニー映画みたいに「いつまで走り続けなきゃいけないんだ」ていう状態になってるの(笑)


玉)カーズこの夏公開!さすがですね右京さん(笑)


右京)でもそれを言ったら「ちがうの。若い時からずっと横にいて応援してるファン1号として信じているの」て言われたから、「じゃわかった。あきらめないでもう一回小学生やっつけてくる!」って言った(笑)


玉)もう一回(笑)右京さんはチャレンジを続けていますね!







番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、チャレンジしたいこと、チャレンジしていること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!




今週の一曲 

M  さよならCOLOR   /  小泉今日子      

ハピリー  13:51

2017年6月25日

6/24 Radio Koguuu! レポート!



レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。


玉)おはようございます。今年は自転車に乗る時間も増えている右京さんです。


右京)そうですね。この前も海外で自転車に乗ってきました。「パリ・ミラノ」というマセラティのイベントに招待してもらって、海外の有名なアーティストとか有名な人が自転車でフランスからイタリアのミラノまで行って、走った距離1キロにつき1ユーロをチャリティー団体「Rêves(レーヴ)」に寄付しました。毎日大勢が100キロ、200キロ走るからそれを全額ね。「子供たちの願いをかなえる」とか「困っている人達を助ける」とか社会的なボランティアで、日本からもプロでモータースポーツをやっていて、自転車もやっているということで呼んでいただきました。


玉)そうなんですか!


右京)そういうのを日本でも9月以降に同じようにやる予定です。日本人はそういうのシャイだったり、慣れてないでしょ?海外だと当たり前にあるの。例えば会社を起業して大金持ちになったら、イベントをやってそのお金を癌の撲滅の研究に回したりとかのイベントがいっぱいあるの。日本でも陸前高田の「ツール・ド・三陸」をやって復興支援を少しでも増やそうとしています。継続することと同時に世界中の人に来てもらってそこもグローバルにできたらなと思います。


玉)そうですね。日本を縦断してもらいたいですね。


右京)そう。自転車で走って、東京から箱根まで行って富士五湖とかサイクリングしてもらってね。アーティストとか俳優さんとかと一緒に走れたらちょっと楽しそうでしょ?自分たちが楽しく走って距離でお金を寄付するということはいい事でしょ。著名人はお金持ちだからいっぱい走ってもらいたいですね(笑)


玉)その言い方(笑)


右京)その間で片山右京は1円も抜かないですからね。いい人だと思わせようプロジェクトも継続中です(笑)


玉)またまた(笑)
実はそういう働きかけとか活動は小さい物から大きい物までけっこうあるんでしょうけど、広げるすべを日本人は知らないというか、恥ずかしかったり、「やってます」と働きかけることがカッコよくないというか、変にシャイな部分がありますよね。


右京)自転車なんか持っていないという人は、コンビニのレジの横にある募金箱に寄付してくれるだけで十分なんですよ。やらないよりやった方がいいという事がいっぱいあると思うからね。


玉)お買い物に行っても、「この商品はこういう活動に賛同していてこの売り上げの一部が寄付されています」という物も増えていますからね。


右京)社会全体とか社会の中で国を支えている企業がそういう考え方をCSR(企業の社会的責任)としてやってくれて、なおかつそれが世界とつながってやっていったら、自転車は健康や環境の為だけではなくて、他のポテンシャルを持っていることも証明できますからね。


玉)そうですね。自転車の持つ一つの可能性が見えますよね。
ちなみに先ほど右京さんから出ました「ツール・ド・三陸」正式名称は「ツール・ド・三陸~サイクリングチャレンジ2017~in りくぜんたかた・おおふなと」は、今年10月1日(日)に開催されます



右京)これも時間がたってから行くと道路が綺麗になっていたり、建物が建っていたりすると「もう復興したんだ」となんとなく思えるところもあるんですけど、SNSとかで「忘れちゃいけない」というメッセージの中に、絶対に人間の中から消えない大切な人達を失ったとか、本当の復興とか戻るっていうのは、時代を超えて行く位ハッピーな事が起きて心を洗ってくれるようにならないと本当の復興という事にはならないからね。でもそれには下世話な話だけど経済効果とかそういうこともいっぱいあるから続けていって、たくさんの人たちに参加してもらわないとね。


玉)そうですね。まだまだ復興できてないことも実は復興が始まっていることも目に見えないことの方が実は多いでしょうからね。そういうことに気づく為に足を運ぶことは大事ですよね。


右京)地元の人たちと普通に話してご飯食べて一緒に笑うだけでそれは大切な活動になりますからね。


玉)ぜひ興味のある方行ってみてください。来週の月曜日6/26から参加受付がスタートします。


右京)もちろん僕もまた走りますので、一緒に走りましょう。







今週のお便りのコーナー


江戸川区の男性RN「けいすけ」さんからのお便り


右京さん、おはようございます。
自転車に乗りながら、犬の散歩をしている人がいますが、自転車の安全な乗り方やマナーもありますが、犬にも相当な負担が掛かっています。春の気持ちイイ時、秋の涼しい時に、ワンちゃんが自転車を引っ張っていくほど元気がいいのをみかけますが、これからの酷暑の夏にやるのは犬はたまらないと思います。やはり犬の散歩は犬のペースで寄り道したりしながら、のんびり歩いたりするのがイイと思います。





右京さんのお答え


右京)たぶんこの方が見たのは小型犬だと思うんですよね(笑)これが大型犬だと大きいのでこれくらいいっぱい走りたい犬もいるかもしれないのでね。でも少なくとも危ないです。犬はなんだかんだ言っても力強いので、中型犬くらいので引っ張られたら危ないです。小型犬でも小型犬どうしでキャンキャン言い合って反対側に走りだしたりしますからね。それで後ろから早いロードバイクが来たら「わんわん落車」と言ってぶつかったら犬も痛いし、もしかしたら最悪のこともあり得るからね。

 
玉)リードが絡まったりもありますしね。なにかしらの理由があって犬の散歩に自転車っていうふうになっているんでしょうけどできればやめてほしいですね。


右京)これは言いだしたらキリがないんですけど。マナーとか啓蒙の話はずっと自転車活用推進法になっても上から下までいろんな話があって、矢羽根マークとかブルーラインとかが出来て進化していると信じなくてはいけないんだけどね。この前、警察の人と会って話したんだけど、問題発言かもしれないけど警察の人は自転車を歩行者にしたいんだって。じゃないと警察の人も人間だから、24時間どんな時でも100点満点の運転しないとだめだからね。警察の人が間違った場合に僕らが徹底的に責める資格があるのかなと。人間だからそういうアバウトなところがあるから、歩行者の領域で寛容に自転車を見たいという気持ちがあるそうです。
でもやっぱりそこは厳しく法を管理する側の人たちとして、徹底してこないと一番最後に痛い思いをするのはみんなですからね。そういうことをちょっとずつ襟を正してやるときが来ているのかなって思いますね。みんなついついテンション上がって感情的になるけど、心の中で10数えてから言葉を選んで「みんなで考えよう」としたいですね。


玉)今言ったようにイライラしたときに10数えるが出来たらいいですよね。


右京)大丈夫ですみんな大人になれば。


玉)ここからのじめじめした季節に入るとイライラしがちなんですよね。夏休みに入ると世の中のお母さんはイライラしますからね。余計にガミガミ言いたくなるので皆さん「10秒ルール」思い出しましょう。


右京)気をつけます。







番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!




今週の一曲 

M  CREEP   /  RADIOHEAD    

ハピリー  15:49

2017年6月18日

6/17 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。


玉)おはようございます。5月の初めにチャレンジスクールがありまして、今回はクライミングやボルダリングなどありましたね。


右京)そうですね。去年自転車の方に会社のリソースを全部傾注して休んでいたんだけど、今年は1年を通して回数をいろんな形で増やそうということになりました。それの日帰り版ということで5月7日に行いました。
昔は可愛いから子供たちの才能に親がブレーキをかけてしまっていたけど、「かわいい子には旅をさせろ」みたいに周りの人がセキュリティをもってチャレンジさせることによってブレーキを解除して可能性を伸ばそうという感じでやっていました。ロッククライミングをしている子供たちが怖くて途中で止まってしまっても、こっちが引っ張り上げたりお尻を押し上げたりして助けるんじゃなくて、言葉で「右手を伸ばして、次は足を上げて」という感じで成功体験を体現させてあげることで「今上まで行けたよな。俺は手を貸してないぞ。自分の力で上がってこれたんだぞ」ということをやっていました。
でもなんか最近みんなすごい上手いの(笑)


玉)もうできちゃう感じですか(笑)


右京)すごい上手いし、レベルも上がっているから、なんでだろう?って思ったら、たぶんオリンピックの種目になったことでどこかのスポーツクラブで既にやっているから経験値が高い状態で入ってきているんだよね。


玉)最近の子供の習い事の多様さがすごいですね!昔は野球と水泳とそろばんしかなかったですよ。


右京)僕たちの時は遊ぶ事がなくて運動神経がよくて、今の子はなんて言われてるけど、今の子たちはちゃんと教育受けてやっているから凄いのよ。泳ぐのもロッククライミングも体操もちゃんとできるんだよね。だから生半端な教え方だとダメだなと感じて、僕たちもそれで学ぶことが出来るね。自転車とかサッカーとかもそうだけど進んでいるスポーツはもっと科学的にやっていてただの根性論じゃないなというね。


玉)やっぱり変わっていくんですねそういうのは。


右京)でも一方で夏にやるチャレンジスクールみたいのも大事。山登りには全部詰まっている。歩くこと、食べること、あきらめないこととか、集団生活で団体行動だから周りに対して気遣う事とか、時間を守ること、挨拶することとかという日常生活に大切なことはただのスキルアップと違うから子供たちに教えなくてはいけない教育でもあるからね。


玉)夏休みのサマーキャンプは8月2、3、4日ですね。


右京)はい。自分たちでご飯つくたっり、お布団片付けたりね。家にいたらみんなお母さんがやってくれちゃうから、そういう当たり前のことからまずは教えていきたいです。


玉)いまさらですけどサマーキャンプは何歳から参加できるんですか?


右京)小学校1年生から6年生までなんですよ。でもみんな中学になっても行きたいという「ジュニアリーダー」という子たちがいて、その子たちが「肝試しやろう」とか「スイカ割り」やろう」とかの企画をたてて、みんなで話し合ってオペレーション組んだりとかしています。そこらへんも今の子たちは凄くて、肝試しをやって多き声で小さい子が泣いたりするといけないから周りの近所の人たちに「すいません。1時間くらい大きな声を出すかもしれません」って先に中学生の子たちが言いに行くのよ。


玉)すごい!そんなことまで気がついてくれるんですか!


右京)それを大人びているというんじゃなくて社会性が優れていると言いたいね。またそこからさらに大学卒業した子たちもたまに来てくれたりして、久々に会うとこれがもうみんな立派になっているんですよ。チャレンジスクールも馬鹿にならないなと思ったね。


玉)そうでしょうね。今回のサマーキャンプはもう締め切ったんですか?


右京)まだもうちょっと募集しているかな。


玉)うちの子も突っ込もうかしら。小学校1年生になりましたからいけますもんね。


右京)入れますね。ちょっと手強そうだな(笑)


玉)気になる方はHPをチェックしてみてください。日程は8月2,3,4日です。





今週のお便りのコーナー


古河市の男性RN「若葉が薫るちゃん」さんからのお便り


右京さん、おはようございます。
5月は「自転車月間」ということもあって、家族でサイクリングをしました。栃木県の谷中湖(こ渡良瀬遊水地のサイクリングコースをスタートして、利根川合流地点の栗橋から関宿方面まで、昼食は菜の花の群生場所でとって、最高でした。




右京さんのお答え


右京)もちろん。僕ねここの渡良瀬遊水地のなんとかリーダーっていうのがあって、すごいのよここ。遊水地のちゃんとした呼び方、なんとか条約とかいうのがあるじゃない?

 
玉)ラムサール条約ですか?


右京)それのここのあれに入れてもらって(笑)


玉)「なんとか」とか「あれ」とか「これとか」多いですね(笑)


右京)すいません(笑)なんでかっていうと、ここでジャパンツアーのタイムトライアルを毎年やっていたんですよ。栃木の人とか埼玉の人とかみんな自転車でここで走ったり関わっていたからね。僕なんかはただの客寄せパンダ1号でして何も貢献できてはいないんですけど本当にいい場所でね。気球のイベントとか自転車の大会をやったり自然豊かな場所でいろんな催しをやっています。


玉)なるほど。谷中湖は日本一大きなハート形の湖で有名なんですね。


右京)本当にすごい広くて、最初にハート形と気づいた人凄いな。


玉)写真を今見ていますけど本当にハート形ですね。気持ちよさそうなところですね。お昼なら菜の花、これからの季節は緑が深くなって気持ちよさそうです。だんだん日差しが強くなっていますので、ただサイクリングとはいえ帽子を被ったり紫外線対策とか熱中症対策も気にしないといけない季節になりましたからね。


右京)女の人とかお年寄りや子供達もしっかりしないといけないですからね。僕は最近全然逆にいっちゃっていて、真っ黒に日焼けしちゃっていますね。何だろうなこの元気さは(笑)


玉)本当に真っ黒ですよね(笑)それはトレーニングとかでですか?


右京)そうなの。また9月に懲りずにヒルクライムにお呼ばれして出ようかなと。だんだん自転車の上で生活する時間が増えてきているしもっと増やそうかなと思っています。


玉)今年は順調に増えていますね!


右京)仕事の為じゃなくて、単純に暑い中で汗をかいて風を感じることを楽しんでますね。


玉)いいですね。やっぱりそういう時ってイキイキするもんなんですね。


右京)元気ですね。なんでも感謝できます。でもいい時もあるし悪い時もあるので、一喜一憂していると疲れちゃいますから。


玉)ぜひみなさんも「こういうところ行ってきました」などのメールお寄せください。





番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!




今週一曲 

M  Don't Look Back in Anger   /  OASIS   

ハピリー  15:53

2017年6月11日

6/10 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。


玉)おはようございます。今日こうして喋っていますが、明日がいよいよマウント富士ヒルクライムですね。


右京)そうですね。泣いてるか笑っているのか明日には、はっきりしていますけど、やれることはすべてやってきた。でも正直言うと計算
通りにいかないことがあって、普通トレーニングの量を調整したらどれくらいパフォーマンスが上がるか計算できるんだけど、そこまでパフォーマンスが上がっていないのはなんでだろう?リカバリーが遅れてるからもしかして歳をとったのか?なんて思っていた。でもやってみないとわからないし、調子は上がっているからうまくいけば年齢を超えて去年の自分に勝てる気もする。

もう一つの敵は、金曜日まで海外に行っていて、土曜日にモータースポーツの解説を徹夜でやった後、マウント富士ヒルクライムに行って、そのあとまたテレビ局に戻らないといけないから、そういう中でコンディションを維持するには、もっとメンタルを強くしてアドレナリンを出して行かなければいけない。ここが一番大事なことで、選手にいつも「体は心が動かしているものだ」と言ってる自分がお手本にならないといけないからね。今、自分でこういうこと言っていてお腹痛くなってきました(笑)


玉)胃が痛いですね(笑)よくスポーツ選手が言う「その瞬間にピークを持っていくために準備する」といいますが、前後のお仕事もある意味ピークでいなくてはいけないものばかり続いていますから、ものすごく大変なことですよね。


右京)それも言い訳はできないからね。逆に言うと100点満点は何をやってもたぶん人生で何回かしかないから、少なくとも最低限の仕事のレベルを上げて行く作業とか、頑張ることとか楽しむこととか大事だよね。悲壮感をもっていてもいい事はないからね。もう一人の自分を俯瞰で客観的に見て色々な場面でも対応できるようにすることは大事だね。
だから同じようにマウント富士ヒルクライムに出る人とか、ほかのことに挑戦している人もそうだけど、点で見てしまうと周りが見えなくてつらい事しかなくなってしまうからね。ドキドキしてる自分を楽しめと言っても「そんなのできるかよ!」と思うかもしれないけど、そこが自分の弱点というかキャラクターと捉えて、そのために考え方を色々変えて「失敗してもいいんだ」「結果より積み重ね」といった感じにすると強くなれる。その先に未来があるわけだからね。と僕は明日の為の話をしてみました(笑)


玉)さあ!明日の今頃、右京さんはどんな表情で富士にいるのでしょうか(笑)


右京)本当に今中大介は大人げなく一生懸命本気でト練習しているからね。


玉)でもファンライドというメルマガで秘策があるって右京さんが言っていたと聞いたのですが、秘策とは何だったんでしょうか?


右京)いやー、まあ、秘策が5個も6個もあったんだけど、シミュレーションしてみたら全部空振りだった(笑)


玉)本当ですか?(笑)


右京)正直言うと3回位富士山に登って、1時間20分位走ってたんだけどおもしろいくらいタイムが変わらない。何回やっても進歩なし。もう年齢的な天井に来ちゃったかなと2、3週間くらい前に思ってた。でもそのあとにあることがあったの。夜中に移動しなくてはいけなくて、トレーニングする時間がなかったから自転車で行こうと思って普通より過酷な状況になったの。そしたらスイッチが入って「やってやろうじゃん」という感じになった。人間て言葉とかじゃなくて強制的にやると火事場の馬鹿力じゃないけど、そういうスイッチはあるんだなって思ったよ。


玉)そういうのやっぱりあるんですね。


右京)なんてね(笑)
最近はTOJ(ツアー・オブ・ジャパン)とか勝ったりすると本当に世の中が美しく見えるんだなっていう状態になっています。


玉)それは本当に大きなことですよ。


右京)物事うまくいかなくて荒んでやさぐれていくとダメですからね。今はゴルフでOB打ったってあの白い杭見ただけで「ありがとうございます」っていう状態だからね。もしこの世の中にこのOB杭がなかったら、アウトなのかセーフなのかわからなくなってしまうからこの杭のおかげで判断できますっていうね(笑)


玉)全てのことに感謝ですね(笑)いいですね。右京さんにお願い事するなら今ですね。




今週のお便りのコーナー


春日部市の女性(54歳) RN「ポリママ」さんからのお便り


おはようございます。
今日は鎌倉に向かう途中の車の中で主人と聞いています。今日は鎌倉でレンタサイクルで御朱印巡りをしてきます。いくつ回れるか楽しみなのですが、ありがたく御朱印をもらってきます。自転車で回っても健康にいいのか分かりませんが・・・。



右京さんのお答え



玉)健康にいいんじゃないですか!鎌倉エリアとかもそうですけど、あの辺はレンタサイクル充実していますよね。駅で自転車借りて、お寺めぐりとかして別の駅で返すとかもできるんですよね。


右京)自転車も積める車両とかも今やりだしているから、そういうところにすごい未来を感じるね。観光の目的なんだろうけど、それによってテリトリーが延びて色んな所に行けるから健康にもなるし、ましてや御朱印とかをもらったら幸運ももらえて楽しそうですよね。

 
玉)そうですよね。神奈川とか三浦のほうにもレンタサイクルがあって、京急で三浦海岸に行ってそこから自転車に乗って埠頭の方まで行けるんですよね。


右京)三崎港とかあっちの方に行くとマグロの定食とかあって凄い美味しいよね。


玉)京急の「みさきまぐろきっぷ」というのがあってですね。凄いお得なんですよ。バスも乗り放題でランチにどこでも好きな丼ぶり食べれる券がついているんですよ。


右京)楽しそう!それでレンタサイクルで自転車こいでカロリー使っておけば思う存分食べれますし、フェリーに乗って千葉側の方に行ってマザー牧場でソフトクリーム食べてもいいですね。


玉)いいですね!本格的に梅雨が始まる前にぜひそういう遊び方したいですね。ここからはアジサイの季節にもなるのでいいですね。


右京)紫陽花寺とか昔よく行ったな。


玉)「長谷寺」、「明月院」、「成就院」が有名だそうです。


右京)もうつぶれて無いかもしれないけど、長谷寺の前の左側に、旅館があってね。1人で時間があると泊まって、なんの意味も特にないんだけどお風呂がタイル張りのお風呂でそれが気に入ってね。2階の窓から江ノ電の踏切の「カーン、カーン、カーン」ていう音を聴いてね。ご飯もないからゲタはいて外に食べに行かないといけないんだけど、そういう雰囲気が好きで暇があると泊まりに行ってた。


玉)いいですね。
土日とかは結構混む場所が多くなると思いますが、ぜひみなさんレンタサイクルも使ってみてください。観光で周りたい場所は歩いている方も多い場所ですので、便利ですけどルールとマナーを守って気を付けてください。


右京)本当にそうです。キョロキョロしていると危ないですので気を付けて運転しましょう。





番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!




今週一曲 

M  ゾンビ   /  The Cranberries   

ハピリー  16:04

2017年6月 4日

6/3 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。



右京)おはようございます。


玉)おはようございます。ようやく6月に入りましたね。今日は言わなくてはいけないことが2つございます!
右京さんお誕生日おめでとうございました!


右京)ありがとうございます。そんなにおめでたい事ではないですけどね(笑)


玉)今週の初めでしたね。


右京)たくさんの人からお祝いの言葉をいただきました。さっきも番組が始まる前にまさかのケーキが登場しましたね。マウント富士ヒルクライムに向けて甘いものを断って体重を落としている僕に向かってね(笑)


玉)ちょっとした嫌がらせのような(笑)


右京)でも本当においしかった!ありがとうございます。
image0603.JPG


玉)そして何と言っても「ツアー・オブ・ジャパン」優勝おめでとうございます。


右京)本当にたくさんの方のおかげです。選手にも言っていたんだけど、「僕たちは将来ツール・ド・フランスを目指しているけど、僕たちは日本の登録チームで、いろいろな課題はあるけど現時点で最も重要なレースなんだ」って。未来が一番大切だけど、未来を作る今が一番大切だってことを外国の選手にもみんなに伝えてわかってもらえた。でも外で見ているより結構色々あったんですよ。


玉)そうなんですか?


右京)スペインの選手とかオーストラリアの選手とか来て、みんな4番バッターでみんな横綱みたいな感じで強い。アシストを人のためにするっていう、誰かのために一生懸命やるのは大変なことで中々難しい。だから喧嘩になって怒鳴りあいになったりもして夜ミーティングしたりもするのよ。でもやっぱり選手はアドレナリンが出ちゃうものだから、本当は総合1位2位だったからハッピーだったんだけどね。終わってからホテルの部屋でミーティングしていたら1位のオスカルが2位のネイサンの所に行って「ごめんな。ちょっと熱くなり過ぎた」と言って二人でハグして。でもそこでB級映画みたいに僕が入っていって「よかった、よかった」と言ってもそこは変わる物じゃないし、二人がちゃんとわかっていればいいからね。結果的にそのおかげで全員で総合も個人もタイトル獲ってるから、賞金もいっぱい入っています(笑)


玉)それも言いますか(笑)大事なことですよね。


右京)でもそれでもみんなたくさんレースに出て、たくさんアジアとかでもポイント獲ってくれているからね。
でもどうも赤字なんだよな(笑)


玉)それだけなかなかバランスがうまくいかない物なんですか(笑)


右京)でもそんなことは、また会社の床に泊まって穴の開いた靴下をはいたりして節約すればいいですからね。


玉)右京さん。皆さんどのくらいまでその話が本当なのかと思って聞いていると思うんですけど。結構本当なんですか(笑)


右京)一つ皆にいい事を教えてあげる。もし右の靴下に穴が開いている状態でお客さんとして人の家に御呼ばれしたとき。左に履き替えてください。穴が中指の方にいって見えなくなります。
そういう話をしてそういう生活を本当にしていると、二つの現象が起きていて。一つは誕生日に友達がネクタイや靴下を使い込んでいるだろうとプレゼントしてくれたりね。もう一つの現象は奥さんが「恥ずかしいからそういうこと言わないでよ。ちゃんと買ってるじゃない!」とかって言われています(笑)


玉)そりゃそう言われますよ(笑)
たくさんの方から「応援行きました」とか「優勝おめでとうございます」というメッセージが届きました。


右京)本当にたくさんの人たちが応援してくれて、どうもありがとうございます。


玉)5/21(日)大阪・堺市を皮切りに先週の日曜日5/28の東京ステージの8日間に渡って開催された「ツアー・オブ・ジャパン」でチーム右京は総合優勝。オスカル・プジョル選手は6日目の富士山ステージでのリードを守って、2年連続の個人総合優勝に輝きました。


右京)マルコカノラっていうイタリア人の選手が超早くて、第2ステージは逃げて勝ったり、第3ステージも連続して勝ったりしていた。でも振り返るとその時に2位だったのがうちのチームのジョンで、逃げ切りはされたけど集団が最後捕まえていたら、ジョンがその集団のトップだったから勝っていたかな。第3ステージでカノラが勝った時もジョンが3位に着けていたり、飯田の南信州ステージでまたカノラが勝った時、同着で同タイムで2位だったのがネイサンだったりと本当だったらうちが4勝とかできたかもしれない。


玉)常に射程圏内だったんですね。


右京)残念だったのが、総合の順位で8位につけていたベンジャミン。伊豆のステージでアシストに徹してくれていたんだけど、ゴールまであと500mくらいの所でオスカルとネイサンと3人で絡んで転倒しちゃった。ゴールはしたんだけどそのあとすぐに病院に連れて行ったり、ネイサンもあちこち擦過傷で血だらけになっていたんだけど、アシストがいなくなってしまうから頑張ってくれて、東京ではしっかりアシストしてくれた。


玉)すんなりとは言い切れないかもしれないですが、しっかり結果を出してくれたレースなわけですね。


右京)そういう一つ一つのことが、たぶんその時には大きな問題になっていく。でもそれをみんなが話し合ったり解決していくかで変わる。本人たちが言うんだけど、少し冷静になったところでオスカルが「僕たちは本当に強くなったと思う」と言っていたの。今チーム内では英語のみの会話にしているの。スペイン人がスペイン語だけだとグループが出来てしまうから。日本人も英語のみにしてみんなたどたどしくてもいいから共通の言語でやろうと決めている。それでみんなが「強くなった」って言ってくれたから、言葉でしか解決できない物もあるから大切だなって感じたよ。僕たちが世界を目指すなら本当のグローバルな感覚を持つ事が重要だなと思います。


玉)何か気持ちを伝えあうツールと言う意味で色々持つべきですね。


右京)僕もF-1とか行ってた時に、背中の大きなスポンサーのワッペンの下に日の丸を背負って君が代を歌ってました。その僕が外から見た時に、島国根性と言い方は変だけど、そうなっていくのは21世紀ではちょっと滑稽だからね。


玉)どこで戦っているのかっていう事をちゃんと見ていないといけませんね。選手たちは今、熊野ですか?


右京)熊野に入ってプロローグも始まってやっています。ベンジャミンとネイサンはケガをしてしまったので、その分キャプテンの畑中君とか徳田優は最初から出る予定だったけど、そこに平塚君とかロドリゴっていう地味にレースをいつも前で引っ張ってくれる選手を残してそっちも連覇を狙っています。


玉)6月4日までがツール・ド・熊野になります。






今週のお便りのコーナー


板橋の男性 RN「高齢ライダー」さんからのお便り



美沙さん、右京さん、おはようございます。
右京さん、ツアー・オブ・ジャパン。総合優勝おめでとうございます。小生は、大井ふ頭周回コースの自主警備でツアー・オブ・ジャパンに参加しました。警備なので、選手の走りを見ることは出来なかったのですが、背中で選手の風を感じて楽しみました。
これからのチーム右京のご活躍と選手のみなさんが事故や怪我のないことを祈っています。




右京さんのお答え


右京)祈ってくれていたのにやってしまいました。
警備の人たちはいっぱいいて、何千人っていて成り立っているのね。そういいう人たちはお客さんに向かって立っているからレースは見れないわけですからね。それで後ろに風の音だけが聴こえるわけですね。


玉)だから背中で選手たちの風を感じていたんですね。


右京)そう意味では距離感的にはすごいスピードがあるから危ないですよね。でも本当にありがたいことですね。

 
玉)好きだからお手伝いをっていう方も非常に多いでしょうから、本当だったら振り返ってみたい気持ちもあるでしょうね。


右京)両方注意してもらわないと危ないのは危ないですからね。来週もよろしくお願いいたします。




番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

今週一曲 

M  BEAUTIFUL NOW   /  ZEDD    

ハピリー  14:30

2017年5月28日

5/27 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。



右京)おはようございます。


玉)おはようございます。5月もようやく終わりになります。そして6月が始まりますので、マウント富士ヒルクライムまで2週間に迫りました。


右京)この1週間が大事で、ここでもう一度刺激を入れなければならない。そこからはだんだん負荷をかけずに疲労を抜いていく期間に入ります。ここまでの仕上がりを見てくると、歳を取ったせいで回復に時間かかったり、スケジュールの中で走ることも減るのかなと思っていたけども、ズイフトのおかげもあって僕の心はまだ衰えていないことがわかった。肉体は衰えてきているけどまだ心はピカピカです。

人間のモチベーションは考えても上がらないけどやったら上がる。踏み出してみたら僕もやっぱりモチベーションが上がった。最初は160ワット位でフーフー言っていたのが180ワットになり、200ワットになり、240ワットも出るんだけどたった3分しか継続できないで床に倒れこんで気持ち悪くなって仕事場で迷惑かけたりとかあったのが、240ワットで30分を2本できるようになった。

玉)全然違うじゃないですか!


右京)ただし、連続すると違うし富士山の場合は空気が薄いです。「30分」と「1時間」と「1時間15分」で走る人の最後の10分間は高所順応の差で違うんですよ。去年も1時間で走るつもりの練習していたけど、1時間13分でゴールしたから、その「13分」の間に垂れてきてしまった。で後ろから来た今中大介に追いつかれて捲られて捲り返して同時にゴールみたいな感じだったからね。だから今イメージしているのは、4合目過ぎて51分から52分あたりの出力を維持できる筋力なのかあきらめない心かです。体重もここからは落としていきます。体重が60キロの人は5倍踏むと300ワットで、体重が55キロの人は275ワットでいいわけだから、同じスピードなのに出力は下げられるから有利です。


玉)数字の話がめんどくさくなってきましたね(笑)
素人にわかりやすく「ワット」の説明をしますと、ワット数が多いと負荷がかかってくるためしんどくなっていきます。電子レンジの強600ワットはすごく温めるための「熱量」みたいなことですね。


右京)そうです。だから少ないエネルギーで同じスピードを出せるには重い物を運ぶより、自分が軽くなった方がいいのでこれから調節していきます。ただあまりやりすぎると風邪を引きやすくなったり、体力が減っていったりしますのでちゃんと食べながらやらないといけませんね。


玉)落としたいのは「体重」であって「体力」ではないですもんね。


右京)今マウント富士ヒルクライムに向かって同じことをやっている人が1万人はいますね。


玉)右京さんだけではなく今中さん達もやっているんですね。


右京)参加者が1万人弱位だからね。年代別で去年は僕が18位で今中さんは19位、このコンマ2秒は大きい。アップの仕方をどうするかなと考えていて、前日にフォーミュラEが真夜中まであるけどそこまで寝不足は関係なくて、やはりアップの仕方が重要かなと思っているね。


玉)いよいよ佳境なのが伝わってきますね。


右京)アドレナリンが出てきました


玉)応援にいかれる方はわかりやすいようにチームUKYOのタオルを持っていただくとありがたいですね。


右京)特に黒と黄色のうちのチームカラーのタオルを持っていてだくとアドレナリンが57倍は出ますね


玉)だいぶ出ますね(笑)皆様ぜひチームUKYOのタオルを持って応援してくださいね。




今週のお便りのコーナー


流山市の男性RN「どすこい大将」さんからのお便り


右京さん、おはようございます。
先日、商店会の日帰り旅行で、茨城県巡りをしてきました。私はバスの運転をしたのですが、笠間(かさま)の出雲大社に立ち寄って、「ひたち海浜公園」で電動アシスト自転車に初めて乗って、公園内の花を見て回りました。
その後に、いそざき温泉で昼食を食べて、温泉に浸かって、那珂湊(なかみなと)おさかな市場に回って帰りました。天気も良く最高の日帰り旅行でしたが、電動アシスト自転車なのに足が笑ってしまい、運動不足が露呈してしまいました。電動アシスト自転車をなめていましたね。



右京さんのお答え


右京)あくまでアシストであって自動じゃないからちゃんと踏まないとね(笑)漕ぎだしはアシストしてくれるけど、ある程度のスピードが出るとアシストは切れます。基本的には体を使う物ですからね。

将来はヨーロッパのユーロバイクショウで出た「e-bike」というスピードが出るアシスト性の高い自転車が出てくる。普段運動不足の人も年配の人でも50キロ出せる自転車がヨーロッパの自転車専用高速道路で走っています。そういうスポーツとか趣味の自転車ではなく移動手段、交通の手段として出てきました。次の時代の問題点もあるかもしれないですが電動の部分は姿を変えて進化していきますね。その問題点を抜きにしても綺麗な景色を見に行くのをきっかけに電動アシストに触れてもらった方が日本は山や坂が多いからいいですよね。


玉)そうですよね。なんだかんだ言って多いですよね。


右京)ちょっと反省しているのが、「なにが電動アシストですか。軽いロードレーサーに乗ったらどんな坂だってちょっと鍛えれば誰でも登れるじゃないか」とずっと思っていたけど、それは偏見だなと思いました。やっぱりみんなケイデンスがどうとか、ワットがこうとかじゃなくて、「自転車」という素朴な存在はフレンドリーじゃなくてはいけないなと思ったね。

 
玉)そうですね。電動自転車が生まれたことで日本における主婦の皆さんをどれだけ救ったことか。これは大きいですよ。


右京)子供を前後に乗せたりね。日本は基本的に2人乗りも禁止なのに3人乗りはOKという特殊な状態ですよね。


玉)でもあれがあるからこそできることが主婦には非常に多いですからね。


右京)隙間産業じゃなくてあれが中心の状態だからね。


玉)そういう意味では自転車に触れている人間が多いから、自転車の乗り方とかルールを全員に行きわたらせないといけないのが日本の社会ですね。


右京)それを含めての「Radio Koguuu!」にしたいですね。


玉)ママチャリでの交通安全講座とかやりたいですね。学校とかでもどんどんやってほしいですけどね。


右京)他の会議で言ったんだけど、警察のことを悪く言うわけではないんですけど、自転車活用推進法があって矢羽根型路面表示の自転車レーンがあっても、そこに警察が取り締まりの為にパトカーを止めちゃったりしていて、そうなると自転車は通れないし道路側に出ると危ないしと徹底できていないから、やはり時間はかかるかなと思うね。皆が少しづつ伝えていくしかないね。


玉)「Radio Koguuu!」では自転車にまつわる話をしていますけど、自転車を含む日本における乗り物であったり交通のお話もしていきたいですね。




番組では皆さんからの質問を受け付けています。

自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。

メールの方は、 tama@joqr.net

ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!


今週一曲 

M  EVERY BREATH YOU TAKE   /  POLICE    

ハピリー  16:54

2017年5月20日

5/20 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。



右京)おはようございます。


玉)おはようございます。5月もあっという間に過ぎましたね。


右京)そうなんですよね。今月はスーパーGTが2回あったり、ほかにもレースがあります。その中でこれから大変なのは「ツアー・オブ・ジャパン」です。何より自分たちは連覇をしなくてはいけないので、日本では一番重視しているレースだね。それから6月の頭にツール・ド・熊野や全日本もあります。


玉)スーパーGTもシーズンインですよね?


右京)そう。開幕戦で優勝しました。今年はヨコハマゴム100周年という事なので「絶対チャンピオンを獲るんだ」と意気込んでいたからね。開幕戦が終わって祝勝会もしたのですが乾杯を少ししただけで、本当に喜ぶのはシーズンオフにしようという感じになりました。


玉)終わった後に「シーズン通してよくがんばった」「よくやった」と言って乾杯したいですね。


右京)車も変わっていないし、ドライバーも変わっていない、メンテナンスも変わっていないとなると誰が頑張ったのでしょう?レースに大事なものです。そう監督が変わったことです。


玉)自分で言っちゃいましたね(笑)


右京)冗談です(笑)本当はちょっとドライバーが運転することに慣れたかなという印象ですね。


玉)そうですね。全く同じ事はないですから、皆さんが少しずつステップアップしてますもんね。


右京)みんなでブラッシュアップして、タイヤのように薄皮をはぐような作業で努力して進めていってます。だからこそ終わりがないから厳しいよね。


玉)次またその次という感じになりますね。


右京)話がすごい変わるんだけど。
この前「疲れたと言ってはいけない」って言ったよね。疲れた時はもう一人の自分が出てくる。よく疲れた時に怒るタイプの人がいるじゃない?ちなみに僕がそのタイプに近いから気を付けているんだけど。その自分を客観視するのは凄くいい事だと思う。

もう一つは「お金に困っ時」そういう時に出る自分は親の教育が出ちゃうなと思ったの。


玉)お金がないと気持ちがすさむって言いますもんね。


右京)そう。あと感謝ができないからすぐ荒んで「世の中が悪い」「社会が悪い」みたいになると思う。それは親を見ていてそうなりがちなんじゃないかなって。

最後に寝てなくて寝不足になって、疲れているとも違う感じになると生き方とかが出ちゃうかなと思うよね。


玉)それぞれにどういう物が出てくるのか、違うんですね。


右京)そう。止めちゃうか、寝ちゃうのか、それとも立って続けるのか。そういう時こそ「修行」だよな、と自転車のローラーを漕いでいる時に考えています。こういう感じで一個一個試されているんだなと感じたね。


玉)すーっと考えているわけですね。


右京)そういう自分を楽しみながら、自分が見えたら気づいたのは大切なものは言動。妬みやコンプレックスがない人はいないから気をつけようね。


玉)時期的には5月病と言われるものもありますよね。気持ちが疲れるのはしょうがないです。その時にどんな自分で立ち向かえるかですね。


右京)その通り。無理する必要はないから、疲れたら疲れたと言ったり休んだ方がいい。でもその代わり、人にあたらないし、自分にもあたらないでしっかり仕切りなおす。そこで「こういう時に自分はこう思うんだ」と少し楽しむくらいで。


玉)なんで疲れたんだろうか?と考える位になりたいですね。


右京)間違っても「根性!」という頑張り方にするとたぶん悪い方向に行くかもしれませんので気を付けてください。長い目で観てあげてください。






今週のお便りのコーナー



さいたま市の男性RN「マッキュー」さんからのお便り



右京さん、おはようございます。
先日、サイクリングロードデビューを果たしましたが、走り方を教えて下さい。サイクリングロードにセンターラインみたいなもので区切られていたので、車道感覚で左側のハジを走って、歩行者や障害物があれば、後方確認をしてよけて走っています。堂々と走っていいような気がするのですが、サイクリングロードの走り方としてあっていますか?
あとチームでロードを走っている人たちが横一列で走っていて、非常に楽しそうなのですが、サイクリングロードで横一列は「有り」ですか?





右京さんのお答え



右京)難しいところですね。そもそもこのサイクリングロードが本当のサイクリング道路かと言うところもあります。荒川のサイクリング道路や多摩川のもそう呼ばれていますが、実はあれは緊急対策避難通路という国土交通省の管轄なのでサイクリング道路じゃないんです。


玉)そうなんですね。


右京)そういうところなので、犬の散歩している人や、ゴルフ練習をしている人、または野球をしている少年たちがいるカオスな空間です。その意味では「こういう走り方をしてください」ということを言えないんです。
ここが自転車の持っている問題の集約点です。でも基本は一般道と同じように歩行者優先で、自転車がいるならば並走はしない。でも誰もいないのであれば縦に並んで走る必要はないのでマナーで気を使っていれば横並びでもいいと思います。でもさっき言ったように急に少年野球の子供が突然飛び出してきてぶつかる事故や、逆に自転車の女の子がぶつかって転んでしまう事故も起きています。なのでそこは想像力を働かせて自分の身と相手を考えながら走ってほしいですね。

 
玉)そうですね。この方は分からないなりに左側を走って、歩行者障害物があれば後方確認をしてから避けてと気にされているので間違いではないですよね。


右京)間違いではないです。日本でちゃんとしたサイクリング道路はまだそんなにないですね。かといって茨城県の筑波山の麓の「リンリンロード」みたいなところでも、自転車道路なんですが、ほかの歩行者が走っていけないわけではないんです。そういう難しい事なんです。


玉)非常に言いにくいのですが、ものすごくモラルという言葉が重要なポイントになってきます。


右京)すべて自分を中心に考えると人の行動がイラつきます。でもアインシュタインが言うように「自転車は人生のごときバランスを取り、漕ぎ続けなければ倒れてしまう」と言う感じでみんなのおかげで成り立っている部分もありますので、自転車に乗る人はそういう気持ちを持ってください。本当に漕ぎたくなったら「富士スバルライン」に行ってください。そこでタイムを取ってみてください。早ければ早いほど褒められます。


玉)右京さんに会うかもしれませんね(笑)


右京)今中大介さんもいるかもしれません(笑)






番組では皆さんからの質問を受け付けています。

自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。

メールの方は、 tama@joqr.net

ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!


今週一曲 

M   デンジャー・ゾーン   / ケニー・ロギンス    

ハピリー  17:42

2017年5月14日

5/13 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。


玉)おはようございます。先週チームUKYOがいい成績を残していますという話をして、その時に「ツール・ド・ロンボク」の話もしました。その時に突っ込もうかと思ったのですが右京さん綺麗に日焼けしていますね。


右京)みんなに言われてます(笑)車に乗って監督カーから指示していると、右手と体の半分しか焼けないわけです。そうなると不健康見えるから、プールサイドに行って左半身は日向で右半身はヤシの木に隠してバランスをとりました。


玉)バランスの為だけですか?嘘ですよね(笑)


右京)玉ちゃんを悔しがらせるためだけに夕方の綺麗な光の中でプールに映るヤシの木を撮影しました。


玉)写真を見たのですがめちゃくちゃいい景色でしたよ。くそー!


右京)5つ星のプール付きのホテルでした。同じところに毎日泊まって、少し遠いんですが毎日スタート地点に行ってレースをやって帰ってきていました。最後の祝勝パーティーは海沿いのレストランでロブスターを食べましたよ。


玉)5つ星のホテルを拠点にしていたんですか!?そりゃいい成績残しますね(笑)


右京)でもこれ言うと怒られちゃうかもしれませんが、やっぱり日本が一番いいかな(笑)海外に行くと疲れるお年頃になりました。

僕がスポンサーの方たちとかの対応ばっかりやっているから、皆が気を使ってくれて「監督、たまには現場に行って楽しんでください!選手も喜びますよ」と言ってくれたんだけど、選手は逆に気を使うし、僕は僕で暑いところに出ると疲れちゃうからね(笑)


玉)ダメじゃないですか右京さん!6月11日まで1カ月きりましたよ。そんな暑さに負けるような体力で「マウント富士ヒルクライム」大丈夫ですか?


右京)もうZWIFT(ズイフト)しか乗ってないからね。外ではほとんど走ってない(笑)


玉)じゃあ本当にロンボク焼けなんですね(笑)


右京)完全にロンボク焼けです。ほとんど外で乗っていなかったけど、1回だけGSRカップっていう、変態による変態の為の変態が出るレースに出ました。その時、意外と調子よくて速く走れたから仕上がってる気はしているよ。

今中大介のFacebookを毎日チェックしていて、毎日健全に外を走っているのに比べると、僕はインドアでズイフトばっかりに乗っているけど、いい勝負するんじゃないかと思ったね。


玉)両極端なタイプの二人っていう話は先月も出てましたよね。対今中対策は万全にって感じですね。


右京)映画のロッキーに例えると、野生児で外で走っている主人公が今中さんで、僕はロシア代表のコンピューターを使っている選手。そのせいで負けそうな気がするけどね(笑)


玉)面白い試合ですね!今中さんのデータを取るために毎日Facebook見ているんですね。


右京)そのくせにイイねは絶対しないけどね。見ているのがバレちゃうから(笑)


玉)6月11日 日曜日がマウント富士ヒルクライムでございます。皆さんぜひ右京さんの応援をよろしくお願いいたします。




今週のお便りのコーナー


千葉県八千代市の女性(62歳) RN「猫のダヤン」さんからのお便り


おはようございます。

右京さんは、相模原市の「名誉観光親善大使」をなされているんですね。相当に忙しいと思うのですが、「観光大使」とは具体的にどういう活動をされているのか気になります。大使ってなんですか。教えて下さい。よろしくお願いします。



右京さんのお答え


右京)ボーイズビーアンビシャスの大志とは字が違うからね。マグマ大使の方ですね。


玉)「志」じゃなくて「使」う方ですね。


右京)なんにもしてなくて早10年経ちました。この前委嘱式をやりました。ソムリエの田崎さんも小学校の頃の先輩なので観光大使になりました。あと文化放送でおなじみのタブレット純さんもなってくれました。それで僕はどうなるんだろうと思っていたのですが、市長とかが「片山君はずっとやってくれているからね」といって「終身」という肩書が付き「終身名誉観光大使」となりました。


玉)すごいですね!終身がついてる名誉観光大使なんですね。


右京)相模原市のいいところもちゃんと話していて「渋滞の鵜野森交差点とか有名ですよね」とか言ってたら「それディスってるじゃないか」と言われたりね(笑)


玉)右京さんだから言えることですよね(笑)


右京)でもリニアモーターカーも来るって言っているし、緑区という本当に自然豊かなところにチームUKYOのベースキャンプもありますし、そういう意味では未来的な部分と自然の部分を両方持っている場所ですから皆さんぜひ移住してきてください。


玉)それで質問の内容なんですけど「どういう活動をしているんですか?」にはどう答えときますか。


右京)それは、、、次のお話で(笑)


玉)相模原のいいところをお話したりするんですよね(笑)


右京)桜祭りとかスポーツフェスティバルとかのお祭りで子供たちと走ったり、たまに審査員やったりしています。

あとJCOMさんで相模原のいいところを伝えようと努力しています。


玉)色々してますね。


右京)だけどだんだん皆さんあきらめてきて、ちゃんとした方を立ててきていますね。


玉)それが田崎さんやタブレット純さんなわけですね。コグーでも相模原のベースキャンプのお話とかしてますから、それも立派に紹介していますよね。


右京)だって知らなければ相模原ナンバーを「すもうナンバー」って読まれていたからね。


玉)私も大阪人ですからなんて読むんだろうとは思っていました。

じつは私の父が単身赴任で相模原にいたんですよね。だから相模原には行ったことがあります。これでは観光大使になれないんですよね。


右京)僕も似たようなものだけどね(笑)


玉)相模原のことを聞きたい方はコグーの右京さんあてに送ってきてくださいね。


右京)なんでも答えられますよ!




番組では皆さんからの質問を受け付けています。

自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。

メールの方は、 tama@joqr.net

ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!




 

今週の一曲 

M   ライディング・ハイ~汚れた英雄   / ローズマリー・バトラー    

ハピリー  13:50

2017年5月 7日

5/6 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。

koguuu05.JPG

右京)おはようございます。


玉)おはようございます。世間はゴールデンウィーク残り2日ですね。


右京)毎年のことですがスーパーGTに、チャレンジスクールと、僕にはゴールデンウイークはないです。


玉)5月7日は今年最初のチャレンジスクールですね。


右京)そうですね。「ボルダリング」を行います。

去年は自転車が忙しくて回数が減ってしまったけど、今年はボルダリングに夏のキャンプに秋の登山に冬はスノーハイクとばっちり予定しています。

チャレンジスクールで思い出したんだけど最近いいことがあって、名前は変わってしまったんだけど20年位続けていて、最初の頃に参加していた人からお手紙を頂きました。お礼の手紙みたいな感じで、「チャレンジスクールで教わったおかげで、つらいことがあったけど立ち直れました。」という内容と一緒に写真が送られてきて、僕と一緒に写った写真と僕が書いたメッセージをずっと持っていてくれたんです。


玉)しかもこれは額縁に入っていますね!ちゃんと取っておいてくれて、写真に写して送ってくれたんですね。

右京さんのメッセージ読んでもいいですか?「挑戦すること、あきらめないこと、頑張ることは恥ずかしくないこと、体は心が動かしていること」


右京)そういう幼稚園で教わるようなことで、誰でも当たり前のことだけど忘れてしまうから皆で応援しあいましょうって感じですね。


玉)素晴らしい。20年前に小学生になった方ですから、もしかして社会人としてなにか挫折があったのかもしれないですが、その時にこれを思い出してくれたんですね。


右京)これを持っててくれるなんて、本当にやっててよかったなと思いました。単純な「頑張れ」っていう言葉は無責任にも聞こえるから難しい言葉ですけど、みんな「頑張りましょう」って今自分に言っている気がします(笑)


玉)5月7日はどんな子達が来てくれるんでしょうね。楽しみですね。

話は変わって、右京さんは現在忙しいです。


右京)忙しいって言っちゃいけないんだよ(笑)


玉)心を亡くすって書きますもんね(笑)ただそんな忙しい中でちゃんと報告したいのはチームUKYOがかなり好調であること。

「ツール・ド・台湾」で優勝しました。右京さんが監督として参戦した「ツール・ド・栃木」は第1ステージ優勝しまして、第3ステージでワン・ツゥーフィニッシュしました。「ツール・ド・タイランド」では、第3ステージを獲ってポイント賞のリーダー・ジャケットをゲット、ネイサンが山岳賞を獲得。インドネシアで開催された「ツール・ド・ロンボク」は個人総合、ポイント、山岳賞のすべてで1位という完全優勝。

今年は右京さんが行くと勝つ!


右京)皆は僕が来るとプレッシャーもかかるから、いい意味で来てくださいって言ってくれます。僕は全部勝つ必要ないんだけど、勝てるレースを落とすことはいただけない。台湾もインドネシアも勝って完全優勝を喜ぶより、むしろ栃木とかタイで失敗した件です。1日目に運もあってリーダー・ジャージをゲットしたのに、うちを負かすために他のチームが波状攻撃でアタックしてきて、その時チェックに入るときにエースが自分で動かずにアシストに「追っかけろ」と言ったの。

エースだから当たり前の行動と思われるけど、勝たなきゃいけないプレッシャーがある人間は人と協力する時に自分から動かなくてはいけない。その勇気がなかったから残念で、タイも言い方は変かもしれないけど同じ理由で守ったの。だから負けてもいいからその時にリーダーとして見せてほしかった。いつも言っているけど、9回裏2アウト満塁の時に見逃し三振だけはするな。空振りでも負けてもいいけど振って来いって言っているんだよね。


玉)今後はそういうところを見せてほしいという監督のリクエストですね。


右京)失敗して負けちゃったけど、ツール・ド・栃木のダイジェストがFacebookとかでアップされていてカッコよく編集してもらっているのでぜひ見てみてください。


玉)チームUKYOのHPにいくとダイジェストムービーが見られます。右京さんが監督カーを運転しているところや優勝して喜んでいる姿など。


右京)素で喜んじゃって。勝つと思っていなかったから(笑)


玉)言っちゃいましたね(笑)ぜひチェックしてみてくださいね。



今週のお便りのコーナー


栃木県那須郡の男性 RN「那須のツッキー」さんからのお便り


たまちゃん、右京さん、おはようございます。

ハピリーの後、ツールドとちぎの2日目に行ってきました。(2日目の土曜日)ゴール50メートル前でものすごい速さで駆け抜けていく選手たちに大興奮!そして、ゴールとなった「道の駅・友愛(ゆうあい)の森(もり)」に戻るとなんとレース直後の右京さんがいるではないですか。右京さんに声掛けて、一緒に写真を撮らせて頂きました。カミカゼウキョウと一緒に写真も撮れて、最高に興奮した1日になりました。ありがとうございました。


右京さんのお答え


右京)こちらこそありがとう。


玉)他にもいっぱいツール・ド・栃木で右京さん見た!というメールをいただきました。


右京)自転車の競技のいいところは、F1と違ってすぐに選手とも監督とも一緒に居れて「よかったですね」とか写真撮ったりできるとか身近なところだよね。

 

玉)みんな勝って帰ってきた選手たちとハイタッチしたりしてますもんね。


右京)だからヨーロッパとかでも盛り上がりますよね。F1のこと言うと怒られるかもしれませんけど、すごい高いパスでパドックとか行くのに金属探知機とかあったりね、僕がやってた頃はジャーナリストの人とかスポンサーの人とかメカの人とかとサーキットに入ったら特に作戦会議とかではなくみんなでご飯食べて「明日から頑張ろうね」みたいな感じでやっていたね。それで世界中転戦していたから「F1サーカス」みたいに言われていました。今はちょっと物々しい雰囲気になってきてるね。


玉)やっぱりマシンの付近は危険だからっていうことももちろんあるでしょうし、精密機械だからっていうこともあるでしょうね。


右京)応援してくれている人たちとの距離感を少し考えてほしいね。


玉)色んな形でファンミーティングっていう物が設けられているのかもしれないですけど、距離感というのは自転車レースと比べるとあるかもしれませんね。ぜひみなさん臨場感を味わってみたい方は自転車レースを一度見に行ってみてください。


右京)栃木のこの大会は初めて行われたのに凄いオーガナイズがしっかりしていて、道路も全面封鎖してくれているし、パトカーとかヘリが飛んで会場もしっかりしていて凄いなって感じました。日本でもツール・ド・フランスのようにラインレースという毎日違う場所で違うスタート、違うゴールのレースができるんだと思いました。


玉)ちゃんとした準備とそこにかけるスタッフの方の情熱ももちろんでしょうし、責任感がそういう形で現れますもんね。


右京)ボランティアをやってくれた栃木の立哨員という審判も、交差点ごとに立ってくれている人やお巡りさんなど関わってくれた方皆さんに感謝です。


玉)来年もいいレースなることでしょう。楽しみですね。




番組では皆さんからの質問を受け付けています。

自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。

メールの方は、 tama@joqr.net

ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!


 

今週の一曲 

M   見たことのない景色   / 菅田将暉    

ハピリー  12:36

2017年4月30日

4/29 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。


玉)おはようございます。「チームUKYO」は今日4/29~5/1までスペインで行われる「ブエルタ・アストゥリアス」に出場します。

 

右京)レースやりすぎだよね。ずっとレースが重なっているから、本当に自転車しか周りにないってくらいですね。

スーパーGTの富士があるからそっちのチームUKYOも両方とも頑張らないといけないです。


玉)思わずうつむいてらっしゃいますね(笑)

たぶん右京さんは知らないと思いますがゴールデンウイークです。聞いたことはあると思います。


右京)そういうものってどこかで聞いたことがあるな。道が混みますね。楽しいのはわかるけどしっかり前を見て運転してくださいね。


玉)実は右京さん「ADVAN FLEVA」のインプレッションムービーに出演しています。

 

右京)はい。今、本当にタイヤのことを勉強していて、どうやったら伝えられるかなと思っているんですよね。

「スタッドレスのタイヤはなんで雪の上でグリップするの?」とか「世界で初めてスタッドレスを開発したのはヨコハマタイヤなんだよ」とかね。サイプっていう細いシワシワの溝があって、その奥に水がしみ込んでゴムの表面が動くからグリップするの。それを試すためにスケートリンクで普通のスタッドレスとアイスガードとかを比べたりしています。

そういう特殊なことを今やっています。

普通のタイヤで僕が一番オススメの「V105」っていうタイヤ。ハイパフォーマンスカーのスピードが出て、コーナーでGがかかるときに支える特殊な構造をしている。だからADVAN FLEVAは乗ってて楽しいタイヤなんです。

 

玉)乗ってて楽しいタイヤ!皆さん乗ってて楽しい車じゃないですよ!


右京)グリップしているから安全というのが前提なんだけど、滑りやすい路面でもものすごくウェット性能が高くて「AAA」なの。タイヤは車とのすり合わせなんだけど、TOYOTAの86とかスバルのBRZにはかせると、自分たちがレーシングドライバーになったみたいに思うように走れるようになります。

スポーツドライビングの真髄である、ハンドルきった分曲がって、後ろが出そうになった分もすぐ回復してくれる足元を支えているのは、はがき一枚分の接地面積のタイヤだけだからね。

言えば言うほど「ちょうちん記事じゃないか」と言われるけど、お世辞抜きに凄い領域になっているんですよ。

ADVAN Sport V105 はポルシェの純正のタイヤにもなりました。このタイヤは本当にすごいんですよ。


玉)安全を買うっていう言い方ができますよね。


右京)事故とかから避けれるようになりますからね。


玉)ちゃんとタイヤに注目してくださいね。


右京)もう一つマメ知識。タイヤとラジオの繋がりです。

タイヤの真ん中に「アース」が付いているの知っていましたか?前までマンホールとかの上を走るとラジオで「ザザッ」っという雑音がなってしまっていたんですが、その音を消すためにタイヤの中のアースで電波を地面に逃がす工夫がされています。


玉)知らなかった!タイヤありがとうございます。


右京)これからはタイヤが減ってきたときに、ナノテクノロジーで振動とかを周波数にしてタイヤの方から「タイヤが減っていますよ」ってお知らせできるようにする研究もしています。黒くて丸いだけだけどタイヤって面白いでしょ。


玉)面白いですね!そしてタイヤの研究している方たちは凄いですね!タイヤそのものだけじゃなくて色々なテクノロジーの研究者の集まりなんですね。


右京)そうなの。平塚の研究所に行くと「リケジョ」の女の子たちばっかりで顕微鏡をのぞいている人たちが多いんだよ。

生ゴムとかだけじゃなくて、シリカとか合成ゴムであったり硫黄とかを色んなものが入ってきてナノテクノロジーの世界です。未来のタイヤはそのうち喋るタイヤがでるかもね。


玉)すごいいい話なんですが、その中でなんで「リケジョ」って言いたかったのかと思ったんですけど(笑)


右京)僕の中で「リケジョ=頭のいい人」なのでものすごく尊敬しているの。タイヤ屋さんなのに白衣着ているだけで凄いと思っちゃうの(笑)なぜか知らないですけど女の子が多いんですよ。ガンバレ男子!


玉)なるほどそこですね(笑)一回タイヤの詳しい話は聞いてみたいですね。


右京)みんな黒くて丸いからわかりづらいけど面白いんですよ。研究者の人たちならこぼれ話や豆知識をいっぱい持っていますよ。


玉)皆さんからもタイヤのことで知りたいことがありましたらどんどん送ってくださいね。



今週のお便りのコーナー


横浜市の男性「はまちゃん」さんからのお便り


右京さん、玉ちゃん、おはようございます。

先日、カミさんと子どもたちと茨城の「国立ひたち海浜公園」に行ってきました。「港の見える丘」は花が満開で、キレイでした。

サイクリングロードがあり、レンタルサイクルで広い公園内をぐるっと回りました。他にも観覧車やジェットコースターなどのアトラクションやゴルフコース、BMXの公認コースもあって、子どもから大人まで楽しめました。是非一度行ってみてはいかがですか。



右京さんのお答え


右京)知らなかったです。

 

玉)結構人気がありまして、2年くらい前にもメールをいただきました。

自転車は大人(15歳以上)3時間400円、電動アシスト自転車は大人(15歳以上)3時間600円、子ども(中学生以下)は3時間250円になっています。


右京)当然だけど僕の場合は自走で行くから1日中自転車に乗ることになりますね。

 

玉)季節的に海と風が気持ちいいですよね。


右京)どうしても「港の見える丘」っていうと世代的にユーミンの歌になってしまいますね。


玉)あっちは神奈川県ですね(笑)


右京)こういう行ったことがない所に行くのはチャレンジでいい事ですね。


玉)そうですね。お子さんが小さい時はレンタルで安全な場所で親と一緒に自転車に乗れるのはいい機会ですよね。


右京)結構全国にサイクルスポーツセンターがあって、群馬や関西や伊豆にありますからね。

一つだけアホっぽいものがあって、6~8人で座って自転車に乗りながらご飯食べるようなのがありますけど、あれいる?(笑)


玉)アトラクションですよ(笑)


右京)あれを高いお金出して、輸入なのか作っているのかわからないですけど、あれいる?おもしろいですけどね(笑)


玉)見た目が面白いですね(笑)安全運転の啓蒙じゃないですけど、一緒に安全な場所で乗れるのはいい機会だと思いますので、お弁当食べれるやつもぜひ行ってみてください。



番組では皆さんからの質問を受け付けています。

自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。

メールの方は、 tama@joqr.net

ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!


 

今週の一曲 

M   やってみよう   / ワニマ    

ハピリー  14:15

2017年4月23日

4/22 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。


玉)おはようございます。色々な方から右京さんの声を聞いたというメールが来ています。私も見ましたが、「カーズ」の3作目が7月15日に公開となります。それの予告編でレースシーンがあるのですが、その実況をなんと右京さんと福沢朗アナウンサーが担当しています。

 

右京)でもあれ予告編だけに出演で実際に本編には出ていないんですよ。

「カーズ」の1,2もすごく面白いんだけど3は凄く深くて、人生のように何度クラッシュしても立ち上がるという話しです。

そして日本だけ「カーズ クロスロード」っていう邦題が付いています。

僕の予告編はどんな感じかと言うと、レース場を走っているさなか「今日のマックイーンはどこかおかしいですね」という僕のセリフが入ります。その後クラッシュしてドライバーの「はあ、はあ」という息遣いがあって「どこまで走り続けるんだ、、、」というセリフが入ります。勝負やチャレンジする気持ちが詰め込まれている話しですね。


玉)すごい!そっくりそのままこれが予告編です!


右京)僕もね娘と一緒にモアイとゆかいな仲間たちだったか。


玉)モアナです(笑)

 

右京)そう(笑)それを見に行って、カーズの予告編がやっていて自分のセリフのシーンで得意げになっていたら、前に座っているカップルが「今のセリフ片山右京だ」と言っていたので、「オレは後ろにいるぞ!」と言いたかったですがやめました(笑)

 

玉)それおもしろいですね(笑)うちは息子と「シング」を見に行ったのですが、カーズの予告編を見たうちの息子が「あ!右京パパだ!」と声だけで分かったようです。


右京)うれしいですね。いい仕事だったかな。


玉)本当に「カーズ クロスロード」楽しみです。でも本編には右京さんは出ていませんので、皆さん予告編をぜひ見に行ってください。

 

右京)いつか本編で仕事が来るかもしれないので、歌の練習とかもしているんですがなかなか来ないですね。


玉)練習しているんですね(笑)実況だけでは嫌だそうなので本編もぜひよろしくお願いいたします。




今週のお便りのコーナー

 

さいたま市の男性RN「チラ見で二度見」さんからのお便り

 

右京さん、おはようございます。

右京さん、おはようございます。右京さんに質問です。向かい風の強い時の自転車の乗り方を教えて下さい。根性のない僕は自転車をこいで、疲れたら休み、またこいで、また休みを繰り返しています。やっぱり必死でこらえた方がいいのでしょうか。



右京さんのお答え

  

右京)あっさりした質問ですね。うちのダメな選手と一緒じゃないか(笑)

 

玉)乗り方の質問ですが、最後の一言が「必死でこらえた方がいいでしょうか?」というね。なんか素敵な質問ですね(笑)

 

右京)でもプロじゃないからね、無理しないでいいんじゃないかな。人間のモチベーションは「やろう」とするより「やる」方がエネルギーが出てくるでしょ。この時点で必死にこらえていても止まっちゃっているから、たぶん疲れているんですね。自然とモチベーションが上がってきたり好きになったりとかは、大人から見たら彼らのやっていることが見えてるから大丈夫です。未来で待っています。

 

玉)どうしても風が嫌だったら、「ZWIFT(ズイフト)」がおススメです。ズイフトとは、フィットネスとゲーム性をバーチャルの中で融合した世界最大のサイクリングコミュニティ!です。


右京)ところが残念ですが、一人で走っていると風を受けてる時と同じくらいペダルが重いです。誰かの後ろに着くと風がないときと同じで軽くなります。

 

玉)そういうところもちゃんとバーチャルなんですね!


右京)これも覚えておかなくてはいけないことなんですけど、いつかは必ずこらえなくてはいけない時が来ます。その時の為にこらえる練習は大事になってきます。こらえたものが報われる日も来ますので楽しみにしておいてください。


玉)必死でこらえる練習も重要ですね。

ズイフトで「チームUKYO」と走れる企画はやりますか?


右京)定期的にやります。リアルでもまたイベントやります。


玉)チームUKYOの皆さんと走れるイベントもやっていますので、ぜひチェックしてみてください。


右京)すいません。もう一つアドバイスを。よく10年後とか20年後に「あ~あの時頑張っておけばよかった」って言う話があるけど本当にそうで、今50代真ん中になった僕ですが70代になった時に同じ気持ちになるんですよ。だからタイムマシーンで戻って必死にやっています。若い子たちも同じだと思うから、頑張るとよくなる未来も見えます。だから今は頑張ってちょっとだけ必死にこらえてみてください。


玉)まずはちょっとずつですね。ちょっとこらえたら自分をほめて、またちょっとこらえたら自分をほめると気づいたら凄いこらえられる自分になっていると思いますので頑張ってください。



番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲 

M   アリエッティーズ・ソング   / セシル・コルぺル  

ハピリー  15:36

2017年4月16日

4/15 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。


玉)おはようございます。3/22に長野県飯田市で行われた「自転車フォーラム&交流会in南信州」で右京さんは講演を行いました。

 

右京)南信州はツアー・オブ・ジャパンの時に自分たちのホームステージレースをやってくれたから交流もあって、選手たちが大会のサポートライダーで行ったりして応援してくれていたのが、そういうのを機会に「自転車とビジネス」というテーマで、自転車についてそれぞれが持ちよったデータ、例えば経済効果とかの身近なちゃんとした話をしようという企画で凄い画期的でした


玉)どんな方がいらっしゃったんですか?


右京)元シドニーオリンピック日本代表で今自転車ショップとかをやっている鈴木雷太さんがスポーツバイクやシクロクロスやママチャリの売り上げや販売台数の推移を持ってきてくれました。「自転車の売り上げが落ちているらしい」と言われていますが、ママチャリは確かに落ちているけど電動自転車はものすごく伸びていて、ロードバイクなんかも伸びているデータを見せてくれました。

それを見ながらJ SPORTSサイクルロードレースの解説者の栗村修さんや、自転車のイベントをやっている嶋田京一さんがツーリズムのビジネスや未来のビジョン、現状の日本で開かているロードレースの経済効果を話していて、凄いまじめなシンポジウムでした。


玉)凄く中身の濃いお話ですね。

 

右京)これに先立っての基調講演を私が1人で担当したんだけど、タイトルが「自転車と私」。

 

玉)いいタイトルじゃないですか


右京)王様と私しか聞いたことがなかったからね(笑)


玉)部屋とワイシャツと私みたいな(笑)

 

右京)そんなまじめな話をすると思ってなかったから、「小さいころ壊れていた自転車を拾って直してばあちゃんの家に行ったのがきっかけで紆余曲折を経て今ツール・ド・フランスを目指しています」なんて自分だけレベルの低い話をしてしまった(笑)みんなが経済効果の話しているのに、今中大介とどっちが坂道早いか競争しているとかもね。あとでヤバいと思ってチームのお台所事情とか言ってはいけない話を全部話しちゃったからね。


玉)そっちのビジネスの話に行ったんですね(笑)

でもそういうことを聞ける機会が増えていくのは素人目から見ても興味深いですよ。


右京)夢ばっかり語っても、現実の壁は人が生きている限りはあるからね。経済効果は人のためになるからそういう割り切り方で、どういう社会的貢献や還元があるんだろうっていう見方をしていかなくてはいけません。


玉)南信州自体が自治体としてそういう取り組みを始めたということですよね?


右京)元々進んでいた所なんですよ。ボンシャンスっていう若手を育成するチームがあったりね。基本的にはいいところなんだけどアクセスを含めて中々人が集まってないんですよ。そういうところでモビリティがどういう形で発展して街に溶け込んでいるんだろうと謎だったんだけど進んでいたから凄いですね。


玉) ちなみに飯田市は毎年国際サイクルレース「ツアー・オブ・ジャパン南信州」の舞台となっています。今年の「ツアー・オブ・ジャパン」は、5/21()堺から5/28()東京までの8日間の日程で行われ、南信州ステージは5/25()に開催されます。


右京)今年もホームステージをやってくれて、チームの応援Tシャツを作ってくれました。その日は監督カーを僕も運転してゴール地点で選手を待っています。出来れば応援してもらう時は、見ててわかりやすいようにチームのタオルなどを持っていてくれるとありがたいです。


玉)ぜひよろしくお願いいたします。



今週のお便りのコーナー

 

東久留米市の女性「いっこ」さんからのお便り

 

右京さん、おはようございます。

実は3週間前、肩甲骨、腕の痛みを覚え、病院で頸椎ヘルニアと診断されました。私は仕事や普段の買い物などで前傾になる自転車に乗っており、若い頃は数年間ロードバイクやマウンテンバイクによく乗っていました。最近も数回、三浦半島サイクリングで数時間走ったりしました。多分、それが原因だと思うのですが、右京さんの周りで、自転車に長時間乗って、頸椎ヘルニアになった方はいますか。もし、そういう方がいれば、どうすればいいのかアドバイスをもらえると嬉しいです。


右京さんのお答え

  

右京)僕の周りで自転車に乗っていてヘルニアになった方は聞いたことがないですね。重いギアを踏むと腰に負担がかかるからヘルニアになった方は選手で一人くらいしか聞いたことがなくて、一般の方がというのは聞いたことがないです。実は僕なんかも行きつけの接骨院があります。距離が遠くなったりしたら自分に合う先生を見つけていますね。

ヘルニアは二つあって、病院でMRIを撮って痛み止めを打ったり手術したりするけど、僕はしっかりストレッチしています。人間長い事やっていると体のアライメントが狂ってきてしまって、例えば右肩で荷物を持ってしまうとかね。だから色んなやり方があるけど僕はストレッチをしています。

 

玉)まずは原因がわかるだけでも気が楽になることはありますよね。自転車だからじゃなくて体の姿勢が影響を与えていることが大きいですよね。

 

右京)脊椎管狭窄症って幅が広いからね。レントゲン撮って軟骨が出て神経を押してしまっていたら骨を削らないといけないですからね。

 

玉)心配ですね。普段お買い物や仕事に行くときに姿勢やフォームを気にしないでいることが多いですからね。そしたら荷物の持ち方を変えるだけで体にかかるストレスは変わりますよね。もしかしたら普段自分が気づいていないだけであまり正しい姿勢で乗れていなかったかもしれませんね。


右京)でもそれをネガティブに考えないで、自分にあった方法が絶対にあるから、研究したりストレッチしたり病院にいけば治る方法はあるはずです。だから落ち込むことはないです。

 

玉)そうですね。順番に試したほうがいいですね。


右京)腹筋とか背筋が減っても悪くなりますからね。


玉)筋肉のバランスで悪くなるって言いますよね。


右京)大変なんだけど、コツコツ筋力トレーニングやったほうがいいですね。すぐ通信販売で簡単なものを使いがちだけど、コツコツやれば腰痛は治りますからね。

今度機会があったら、腰痛に効く「腰痛体操」とヨコハマゴムの方が教えてくれた「マッコウ法」というストレッチを教えてあげたいですね。


玉)ぜひ!YouTubeで動画も公開してださいね。



 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲 

M   SPARKLE   / 山下達郎  

ハピリー  12:50

2017年4月10日

4/8 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。

IMG_3434.JPG

右京)おはようございます。


 玉)おはようございます。

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!右京さんでございます

 

右京)本当に自転車が大好きで夢中になっているんです。自転車は本当に楽しい乗り物じゃないですか?

仕事でやっていると、夢が大きすぎて無我夢中になって自転車づけになっています。


玉)トレーニングもずっと続いているんですもんね!


右京)はい。チームのみんなはスペインに行ったり、僕もインドネシアに駆り出されています。

マウント富士ヒルクライムまであと2か月きっているから「対・今中大介大作戦」が始まります。


玉)やっぱり対・今中大介さんがメインの目的になってくるんですね(笑)

 

右京)この前、今中さんのラジオにゲストで出演させてもらったんだけど、「いい加減このノリやめない?」と言ったら今中さんが「80歳位まではやろうよ!」って言われて、すごすぎて色んな意味で勝てないと思ったね。

 

玉)今中さんはコグーにも来ていただきましたね。日本を代表する自転車の選手ですもんね。


右京)日本人で最初のツール・ド・フランス出場者ですからパイオニアですよ。いつの間にか車にも乗っていたけど、今は子供みたいに自転車に乗って楽しんでますね。やっとわかったけど今中さんは天然だね(笑)


玉)そのお二人が対戦するのが6月のマウント富士ヒルクライムですね。

 

右京)毎年やっているこのレースで、去年は24キロ競争してコンマ2秒差だった。毎年この時期から練習を始めると「去年より疲れが取れない」とか思ってくる。今中さんは天才肌だけど、僕はデータベースできっちり管理してやっているから毎年ハードルが上がっている気がするね。


玉)データで自分のことを客観的に見れるのはおもしろいですよね。


右京)どっちがいい悪いじゃないけど、カラッと明るい今中さんと、ネチネチ堂々とコソ練をする僕と同じ土俵でやるのは面白いよね。

変な話しだけど、流れ星が流れる時に若い子が願い事が思いつかないって聞いたの。そんなことってあるの?


玉)今はいい大人なのでとりあえず3回言えそうなことを言う感じでずるがしこくなりましたね。「家、家、家」とか「長生き、長生き、長生き」とかですね(笑)


右京)それもある意味本気で思っていることだからいいよね(笑)僕は自転車でチームやっているから「絶対ツール・ド・フランス行くんだ!」ってお風呂入っている時もご飯食べている時も思っているから、流れ星が流れた瞬間にすぐ出てくるからね。それくらい思ってないと願いなんてかなわないよって言いたいけどね。のほほんとしていると言ったら失礼だけど、もっと必死になれよって思うね。自分の為に自転車をいくつになっても練習している小さい性格の僕は変わらないね。


玉) 小さいじゃなくて「コツコツ」しているんですよ(笑)


右京)出来れば今中さんみたいに大胆な性格になりたいです(笑)


玉)このお二人がまた6月の富士で戦うことになりますのでぜひ右京さんを応援してください。


右京)両方とも応援してくださいね。



今週のお便りのコーナー

 

板橋区の男性(49歳) RN「暑さ寒さも知らんがな」さんからのお便り

 

右京さん、タマちゃん、おはようございます。

長男が地方へ就職のため、引越ししました。自分は日頃は大型トラックを運転していますが、会社から2トン車を借りて自分たちで引越し作業をしました。なんだか寂しくてしょうがありません。

 

右京さんのお答え

 

玉)寂しいですよね。

 

右京)たぶん僕と歳が近いから気持ちは一緒ですね。うちもそろそろ子どもたちが独り立ちしようとしているから凄いわかりますね。

 

玉)あっという間ですよね。

 

右京)子離れもしないといけないから良い事なんだけどね。まだ幸いなことに出るとは言っているけど家にいるから、出る出る詐欺ですね(笑)

 

玉)出る出る詐欺面白いですね(笑)


右京)そうすると今度は逆に「うちの子供は結婚できるのかな」っていう心配が出てきているそうなんですよね。仕事ばかりしていて大切なことを忘れちゃうこともあるからね。

 

玉)右京さんのお子さんの歳の頃はどんな感じだったんですか?


右京)僕は一人で飛行機乗ってフランスに行って、生活してガレージを探していた時期だね。


玉)まさにそれくらいの世代だから余計に比べてしまいますよね。


右京)だから完全に未知の世界で、カーナビもないし携帯電話もなくて自分の言葉で話して、いろいろな人に会って勉強しなきゃいけなかったからね。今の子たちは当時と比べると情報もいっぱい持っているし頭もいいから、もしかしたら逆に怖いんだろうなと思います。でも「未来は楽しいぞ」って言いたい。ちょっと先に失敗があったとしても継続していけばいいんだよ。僕は不思議な理論を持っているんだけど「過去も未来も今」っていうのがあって、あきらめなければいい心構えです。例えば「勝つまで喧嘩を辞めない」のようにまだあきらめていないから終わっていない。だからやめてないから失敗したことがないのよ。


玉)なるほど!継続しているから失敗じゃないということですね。


右京)そうです。ちなみにF1だけは唯一やめちゃったけど、鈴木亜久里さんはまだ引退していないって言ってたからね。病院に入院してそのまま降りたと思ったんだけどな(笑)


玉)そんなこと右京さんだけしか言えないですよ(笑)


右京)みんなそんな感じで子供っぽいんですよ。


玉)息子さんが新生活をスタートするのは楽しみですよね。ほんの数か月で一気に世界が変わりますよね。お子さんも親御さんも。


右京)毎回初めての経験を子供たちと向き合えるわけだからね。楽しいけど少し寂しくて、持ち回りも変わっていって自分も歳を取ったら親を診るようになるんだなと思うと儚いけど、でもそれは凄いいいことだよね。


玉)そうですね。あっという間に近々夏休みとかで一回帰ってきたりしますからね。


右京)唯一はっきりしているのは、今まで子供たちの為と思っていたすべてを人のためになるようにしないといけないね。ええ話や。


玉)ええ話や。今世の中にはちょっと寂しい気持ちでいるお父さんお母さんがいる時期なんですね。


右京)それでもお互いにいい事が待っていますからね。


 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲 

M   悲しみの果て   / エレファントカシマシ  

ハピリー  00:39

2017年4月 2日

4/1 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。


 玉)おはようございます。4月1日ということでキリがいいスタートです。

 

右京)エイプリルフールですね


玉)そうですね。右京さんはエイプリルフール好きですか?


右京)子供の頃はね(笑)家出る前にどんな嘘ついてやろうか考えてたけど、今はそんな余裕が全然ないです。


玉)この時期右京さんは忙しいですよね(笑)

 

右京)そうなんですよ。Facebookを見ていると、会社がジョークで広告出したりして「いいなぁ」と思っていたので、私からも一つ!「今シーズンから現役復帰します!」、、、、もう遅いですよね(笑)

 

玉)にやにやしていますもん、先に嘘を言っといてもらえればもっとおぜん立てしたのに(笑)

今日から4月1日なんですが、文化放送的には4月3日から年度始まりです。いつも通り粛々行っております。ただし今この時期チームUKYOがドタバタで大変です。


右京)それこそ"嘘"だったらいいのにドタバタで大変です。こういうこと言うと無責任に感じるかもしれませんけど、延べ28人のスタッフが誰がどこに行っているかがわからない状況です。「ツール・ド・台湾」が終わって、「ツール・ド・栃木」とか「ツール・ド・タイランド」とかのレースが全部重なってて、大事な「ツアー・オブ・ジャパン」の前にも「ツール・ド・熊野」とか「ツール・ド・韓国」もあるけどスペインの「アモレ・ヴィータ」とか、とにかくあちこちでやっています。


玉)選手の皆さんもレースが終わったら、今度は違うレースに出場するために世界をあちこち飛び回っている感じですね。

 

右京)そのまま移動じゃなくて、コースによっては誰と誰がエースで、上りのアシストが誰でとかシャッフルしたりマネージャーとかメカニックも全部レースごとに違います。それが書いてある紙が事務所に貼りだされていて1か月くらいの移動スケジュールが書かれているんだけど、僕は怖いからそれを見ないようにしていたんですよ。そしたら「手が足りないので、インドネシアとヨーロッパの一つと中国を行ってください」と言われました。


玉)監督自らの采配が出るわけですね。


右京)それの一個一個が大事だし、それと同時に俯瞰で見てレースごとに一喜一憂するんじゃなくて、2年後とか5年後の線路にはめて、自分たちの目的地とか運行表のようなロードマップを作って、応援してくれる人たちに向けた事業書を見せなきゃいけないです。さっきの話では無責任に聞こえるかもしれないけど今頭がこんがらがっています。


玉)変な話ですが実は右京さんは本日4月1日と4月2日は栃木にいます。


右京)はい(笑)4月1日ゴールしたらすぐに戻ってこないと、その夜にフォーミュラEメキシコがあるから、朝の8時まで徹夜して解説した後、栃木で監督カーを運転しようと思っていたけど、コンプライアンス的に良くないから他のスタッフにお願いしました。それで僕は違う仕事に就きます。


玉) 寝る間もない右京監督です。ここで「ツール・ド・栃木」の説明をさせていただきます。

栃木県全域を舞台にした初の国際サイクルロードレースで、今回が第1回大会。3/31は「日光だいや川公園」がスタートで「足利市総合運動公園」がゴールの115キロ。4/1は「グリーンパークもてぎ」がスタートで「道の駅那須高原友愛の森」がゴールの102キロ。4/2は「矢板市役所」がスタートで宇都宮市の「清原中央公園」がゴールの103.5キロというスケジュールです。


右京)栃木でジャパンカップとかの国際レースはやっていたけど、どんどんこういうレースが増えてきましたね。ツール・ド・フランスに行くためにはアジアのツアーもしっかりやらないといけない。アジアでチャンピオン獲る目標があるから、俯瞰で見て今後を見すえると若手中心の日本人メンバーで行きます。ぜひ応援よろしくお願いします。


  

今週のお便りのコーナー

 

栃木県芳賀郡の女性 RN「太陽の子」さんからのお便り

 

ヒャッホウ!!

3/31の開幕戦に行ってきます。栃木は自転車王国で、美味しいモノがたくさんあるよ~。

 


右京さんのお答え

 

玉)うれしいだけのメッセージでした(笑)

 

右京)本当にそれだけのメッセージですね(笑)

 

玉)こういうメールはうれしいですよね。

 

右京)どうせ「ブリッツェン」とか「ブラ―ゼン」とかの栃木のチームしか応援していないんでしょうね、、、

 

玉)大丈夫です!チーム名は書いていないんでチームUKYOですよ!


右京)ヒャッホウ!!うちも応援してもらえると嬉しいですね。

 

玉)こうやって地元の方が当たり前のように見に行くレースになってほしいですね。


右京)本当にね。この番組が始まった時なんて、自転車のぴちぴちの服着てコンビニは入れたけどレストランは入れなかったからね。ずいぶん変わりましたね。


玉)ありがたいことですよね。レースが終わったら感想をお願いします。ちなみに2月に頂いたメールにはゴールとなっている「足利市運動公園」の入り口にあるパン屋さんがおススメで、佐野ラーメンもおいしいそうです。


右京)楽しみです。


玉)1年間頑張ってトレーニングとか練習していた方たちの途中経過もお待ちしていますよ!


右京)暖かくなってきたのでそろそろお願いします。



 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲 

M   青空   / ブルーハーツ  

ハピリー  14:56

2017年3月26日

3/25 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。


 玉)おはようございます。大忙しの春を迎えている右京監督でございます。

 

右京)ドタバタしているけど元気です。体は疲れてないんですよ。色んな箇所がつってしまっているし腰が痛いけど全然疲れてないんですよ。


玉)それは体が疲れている兆候じゃないんですか?


右京)本当に元気で気力やらがみなぎっているんだよね。


玉)1カ月前の右京さんに聞かせてあげたいですね(笑)

 

右京)本当にね(笑)今の世の中では下向いて歩いて陸地なのに溺れている人がいるんですよ。開き直って頑張ることを楽しむようになったら風邪もひかなくなるから、夢をみて前向きに過ごしてください。

以前、グッドスマイルのイベントで久々にレーシングカーに乗った時、「老眼大丈夫かな」とか「反射神経が悪くなっているからクラッシュしたらどうしよう」とか不安はあったけど、堂々と「コソ練」して走ったわけですよ。でも自分で言ったら自慢になっちゃうけど、昔の感覚が染みついているから、おじさん早いんだわ(笑)

 

玉)さすがですね!


右京)必死で頑張っているオーラが出ているから、若い人たちは最初のうち気を使ってくれていて、小林可夢偉なんかは「先輩心配ですよ」とか声かけてくれたんだけど、「安易に抜きに行ったら危ないな」と向こうが思ってくれたの。

何度かやりあっているうちに向こうが前に出ることもあったの。でもあきらめないで気合入れて何度も抜きに行ったら、先に向こうがガス欠になって結果的に優勝したのよ。


玉)さすが!かっこいいですね右京さん!

 

右京)年取った僕らと現役の彼らとは違うけど、でも僕らがどんな時も必死にやっているオーラを出すことは大事で、何かを伝えられることもあるし、何かを変えたりできるからね。


玉)そうですね。右京さんには若い選手を「ゾクッ」と感じさせて、「やばい」と思わせる人でいてほしいですよね。


右京)普通だったら守りに入るような、縁石をタイヤ半分乗り上げて砂埃を上げてしまうようなときあるけど、だけど僕は綱渡りのような攻められるスイッチがあるのは、年齢のおかげではないから自信がついてくるね。もちろんそれまでの努力は必要ですからね。


玉)堂々とした「コソ練」も含めてですね(笑)レースは楽しかったですか?


右京)凄い楽しかったです!チャレンジしたり夢を見ていると、時には失敗してしまうけど元気になっていいですね。


玉)我々も色んな意味で右京さんを引っ張り出したいですね(笑)


右京)なんでもやりますよ!もう格好つける歳じゃないので、楽しんでやりますよ!


玉)約3か月後の「富士ヒルクライム」楽しみですね!


右京)頑張ります!

 



  

今週のお便りのコーナー

 

春日部市の男性「海なし県埼玉のサーファー」さんからのお便り

 

右京さんに質問です。

自転車の安全基準に車体の蛍光塗料の義務付けと、小さくてもいいのでサイドミラーの装着を提唱していただけないでしょうか。

自転車の車線変更時に振り返り確認をしている傍らを車で走るのがコワいです。車の安全基準は厳しいのに比べて、自転車の安全基準は緩やか過ぎないでしょうか。

 



右京さんのお答え

 

右京)厳密にいうと自転車も車両だから安全基準はしっかりあるんですよ。例えば車の「ホーン」のように自転車には「ベル」を装着するとかね。だけど道路交通法がしっかりしていても、実際に守るのは運転する側の人たちで、車にも法律を守らない人たちがいるように、自転車と車の両方とも100点満点じゃない中で難しい問題ですよね。時間かけてやるしかないと感じています。でも少なくともそういうところを知ってもらうことが重要ですね。

 

玉)こういう問題は、なかなか皆で横並びになって一緒に話し合う機会が持ててないのが目に見えますよね。

 

右京)オーバーな話しをすれば、歴史とか文化が日本とは違うけどヨーロッパでは自転車は国技になっている。日本で言う「野球」や「お相撲」のようにね。でも日本では「自転車なんか」という感覚がまだまだあるよね。

凄い心配なのは東京オリンピックが終わったらスポーツに北風が吹くと思うのよ。

 

玉)今だけ盛り上がっているという感覚でしょうか?

 

右京)そうですね。厳しいこと言うと日本人はそう意味で「損か?得か?」と言う感じだと思うの。自転車も東京オリンピックが終わったらたぶんみんな見向きもしてくれないと思う。

自動車メーカーが色々な理由で業績不振になったら事業を辞めちゃうでしょ?それはもっともなんだけど、メルセデスベンツは、法律が変わってエンジンがなくなり電気自動車を始めたけど、F1のトップカテゴリーやモーター事業を辞めなかった。

自転車もモビリティだからアマチュアの実業団とかメーカーだけじゃなくて、プロでやってほしい。そうしないと選手はチームがなくなったら、アルバイトを探したりセカンドキャリアを考えなくてはいけなくなってしまう。そういう部分は、海外から、自転車の街を創る、自転車専用高速道路とか環境の為や健康の為のお手本を貰っている。でも一点だけ見て危ないとか安全と言うだけの一点を捉えがちで、その部分だけの話ではないですよね。車が現状はうまくいっていなくて事故が減っていないですからね。

 

玉)素朴な疑問として、車は免許を取るために勉強するじゃないですか?でも自転車は自分が練習して乗れたらオッケーになるから法律なりの勉強はしないですよね。そこから意識がちがいますよね。


右京)そうだね。車だからそうすべきと言うのもあるけど、世界で見ると自転車で免許がある国があるかと言うと一つもなくてね、今自由な乗り物を強制的にするのはどうなんだろうと思う。だから子供たちに訴えかけて呼びかけていくのは必要ですね。

 

玉)それこそ義務教育の内容を改革していく中で自転車事業も入っているのが当たり前になっていってほしいですよね。


右京)いまだに教習所の教本に、馬車はどうの馬は左側と書いてあるけどあれもういらないよね。その部分を自転車にしてくれたほうが現実的。残念ながらモータースポーツも電気に代わっていくから、馬と一緒で競技場やサーキットの中だけのスポーツになっていくね。でも自転車は真ん中にきますから。


玉)今自分たちにできることは何なのか、考えたいですね。


 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲 

M   たしかなこと  / 絢香  

ハピリー  03:33

2017年3月19日

3/18 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。


 玉)おはようございます。右京さん自転車で走っていますか?自転車に乗っていますか?

 

右京)結構走ってます。たぶんここ何年間の間で一番走っていると思う。「エンジンがかかった」とか「スイッチが入った」というわけじゃないんだけど、腰が痛くて悲鳴を上げている中で一生懸命に走り、その先の何かを信じて頑張っています。

今年も富士のヒルクライムに出場しますが、何をやるにも結果は最後までわかりません。でも一番大切なことは全力を出すこと。そう思い改めて感じたのが、やっぱり外を走らなくてはいけない。そこでこの前も筑波山を登ってきました。トラブルが起きたら迎えに来てもらえるようにマネージャーがいたんだけど、大丈夫だと思って「先にホテルに帰ってていいよ、すぐ行くから」って伝えたの。でも実は思った以上に時間がかかってしまって、1時間位かけて頑張って登りきったら、ちょうど綺麗な夕日が関東平野を照らしていたのよ。言葉では伝えにくいし褒めてもらいたいわけじゃないけど、こういうご褒美もあるんだなって感じたし、「自分には負けないでやりきるんだ」って思いでなんとか登りきった。

マネージャーはしっかり下で待ってくれていて、「遅かったので心配しましたよ」って言われたけどね。

話が変わるけどこのまえZwift(ズイフト)に乗ってきました。これがものすごく楽しくて、疲れているからすぐやめようと思ったのになかなかやめれなかったのよ。レースゲームに慣れている人はゲームで誰かに抜かれると「何をー!」って悔しくなる。だからヴァーチャルの世界で走っていて他のプロチームの人に抜かれるとつい頑張ってしまう。最大負荷の数値である「ワット数」を見ると、人間の「負けん気」とか「コンプレックス」は凄い力を持っているなと感じました。


玉)やっぱり負けん気は結果出しますか?


右京)そう。240ワットは根性で踏んでも大変なのにそのまま1時間以上漕ぎ続けたりするからね。


玉)すごいですね。確かZwiftではファンの方や皆さんも参加できるイベントがありましたよね?

 

右京)ありました。最初はチームのことを知ってもらうためだったんだけど、オンライン上で「皆でサイクリングしましょう」と呼びかけたら、すぐに100人位集まりました。たぶん世界中でやりだしたらすぐ何千人とかも集まると思うよ。そしたら今度はレベルを分けて「健康のためにやりたい人」、「トレーニングをしたい人」、「皆でサイクリングしたい人」とかでルームを分けてもらおうと思ったりね。そして今はまだ言えないけど、選手ごとに特徴的なことをやってもらおうとも考えています。

 

玉)Zwift(ズイフト)の事についてわからない方の為に補足します。

これは外で本当にサイクリングをするわけではなく、室内でローラーを使ってヴァーチャルの世界で走る物です。オンライン上で例えば右京さんやほかのチームの方と一緒に走ることが出来ます。もちろん風景映像もリンクして映し出されます。


右京)単純に言うと、「レースゲームをオンラインでやる」が自転車になる感じで、室内でローラーを使用します。だから転ばないし、寒くないし、雨に降られることもないです。それでいてリアルに海外の選手や僕とも一緒に走ることも可能です。出来ればここで練習して外でみんなで走れたらいいなって思っています。


玉)定期的に開催されるイベントになっていくと思いますので、皆様まずはZwiftをチェックしてみてください。

 

右京)そうですね。コンピューターにソフトを入れてもらって、月々1200円のID代とかもかかるけど僕らにお金が入ってくるわけじゃありません(笑)高校生の自転車部が道路を走るのは危ないから禁止になったりしているけど、間口が広がるための新たな試みだと思っています。


玉)新たな広がりがここから見えそうなのでよかったら利用してみてください。Zwiftで検索すると色々情報が出てきますのでチェックしてみてください。

 



  

今週のお便りのコーナー

 

埼玉県和光市の男性「クマの肉球」さん(50歳)さんからのお便り

 

右京さんは今年は富士ヒルクライムに参加されるんですね

私が富士ヒルクライムに参加した時は、雨交じりの天気でスタート地点に行くまでにこけてしまい、登りで疲れきり、下り坂でブレーキがきかなくなって、回収車に回収され、心身とも冷え切ってしまいました。

そんな時、ゴール地点で無料で吉田うどんが配布されていました。

ものすごくあたたかく感じ、ありがたかった~。ありがとう、吉田うどん。

右京さんは、吉田うどんはご存知ですか。

 



右京さんのお答え

 

右京)もちろんです!本当に心身ともに冷え切っている時にボランティアのお母さんたちが出してくれる暖かいうどんが美味しくてねぇ。5合目はまだ寒いし、下って来る時に風を切るから寒くてね。

 

玉)いいですね!先月この番組で「俺のうどん、俺のそば」をやった時に、右京さんが「結構食べに行ってるよ」と話をして下さったので、右京さんに食べてほしいおすすめの情報が寄せられています。福島の大内宿にある「高遠そば」がいいですよとか。私には会津線を利用して湯野上温泉駅から行ってくださいと詳しく行き方も教えていただいています(笑)

 

右京)鉄オタの為にね(笑)本当にありがたいよねこういう情報は。会津はラーメンも有名ですし麺が好きなんですね。

 

玉)ちなみに「高遠そば」はネギをお箸代わりに使って食べるお店ですね。何か目的があるとツーリングも楽しいですしね。

 

右京)僕の友達も神奈川から会津まで自転車でご飯食べに行こうっていう人もいるからね。

 

玉)神奈川から会津まで?自転車でですか!?朝出て晩御飯食べに行く感じですか?


右京)1日で行って帰ってくるのよ。もちろんそういう知り合いばかりじゃないよ(笑)

 

玉)右京さんの周りはやっぱり、、、ね(笑)


右京)でも未来はヨーロッパで流行っているE-BIKEのように、電動アシストのさらに進化した物が町の中心に来ます。予言します!


玉)右京さんどうですか?Zwiftのバーチャルの世界にうどん屋を作るのはいかがでしょう?(笑)皆で休憩でうどんも食べれるよ!みたいな感じで。


右京)ははは(笑)出来たらいいけど、僕はやっぱり本物がいいですね。



 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲 

M   to U  / BANK BAND  

ハピリー  11:31

2017年3月11日

3/11 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き! 片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。

 

玉)おはようございます。先月25日、さいたまスーパーアリーナで「埼玉サイクルエキスポ2017」に参加して、右京監督と畑中勇介選手がトークショーを行いました。

 

右京)僕実はこのイベントのことを知らなかったんですよね。埼玉の街づくり委員とかやってて、ツール・ド・フランス埼玉クリテリウムとかやってお世話になっているんですよ。でもああいった別の取り組みがあるのを知らなくて、初めて行ったんですよ。埼玉アリーナの半分を使って健康をテーマにイベントやったり、音楽のコンサートやったりしていました。

その中で「埼玉凄いな!」と思ったのは、「埼玉クリテリウム」とかトップイベントをやっているのにモビリティネットワークがどこよりもしっかりしているのよ。例えば電動の駐輪場とかスポーツのイベントとか健康への取り組みとかで、市長だけではなく知事も自転車を全体的なマネージメントの真ん中に捉えてくれている。

 

玉)素晴らしいですよね。

 

右京)自転車活用推進法とかでみんな活用してくれようとしているんだけど、なかなか時間がかかって進めないなと思ってた。でも埼玉で積極的にやっているのを見ると非常に勉強になりました。

 

玉)こういったイベントみたいな形で、実際に手本を見せてもらわないと我々ユーザーにはわからないことがあるので、この取り組みは本当に素敵ですね。

 

右京)よく「お巡りさんがルール守ってなくて、歩道を走っているじゃないか」って攻撃的な意見がネットでは多いけど、埼玉はちゃんとした「自転車ポリス」がいて、ちゃんとした模範のお巡りさんが浦和警察署にいるの。

全体的にちゃんとやっているから、トークショーの時にうちのキャプテンの畑中がMCでもある奥さんと一緒に、一歩踏み込んだトレーニングの話をしてると年配の方たちも含めて多くの方々がちゃんと聞きに来るの。

 

玉)自転車を自分たちの生活に身近なものだと理解しているんですよね。

 

右京)でもロードレーサーのペダリングの話しを年配の方たちが聞きに来るって今まではなかったからね。そういう意味では新しく道が開けてきたのかなって思ったよ。


玉)埼玉のこのやり方だからこそ皆さんが触れることが出来たってことですよね。

 

右京)単純に二人が夫婦漫才みたいで面白いって話が多分にあったけどね(笑)


玉)おもしろかったんですね(笑)ぜひこの取り組みを、ほかの県の方たちも同じようにやってみてくれたらいいなっていう形ですよね。

 

右京)自転車を多面的に見た時に、「レース」「イベント」「子供たちの啓もう活動」「ルール」ってあるけど、それが全部町の中で形になっって、「普通」になっていかなきゃいけないからね。

 

玉)「特別なもの」ではなく、「みんなの為のもの」でないといけないですからね。


右京)心強い勇気がもらえる一日でした。


玉)他でも増えていってほしいですね。そして右京さんをトークショウに呼んでください(笑)


右京)実は意外と呼んでもらってありがたいことです。


  

今週のお便りのコーナー

 

千葉県船橋市の男性(52歳) RN「さすらいのトウキビ」さんからのお便り

 

右京さん、タマちゃん、おはようございます。

先日行われた小学校での1/2(にぶんのいち)の成人式での話です。

子どもたちが将来なりたい職業を発表しました。

女の子はアイドル、お店で働きたい(花屋さんとかケーキ屋さん等)、保母さんなど

多種多様でした。それに対して、男の子は9割がサッカー選手でした。

いつの日か「グランツールに出場する自転車の選手になることが将来の夢です」という

子が出てくるのを楽しみにしています。右京さんはどう思いますか?

ちなみに男の子のうち3人の子が「ユーチューバー」と答えていたのには時代を感じました。

 


右京さんのお答え

 

右京)僕たちが子供のころは「パイロット」「お巡りさん」「野球選手」とかで、もう少し幼い子は「仮面ライダー」とか「ヒーロー」とかでしたけどね。「ユーチューバー」か、、、

 

玉)ある意味現実的すぎますよね(笑)

 

右京)ユーチューバーはあんまりお金にならないし、競争が激しいからやめたほうがいいぞって伝えたいね(笑)

 

玉)職業としては難しいですよね。たぶん変に身近なところもあって、「私もできそう!」って思っちゃうかもしれないですね。

 

右京)ものは安易に考えちゃだめだね。あれはあれで本気でやっている人たちは、特ダネの記者のように汗水たらして働いてる割には大変だと思うからね。それならばもう少し競争の少ない自転車の方へ!

 

玉)少ないんですか?(笑) 


右京)だってサッカーは9割もめざしてて、レギュラー11人でしょ?自転車は都道府県でチームが2~3チームくらいしかなくてもプロになれちゃうからね(笑)

 

玉)悲しい話ですね(笑)


右京)なんか寂しいな(笑)でも僕が子供のころ将来どうするんだって聞かれたときに、「F‐1ドライバーになります」と言ったんだけど、ヨーロッパの3大スポーツ「サッカー」「F‐1」「自転車」のプロになると高額の年俸の人なんて7億とかもらっているからね。そしてその中で競争は低く、金額が低い自転車に乗ろう。


玉)自転車に乗ろう!そしてヒーローになろう!やっぱり「憧れ」っていう部分が大事ですよね。

子供がみて「かっこいい」「楽しそう」と思える姿を大人が見せて働いていかないといけないと思いますよ。


右京)本当に錦織選手みたいにヒーローが出ると、ガラッと変わるから必要ですね。


玉)大事ですね。畑中選手お願いします!


右京)ふん(笑)


玉)今「ふん」て笑いましたね(笑)

皆さん自転車レースにお子さんを連れて行ってください。そしてレーサーの皆さんはかっこいい姿を見せてくださいね。


 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲 

M   タユタ / RADWIMPS  

ハピリー  22:35

2017年3月 5日

3/4 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、結果についてのお悩みを話してくれる片山右京さんの登場です。

kogoo.jpg

 

右京)おはようございます。

 

玉)おはようございます。

 

右京)ラジコのタイム何とか?とても便利ですね!

 

玉)タイムフリー機能ですね。

 

右京)絶対聞き逃しちゃうからね。時間がたってから聞くと自分も軽はずみな発言が多いって反省しきりです。

 

玉)私怖くて自分の番組聞けないです(笑)

 

右京)普通は自分が録った番組とかはなかなか聴く機会がないからね。あの機能はほんとに便利で、大体8時くらいにカーソルを合わせるとおなじみのスタートが聴けますね。助かりますね。

 

玉)皆さんもそうやって聴いていただけてありがたいことですね。今や日本全国どこででも聴けますからね。

 

右京)聴きなおしたり、僕らで言うと反省したりもできますからね。こうやって反省できれば自転車のレースも反省できるのになって。

やっとシーズンが始まって、今は始まったばかりだから「これからさ!」って言ってるんだけど、フェイスブックとかでは活きがいいこと言ってるくせに全然絡んでないのよ。でもこれでみんなの脚質見れたし、新しい選手も入ったからチームワークも見れた。結果を出す為にはゴール前が平坦なところだったらかけっこが早いスプリンターが必要だし、山岳地帯が多い場所はちゃんと登れる人を選ばないといけないしね。今年は選手が増えて多国籍化してるからね。


玉)コミュニケーション一つ取るにしてもこれまでのようにはいかないってことですよね。

 

右京)チームも国際連盟が発表しているものでアジアでは3位ってことで、前から比べると信じられないくらい「出る?」って声かけてもらってスケジュールが埋まっていく。なるべく若い人に経験積んでもらいたいしチャンスもつかんでほしい。そうすると飛行機代やらなんやらがかかってくる。チームが多くなってくるとスタッフも増えてくるから、問題ではないんだけど今まで経験したことないことが有るからしっかりしないとなって思たの。


玉)対応しなければならないことは増えますよね。選手にとっても監督にとっても。

 

右京)そしたらこの前、スポンサーをしてくださっている引退された役員の方と話したんだけどすごい良い事を聞いたの。「人生を2度やったことが有る人はいない。みんな違う日を生きてて今日という日は初めてなんだよ。だから現役の時代も、今も勉強していきなさいってことだよ。」それ聞いたとき、おーじいちゃんいい話だなって思ったよ(笑)

 

玉)じいちゃんって(笑)直接は言えないですよね。


右京)そうやって先輩たちにいつも支えてもらってるからね。確かに子供は新しいことをして悩むんだし、大人だって同じ日なんてないんだから。それで新しいことにチャレンジしたり、新しい部署に異動になったりね。


玉)本当にそうですね。年度末はいろんな意味で気がせいていますからね。


右京)フェイスブックに結果じゃないんだって言ってるけど、本当はめちゃくちゃ悔しいですからね。


玉)それも大事ですよね。悔しい気持ちがないとダメですよね。皆さんもフェイスブックでチーム右京のレース結果や右京さんの心情も出ていますのでチェックしてみてください。

ちなみに次のレースは3月の後半26日からのツールド台湾になります。


右京)ツールド栃木とタイも重なってて。だから今、3チームに分かれてて、その流れでインドネシアとかヨーロッパの大きなレースの招待が来てたり、ポルトガルもイギリスも来そうだったりね。


玉)右京さん何人必要ですかね?


右京)僕は管制塔なので会社でお留守番です(笑)


 

 

今週のお便りのコーナー

 

埼玉県草加市の女性(42歳) RN「みやっち」さんからのお便り

 

右京さん、おはようございます。

先日、小学校6年生の次男を連れて、中学校の制服を作りに行ってきました。

長男の時には、制服姿を見て「萌え~♡」となりましたが、

次男は体が大きくて、「どこのサラリーマンじゃ!!」と思いました。

いずれにしても、子どもの成長は嬉しいモノですね。

4月から制服姿の息子たちを毎日送り出すのが楽しみです!

 


右京さんのお答え

 

右京)自分が制服着てたことって昔過ぎて思い出せないよね。玉ちゃんはセーラー服だったの?

 

玉)うちはブレザーだったんですよね。だから実はいまだにセーラー服への憧れがあります。

 

右京)なんかこの年でこういう話するといけない感じがするね(笑)

 

玉)急に違うことになっちゃいますよね(笑)女心にセーラー服への憧れはありますね。でも幼稚園はセーラー服でした。

 

右京)外国の方が日本に来て見ると制服が軍服に見えるらしいよ。もちろん政治的な意味はないけどね。

 

玉)セーラーってそういうことですもんね。外国の方はランドセルを欲しがりますよね。

 

右京)僕もテレビで見たよ。冷静に考えたらランドセルって本当に便利だよね。僕も仕事でスーツ着てる時も、ランドセルまではさすがに背負わないけど、両手が空くようにバックパックだしね。両手が空いてるほうが安心だしね。

 

玉)子供に持たせたいって方も多いですよね。


右京)子供が大きくなって制服を着るってのは旅立ちっていうか、前まで泣いて駄々をこねてた子がね。


玉)ジワってきますよね。あとは毎日洋服を選ばなくていい落差とかね。制服にはありがたいってのはありますね。きっと皆さんも準備などでバタバタされている頃ですからね。あと1か月で入学式ですからね。


右京)子供のころはわからなかったけど年度末だし新学期だし忙しいね。でも受験頑張ってやって新学期、新しい春がやってきますから元気に迎えてくださいね。


玉)そして我々も春から引き続きよろしくお願いいたします。


右京)あ!そうですね。大人になると区切ってもう一回やり直すの大変だよね(笑)


 

 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

  

M   GOOD GOODBYE  / ONE OK ROCK   

ハピリー  03:03

2017年2月26日

2/25 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、広島に取材に行ってきた話をしてくれる片山右京さんの登場です。


右京)おはようございます。

 

玉)おはようございます。筋肉痛は治りましたか?

 

右京)筋肉痛の上に筋肉痛を重ねると筋肉痛は起きないという理論を発明しました。

 

玉)え??筋肉をいじめた方がいいということですか?

 

右京)はい。筋肉痛は休むと倍返しで来るんですよ。でもこれは結構高度な荒技なのでハートが強い人だけにお勧めです。30分とか1時間集中すれば、熱だろうと家庭の事情だろうと忘れることができるので、僕は何も問題なく元気です。でもこの方法はあんまり推奨できないので良い子は真似をしないでください(笑)

 

玉)それと個人差がありますよね(笑)

 

右京)個人差はありますね。決して病は気からじゃないですから、病だったり物理的に痛い場合はちゃんと病院に行ってください。本当に痛みと戦っている人たちから手紙をもらったりするから、軽薄に言っているわけじゃないんだけど、いまちょっと悩んでいる人たちは自分の気持ちで乗り越えることができるっていう事も忘れないでほしいですね。

 

玉)そういうトライもしてみてほしいですしね。

 

右京)そう。がんばれってね。

話が飛ぶんだけど。この前、車の取材で広島に行ってきました。広島のメーカーって今までスカイアクティブとか頑張ってる程度にしか思ってなかったのよ。でもあの会社は何度もつぶれかけていたのに何で生き残ってこれたのか。それは「広島」にあるからなんですよ。

それは、原爆の時にマツダを作った重次郎さんがたまたま床屋さんに行ってて、順番が混んでたんだけど、たまたま順番を先に代わってもらったんだって。先に髪を切れた重次郎さんは爆心地から離れることができた。多くの方が大変なことにになっていたけど、重次郎さんの工場は山を越えたところにあったから被害を免れて、工場を開放したり、目の前に病院を作ったりしたのね。

それで広島の人たちは恩返しにマツダの車に乗る。そういう歴史背景もあるのね。

そこからオリジナルを求めてデザインとか技術をやってきたら世界に出ていく車を作るようになった。

取材をさせてもらったら、当たり前でみんな知っていることかもしれないけど、勉強や取材でこういうこと知れるのは良かったなって思う。僕たちが自転車で世界を目指していくうえで、たんにプロダクツとか工業製品的なことをやってもダメだし、夢とか地域のいろんな人たちに支えてもらったり日本のことを考えたりと同じようにね。オリジナリティとかいい物を求めていけば、僕らみたいに小さい組織でも世界を目指せるんだって勇気をもらったね。


玉)右京さんといえば車はもちろんですけど、その右京さんが今このタイミングでまだ車についての取材で新たな気持ちで学べることがあるんだなって、素朴に思いますね。

 

右京)よくフェイスブックなんかにも書いてあるんだけど、「愚か者は経験で学び、賢者は歴史で学ぶ」っていう言葉があるんだけど、人間だからやっぱり繰り返しちゃうじゃない?でもそれを避けて通るために知識であったり技術を磨けば自分たちが弱くはならないから、勉強は一生必要だと思うね。タイヤなんかもこんだけ車に関わってきたのに全然知らなかったしね。何が違うのかワインのソムリエみたいに説明ができないのよ。タイヤのどこが違うのかは体験しないと説明できないから、再現性あるようなテストの状況を作って、ちゃんとした公平な目でやるからこそ、「氷板の上でのブレーキングが全然違うんです」って言えるし最終的に何が大事かと言うと、ただ走れるだけの物じゃなく、開発した良いものにはやはりお金がかかってしまうんです。仕方ないけど大事な事があるんですよって実感しないと言えないからね。トリプルピラミッドっていう氷が融けた水を吸水するための新しい構造をやってるとかは、ショップに行って聞けば図とかあってわかりやすくなっているからね。

このまえドリフトとかやってるうちのドライバーがすり減りが激しいから安いタイヤを買ってたのね。10本で送料込みで4万円とかの。べトナムの方には悪いけど、そういうベトナム製のタイヤで公道で走るのはやっぱり危ないですよね。日本のメーカーがしっかり開発しているタイヤは安心感がある。理由はしっかりお金をかけて開発しているから。そこを信じてほしいよね。

 

玉)自分たちがなんでそのタイヤが欲しいのかをちゃんと知っておくべきだし、お店の人に伝えられるようにしておかなければなりませんよね。ただ「雪のためにスタッドレスが欲しいです」じゃなくて、降る雪にはいろいろな種類があるから、どういう場所で降る雪の為のタイヤとかは本来は消費者も知っておかないといけないですよね。

 

右京)タイヤっていうのは国の指定している「重要保安部品」だから、全部地面についているのはタイヤだけなのでそこをなめて考えちゃダメですね。

 

玉)自転車ももちろん軽んじてはいけませんよ。

 

 

今週のお便りのコーナー

 

所沢市の直子さんからのお便り

 

おはようございます。

実は先日、自転車保険の付いた傷害保険に入り直しました。

右京さんは、電動アシスト自転車の可能性の話をしていましたが、

私の叔母は85歳になりますが、いまだに自転車に乗っています。

今は元気ですが、私は「いつまで乗れるのかな?」と

不安な気持ちがよぎります。

 


右京さんのお答え

 

右京)凄いですね85歳。90歳でもう一度エベレストに登る三浦雄一郎さんみたいだね。

 

玉)自転車に乗っている時間がお好きなんでしょうしね。

 

右京)自転車が電動アシストで長距離を走れるし、チョイノリではなくモーダルシェアっていう移動手段として自転車が真ん中に来れば環境にもいいからね。ジャイロ付きの倒れない自転車とか漫画みたいな技術の革新が起こるから90歳でも倒れない自転車もあり得るかもしれません。

 

玉)でもその使い方もきちんと学んでいかなければならないですね。そこを切り離せないし、傷害保険のことでも自転車の乗り方とか考えたうえで入りなおされたと思うので正しい自転車との付き合い方ですよね。

 

右京)何やっても100%はないし、リスクもあるからそういう為の保険っていう考え方をしとかないといけないから、万が一の時に役に立つものはいっぱいあるからね。

 

玉)心の保険にもなりますからね。入っているから大丈夫。こういう物に入らないといけない物に乗っているから気をつけようって思えるかもしれないですからね。

 

右京)人の役に立つとか、必要にされているとかかつ環境に負荷をかけないとか、いろんなものが愛で包まれているっていうのはオーバーかもしれないけど、そういう物で地球が満たされていけばいいよね僕も負けない様に100歳まで自転車を漕ぎます。

 

玉)今日も自転車乗りますか?


右京)もちろん乗ります。

 

 

 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

  

M   GOOD GOODBYE  / ONE OK ROCK   

ハピリー  14:40

2017年2月19日

2/18 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、何やらお疲れの原因を話してくれる片山右京さんの登場です。

 

玉)先週、気になる発言がありましたね。逃げられないうちに聞いちゃいます。「今年はどれぐらい右京さんが自転車に乗るかな?」と言う質問がありましたね?

 

右京)なるほど。私ここで重大発表があります。今まさに筋肉痛です!

 

玉)それは乗っているってことですね!着替える時間もないくらい忙しいと言ってたのに(笑)

 

右京)そうなんです!私乗っています。なぜ乗っているかと言うと、今月にグッドスマイルさんのイベントで久々にGTカーを運転することになりました。それでみんなが気を使って「監督危ないんで練習してください」って言ってくれたんだけど、僕的には全然余裕だと思ってたら、練習で腕は大丈夫だったんだけど、Gに内臓がびっくりしちゃって気持ち悪くなっちゃったのよ。レーシングカーってブレーキも効くし加速もすごいからさ、スーパーGTの車はやっぱり速いです。運転はできるんだけど、体はついてこないからびっくりしちゃて「ここまで鈍ってるのか」って思ったね。

そのあとも自転車を届けるために山の中を走ったら遭難しかけて、マネージャーにヘルプ求めたりね。これはやばいと思って、腕立てやったり腹筋やったりローラーをしっかりやっても「筋肉痛が来ないな」と思ってたんだけど、3日後にドカッと筋肉痛が来ました(笑)

 

玉)片山右京ともあろうお方が3日後に筋肉痛が来る体に(笑)こういっちゃなんですがやっぱり鈍るんですね。

 

右京)こういったことは何度も体験してきて、それでも去年は6月に今中大介を倒してきた。今年もそろそろスイッチを入れないと手遅れになっちゃうね。去年今中さんを倒した時から比べると7キロ増えてるから、月2キロ落としていかなきゃいけない。このなまった筋肉もだけどまずは心からね。

 

玉)そうですね。山の中で遭難しかかってマネージャーさんに助けていただいたりで、心が折れかかってますもんね。

 

右京)本当に2キロもない坂道で「こんなの坂道じゃない」と思ってスピード上げたら、息が切れてしまったけどその先に見えるものがあるんだよね。「大丈夫何度も経験してきた」って感じで何度も苦しんできたし絶対大丈夫だってやってきたから皆さんも大丈夫です。

 

玉)なんとなくぼやかされた気持ちが残りますね(笑)

 

右京)去年の終りにF1の雑誌で僕の特集号出してもらって見たら、見れば見るほど「ひどいドライバーだったな俺」って周りに迷惑かけてきたなってすごい思いましたよ。でもF1まで行ったし全日本チャンピオン獲れたし、人より一生懸命ちょっとでも速く走ろうとしていた田舎の子供だったんだから。だから今カートやったり才能があったり夢がある子供たちは、自転車だったりレースだって一生懸命やったら絶対大丈夫だよ。それを言いたかっただけ。

何かのプレッシャーとか苦しいと思うけど、その不安な時に「大丈夫だ」って思って踏ん張ることの積み重ねだからね。受験も語学も自転車もね。

 

玉)ついつい成功するかしないかの結果を求めてしまいがちですけど、成功するかどうかではなく必ず何か自分が納得する結果が得られるっていうね。

 

右京)残念ながら最後は積み重ねでしかないからね。

 

玉)そんな受験についてのお便りも来ています。

 

 

今週のお便りのコーナー

 

川口市の男性「姫さま大好き」さんからのお便り

 

おはようございます。

受験シーズンの雪ってイヤですね。私が受験した年は埼玉でも滅多にないほどの

大雪で、受験する高校へ向かう日(その高校は落ちましたが)、積雪が20センチ以上

で、さらに雪が降り続く中、自転車で移動しました。

歩道は雪が積もっていて、タイヤとタイヤハウスの間に雪が詰まって転ぶし、

雪のない車道に出ると、車の邪魔になるし、視界は悪いしさんざんでした。

なんで冬が受験シーズンなんだよ、と、心底思いました。

インフルの心配だってないし、夏にしろって思いませんか?

 


右京さんのお答え

 

右京)本当にそうだよね。

 

玉)ただ4月はじまりっていう日本の学期がある以上はね。

 

右京)外国みたいに9月みたいにすればいいのに。

 

玉)変えちゃいますか!

 

右京)言うのは簡単だけどね(笑)急に変えるのは無理だけどそれのほうがリスキーじゃないよね。雪降った後に歩道は凍ってるし道路は車が走ってくれているから大丈夫だけど、見てると車と自転車がギリギリで本当に危ないと思うからね。自転車道を整備したりするときはああいうのも想定してもらいたいね。

 

玉)考えてみるとこの方もおっしゃっていますが、インフルエンザとか交通事情も受験には不利な状況がそろえすぎている季節ですからね。

 

右京)そこも試されているとは言えないからね

 

玉)どんなに努力してもダメな部分はお天気と流行りものの病気ですからね。

 

右京)しょうがないですよね。今はそのリスクと戦って頑張るしかできないですよね。

 

玉)どうやって予防するかだったりいろいろ準備していくこともある意味勉強だったり練習だったりしますからね。


右京)この季節が一番大変な時期だから受験生のみんなは最後のひと踏ん張り頑張ってください。

 

 

 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

  

M   FIGHT THE NIGHT  / ONE OK ROCK   

ハピリー  14:38

2017年2月13日

2/11 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、若い世代のために新たなトライを考えている片山右京さんの登場です。

 

右京)この前ですね、TOYOTAのソフトボールチームのみんなとご飯食べに行ってきました。去年はチャンピオンになったレッドテリアーズっていうチーム。若い人たちの選手たちとも交流したいし、若い人たちをどうゆう風に育てているのか聞きたくて、名誉監督になった福田さんに話を伺いました。

そしたら結構みんな自主性を尊重してるなって感じたね。うちはやり方がわからないから放任しているところがあって(笑)

 

玉)自主性ですね(笑)

 

右京)そう!自主性!でも僕は間違ってはいないなって思ってて。みんなは日々選択をしながら過ごしているけど、選べる選択肢と選べない選択肢があって、10年後の日本のスポーツを考えたら東京オリンピックもあるから、それに伴ってエリートで若い実業団のチームを作るし、先週言ってたみたいにストライダーに乗ってる子供たちを「チーム右京に入れ」って洗脳することも大事だけど、電動自転車みたいに今後、自転車が楽になってもその自転車はスポーツではないから、スポーツで学べる環境を作らないと日本人でツール・ド・フランス優勝する選手が出てこない。そしたらプロチームは作れないなって思う。

今から言うことは結構問題がある発言かもしれないけど、実は自分で道具を作っちゃおうかなと思ってる。でもそうすると今作ってる人たち、スポンサーからしたら「何をしてるんだ。」「うちが作ったものを使わないで」っていうことになっちゃうんですよ。誤解を恐れずに言うならば自分たちは売るために作っているんじゃなくて、でも売らないと運営ができない。すごい説明が難しいけど目的は「いいものを安く作りたい」「若い人たちが乗れるチャンスを作りたい」って感じで、それを応援してくれている人たちが買ってくれたら、その資金で若い人のために使って長いこといい運営できる。

スポンサーだけに頼っていたら、もしかしたら経営が傾いて実業団と同じようになくなってしまうかもしれない。自分たちで選手たちに続けていきなさいってやらないといけない。

絶対に約束することはそこで出た利益には僕は1円も手を付けないってこと。そうやって理解してもらう。

業界を攻撃されてると思われかねないからね。でも長い目で見ると自主性をそうやって育てたり、次の世代に残すスキームを組まないと業界的にはダメなんだなって思うね。

 

玉)興味があっても手が出ないっていうよりも、できる場所がないっていう状態でチャンスまでたどり着かないのが今の状態と思います。

 

右京)社会が色々荒れてて先行きがわからないからね。でも勝負の勝ち負けは僕らはどうでもいいの。TOYOTAの福田名誉監督も言っていたけど、「一生懸命やってほしい」。今監督になって思うけど、最終回の2アウトの時に1塁駆け抜けたほうが早いのはわかるけどへッドスライディングして欲しいの。一生懸命にさえやってくれれば次の大事なステップに行くから。それを踏まえてニュートラルに公平に見れるようにやりたいね。次のバトンを綺麗に繋げるには新しいトライもやっていかなくてはいけないのかなって思う。

 

玉)右京さんの考えてらっしゃる物づくりは未来を考えての人づくりでもありますよね。

 

右京)いつかは選手を降りることになりセカンドキャリアが始まるからね。次につなげることを大人になったら考えてるんだよって選手には言ってるね。

 

玉)レースのことだけではなくて、「右京さんはなんでこんなことをやっているんだろう」ていう部分も見ていってほしいですね。

 

右京)毎日自分の着ていく服みたいに色んなことを選んできているけど、自分の未来とか日本の未来を考えて選択してほしいかな。洗うんじゃないよ(笑)

 

玉)言うかなって思いましたよ(笑)決断、判断、すごく難しいものですよね。

 

右京)分かれ道に毎日当たりますからね。でも一生懸命にやったら必ず見てくれている人たちはいるから。

 

玉)みなさんもぜひ見ていてくださいね。右京さんは今年は何回自転車に跨るんだろう?とかね。

 

右京)それは次回に話しますね。

 

玉)お!楽しみです。

 

 

今週のお便りのコーナー

 

さいたま市の男性 RN「運命の車輪」さんからのお便り

 

タマちゃん、右京さん、おはようございます。

ロードの選手がオフシーズンにマウンテンバイクに乗ると聞いたのですが、あれはトレーニングなんですか?

僕は1年中、マウンテンバイクにスリックで山は走りません。

 

右京さんのお答え

 

右京)マウンテンバイクにスリックは面白いですね。

 

玉)できるんですね。

 

右京)一応できなくはないけど、抵抗が減るからクロスバイクのような使い方しているんだろうね。

 

玉)ちなみに「スリックタイヤ」は溝がないタイヤのことですね。

 

右京)設置面積が大きくなるからグリップが上がるの。なんとなくブロックがあったほうが引っかかるからグリップするような感覚があるけど、実はブロックは「ムービング」て言ってスピードが上がると動いちゃうからレーシングの車はツルツルのタイヤなんです。逆に言うとスタッドレスでスピード出すと水を飛ばすために細い溝があるから危ないんだよ。でもウェットでも強いのがヨコハマタイヤなんだよ。

 

玉)ちゃんと要所要所にあったタイヤがありますからね。素人が大丈夫だろうと思って使用するのは危ないですから気を付けましょう。

 

右京)この年になって本当にタイヤの勉強を始めているから今度じっくり話します。

 

玉)ぜひお願いします!マウンテンバイクにオフシーズンに乗るのはトレーニングの為ですか?

 

右京)そうだね。でも今はシクロクロスっていうトレーニングをオフシーズンにやっているからね。シーズンが始まるとロードにいくのが主流です。なんでこんな寒い中泥だらけになってやってるんだろうと思うけど、自転車乗らなきゃいけないし、砂の上走るから大変だし、マラソンもやるけど心拍がすごい上がるからオフの間に短時間で強度のトレーニングなんですよ。そのあと本格的な乗り込みを後でやるのよ。マウンテンバイク出身で世界チャンピオンもいるからね。

 

玉)ぜひ気になる方は冬の間に乗ってみましょう。

 

 

 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

  

M   BE THE LIGHT  / ONE OK ROCK   

ハピリー  02:10

2017年2月 5日

2/4 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、シーズンが本格的に始まった片山右京さんの登場です。

 

右京)おはようございます。

 

玉)2月に入りまして、あとちょっとで冬も終わってくれるかなって感じですね。

 

右京)暖かい日もあるけど、やっぱり2月って一番寒い日だよね。

 

玉)雪も降りますしね。気温の上がり下がりがつらいですよね、、、

 

右京)でもこの前、観測史上最高の暖かい日があった日に自転車の配達をしなきゃいけなくて、そこまで自転車に乗っていって配達したんだけど、50キロくらいしかないからすぐだと思ってたら山道があって危うく遭難しかけましたよ、、、反省しました。

でも僕は今監督だからね!選手たちは今スペインでレースの真っただ中ですよ。

 

玉)2月に入ってすぐにUCIヨーロッパ、スペインのバレンシアで「Volta a la Comunitat Valenciana」が開催されていますもんね。1日からスタートしていますね。

 

右京)ここにはスペインにいる選手を中心にして、日本からは「徳田鍛造」と「畑中勇介」それから「平塚吉光」君っていう新しく入った日本人3人も合流して、開幕戦ですね。

UCIのヨーロッパツアーの1クラスっていうレース。チームUKYOにとっては本格的にヨーロッパでやる開幕戦だから期待したいんだけど、ヨーロッパのシーズン開幕戦だからチームスカイとかのワールドツアーの選手がウォームアップみたいにいっぱい出るの。言い方悪いけど「優勝するんだ!」っていう感じより胸を借りる感じ。

それよりも僕たちが目指すのは「洗濯機がちゃんと動くか」とか「キャンピングカーのシャワーでお湯がちゃんと出るか」とか、準備してるチームがレースで使う物が初めてだからスタッフが慌ててる。

1監督カーとか第2監督カーとか車もいっぱい必要だし、ベースに何トンって荷物を送ってるから練習もそこそこにしかできてなくて、選手も沖縄で合宿しただけで行ってるから、そんなみんなに急に「開幕戦だからいい所みせろ!」っていうのもあれだからね。

5年前にジャパンプロツアーに初めて行った時を世界で焼き直しする感じで、頭の中では丁寧に丁寧に大事なものを温めるように仕事しないと、やっつけ仕事で愛のない仕事は絶対失敗するからね。ステッカー一つ張るのでもね、今はお金がないからカラーリングをフルラッピングとかはできないから、プロのチームとは程遠いしワールドツアーのチームと走るなんてのはおこがましいけど、僕らは5年かかってそこに橋をかけたからね。

11日からはムルシアっていう1デイの1クラスのレースだったり、18日にはフィリピンでこれは日本人中心で大学生とか日本で頑張っている選手たちをそこで仕上げていく。3月に入るとツールド栃木やら台湾のレースが入ってきますね。

玉)一気に春ですね!

右京)ここら辺になると、あんまり成績悪いとおじさん機嫌悪くなっちゃうからね(笑)

玉)監督ですからね(笑)そのあたりでは結果をだして安心させてほしいわけですね。

右京)今は選手たちは学ぶ段階だからね。子供が補助輪を外しているような段階ですからね。

そういえば誰かは補助輪いらなかったらしいですね。

玉)うちはいらないんじゃなくて無理やり外したんですよ(笑)数年後そういう子供たちが成長していくとチームUKYOの選手層が厚くなっていくんじゃないですか?

右京)実はそれを狙っているんですよね!卓球の愛ちゃんもそうだし、シューマッハだって4歳とかから始めているから、そりゃ世界を狙える選手が出ますよ。本当は遅すぎで東京オリンピックで活躍する20代前半を育てるには、10代の時からローラーに乗っているようにしないとダメだなって思ったから、それもいろいろ計画しています。

玉)今年は若手を育てる為のチームを作りましたもんね。

右京)どんどん参入しやすいようにして、補助輪外すところから耳元で「チームUKYO」を連呼して刷り込むよ(笑)

玉)自転車への向き合い方が我々世代のころと変わりましたよね。

右京)法律ができたりとかしてるからね。世界の情勢がどっちに行くかわからないから、スポーツ位は通して本当の意味でグローバルにして、競争は大事だけど争いはダメだよって感じでスポーツを大事にしたいよね。

 

今週のお便りのコーナー

 

群馬県館林市の男性 RN「ぽんすけ」さんからのメール

 

右京さん、おはようございます。

3月に行わる「ツール・ド・とちぎ」はUCIアジア・プロ・ツアーなんですね!

私が入っているチームは足利を拠点にしていて、よく練習で走っている道路がレース

に使われるので、今から楽しみです。右京さん、ゴールの足利運動公園入口のパン屋

さんは美味しくておススメですよ。でもやっぱり栃木といえば、佐野ラーメンかな?

 

 

右京さんのお答え

 

右京)凄いうれしい情報だ!

3月に入ったらみんな1日位レースが被ってるけど、うちは3レース出ます。

正直言うと栃木は3軍じゃないけど若い日本人選手中心で組んでます。もちろん栃木をなめているわけじゃないですが、やっぱりレベルの高いUCIポイントの高いところに力を入れて、絶対アジアのチャンピオンになるつもりだからね。で人手が足りないから栃木は僕がやってくださいって久しぶりに言われて監督カーを運転する予定です。でも最終日だけは前の日の夜中に解説が入っているので、運転せずにそのパン屋さんで朝ごはん食べながら待ってます。そして昼ご飯はラーメンを食べます。

 

玉)栃木フルコースですね(笑)ちなみに栃木は若手の徳田優選手とか樋口選手など学生選手がいますね。

 

右京)この前「卒論出しました」って連絡来たからね。でももう学生は本当大変なんだよね。プロもやらなきゃいけないし学生もやって卒業しないといけないからね。でも優は学校がスポーツやりなさいっていう所だからコンディションがいいよ。

 

玉)彼らは栃木にでるんですか?

 

右京)もちろん。でも最終的なメンバーは前々日くらいに決まるからまだわからないですね。

 

玉)ぜひみなさん栃木に来て右京さんも探してください。

 

右京)焼きそばパンとかあるかな?

 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

M   TO FEEL THE FIRE  / ONE OK ROCK   

ハピリー  15:20

2017年1月29日

1/28 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、先週話していた凄いことを話してくれる片山右京さんの登場です。

 

右京)この前なんとなく風邪を引いたなと感じたんだけど、いい方法見つけて治したんだよね。それが「一切無視して風邪をひいていないふりをする」けっして真似はしてほしくないんだけど、鼻水位でどうしても休めない方は気合でなかったことにするっていうやり方ね(笑)

 

玉)病は気からってやつですね(笑)

 

右京)ちょっと話が変わるんですが。先週言った「凄いことが起こった」についてお話しますね。

去年の11月に国会で「自転車活用推進法」が可決されました。小林さんていう方が16年間も頑張っていたことが「法案」ということではなく「法律」として国会で通りました。

それが何が変わるかと言うと、自転車には色んな問題があると思いますが、それはすべて「国のほうに責務がある」ということになります。今後これから具体的にやっていかないと「絵に描いた餅」になっちゃいますが、自治体レベルでもそうですし個人でも自転車にまつわることが法律として義務になっていきます。それを精査した上で提出して、予算を取ったりしながらできるようになりました。

色々な意味で誤解を恐れずに言うならば、「車はえらい」「電車はえらい」みたいに移動手段の中では自転車は低く見られがちだったのですが、ヨーロッパのようにやっと話の真ん中に来ました。海外のように「自転車専用国道」ができたり、ブルーラインとかで自転車をもっと知ってもらうための予算が取れるかもしれないしね。国として自転車の競技を盛り上げて若い人たちの育成に力を入れてくれるかもしれないです。

法律の責任が出てきました。今、東大とか京大の法学部の人たちが色々やらなければいけないことをやってくれているので、自治体レベルでも頑張っています。目に見えるまでには1年くらいかかるかもしれないですが、これから変わっていきます。

 

玉)色んな所で徐々にモデル的に始まっていくんでしょうね

 

右京)そうですね。やっぱり駐輪場の問題とかもそうだけど、絶対に起きちゃいけない悲惨な事故、例えば無灯火で右側を走ってしまい事故が起きたり、保育園に子供を送りに来たお母さんがバランス崩して子供が道路に投げ出されたりね。それを絶対に起きない形にしないといけない。道路のペイントだけではなく、ITS化もそうだし、ソフトの面で「教育」とかもみんなで取り組まないといけない。

それがやっと小林さんのおかげで、もちろん周りの人も頑張って形になったから2歩目3歩目も出していきたいですね。

 

玉)すばらしい!ある意味ようやく扉が開いてそのステージに登れたわけですもんね。でもそういう「法律」が通ったのに意外と私含め一般の方たちには降りてこないですね、、、

 

右京)知らないよね。それが強制的に執行力が持つ形になりますから、みんなの幸せのための法律ですからしっかりと伝えてほしいですね。

 

今週のお便りのコーナー

 

兵庫県神戸市のRNみいみいさん(55歳)からのお便り(女性)

 

玉ちゃん、右京さん、おはようございます。

先日、娘の彼が正式に結婚の申し込みに我が家へやってきました。

午後2時に来ることになっていたのですが、ウチの主人たら、ちょっと買い物に行ってくると言って、出掛けてしまいました。仕事に使うデジカメを買いに行ってきたというのですが、なにもこんな大事な日に出掛けるなんてと思いながら、緊張感でドキドキして大変でした。(時間までには戻ってきましたが、・・・)

男の人ってどの家でもそうなのかしら。

今年ウェディングベルを鳴らすことになった娘が幸せになって欲しいです。


右京さんのお答え

 

右京)父の気持ちわかる(笑)こんな特別な日はそうなりますよ。ものすごい動揺しますからね。落ちつかせるために歩いていたほうが気持ちが整理できますね。それで「フリーターだったらどうしよう」「金髪だったらどうしよう」「タトゥー入っていたらどうしよう」とか考えながらパターンをいろいろ考えますね。

 

玉)こうやって報告してきてるってことは、「右京さんもそうなんですか?」ってことですよ。

 

右京)全く一緒です。恥ずかしいけど国益とか社会の為と全然違いますからね。綺麗ごとの話をしてそういう物が一番に考えられる大人になりましたが、娘や家族の話は全然別物ですよ。

 

玉)右京さんもデジカメ買いに行っちゃいますか?(笑)

 

右京)動揺してるもん。それでもやっぱりうれしいけどね。

ちょっと話変わっちゃうんだけど、この前会議ですごくいい事があって「ダメだろうな」と思っていたら自分の想像と全然違う理解を示してくれて良いことがあったの。人間てやっぱり被害妄想じゃないけど頭の中でのことが全然違う形で伝わっちゃうときあるでしょ?でもちゃんと言葉を尽くして伝えたら突然世界が変わることあるからね。夢を語ったりする第一歩なくしては何も変わらないから言葉を大切にしてね。

娘さんの彼氏が来るっていう時でも同じように誠実に話をすれば家族が増えるってことになるからね。

 

玉)そうですよね!彼氏の方もどんだけ心臓バクバクで来るかってことですからね。

 

右京)でもちゃんと来てくれてるからいい人だよね。来るってことはあらためて「娘さんをください」って言いに来てるんだよね。結納の時に昆布とするめと交換に娘さんをくださいって感じなんですかね。そんな古い話しても分からない人が多いかもしれないですね(笑)

 

玉)いま結納とかってみんなするんですかね?まあ今でいうとLINEとかでいきなり「お嬢さんと結婚したいです」って言われたら腹立つでしょうけどね。

 

右京)そりゃあ嫌だよね。ちなみに玉ちゃんの時はどうだったの?

 

玉)父はもういなかったので、母にまず「結婚しようと思ってる」って電話したら切られました(笑)

「何言ってんのあんた!!」って電話を切られてその後3日位電話に出てくれなかったです。結婚するとは思っていなかったようでショックだったらしいんですよね。

 

右京)いい話だね。

 

玉)本当ですか?どんだけ私が結婚しない女だと思われていたんだろうって(笑)

 

右京)それも愛情の裏返しですからね。いい話だ!

 

玉)ちなみに右京さんの時はどうでしたか?

 

右京)時間がないのでまた来週。

 

玉)逃げられた!(笑)

 


番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

  

M   夢の途中  / 来生たかお   

ハピリー  15:35

2017年1月22日

1/21 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、ちょっとお疲れですがとても楽しそうな企画を考えている片山右京さんの登場です。

 

右京)おはようございます。

 

玉)おはようございます。

 

右京)元気ルンルンバイキンマンです!(笑)もう何言っているかわからないけど、疲れてる、、、

今日も朝からいくつ会議があったかわからない。夢のあることをやっているんだけど現実は地に足着けて数字にしたりしないと説得力が出ないし目標が見えないからね、そうすると声がかれちゃうのよ。でもそういうのは大事ですね。

 

玉)大事ですね。去年選手から新しいローラーが欲しいって言われていましたけど、噂によると右京さんしっかり買ったそうじゃないですか?

 

右京)もちろん!

 

玉)さすが監督!

 

右京)でも転んでもただじゃ起きないから、新しいトレーニングにくっつけて面白いことできないかなって思って考えたのが、ローラーにパワーメーターがくっついていてコンピューターと連動して坂道になったり、下りで集団の誰かの後ろに着いたら軽くなったり自動的できるようになったんですよ。

うちで言うとコンピューターを大きな150インチのテレビに繋いで前にローラーを置いて坂道に来ると負荷がちゃんと変わるのよ。そのシステムで周りの人に会員とかになってもらって、オンラインで外から入ってもらって、うちの選手と一緒に外を走っている時と同じ負荷で世界中の誰とでも一緒に走れるように企画をしています。オスカルとかうちの畑中キャプテンとかの集団と一緒にチーム右京のトレーニングとして一緒に走ろう!って感じかな。

 

玉)私も一緒に走れるんですか!?すごい!

 

右京)ゲームのバーチャルオンラインみたいな感じかな。それを尚且つYouTubeとかでカメラで漕いでる選手や景色を映したりしようかなと思ってる。

 

玉)どんどんすごいほうに広がり方していますね。

 

右京)最初はトレーニングだし楽しい遊びで、尚且つ外を走らなくていいからね。でも実際の負荷と同じ負荷がかかるからね。それでもし勝負で勝ったりしたら実際の練習会に参加してもらったりもしようかなって思ってる。

 

玉)それは実際にそのローラーと同じ物を持っていないとできない物ですか?

 

右京)自転車にパワーメーターが付いていれば計れるし、そのローラーと同じ物ももちろんあるしソフトもあります。実は世界中ではもうちょろちょろ始まっているもので、ズイフトさんていうアメリカのメーカーが日本でやっています。そのヴァーチャル世界でチーム右京のトレーニングルームみたいのを作ってそこにみんな入ってやろうかなと。それもめんどくさければ誰でもオープンで入れるような形にしてもいいかなとは思っています。

ネットのゲームみたいにうちの選手がみんな走っていたら、みんなが入ってきて競争!みたいにして楽しくトレーニングできる時代がきたね。

 

玉)おもしろいですね。まだまだ冬寒いですから室内トレーニングで楽しめたらと言う方も多いですからね。

 

右京)「何を言っているんだ、自転車は外走ってなんぼだ!脚をつってなんぼだ!」という方は「チーム右京のウインドブレーカー」をどうぞ。

 

玉)両方とも対応できますね(笑)この面白そうな企画が実際に動き出したらレポートしてくださいね。

 

右京)何かトラブルが発生したらその報告もしていきますね。

 

 

今週のお便りのコーナー

 

茨城県水戸市の男性「山田省三」さんからのお便り

 

先日、つくば霞ヶ浦リンリンロードについて地元のメディアがレポートしていました。

魅力的な話が少ない我が茨城県にあって、なかなかいい話だなと思いました。

私は全盲の視覚障害者なので、自転車のタンデムの貸出があるなら、是非パイロット役を募って、風の人になってみたいと強く願いました。


 

右京さんのお答え

 

右京)リンリンロードは楽しいところですからね。

それに視覚障害をお持ちのかたはタンデムに乗って風を感じたいですよね。前にも言ったけど「感じる」ってことは考えたりするよりも大事なことだと思いますからね。でも日本は基本的に公道でタンデムの自転車禁止ですからね。そんな国、世界中みてもなかなかないからね。

 

玉)タンデムイコールだめって感じですからね。

 

右京)二人乗りダメって。でも変な言い方かもしれないけどタンデムって二人乗りであって二人乗りじゃないからね。世界中みてもほぼ日本だけがこんなこと言ってますから、遅れている印象ですね。

いろんな意味でリスクを考えて慎重なことはもちろんわかりますけど、全自動運転とかもそうですけどちょっと色んな方たちへの可能性と言うか多様性を見ても遅れているという感じですかね。

もうすこし時間があるときに詳しく話します。今度すごいことが起こったので来週話します。

 

玉)リンリンロードの情報を。

総延長180kmのサイクリングロードで、14市町村にまたがるフラットな平野なので、初心者でもロングライドを安心して楽しめます。もちろん、クライマーには高低差500m、全長12kmを一気に駆け上がる「ツール・ド・つくば」の会場となっている筑波山を楽しめます。

 

右京)ここも結構楽しいですよ。基準タイムがあってネットにみんなアップしています。

ちなみに僕は830秒くらいで走ります。

 

玉)右京さんは830秒で走るそうです。

 

 

    

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

 

 

M   ネグレスコ・ホテル  / BORO   

ハピリー  04:39

2017年1月14日

1/14 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、若い選手たちに向けたトレーニング方法や「熱」について話してくれる片山右京さんの登場です。

 

右京)おはようございます。

 

玉)おはようございます。もうさすがに2週目になったのでお正月気分は抜けた頃じゃないですか?

 

右京)もうチームは沖縄合宿が始まって、日本人の大学生とかが中心になって毎日200キロ走ってます。

この時期に子供たちは、腱とか人体の筋肉をしっかり鍛える。マラソンのマフェトン理論っていうんだけど、例えるならば料理を一杯盛りたいとき「大きなお皿」を用意しないとこぼれちゃうでしょ。だから「大きなお皿」を作るために、じっくりゆっくり長く下地を作っていくの。それからドカンと一気に鍛えれば筋肉はしっかりつきます。

だからこの時期は子供たちや若い人たちは200キロとか250キロ走って、長いときは300とか350とか頑張って走って耐える精神力とか筋肉をじっくり作っていくの。

 

2月も同じようにレースのピークが後の3月組は、アジアツアーに出る人たちは2月くらいに10分走とかをして負荷を徐々に上げて自分の限界を少しだけ上げるの。その後は全部回復に充てる感じでね。

もう2月に入るとヨーロッパ組のレースが7レース、それとアジアが1レースとか始まるのでそこにみんな分散していく。

 

玉)なるほど!みんな自分のピークをそれぞれどこに持っていくかっていう時期があるから、それにあわせて合宿の内容も組んでいかなければならないですもんね。

 

右京)そう。だからマネージャーとか第1監督とか第2監督とか第3監督とかが散らばって、トラックやらバスやら監督カーを運ぶとか細々な部分が大変。

でも5年前に始めて「ホイールが足りないんですけど貸してくれませんか?」っていう頃と同じことを世界でやるだけだからね。サッカーの鹿島アントラーズがビッグクラブ相手に善戦しているのと同じように驚かせたいから、僕らもわかりやすいチャレンジからしていきたいね。

 

玉)なるほど。それでは細かい日程を紹介しますね。UCIワールドツアーは1/1722日、オーストラリアのサントス・ツアー・ダウンアンダーから開幕します。UCIワールドツアーは10月に中国・広西(こうせい)チワン族自治区で「ツアー・オブ・コワンシー」が初開催されます。中国初開催ということで話題になっています。さらに2月~ヨーロッパツアーに参加。少し時間差がありますね。

 

右京)ツールド・フランスに出るためにはまず、UCIのワールドツアーみたいなレースに出れるチーム、いわばF1チームを作らなければいけないんですね。ここは僕らのカテゴリーからすれば一つも二つも上なんだけど、絶対にそこに行く。それも数年のうちにね。

数年ていっても1年から9年あるけどね(笑)でもそんなエクスキューズはしないでちゃんと行きますよ!

そう意味では応援する側にも情熱を信じてもらったり、なおかつうちの選手も鹿島の選手みたいに負けることを一切想定せずに勝つためにやんないといけませんね。リーダーの僕も同じ気持ちでいなきゃいけないから床で寝ていても全然ハッピーです!

 

玉)やっぱりまだ床で寝ているんですね(笑)

 

右京)床が冷えるんでエベレストで使っていた寝袋が大活躍しています。

 

 

 

 

 

今週のお便りのコーナー

 

さいたま市の男性 RN「ロビン」さん(46歳)からのお便り

 

右京さん、おはようございます。

鈴鹿でエンジンが不調で「ヴェンチュリ」を走らせられなくて残念でしたね。

11月の「鈴鹿サウンド・オブ・エンジン」での話です。)

その話も載っている「レーシング・オン」読みました。

非常に懐かしく読んだのですが、右京さんってF-16年しか在籍していなかったん

ですね。若かりし頃の右京さんの写真と今の写真を見比べながら、「変わってない」

と思ってしまったのですが、改めて「片山右京」ってスゴイ人なんだなぁと

思わされました。

 

右京さんのお答え

 

右京)嫌いじゃないなぁこの「変わってないですね」って言葉。

そういう風に言っていただけるのはありがたいですけど、読み返して見ると当時の事に勇気とかあたえられるし自分に今足りない物とかあって反省もありますが、過去のことなので今は前を見て全開です。変わってないって言ってもらえるのは本当にありがたいことなんですけどね。

 

玉)かっこいいですね。まだ本はちらりとしか見ていないんですけど、F1とか車に乗っていた右京さんと一緒に夢を追いかけていた人たちが、今自転車業界を引っ張ている右京さんをすごいっておっしゃっているところがまたかっこいいですね。

 

右京)自転車でも何でもいいんですけど、同じように一生懸命頑張ることは大事なことだし失敗しても役に立つ。そういう熱を見せて背中を見ている若い世代に伝えることが大切なことです。なのでもっともっと伝えていきたいですね。

 

玉)これはもう経費で「レーシング・オン」チーム全員分買って、右京監督はこういう人なんだぞって教えるべきですね(笑)

 

右京)それはないな(笑)自分で思い返すと恥ずかしいだけなんだよね。

 

玉)うちの息子はF1乗っってた頃の右京さんを知らないので、ただ「かかと一緒に仕事している右京さんでしょ?」ってなっていたので、本をみせたら「すごい!右京さんこれに乗ってたの!?」って大至急に絵をかいてましたね。

 

右京)ありがたいですね。こういう小さなことの前に大きなこともあったからね。

 

玉)そういう右京さんの半生を語る「レーシング・オン」絶賛発売中です。

 

右京)もう売り切れて全部ないんだって。うちの押し入れにある5000冊は何を物語っているか(笑)

 

玉)右京さん嘘つかないでくださいよ(笑)すいませんもう売り切れてないそうです。

 

    

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

ヨコハマゴムのCMソングです。

 

M   ブルージング・ピエロ  / 稲垣潤一   

ハピリー  17:00

2017年1月 8日

1/7 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、今年の目標を話してくれる片山右京さんの登場です。

 

右京)みなさん明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

といってももう7日なんだよね。年末にも思ったことなんだけど、大人になると残念なことに「サンタクロースってなんだっけ?」とか「先方の会社と連絡が取れない」とか考えちゃうよね、、、

でもやっぱり一年の計は元旦にありだから心新たに目標や夢を持ってやりたいですね。

 

玉)右京さん今年の目標はもうたてられたんですか?

 

右京)ぷ~

 

玉)なんですか「ぷ~」って(笑)

 

右京)えーっとね(笑)例年のごとく一生の目標は変わらないんだけど、今年のスケジュールの中で自分が自転車で出れそうなレースを増やしたい。マウント富士ヒルクライムも出るし、残念ながら沖縄はGTと最終戦が重なってて出れないんだけど、その分ほかのイベントとかレースは挑戦して「今中大介やっつけてやる」ってなってます。

本業の車と自転車はまた一歩駒を進めて、ジャパンプロツアーはエリートの方だけで、日本を背負って立つ若手育成を本格的に始めていく一年目にする。その意味ではいやらしい言い方になっちゃうけど予算とかが少なくて僕らみたいな小さい組織が若手育成なんておこがましい話なんだけどね。だからオンラインショップを利用してくれている方たちは本当にありがたいです。

 

玉)せっかくなのでオンラインショップでは、お正月プレゼント期間や新商品もありますしお知らせいたしますね。

"税込8000円以上"お買い上げの方に、「チーム右京2017卓上カレンダー」を表紙にに右京さんの直筆サインを入れてプレゼント中。自転車ロードレースと、SUPER GTの写真で構成された非売品のカレンダーです。

 

右京)もう福袋は年末からたくさんの方に買っていただいていますね。正直言うと福袋ってどうしても在庫一掃セールみたいなところがあって申し訳なく感じるんですけど、値段的には本当にお得であることは間違いなくて、実際に買ってくれた方たちには非売品の卓上カレンダーとか、応募してくれた人たちにはかなりの確率でプレゼントが当たる物とかも入っていますのでどうかご容赦を。

 

玉)ちなみに「レーシングミク2016 チーム右京応援福袋」は110日までになっていますが、かなり好評で現時点で在庫が残っているかわかりませんのでぜひオンラインショップをご確認ください。

 

右京)すごいおっきなつづらに入っています。僕は「舌切り雀」で大きいつづらを選ぶタイプなんでね(笑)その大きな理由はクッションとか入っていて膨らんでいるんだよね(笑)手前みそで申し訳ございませんが本当に二度寝には最適です。みなさん早めにお求めください。

 

玉)新商品は「ウインドベスト」が新発売になっております。冬のライディングに重宝するウインドベスト"税込み11880円"好評発売中です。

 

右京)みんなから冬物を出してくれって言われてて、ちゃんとしたメーカーは違うけど、うちは夏物の上下ばっかりで冬物は選手の分しか作ってなかったの。でも応援してくれる方たちが増えてきて要望が多かったので、限定でしか作れないけどちょっとずつ充実させていく予定なのでよろしくお願いいたします。


11日に選手の発表をしています。基本的にエース級は変わらずなんだけど、ジャパンカップのクリテリウムでジョンがトレックの列車に勝てないってわかったから、その辺、補強しようと思い2年前までチームスカイにいたエースアシストのネイサンアールを補強したり、オスカルが登りの時に周りを固めるために日本のトップクライマーの平塚君がきたり、インカレ時代に2連覇した徳田君とかね。

残念だけど実力を見初められて引き抜かれた住吉とかが移籍しちゃったけどね。今14人でもう一人入るかもしれないけど、若手12人含めて総勢27人でアジアツアーとヨーロッパのレースに挑むつもりで去年取り逃がした部分を目標に頑張ります。

 

玉)ぜひ皆さま応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

今週のお便りのコーナー

 

葛飾区の女性 RN「みるくり」さんからのお便り

 

右京さん、玉ちゃん、おはようございます。

私は「レディオ・コグー」を聴くようになって自転車に関心を持つようになりました。

我が家の前は幹線道路が走っているので、休日などはツーリングの方々をよく見かけます。みんな「どんな自転車の乗っているのかな」とかヘルメットやウェアなどが気になって眺めているのですが、みんな速い、速い。あっという間に私の目の前を颯爽と駆け抜けて行ってしまいます。

今年は自転車のレースを見に行きたい!観戦デビューしたいのですが、動体視力に問題ありで心配です。

動体視力が弱くても大丈夫ですか。

右京さんは今年デビューしたいことは何か考えていますか?

 

右京さんのお答え

 

右京)慣れてくると目が追いついてきますよ。F1も最初はゼッケンとか見えないもんね。誰が運転しているのかわからないことあったけどなんとなくヘルメットの色とかで判別できるくらいには慣れていきますよ。

 

玉)最初はスタート地点とかゴール地点で盛り上がりを楽しむのもアリですね。

 

右京)僕もね監督カーから見ていて、140人も走っている中で「うちの選手遅れてない?」ってきいたら「違いますよ似たカラーリングの違うチームですよ」ってよく間違えちゃうからね(笑)監督だって間違えますよ。動体視力じゃないんですよ。

 

玉)今年何かデビューしたいことありますか?

 

右京)ちょっと考えておきます。いろんなチャレンジは自分を活性化してくれるからね。

そういえば来週ちょうど北海道のテストコースに行ってスタッドレスのテストとかタイヤの勉強に行くの。こんなに長いこと車に関わっているのにタイヤのことを本当に知っているだろうかっていう疑問が自分の中にあるからそれがデビューかな。

 

玉)雪の上ですか?

 

右京)もちろん雪の上もそうだし、ヨコハマさんのDパークっていうテストコースででいろんなタイヤ商業車のタイヤもね。車って20年前の物は古く感じるけど、タイヤは黒くて丸いからわからないのよ、でもタイム計ってみると20秒とか違ってくるのよ。そういうことを勉強してきます。

 

玉)ぜひその報告を教えてください!楽しみにしています。

    

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

ヨコハマタイヤのCMソングでした。


M   ロング・バージョン  / 稲垣潤一   

ハピリー  01:09

2017年1月 1日

12/31 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、年齢の重ね方のお話をしてくれる片山右京さんの登場です。

          

玉)大晦日もありがとうございます

 

右京)いよいよ今年も今日で最後です。今日の夜にはまた「行く年くる年」を見て、そば食べて、年が変わる瞬間にジャンプするんだよね。

 

玉)右京さんジャンプの話去年も言ってましたね(笑)

 

右京)やばい、全然進歩してないね(笑)

 

玉)でも毎年これをやるっていうのはすごいいい事だと思います。

 

右京)ちょっと寂しい話なんだけど、周りの人が毎年一人欠け二人欠けってしていくんだよね。

でもポジティブな考え方かもしれないけど、そのおかげで本当の父親になれた。オヤジを見送って全部片付けて、残してくれた日記とか絵葉書とかをみて、いかに自分が愛されていたか気づいたからさ。これからも自分の家族に対しても社会に対しても、若いやつらに対してもね、自分が人間として幸福の平等を挙げれるようになりたいな。

なのに中身は変わらずカウントダウンでジャンプしてるんだよね(笑)

 

今年の自転車はいい結果残してくれたから、車に関しての話しなんだけど、久々にデビュー当時のF1に乗せてくれるっていう話聞いて行ったら、エンジンかからなくてダメだったの。つい最近も乗るはずでオーバーホールしたら今度は「タンクからガソリンが漏れてるから今回は乗れません」って言われてがっかりしたの。

その時の話で、僕はデビューしたときのランボルギーニV12気筒を頭の中で思い描いて当時のことを考えると、今じゃちょっと恥ずかしいけどまっすぐに世界を目指してセナやプロストと一緒に走るんだって思ってたからコンマ5秒でその当時に戻れるのよ。

で、車を見た時、25年もたってるからポンコツな車になってるんだろうなって思ってたら、持ってる人が今まで手を入れてなかったんだけど僕が乗るからネジから何から全部いったんばらしてて、綺麗に当時のままの状態にしてくれてたの。

オーバーな話じゃなくて本当に初めて会ってサーキットで走らせた時と全く同じ状態だったんだよ。綺麗に。

で乗った瞬間にエンジンがかからなかった(笑)コンピューターはお年を召されてたね。走れなかったんだけど、シートベルトしてヘルメット被ると見える景色は25年前と一緒だったから新鮮だったよ。エンジンかからないのに「エンジンかけて」って手を挙げて頭の横で人差し指くるくるしてサインをやってたの。

そしたら自分にエンジンかかってきちゃって、「俺は絶対年取らない!肉体は年とっても心は年取らない!ずっとチャレンジして、ずっと頑張って仕事して、ずっとまっすぐ突っ走るんだ元気で若いよ」ってこっちが励まされちゃったね。だからこれからももっとたくさんの人を笑わせるために頑張っていきますよ!笑う門には福来るですからね。

 

 

今週のお便りのコーナー

 

栃木県佐野市の男性 RNプレミアム涙子さんからのお便り

 

玉ちゃん、右京監督、おはようございます。

今年の一番の思い出は、埼玉クリテリウムで右京監督に初対面したことです。

販売ブースで一番最初にサインをもらったのが私です。

購入した商品だけでなく、汚ったないリックサックにまでサインを頂きありがとうございました。

右京監督もそうでしたが、別府選手や新城(あらしろ)選手も気さくにファンに触れてくれます。

世界や日本のトップ選手がファンサービスを普通にしてくれるなんて感激です。

そして、選手はみなさん穏やかな方が多いように見受けます。

トレーニングやレースで大変でしょうか、更なる自転車ファンを増やすべくサイクルイベントが各地で開催されることを期待します。

また来年も出場して下さい。よろしくお願いします。

 

 

右京さんのお答え

 

右京)ありがたいね。自転車に関わっているプロって距離感が本当に近いんだよね。新城君とか別府君とかってツール6回も出たりジローレイタリアで敢闘賞貰っているすごい選手が普通に誰とでもどこでも会えるっていうのが自転車競技の魅力なんだけど。

このクラスのF1の選手は金属探知機があって「アポ取ってます?」ってそういう対応になっちゃうから寂しいよね(笑)

 

玉)たくさんの方が参加してくれて本当にありがたいですね

 

右京)僕は本当に人が好きで色々な人にあって声かけてもらって写真撮ったりするのはこっちがありがたいのよ。年重ねてそういうエネルギーを貰うありがたみがあるから楽しいの。こういう仕事にプライドも持てるしみんなのおかげなので気軽に声をかけてください

 

玉)右京さんもまたたくさん走れるといいですね

 

右京)そろそろ開始しないと今中大先生が練習しているみたいだからね。

 

玉)やっぱりそこなんですね(笑)そういえば今年はゲスト呼ばなかったですね。

 

右京)山登ってないからね。でも呼んでいきましょう。

河口学なんて仕事しないでトライアスロンばっかりしてるからね。それで最近反省したのかフェイスブックで「仕事」って根暗なものあげてたから、「寝言は寝てから言え」って書こうと思ったけどやめましたよ(笑)

 

玉)みんな面白い人がたくさんいますね(笑)

 

右京)良いお年を!

 

玉)良いお年を!

    

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

M   始まりの歌  / Greeeen   

ハピリー  13:51

2016年12月25日

12/24 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、片山家のクリスマスの過ごし方をしょうかいしてくれる片山右京さんの登場です。

          

右京)メリークリスマス!

 

玉)メリークリスマス!

 

右京)クリスマスって別にクリスチャンじゃないんだけど習慣化されてるよね。

「楽しいわくわくする」、「今日はチキン食べよう」とか、「シャンメリー飲もう」とかさ。

ちなみにうちでは、クリスマスなのに寿司をとります。そしてピザもとります。

お寿司とイタリアンのピザと西洋のチキンってもうなんでもありなんだけど。

今日は特別な日だから、カロリーも気にしないしお腹の未開発油田も気にしないで蓄えようって日だからね。

 

玉)久しぶりに土日にクリスマスがばっちりあいましたよね。

 

右京)いい感じだよね。

 

玉)皆さん、 車、自転車気を付けていますか?準備はできていますか?

 

右京)本当に事故はシャレにならないですからね。気を付けてください。

 

玉)うちの子は今幼稚園年長さんなんですけど、このくらいになるとそろそろクリスマスプレゼントに自転車をお願いする子が周りでも多くなってきましたよ。

もううちの子の周りの子はみんな自転車乗れるんですよね。

 

右京)玉ちゃんの子は乗れないの?

 

玉)うちの子は乗れないんですよね、、、なので右京さん自転車ください(笑)

 

右京)そういうオチだったか!

 

玉)私がプッシュしないからなのかもしれないですけど、まだストライダーで満足しているんですよね。

 

右京)でも今はストライダーにアタッチメント付けて、普通の自転車になる物もあるんですよ。

皆さんそういうのをもとめて「イオンバイク」に行ってください(笑)

今はいろんな便利なものがたくさんあるから、わざわざ腰を痛めて教えないでもすぐ乗れるようになります。

僕が玉ちゃんの子供に自転車の乗り方教えてあげる。30分で乗れるようにしてあげる。

 

玉)ほんとですか?まだ小学校上がってないけど預けてもいいですか?

この冬休みに自転車の練習をする子供たちって多いと思うんですよ。クリスマスプレゼントに自転車を貰って、冬休みにお父さんと公園で練習していることよくありますからね。

 

右京)いい話だな。うちもそうゆう時期があったんだけど、もう就職しちゃったからな(笑)

 

玉)右京さんは年末年始はお仕事ですか?

 

右京)ギリギリまで普通に仕事しているけど、一般の会社が休みに入ったら誰も相手にしてくれないから、家で仕事したりしてるかな。たまには自転車も乗りにいかないとね!

 

玉)残念なお知らせです。来週大晦日は土曜日なので「ハピリー」あります。

 

右京)そうだ!最後の最後まで仕事だ、、、でも僕仕事大好きなので!!

   

 

今週のお便りのコーナー

 

茨城県古河市のRN鶏のから揚げさん(26歳)からのお便り

 

玉ちゃん、右京さん、おはようございます。

初めてメールします。

私、自転車を発注しました。8月頃から欲しいと言い続けていたのですが、

ようやくです。店頭には置いていないサイズだったので、取り寄せに時間がかかって

しまったのですが、3日前に電話があって、仕事の都合で明後日取りに行きます。

いろんな場所へ行けるようになったら、またレディオ・コグーにもメールします。

 

右京さんのお答え

 

右京)特別なサイズって「シンガポールフライヤー」とか「ロンドンアイ」みたいなやつかな。

でも時間がかかっても自転車はサイズ合わせたほうがいいしね。ちゃんと丁寧に乗り続けたら30年乗れてますっていう方もいらっしゃいますからね。お気に入りのものをフィッティングして乗ることは大事なことです。

でもこの季節は寒くなるからローラーも一緒に買いましょう(笑)

 

玉)そろそろ来年あたりからローラーの話もしていきましょうかね。

 

右京)すごいタイムリーな話なんだけど、ちょうど今日チームのローラーを新しくする会議があったんですよ。

選手ってどんどん要望がわがままになっていくんだよ。プロは寒いから外を走らないってことはできないからローラーを使って練習するんだけど。のっかって回しているだけじゃ飽きるんだよね。

今はネットでほかの人と対戦できるローラーとか、外で走っているのと同じフィーリングで傾斜がかかったり下ったりするローラーとか、固定ローラーだけど自重で回せて横に振れるのとかがミノウラって会社からでているんだよ。それを選手が欲しいって言ってるのよ。

でもクリスマスプレゼントみたいに言うけどお前ら何人いるのって話なのよ。

ローラー16台と海外用のスペアとか含めるとすごい額になるのよ。

 

玉)右京さん休めないですね(笑)

 

右京)これからバイトがあります(笑)ビッグダディだから大変だよ。

 

玉)ミノウラさん16台お買い上げだそうです!(笑)

 

右京)ちょっと安くしてください(汗)

 

玉)よろしくお願いいたします。

来年は若い方を応援していくということでコグーも原点に戻ってトレーニングの話をしていってもいいかもしれないですね。

 

右京)僕が最初のころに話していたトレーニングよりずいぶん変わったからね。

僕のトレーニングがいかに原始的だったか、ロッキーみたいな感じだったからね(笑)

今は科学の時代なのでかなり進化していますよ。


玉)そういう話もしていきましょう!

     

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

M   クリスマス・ソング  / back number   

 

ハピリー  13:47

2016年12月18日

12/17 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、久しぶりにサイクリングに行けた片山右京さんの登場です。

          

右京)この前久しぶりにサイクリングに行ってきました。


玉)やっとですか!?


右京)この寒いのにちゃんとビブのロングタイツとネックウォーマーを着けていったら寒くなかったです。

寒かったのは僕の心だけ(笑)寒さを想像していやだなと思っていたんだけど、実際外に出てみたらやっぱり最初は寒かったけど、徐々に体も心もあったかくなってきました。

自転車ってやっぱり楽しいって思いましたよ。


玉)良かったです右京さん年内に乗れて。


右京)この番組ではさんざん偉そうに言ってきて、番組始まったころは「おらっローラーで10分間のメニューだ!」とか言ってた癖にチームの若い子を応援するあまり心がやさぐれちゃって「ローラーでいいんだもん」ってなったよ。


玉)ほんとに右京さんこれまでにないくらい乗れてない1年でしたよね。


右京)言い訳だけどほんとに忙しくなっちゃって、富士ヒルクライムで今中さんにコンマ12勝てただけ今年は満足して仕事終わった感じがあったね。

でも今中さんに、酸素をたくさん運ぶためのサプリを僕だけが使ってたのがバレちゃって、「右京さん今あれを大量に準備してますよって」って言われたから、逆に粉砕してやるって今息巻いてます。

 

それとは別に「チーム右京」もしっかり練習会を菅井でやって。やまなみ温泉っていうチームをサポートしてくれている場所に集まって雛鶴峠にしっかり登りました。

僕は申し訳なかったですけど朝の挨拶だけで即帰らなきゃいけなかったんです。

でも僕と走る事がメインじゃないし、選手と走ったり走るうえでの疑問なんかを直接選手に聞いたりできるからね。

だから今後は「もうやめてください」と言われるくらい回数を増やそうかと思います。


玉)たくさんの方たちが参加できることになりますかね。


右京)クラス分けもしっかりやりますので、老若男女の参加をお願いいたします。


玉)来年はもっとさらに若い方との交流が増えていきそうですね。


右京)選手たちも若いし、たくさんの人が集まりますね。でも選手は海外行っちゃうので僕は暇なんですよ。


玉)今週のメールはその若い方から着ています。

   

今週のお便りのコーナー

 

横浜市青葉区の14歳の中学2年生「コアラドラゴン」くんからのお便り

 

右京さん、玉川さん、毎週楽しく拝聴しています。

僕の学校では、テスト2週間前になると、みんな死ぬ気でテスト勉強を始めます。

(多分、2週間前から部活動などが中止になってテスト勉強に備えるのでは?)

僕もそれなりに勉強しているつもりなのですが、今までのテストの成績をみると...。

勉強しても良い点数を取れる自信がなんです。

皆さんは、どうやってテスト勉強を乗り切っていたのですか。

またどうやって自信をつければいいのか教えて下さい。

 

右京さんのお答え

 

右京)まあ僕に聞くのは間違えだよね(笑)


玉)その心は(笑)


右京)僕も自信がなかったから(笑)

でも順位とかってのは、周りが平均点以上取ったら下がっちゃうもんだから。順位じゃなくて100点満点で80点をとるには、正解を重ねていけば点数は取れる。順位よりも点数が取りたいのであれば勉強するに越したことはないですよ。

僕の場合をいえば、死ぬ気で勉強して山勘ではなく憶えていって、学校行く日は「俺に触るなよ」って言ってそおーっと座って、開始と同時に一気にやったら終わった後全部忘れているって状態だったかな。

でもこのやり方では身につかないかな。このやり方で役に立ったのは「必死にやる集中力」だけで、知識としてはやっぱり毎日コツコツやるほうがいいよね。

玉ちゃんはどうだったの?


玉)私はどちらかと言うと一夜漬けタイプではありますけど

でもこの「コアラドラゴン」君は、ようはあんまりやってないんですよね。

「僕も"それなりに"は勉強している"つもり"」って言ってますからここの部分で自信が持てるわけないと思いますね。


右京)やっぱお母さんは厳しいね。


玉)やるときは自信が持てる位やって、「とりあえず俺やったわ!」ってなるくらいやってみないとね。

テストのあと忘れちゃってもいいけど、1回それくらいやってみて「あんなにやったのにな」ってなるくらいやってみないと。


右京)「それなりに」って言葉は謙遜かもしれないけどあんまり使っちゃだめだね。

かといって言葉だけで「俺すごいやった」っていうのもダメだけどね(笑)


玉)わかります!うちの子が今そうです。


右京)かわいいけどね。

プロの世界と比べちゃいけないけど、結果を求められていくから。今そういう物がわからなくても、仮に10年後自分が思っているところと違う場所に立ってても、今頑張っていることは絶対に役に立つから。

玉)勉強の仕方を身に着けるつもりでいろいろ試していったほうがいいですね。


右京)僕は本当に算数って嫌いだったけど、世の中って色々算数でできていてレースも算数で見ると面白くなってきたからね。


玉)本当ですか?(笑)


右京)ほんとに!自転車もね。14歳頑張れよー!


玉)14歳がんばって!応援していますよ!

    

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

M   星のクライマー  / 松任谷由実   

ハピリー  15:30

2016年12月11日

12/10 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、何やら来年におもしろい企画を考えてる片山右京さんの登場です。

          

右京)先週も言ったみたいに、「忙しい忙しい」って言っちゃいけないんだけど来年の準備に追われています。

でもそれこそが僕たちのモチベーション!来年は面白い企画があります。

公式にはまだ言っていないんだけど、ジャパンプロツアーは卒業します。

アジアツアーは、前回言った通りもう手に届く所まで来ています。なので絶対取ります!

そういう布陣と共にどこにフォーカスするかと言うと、世界に向けての第一歩、ヨーロッパツアーに2月から参戦します!


玉)ついに!?


右京)でもまたやられてへこんで学ぶから参加するだけみたいな(笑)


玉)そんなにかわいくいってもダメですよ(笑)


右京)その分、国内でせっかくラジオを聴いてくれているみんなと会えない・・・そこで若い人を育てると共に、実業団のE1ていうレースと、市民イベントに特別チームを編成します。

それですごいのが、去年プロにいきなり高校生使ったでしょ?彼ももちろん、その子よりもっと年下の子たちが出ます。

中にはまだ正式なレースには出れないけど、チャレンジスクールで育った子とかがすごい力をつけてきた子とかが出ます。

そして初音ミクのジャージを着て出ます!

なんでかと言うと、今年のエリートの下のチャンピオン取ったのが「弱虫ペダル」のチームだったの。

そんなのに負けてられないだろって、渡辺先生にサイクルモードで喧嘩売って(笑)、来年は「ミクVS弱ペタ」だっていうのでうちらの子供たちに頑張ってもらいます。

でも負けるの嫌だから強い選手放り込んじゃった(笑)

チャンピオンを取りに行く選手と、そこでは実力は足りないけど揉まれて頑張ったらUCI登録してアジアツアーを経験させて、世界を目指せって感じかな。


玉)じゃあ新しく2チーム体制ですね


右京)実はチーム自体は3体制なんです。3レースが被っても対応できるようにね。

プロの所は今16人、いよいよスタッフも増えてきて、サッカーみたいに外国の方を監督に呼んだりメカニックも来たり、ほんとに大所帯になりました。

それを支えるためにチームとしてこんなことを始めるんですっていうのがあるんだけどまだ秘密です。


玉)そこまでは言ってくれないんですね。


右京)まだ発表会まで2か月位あるからね。

2月のアジアツアーとスペインのレースがまだ6つくらいあるからそれが終わったら発表会をしようと思います。

   

今週のお便りのコーナー

 

太田区の男性 RN「カク」さん(56歳)さんからのお便り

 

右京さん、おはようございます。

勤労感謝の日は寒い中、ご苦労様でした。

フォーミュラE丸の内デモランを見に行きましたよ。

もう少し流して欲しかったなぁ。

速度規制があったんですか?

 


右京さんのお答え

 

右京)みんなそれを言ってて、でも電気自動車とかEVカーってマイルドなイメージあるけど、本当はすごいパワーがあって、ちょっと踏んだだけでタイヤがスモークあげて焦げた匂いさせるんだけど、その一瞬だけで終わっちゃうから少し消化不良になっちゃう。

でもやっぱり通りを全部それでやったら危険だから、まずはフォーミュラEっていう車とプロのドライバーが来てくれて観れただけで感謝してほしいですね(笑)


想像力を持っていうと、今までそういうのは小出しにしてるけどWEC(ワールド・エンデュランス・チャンピオンシップ)からアウディが撤退したの。なんでかっていうとフォーミュラEに専念するため。

メルセデスが参戦したりジャガーがいたりして、本気でメルセデスやアウディがやり始めたら技術教養とかを本気で作りだすからそういう人たちが10年とか続けたら今後のモビリティネットワークとか車の社会とかどうなるんだろうって。

2030年にドイツは化石燃料の車、エンジン車は使用を禁止って発表したし、日本でも全自動運転も閣議決定されたからね。


玉)我々にとってはまだ現実味がないですね


右京)確かに現実的に見たらバックトゥザフューチャーになってないじゃんとかね。

手塚治虫さんの漫画なんか、ほど遠いってなるけど、そうやって世の中は加速しているから今なんないじゃんって思わないで、違う危なさがあるからどうやったら大丈夫か。

いろんなものが全自動化されても、ルールを守らないと問題になる。


玉)事故が無くなるわけじゃないですからね


右京)そう。だから便利は進むだろうけどそれによって危険性も出る。

だから自転車もトータルモビリティネットワークに入れてくださいといろんな人にお願いしてるんだけどね。

いちばん大切なのは事故を無くすこと。ニュースになってない悲惨な事故はまだまだたくさんある。

すべて機械に押し付けるわけじゃないけど、車はハードが守ってくれることはアイサイトみたいにかなりあるよね。

ヨーロッパでは自転車に関しては、かなり進んでる。日本は法整備を含めてまだまだ遅れています。


玉)みんなで一緒に進めていくってことに追いつけないのかなって感じていますね。


右京)一人ではなくみんなで言えば変わりますからね。

 

  

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

M   マジカルミステリースパイス~マジスパのテーマ~  / THE JAM PROJECT   

ハピリー  00:27

2016年12月 4日

12/3 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、師走でごわすな片山右京さんの登場です。

 IMG_2924.JPG                 

右京)最近の僕の生活は、会社の床で寝て、お風呂にも入れず、出張と車の移動で「師走でごわす!」

こうやって毎年言ってるんだけどね(笑)シーズン終わっても忙しさは全然関係ないね。

今年のツールド沖縄のスケジュールは全部終わって、振り返ると今年の目標は、個人はあまり取れない感じだったから、チームの総合優勝。

「賞金が出るから絶対取ろう」って言ってたからね(笑)

そこでみんな踏ん張って頑張ってくれたから取れたね。

大きな所としては、去年いた土井選手と窪木選手がいなくなって戦力低下と言われていたけど、その分スプリンターでジョンが来てくれたり、まさかのオスカルがTOJ総合優勝したりして、着実に階段を昇っているところ見せてくれた。

それを見て「勝った人だけがフィーチャーしている」「日本人を育てていないじゃないか」っていう人もいる。

でも僕たちが誤解を恐れないで言うなれば、東京オリンピックはもちろん大事だけどそこがゴールなわけじゃない。

その先にも道があって、世界で活躍するっていうのはゴールがなくずっと続けていくもの。

だからオフに入ってもそれをバトンタッチして、ずっとやっていける力のあるチームを作らなければいけないからね。

同じことを年が明けるまでに準備して、年が明けてからまた一歩一歩前にすすんでいく。

みんなで力を合わせるわけよ。


玉)1年前に選手が抜けてチームの体制自体が変わるって頭を痛めてましたよね


右京)タラレバになっちゃうけど、ジャパンカップの同日に開催されてたドバイのレースの得点が加算されていたらアジアで3位だったし、それに、もしアジア選手権で去年のような活躍ができてたらアジアでチャンピオンだったんだって。

今そんなこと言ってもしょうがないんだけど、僕たちはそこまで来てるから今度はそれを形にしようって言えると思うんだよね。

みなさんのおかげでここまで行けるようになったから、この先も続けていくにはあれがそれでこれなんで。


玉)ぼんやりしてますね(笑)

  

今週のお便りのコーナー

 

茨城県筑西市の男性 RN「猫だまし」さんからのお便り

 

右京さん、玉ちゃん、おはようございます。

先日の雪にはまいりました。

夜から雪が降るという予報でしたが、朝は雨だったので、良かった、雪は降らないと思って、出社しようとしたら、雪に変わっており、車を見ると、フロントガラスが真っ白になっていました。

11月に雪が降るんなら、タイヤの早期履き替えキャンペーンをやっている時に冬用タイヤに履き替えれば良かったと後悔しました。

仕方がないので、歩いて駅まで行って、その日は電車通勤にしました。

 

右京さんのお答え

 

右京)スタッドレスタイヤはみんな痛い思いをしないと替えないからね。

ちなみに僕も人のこと笑ってられないんだけどね(笑)

その日はどうしても行かなきゃいけないロケで、前日にスタッドレスに替えようと思ったけど、4時間待ちで替えられなかったの。

でもこの日のために30年レースやってきたんだと自分に言い聞かせて出かけたら、都内は雨で大丈夫だったんだけど、いざ地方にロケに行ったらまんまと雪が積もっていたのよ。

みなさん雪の日の運転に技術は関係ないです(笑)

本当に怖い思いをしましたよ。結局最後はカーフェリーに積んで帰ってきました(笑)

雪は積もっている時より、溶けてる状態のほうが危ないからね、さらに次の日に凍るともっと危ないです。

だからくれぐれも早めに交換をお勧めします。僕を反面教師にしてください。


玉)この異常気象と言われている中、何が起こるかわからないですからね。

自転車とかも見てて怖かったですよ。その靴じゃ危ないっていう人も見ましたからね。


右京)天気が悪いとき用のおしゃれも準備しておいたほうがいいですね。

  

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

M   約束の十二月  /  斉藤和義    

 

ハピリー  00:06

2016年11月27日

11/26 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、お母さまと一緒に江の島に行かれた片山右京さんの登場です。

                  

右京)シーズンが終わって、時間ができたのでお袋をを連れて江の島へ行ってきました。

これは決して悪口ではないんですけど大変でした。

何が大変だったかというと、色々な所が「バリアフリー」じゃないんだなって思ったのよ。

江の島はロケーションと地形がいい場所だから、何でもかんでも「バリアフリー」にしろとは言わないけど、

車いすを押していると、50メートルごとに階段があったり、エスカーは上り専用だったりと大変でした。

革靴でお袋をおんぶして全部歩いて頑張りました!

この前までは重い荷物背負ってエベレスト登ってたりしたのに、体力ってすぐに落ちるんだなって感じたよ。

でもね、やっぱり二色丼と釜揚げシラスは美味しかった(笑)

 

今週のお便りのコーナー

 

熊谷市のRNだん兵衛さん(51歳)からのお便り

 

玉ちゃん、右京さん、おはようございます。

右京さん、1964年のクラシックカーに車を買い替えられたんですね。

ドライブを楽しんでいるようですね。

私は、先日、久しぶりにバイクで恒例のそば食いツーリングに出掛けました。

やっぱりバイクって気持ちいですね!!

もうバイクは乗られないんですか?

 

右京さんのお答え

 

右京)そんなことはないですよ。今でもちゃんと乗っています。

ただ動機が不純で、遅れそうになったり、道路が混んでる時しか使ってないのでバイクにロマンを感じて乗ってらっしゃる方にはほんとに申し訳なくて。

それでもオープンカーなんかで風を感じると、現役に戻った感じがするね。

僕のMGはトップスピードが100キロ出ないんですけど、入ってくる風やコースインしているときは張り詰めた風がF1を思い出させてくれます。

 

でもオープンカーに乗ってる時のその風は、左側だけ寒い。車の中で遭難しそうです(笑)


玉)私も昔オープンカーに乗っていましたので、その寒さをどうカッコつけようかと思ってましたよ。


右京)車乗る前にあれほど気合をいれて、上着を準備してるからね。

オーバーな言い方をすると「俺生きてる!」って感じがあるよ。

でもさすがにETCと携帯充電するためにシガーライターは付けました。

携帯の充電がなくなって、遅れそうになったときなんかに連絡ができなくなることを防ぐために。

緊張感を持って、先を見据えて乗っています。

 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

M   いちょう並木のセレナーデ   /  原田知世    

ハピリー  23:25

2016年11月19日

11/19 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
今週は、オフの過ごしかたをレクチャーしてくれた片山右京さんの登場です。

                 

右京)シーズンも終わりになって緊張感がなくなってきています。

心の奥そこでは、気まで切っちゃいけないのはわかっているから日差しが温かくなってきたと感じたらちょっとトレーニングしたほうがいいですね。

間違って峠道に行くと雨降った後とかだと端は凍っている可能性があるから注意しないといけない。

1月、2月の段階でも1回ドカ雪が降って、全部消えたと思っても部分的には残っている可能性があるから

"だろう運転"禁止です!たえず疑っていてください。


玉)そうですね。特に競技としてやっている方はそろそろ強化合宿も始まるころでしょうしね。無茶はしない様に。


右京)プロは、この季節から短いオフに入って年明けからチーム合宿を沖縄とか暖かい場所で始めるから大丈夫っちゃ大丈夫。

でも僕もそうだけど一般の方たちはこの寒い中でもトレーニングしなきゃいけないからね。

ジムにあるような固定ローラーを使ってトレーニングしてもいいけど、やっぱり感覚を失わないためにも自転車に乗ることも必要だね。

ヒートテックとか一杯着込んでやるんだけど、着込みすぎることによって湿気が籠って体温調整ができずに大変なことになることがよくあります。

重ね着=レイアリング。これの練習もこの時期くらいから始めていったほうがいいですよ。なおかつ末端にも注意が必要ですからね。

本当に自転車の冬は過酷なんですよ。


玉)重ね着が重要ってことは理解ができるんですけど、重ね着すると動きが制限されて大変じゃないですか?


右京)今の自転車のウェアはものすごい進化していて部分ごとの機能がすごいのよ。

口が悪いかもしれないけど、そんじょそこらのスポーツウェアより進んでいる気がするよ。


玉)自転車の初心者の方だとそういったグッズをどこで買えばいいかわからないでしょうから、おすすめはやはり「チーム右京オンラインショップ」なんですが、その手の商品はすべて取り揃えております。


右京)プロのアドバイスが入っている商品は改良をたくさん加えているので安心安全です。

こういうことを言っているとテレビショッピングみたいな感じで申し訳ない気持ちでいっぱいですよ(笑)

 

 

今週のお便りのコーナー

 

松戸市の42歳の主婦 「智恵子さん」からのお便り

 

右京さん、玉ちゃん、毎週楽しく拝聴しています。

私は健康のために毎日1時間ほど公園をウォーキングしています。

歩いて10分程のところに池のある大きな公園があって、春は桜、秋は紅葉と季節を感じられる散歩コースがあります。休日は主人と一緒にお弁当を持って、散歩がてら運動不足の主人の運動も兼ねています。会話も増えて楽しいですよ。

ベンチで本を読むのもいいですね。

 

右京さんのお答え

 

右京)やっぱり基本的に歩くことは一番体にいいですよね。

散歩しながら季節感を感じるのはいいですよね。僕は自転車もそんなに乗らなくなっちゃたらあんまり感じなくなっちゃたかな。


玉)でもオープンカー今乗ってるから結構感じるものじゃないですか?


右京)今ね、前に言った三角形の話の「チャレンジ」の部分に突入しているね。

左側の風がものすごいのよ(笑)左半身だけ遭難しそうなのよ。


玉)1か月ぐらいはそんなの平気とか言ってたのに(笑)


右京)チーム右京の毛糸の帽子とかダウンジャケット作ってもらってるんだよね(笑)

 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

M   夏に恋する女たち   /  原田知世    

 

ハピリー  23:04

2016年11月13日

11/12 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
いよいよ今年の最終戦ツールド沖縄を迎える片山右京さんの登場です。

 

右京)3年ぶりに出るためになんでか必死に身体を作っていたのかは、今からするとわからないけど(笑)

監督なのに、去年意気込んでいた時は、1か月に14キロ落としたり毎日150キロ走ったりね。

結果的に順位は自己最高位だったから良かった。

そして何年たってもタイム的には衰えていない、でも悪く言うと何年たっても進歩していないかな。

一つだけ愚痴を言うと、もっと行けた気がするのに守っちゃった。

先頭グループについていけるように走っていたら、最後脚が売り切れちゃうんじゃないかって思って、完走することを重要視しちゃった。

僕にとっての沖縄は結果よりも「修行」、「チャレンジ」する場所だから、忘れ物を取りに行くわけじゃないけどまたチャレンジしたいかな。


玉)右京さんは最終戦がちょっとホッとするものですか?


右京)実際にはジャパンカップが終わった時点で少し気が抜けた気がします。

でも沖縄は来年のジャパンカップに出るためのポイントが始まりますから寝言を言っている場合じゃないんですけどね。

やっぱり選手は一年中苦しんでるから絶対スイッチを切り替える必要がある。

でも僕たちは切り替える事が出来ないから、上手にオンオフを作らないとキツいから現役時代との違いがあります。

 

今週のお便りのコーナー


葛飾区の女性 RN「みるくり」さん(46歳)からのお便り

 

右京さん、タマちゃん、おはようございます。

すっかり秋ですね。

息子が修学旅行で沖縄に出掛けます。初沖縄です。宿泊するホテルの前がプライベートビーチで、シュノーケリングをしたり、沖縄の海を満喫する予定とのこと。

今からうかれています。

海のキレイさを体感して、海を守ることの大切さを肌で理解してほしいなあと思っています。

うらやましい!私も近場の海でも行こうかな~。

秋の海を眺め、静かに波の音を楽しみたいです。海釣りもした~い。

 

右京さんのお答え

 

右京)釣りの話をすると少し問題がおきます。

僕はかなり釣りをしますが、何か僕から出ているのか、全く釣れません。

番組とかでも釣るんですけど、「1週間餌与えてないんで入れ食いですよ」って言われて、僕以外みんなは入れ食い状態なのに、僕だけは上げても下げても何もいない。

もはや特殊能力って言われているよ(笑)もう釣りの話しはやめましょう(笑)


玉)でも沖縄は釣りだけじゃないですから(笑)

  でもクルーザーとか出してカジキマグロ釣ったりするのって男のロマンじゃないですか?


右京)前、僕の友達がそのカジキマグロを釣った時の話を語りだしたんですけど、僕には全然わからなかった(笑)

その時によくわかったのは、人は自分が好きな話や興味のない話は全くわからないんだってこと。

僕も自転車の話や登山の話をたくさんするから反省したね。

 


番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

M   木綿のハンカチーフ   /  原田知世    

 

ハピリー  14:47

2016年10月30日

10/29 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
そして、突然車を購入した片山右京さんの登場です。

 

右京)突然ですけど車を購入しました!

なんの車を買おうか悩んでたけど、僕が生まれた次の年にできた車。1964年製のMGっていう車をレースの先輩に無理言って譲って

もらいました。

クラッシックでオープンなスポーツカーなのに毎日足で乗っています。(笑)

これがETCもついてないしエアコンもない、屋根もないし音楽もないんだよね。

でも音楽なくても自分で歌えばいいし、雨が降っても走ってる最中は前からしか降って来ないから濡れないでしょ。

ETCないけど、カード渡すのオープンカーだから簡単だし、おじさんとかに「右京さんかっこいいねー」なんて言われたりね(笑)

前に正三角形の話をしたけど、心の底から幸せだなって感じるし楽しいって感じて豊かなの。

自分のために車のオイル観たり調子を見るような事はずっとしてなかったから、こんな車で楽しめているんだよね。

一回助手席に乗せたいと思うのは、レインボーブリッジを渡るときの生暖かい風とか感じてほしいのよね。

そして車の名前募集中です!フェイスブックでもこれからいろいろ写真を上げていきますよ。



今週のお便りのコーナー 

埼玉県川口市の男性 RN「川口の還暦おじさん」さん(62歳)からのメール

 

おはようございます。

私、先月、誕生日休暇をとって、熊野古道・高野山ツアーに行ってきました。

私のような俗世間にまみれたおじさんでも、身が引き締まる感覚になれました。

非常に貴重な経験になりました。次回はツアーではなく、個人でゆっくりお参りさせて頂こうと考えています。

右京さんは、熊野古道・高野山に行かれたことはありますか。

 

 

右京さんのお答え

 

右京)大昔に父ちゃんに連れて行かれたよ。

でも子供のころの話だからね。意味はよくわからなかったです。

過去のものじゃないし、現在進行形で続いてるものでしょ?そこは車も一緒なんだよね。

過去の物でも乗り続けていけば今の車になるのよ。だからオープンカー一回乗ってみなさいって。

玉)はっはっはっ(笑)よっぽど今楽しいんですね。

右京)楽しいねー(笑)シートベルトとか変えたりする楽しみがありますからね。

 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

M
   浅い眠り   /  中島みゆき    

ハピリー  13:22

2016年10月24日

10/22 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、自転車大好き!
そして、チーム右京のグッズをプレゼンする片山右京さんの登場です。



チーム右京グッズがかなり好評なようです。

 

右京)いつもまじめな自転車の話や交通安全の話をお送りしていますから、非常に申し訳ないなーと思いながら自分のチームの商品を紹介いたしますね(笑)

この商品が自分らでもわからないけど皆さんにたくさん買っていただいているんですよ。

チームがつぶれない様に皆さんが買っていただいてるんだと思います(笑)

そして今日は我々の1年間の最大の目標である、「ジャパンカップ」が開催いたします。

当然会場で、こっそりと、ちゃっかりとブースが準備してあります。

今日お越しいただいた方には無料でアームバンド等を日頃の感謝を込めてプレゼントいたします。

 

話変わっちゃいますけど、三陸に行ったときに若い歌手の方が来ていて、その方の歌詞に「日本語はあい"からはじまる」って言ってて、「あいうえお」の「あい」ね。

すごいいい言葉だなっておもって。

英語にすると「I」の前は「H」なんだよね(笑)


玉)こら(笑)


右京)最終的にはおやじかって思っちゃったよ(笑)

 

 

今週のお便りのコーナー

 

相模原市のRNともひこさん(48歳)からのお便り

 

玉ちゃん、玉ちゃん、聞いて下さい。ついに右京さんにお会いすることが出来ました。

先日の連休、遅い夏休みを利用して友達と二人で、毎年恒例の山中湖合宿に行ってきたんです。

終始天気が悪くて大変でした。

道志道(国道413号)での帰り道、一生懸命に自転車を漕いでいると、屋根に自転車を載せた車とチーム右京のサイクルカーが横を過ぎ去って行きました。もしかしてと思い、道を外れてチーム右京の藤野宿舎を覗いてみると、なんと右京さんがいるではありませんか。

友達と二人でもじもじしていると右京さんの方から声を掛けて下さり、写真まで撮ってくれました。

雨ばかりで散々な合宿でしたが、最後の最後でこんなご褒美が待っているとは神様はなんて粋な計らいをしてくださるのでしょうか。

右京さん、その節はありがとうございました。

 

右京さんのお答え

 

右京)僕たちが11月にみんなで練習会とかでやるんだけど、その前にスタッフや友達なんかと一緒に試走するんだけどその時に声かけた人たちだ。

ラジオ聴いていますって言ってくれたから、メール頂戴ねって言ったけどほんとにくれたんだ!

いい人たちだー。

「いい人だと思わせろプロジェクト」だから自分から声をかけたんだよね。自分から声をかければいい人に見えるじゃん?

一生誰かが見てると思ったらいい人に見せるためにやりつづけるよ。

 

玉)本当に誤解を恐れずに言うならばみんなもこのプロジェクトはやるべきですよね

 

右京)男なんて体温さえ保っていれば大丈夫な生き物だと思うから、困っている人に服を着せてあげるなんて簡単なことなんですよ。すべてを与えることはできないけどそれぐらいならやり続けますよ。

 

 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

M
   ちゃっきり茶太郎   /  橋幸夫    

 




ハピリー  13:18

2016年10月16日

10/15 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、そして自転車大好き!
そして、以前浦和署の一日警察署長を務めた片山右京さんの登場です。

 

915日に浦和署の一日警察署長を務めたそうです。

 

右京)やっぱカッコつけると身がしまるよね。それが「警察」の制服だとなお身が引き締まる。

子供のころは拗ねていた部分があったから警察は嫌いと言っていたが、制服を着てみたがすごい「正義」ってかっこいいなと思たよ。

自転車に乗って安全運転を呼び掛けるのは大事なこと。チームのジャージをきてお巡りさんと一緒にパトロールに行ったらすごいの!

お巡りさんのような運転していたら絶対事故に遭わない。究極の安全運転だったの。

基本的には750CCのバイクを乗っているような免許を持っている方の走り方をしていて正直驚いたよ。そこまでやっているとすがすがしくてかっこいい。どんどんそういうお手本のお巡りさんが街中で走って見本を見せてほしいですね。

 

ただ一つ生意気に注意させてもらったのが「もう少しいい自転車に乗ったほうがいいですよ(笑)」って。

税金から無駄遣いできないのがわかるけど、大変そうだし、僕たちのような人たちが走っていたら追いつけないですよって。

 

 

今週のお便りのコーナー

 

川崎市の48歳の男性 「潤さん」さんからのお便り

 

右京さん、玉ちゃん、おはようございます。

今年はパラリンピックを生で放送する時間が増えて、寝不足の日々が続きました。

初めて見る競技、知らなかった競技(銀メダルを獲得したボッチャ)もあって、

4年後の東京パラリンピックが楽しみになりました。

そんな中で、元F1レーサーのザナルディ選手が、両足を切断して、現在は、

パラリンピアンとして自転車競技に出場し、金メダルを獲得して感動しました。

それもロンドン・パラリンピックに続く2大会連続だったということも知りました。

モータースポーツの選手が自転車競技でも活躍していることにうれしくなりました。



右京さんのお答え

 

右京)この件については何件か取材が来たよ。彼が復活しているのはしっていたし、イタリアのモンツァで再会したときは喋ったりしたから、簡単に言葉じゃ言えないけどびっくりしたよ。

変な話なんだけど最近僕が考えることがあった、お金とかの欲、希望や思う事、挑戦心、この正三角形がないと生きる上でバランスが崩れるんじゃないかなって。一方がないと一方がデカくなっていっちゃうしね。

 

玉)頂点にたった経験のある方はチャレンジの仕方を会得している気がします

 

右京)僕たちが山上ってたりするとただのマゾでしょって言われる事もあるけど。(笑)

頑張ったあとの達成感があることを知っているからね。

パラリンピックが東京に来るけど、人生の最大のチャレンジをしている人たちが見れるわけですから、そこからみなさんには何か感じてほしいですね。

 


番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

M
   命の別名    /  中島みゆき    

 

ハピリー  12:23

2016年10月 9日

10/8 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、そして自転車大好き!

年末に向けて様々な企画を準備している片山右京さんの登場です。

 

右京)最近は海外に飛び回っていたからレースのポイントをライバルチームに差をつけられていたけど、「赤城山ヒルクライム」はいい大会だったね。2位だったけど徐々に差を詰めてこれたかな。これからは「経済産業大臣旗」や「ジャパンカップ」等目白押しだし、ドバイのレースに招待されていたりと選手は本当に大変だと思うけど、僕らには夢があるから絶対勝ちます!そして自転車にかかわるすべての年代の方が「ハピリー」になるように頑張ります!

この番組をやって自転車にかかわる人たちの声を聴いて、今求められていることがよく感じられるようになったよ。来月もチーム右京の練習会をどんどんやっていきます。「片山右京はどこにでもいるよ」状態で行くつもりなので(笑)皆さん声をかけてください。

 

 

今週のお便りのコーナー

埼玉県朝霞市の女性 RN「奥ちゃん」さん(50歳)からのメール

 

右京さん、タマちゃん、おはようございます。

私、ついに50歳になりました

今年1月に電動アシスト自転車を購入して、早9ヶ月。それまでママチャリだったので、アシスト自転車を購入したしょっぱなは、慣れなくて、転倒してしまったのですが、今ではママチャリを乗っていた時よりも行動範囲が広がって、自分の足に欠かせない存在になりました。


右京さんのお答え

右京)大昔に「ロードレースに乗ったら軽いから電動自転車なんていらないですよ」なんて言ったけど、これが世界を変えるの。自転車はスポーツの部分もあるけど、移動手段という部分もあるからね。今までは電動のアシスト機能が1.2倍くらい、海外だと2倍にまで引きあがってきたの。そのアシスト機能を乗せたロードバイクも続々出てきているんだよね。これが何を意味するかと言うと、今後10年以内に車は全自動運転になっていくの。そこにこのスピードが出る自転車、子供でも40キロ出せるような自転車が同じ道路を無秩序で走り回っている状態を想像するとどうなる?

玉)いやぁ~怖くて考えられないです、、、


右京)でしょ!脅しているわけじゃないけど、環境問題と同じようにこれから考えてほしいよね。


玉)便利を追及する時に安全という面は少し見落としがちかもしれないですね。


右京)自由がなくなると言うかもしれないけれども、未来をしっかり想像して頑張って慣れていかないといけないと思うんだよね。乗り物という社会をちゃんとしないと僕たちの「ツール・ド・フランス」はないなって感じたかな。



番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!


今週の一曲

M
   銀の龍の背に乗って/  中島みゆき    

 









ハピリー  01:08

2016年10月 2日

10/1 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、そして自転車大好き!

今年5年目に突入した「ツール・ド・三陸」を立ち上げた片山右京さんの登場です。


koguuu2106-10.jpg


 

右京)今回「ツール・ド・三陸」に行ってきて感じたのは、目に見えるものは復興して形を変えてきているけども、やっぱり人々の

記憶はなくならないね。

でも新しいものが色々始まってきた。

堤防であったり建物だったりの部分もあるんだけど、人の部分でも新しく変わっていくものがあった。

今回の「ツール・ド・三陸」で僕は色々なトラブルがあって峠を3回も4回も上ったり下ったりして大変だったけど、遅れている人たちも一緒にみんなで完走したら、いつもサーっとゴールした時に見えない、頑張っている人が見えてこっちも勇気をもらったり、周りで励ましてくれている人たちを見て「新しいツール・ド・三陸」が見えてきたかな。そういう意味では、ただ復興支援でっていうだけじゃない、そこに集まる人の輪が新しくできている気がする。

フォーマットによってできたものではなく、自然に発生したものの真ん中にあるのはやっぱり「愛」なんだって感じてすごいよかったなぁ。

 

今週のお便りのコーナー

南足柄市の男性 RN「さとしん」さんからのお便り


右京さん、玉ちゃん、おはようございます。

私は、先日息子と陸前高田にクルマで向かいました。天気も良くて快適な旅のスタートでした。

平泉の中尊寺に寄って、金色堂を見たついでに、わんこそばを頂きました。そこから山越えのドライブだったのですが、突然、前が見えないほどの豪雨で心配しましたが、無事に陸前高田に到着。

かさ上げ工事が進む陸前高田市内は、ダンプの車列が続いていて、まだ復興の途中と言った感じで、奇跡の一本松を眺め、津波で亡くなった方々のご冥福を祈ってきました。



右京さんのお答え



右京)復興してどんどんきれいになっていくけど、思いでとか子供のころに遊んでいた記憶は消えないよね。

目をつぶれば見える景色って会うると思うんだよね。

5年ですべてが過去になるわけじゃないけど、「強い」という言葉は正しくないかもしれない、でも人間の強さを感じた。繋げていかなければいけないし、続けていかなければいけないなと思って。

やっぱり特別な場所だなって感じたね。

 

番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

 

今週の一曲

M
   明日
へ向かう人   /  半崎美子      



 

ハピリー  12:44

2016年9月18日

9/17 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、そして自転車大好き!
祭日も連休も関係なし!という片山右京さんの登場です。
IMG_2721.JPG



右京)スーパーGTも今シーズンはレギュレーションが大変で...。
みんなその状況を受け入れるけど、あまりにもルールの中でスピードとかが違い過ぎるから、絶対勝てないっていうのが分かっちゃっているの。絶対勝てないって虚しいでしょ。でも何とかしようって頑張るでしょ。よし、もう少しってなったとき、色々な事が起きるとガーンってこともある。その繰り返しで気持ちが疲弊する。
自転車も「ツール・ド・北海道」が終わり、次に「ジャパンカップ」があって、「ツアー・オブ・ジャパン」で勝ったみたいに、今度はワールドツアーのチームも来る「ジャパンカップ」で勝つぞ!とか表彰台に上がるぞ!っていう大きな目標があるからね。
でももう1チームは、アジアのチャンピオンシップでドバイにも行くのね。沖縄も当然あるし。来年からそういう感覚が、来月の頭から発表するけど、そうやってみんな感覚的には夢を見過ぎているけど、でもこの前、惨敗した山口JPTのクリテみたいに雨降って危ないから出たくないとか、危険だとか。ジョンもぶっちぎりだったのに最終コーナーで転んじゃったりね。だから次の日出たくないっていってね。それもわかるけど、なんか違うんじゃないかなって。
全てをやるとリスクがあるけど、そういうのを背負いながらも頑張らないと、負け犬の遠吠えだろうっていう気もするからね。

玉)ついつい先に気持ちが行ってしまうというか、明るい方ばかりを見ようとするじゃないですか。でもその前の段階をクリアーしなきゃ。そっちには行けないんだよっていうことを蓋しちゃう。

右京)自分たちが想像したことはできるはずだけど、その明るい未来は、やっぱり今日頑張ることの積み重ねだからね。




今週のお便りのコーナー


相模原市 男性 RN「ともりんさん」(48歳)さんから頂いたお便り


右京さん、玉ちゃん、おはようございます。
先日、和田峠へ行ってきました。去年初めて行って、あえなく惨敗(足付き)してしまったので、今回は意地でも登ってやると気合いを入れてチャレンジしました。
結果、リベンジ成功。途中何度も心が折れそうになりましたが、その都度「うりゃー」とか、「あー」とか叫びながら最後まで登り切りました。
帰りは相模湖側に下って、そのまま藤野やまなみ温泉へ。右京さんの写真やサイン、
自転車までも飾ってあって、写真撮りまくりました。
あの辺りはホントにいい所ですね。またいつか自転車イベントをやって下さいね。



右京さんのお答え


右京)9月19日の祭日、チーム右京サイクリングのプロと一般の人たちと、集まっているファンの人たちでサイクリングやるんですよ。
それは次回は11月とか、その後もずっと毎月、できれば毎週やりたいね。
自転車は競争だけがすべてじゃないから、健康のためとかチャレンジすることとかのためにね。僕と毎週走ろうじゃないけど、そういう企画を考えているの。
年配の方とか女性なども一緒に走れるように、電動アシスト自転車の導入も考えています。
そういう行為自体が楽しいことってあるから。もっと言えば、その後に、温泉に入って、みんなでバーベキューしようとか。チーム右京サイクルは、温泉ライダーを目指している(笑)


番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!


今週の一曲

M   すばらしい日々    /  ユニコーン        



ハピリー  00:09

2016年9月 3日

9/3 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、そして自転車大好き!
最近、お疲れ気味なご様子の片山右京さんの登場です。



9月1日から9月3日まで、「ツール・ド・北海道」が行われていました。
日本最初のステージレースとして1987年に開催されたこの大会も今回で30回目に。
もちろん、「チーム右京」の選手たちも参加しました。
そんな選手たちに右京さんは一言言いたいことがあるようで...


右京)ジャパンプロツアーの方はみんなモチベーションが落ちちゃって。これから世界に行こうって言うからね、みんな「ツール・ド・北海道」みたいなレースだと一生懸命やるんだけど...。ジャパンプロツアーで、周りのライバル勢をくっちゃんくっちゃんにしなさいって言っても、"すべった"みたいな空気なの。だけど国内の方は4年連続チャンピオンになっても...って感じになってるから。

玉)良くないですね~

右京)良くない空気でしょ!だから先月あったシマノ鈴鹿みたいなレースは、「練習がてら行きたい」っていうから、「練習?」って返して。チャンピオンシップだからポイントはないけど、経費使ったり、周りの人が一生懸命やってくれたりしてその大会が開かれているんだから。「やるんなら一生懸命やったら」って言ったら、ワンツーで勝ってくれたりもしたけど。でも国内のシリーズ戦でも、外国の選手が帰国していていなくても、雨が降っててリスクがあっても、しっかりやらないと。確かに危ないよ。でも人生って危ないんだから、プロだから攻めないといけない。"結果よりも大切なものが"ってところで、怒っている。


「ツール・ド・北海道」の他にも、9月は、2011年の東日本大震災の翌年、2012年に右京さんが立ち上げた「ツール・ド・三陸」も9月24日~25日に開催。
今年で5年目となります。


右京)少しずつ復興して色々な事が良くなっているんだけど、目に見えない部分で復興できていないところは色々あると思うし、微力だけど、自分たちのできることは続けなくちゃいけないって思うよね。


「ツール・ド・三陸」に参加したいけど「どうやって行ったらいいか分からない」「空いている宿が見つからない」という方、「シャトルバスプラン」「宿泊プラン」というオフィシャルツアーがあります。締切が9月5日(月)までなので、公式HPをチェックしてみて下さい。

http://www.tour-de-sanriku.com/




今週のお便りコーナー


戸田市 女性 RN「ひなあられ」さん(46歳) から頂いたメール


右京さん、玉ちゃん、おはようございます。
我が家も初めての「山の日」に那須の朝日岳、茶臼岳に登ってきました。
とてもいい天気に恵まれ、景色がすばらしかったよ~。
このところ膝が悪かったおじいちゃんも、日頃からジム通いで自信を付けて、一緒に登ることが出来ました。いい記念になりました。


右京)僕も「山の日」はたまたま、チャレンジスクールで子どもたちを連れて山に登りました。でもそれとは対照的に最近、一人で山に登ってて。一人で登るから怖いし、緊張するけど、一人で登るから集中したり、自問自答したりもある。本当は一人で山はよくないと思うんだけど、今後も色々な山に登ろうかなと思っている。もちろん、ちゃんと準備やトレーニングはやっていくからご心配なく。

玉)右京さんの場合は「自問自答する時間が欲しい=山ってなっているんですかね。

右京)今は色々な意味で修行の場所になってるね。調子に乗らないとか、驕らなかったり。人が山の麓で日々生活するみたいに、水の流れてくるところに人が集まるように、そういう風に力を抜いて登っていきたいね。



番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!


今週の一曲

M   any   /   Mr.Children  


ハピリー  18:17

2016年8月27日

8/27 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、そして自転車大好き!
早く孫が欲しい片山右京さんの登場です。



Yahooショッピング内にオープンした「チーム右京オンラインショップ」。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/teamukyo/

こちらでは、チーム右京ジャージをはじめとしたチーム右京グッズや、レーシングミクとのコラボ商品などを購入することが出来ます。
ただ今ご注文いただいた方全員に、チーム右京ステッカーと選手の紹介カードをプレゼントしています。

右京さんからはオンラインショップについてこんな提案もして頂きました。


右京)自転車の裾を広げるためにも、僕が商品になって、一緒に温泉ライダーをするとか、自転車学校みたいなものを開いて、選手と一緒に走ったり、トレーニングのメニューをプロの選手に考えてもらおうとか、そういうことをやりたいなと思ってます。
メカニックやマネージメントもそうだし。結果的にそれで人が育てられるから・・・。
日本は選手やスタッフも足りない。趣味でやっているけど、背伸びしたい人もいれば、単純にダイエットのための方もいる。
そういうニーズに合わせて僕たちが、自転車に関わっているプロとしてコンシェルジュとして色々なアドバイスができたら、それは十分商品になるんじゃないかなと思って。
こういうことをしてほしいというものがあったら教えてください。




今週のお便りコーナー


入間市 男性 RN「レブロン」さん からのメール


先週の土曜日から火曜日まで、北アルプスの常念岳~蝶ヶ岳~上高地とテント泊縦走して参りました。
常念岳~蝶ヶ岳は槍ヶ岳を見ながらのコースになり、常念小屋や蝶ヶ岳ヒュッテからは槍ヶ岳を目の前にして楽しみました。


右京さんのお答え


右京)まだまだ夏から秋に気温が下がってくるでしょ。みんな天気に、特に雷に気を付けてくださいね。山登っている人は知っていると思うけど、木の下で雨宿りとかしちゃダメですよ。一番いいのは避難小屋に入って、鳥かごの中に入る法則みたいに身を守るのが一番いいけど、もし何もないところで雷が鳴ったら、一段低いところに入って下さい。後は神様に祈るしかないけどね。
夜討ち朝駆けって言って、天気が崩れやすい午後じゃなくて、天気の安定している朝のうちに出て、早く目的地に着いてゆっくりすることが大事。景色も堪能できるしね。

玉)私の友人のママさんに聞くと、どうしても子どもさんがいると予定通りにはいかないんですって。最後のバスに乗らないと麓に帰れないっていうときも、「あとバスまで〇分しかない!」って走って帰るような状態になることもあるって。危ないですよね。

右京)それも勉強で、俺が子どもの頃は親父に山に連れて行かれて、バスなかったらワンワン泣いて歩いて帰ったりしたこともある。
そういう経験があるから、次から親と話をして、指導表を見て、行動を決める。そうすると計画を学べる。リスクマネージメントのためのエスケープルートとかも考えないといけない。そういう経験はすべて役に立つし、帰って家でお風呂に入って、全然助けてくれなかった親父が、「な、気持ちいだろ」って言う一言にすべてが詰まっているから。
天候とかもあるから詳しいガイドさんとかがいないときには、団体で行かない方がいい。大人数になるとそれだけで時間がかかるから。チームはコンパクトな方が動きが早いからね。



番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!


今週の一曲

M   SOMEDAY    /    佐野元春   



ハピリー  23:30

2016年8月20日

8/20 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、そして自転車大好き!
夏でも元気な片山右京さんの登場です。


右京)Koguuu!やっているのに、今年自転車の自分の出るイベントが、まず沖縄は出られないとか、最終戦GTとかもあるし、色々なのが重なって、目標がなくなったね。
この前もGTのレース前日に仕事で行くときに自転車で行こうと思って、福島ぐらいからね。140キロくらいだから大したことないし。
でも峠越えているときに、なんか楽しくないの。峠は楽しかったんだけど、下りで寒くてね。それで平地で体が弱っているから、それ以上にメンタルが・・・。
目標がないとダメだね。
そのときに分かったんだけど、鍛えなきゃいけないのはハートだなって。

玉)今の片山右京さんでもそうなんですか?

右京)本当だったら嫌でもそこで続けることが大事。練習してないから、体力ないからって言っても続けることが大切だって信じていたのに、すぐ「ごめん、迎えに来てくれる?」って電話して車を呼んじゃって。そのままサーキットに行って会議に入ったりしたんだけど、やっぱり目標がないとダメだね。
でもいいこともあるなって言うのは、ボランティアで行ってる「メイク・ア・ウィッシュ」で、悲しいことばっかりあるけど、去年サイクリングで行った子が白血病で、「自転車欲しい」って言うから自転車あげたりしてね。それで今どうしているかなって心配してメール送ったらね、なんと写真が送られてきて「ボディビルダーになってます」って。元気になって良くなったっていうのの3倍くらいになってた。
だから諦めちゃいけないって言うか、斜めに見ちゃいけないって。
病気を克服しただけじゃなくて、次の体を鍛えるっていう目標を持っているからね。

玉)目標って自分で探すものなんですよね。

右京)体って心が動かしているからね。目標は必要!




今週のお便りコーナー

習志野市 47歳 女性 RN 「りゅうせいあん」さん からのメール


右京さん、玉ちゃん、おはようございます。
先月自転車に乗っていて、熱中症になってしまったという話をしていましたが、私も毎日ハンドタオル2枚が使いものにならないくらい汗をかき、頭がしゃっきりしない状態が続きました。まさかなぁと思い、経口保水液購入して飲んだところ、味がしない。ヤバいです、脱水症状を起こしていたようです。胃の調子が悪く、味覚が変になっていたようです。
胃が弱っていたので、塩分補充のために温かいあんかけ蕎麦を食べたのですが、味が分からない状態でした。
足もつって夜も眠れず、まだまだ熱中症を脱出しきれていません。
暑くなって、足がつったりしたら熱中症の端っこに足を掛けています。
試しに経口保水液を一口飲んで味覚で確認してみましょう。
ミネラル、塩分も取りましょう。


右京さんのお答え


右京)強制的に、できれば15分おきくらいに1口飲んで、30分くらいおきにはできれば300ccとか、外にいたら飲み続けないといけないね。炎天下では帽子が必要だし、後頭部や脇の下を冷やしたりとか気を付けていないとね。

玉)私もこの間初めて、「これが熱中症に繋がるんだなんだな」って言う症状になりました。
信じられないくらいの頭痛と倦怠感。吐き壮みたいな気持ち悪いじゃないですけど、お腹がすいているのか何なのかも分からないし、ゼリーとかを飲んでみても味が分からないし。
その時、私はステージに4時間ほぼ立ちっぱなしみたいなお仕事だったんですけど、その後だったんで。
水飲んではいたんだけど、やっぱり炎天下じゃなかったとはいえ、暑かったですからね。

右京)仕事をしていて、どうしてもエアコンの効いたところに逃げこみたいってことができない状況っていっぱいあるから。
とにかくできうる限り、最大の予防をするしかないね。


番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!


今週の一曲

M     スターダスト・キッズ        /     佐野元春           

ハピリー  18:18

2016年8月13日

8/13 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、そして自転車大好き!
夏休みはどこかに旅行に行きたいらしい片山右京さんの登場です。


1年中どこかで試合があるという自転車競技の選手たち。常に勝負に挑み続けるメンタルを保つのはなかなか難しいようで...

右京)世界でのレースが一段落すると、身体のこともあるんだけど選手もハートで一回落ちるのね。やっぱり世界に向かっているから、ジャパンプロツアーで、日本で一番っていうのはあったとしても、賞金は安いとか色々あってね(笑)
でも僕は、だったらやめた方がいいんじゃないのって怒ったの。やるんだったら負けてもいいよ、だけどチャレンジして、何かテーマを作って、例えば若い選手が外国人選手にアシストしてもらって勝ちに行くとか何かないと。僕も疲れてお金稼ぎに営業行ったりしてても、みんなが頑張ってなくて、やる気がないっていうのを聞くの悲しいなって。
お互いに気持ちを上げていこうって言ったら、奈良とか広島とかもよくなかったでしょ。そしたら石川で申し訳ありませんって勝っちゃったら、やっぱりすぐトップになっちゃうから。あんまり勝ちすぎてもね(笑)
今年は「ツアー・オブ・ジャパン」を勝ったから、アジアは4位になっているけど、後半は3位以内にいたいなって思うから、そちらの遠征もあるし。まだハッキリは言わないけど、ヨーロッパに行く準備はしているんで。全然休む暇がない(笑)



今週のお便りコーナー

小山市 男性 RN「イカにも、タコにも」さん からのメール

右京さん、タマちゃん、おはようございます。
先日、中学校の同窓会がありました。
過去に4回同窓会があって、今回と前回の2回出席して楽しかったです。
学年全員で95人ぐらいで約半分が来てくれて、卒業して40年ぶりの人にも会って話もしました。すっごく楽しかったです。
内緒ですが、片思いで当時好きだった女性にも40年ぶりに会って話もしました。その女性は、私の気持ちを知ってか知らずか分かりませんが、彼女も嬉しかったらしく、夢のようでした。
次回も「また会えたらいいなぁ」と思っています。


右京さんのお答え


右京)僕の場合もね、よく同窓会に参加して同級生と会ってるんだけどね、男子校だからすごい気楽で。久しぶりに合うと、顔も覚えているしね。思い出が重なるとすぐその瞬間にタイムマシンに乗ったように、全員中一とかにいきなりフラッシュバックして。もう50歳も超えたおじさんたちがいきなり何の垣根もなくなるからいいね。
それで決まってお酒が入ってくると、「まだ戦ってるか?みんな諦めてないか?夢を追いかけているか?」って。みんな本当は疲れているんだけどね。でもみんな格好つけて、突っ張って生きてるから。男同士ね。
でも悲劇なのはね、言い方悪いけど貧富の差みたいなのがね。片や一部上場企業の社長とかがいたり、普通に働いていればいいんだけど、そういうのじゃなくて苦労しているときに、精神的に卑屈になっちゃうやつもいるじゃない、中にはね。そうするとき、それを遠ざけたり否定するんじゃなくて、昔のもう一回、みんなで雑魚寝して、夏休みにイタズラして遊んだよねってもう一回スタート地点に戻れるよね。

玉)気持ちで昔に戻って、帰った後、もう一回本人たちがねスタートできるというか。

右京)最終的に命まで獲られるわけじゃないから。もう失うものはないって真面目にやり直せば良いだけだもんね。

玉)せっかく同窓会だからそういう場だといいですね。



番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!


今週の一曲

M       情けない週末        /     佐野元春    
   



ハピリー  18:28

2016年8月 7日

8/6 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、そして自転車大好き!
8月に入っても元気いっぱいな片山右京さんの登場です。

IMG_2524.JPG



玉)日本時間では明日、日曜日にロードレースの競技です。

右京)新城君(新城幸也選手)とか、内間君(内間康平選手)とかも普段仲良くしているから、頑張って欲しいなと思うね。

玉)女子は与那嶺恵理選手が出場します。

右京)内間君は大島の全日本選手権で優勝候補だったんだけど、転んじゃったの。だから心配で。だけど新城君は大腿骨骨折しちゃって。それを乗り越えてって言うよりも、ツール・ド・フランス完走しちゃってとか、本当はマジンガーZかって言いたいくらい。そしてコメント聞くと、「ツール・ド・フランスはオリンピックに向けてのいいステップになりました」って。カッコよすぎるよね。

玉)それを聞くと応援する方も力入りますよね。

右京)正直言うと、まだまだ世界の壁とかは高いし、リオのコースは酷いの。去年、プレ・オリンピックでうちの選手がナショナルチームからコースのチェックで行ってたんだけど、選手に聞いたらデコボコ、穴ぼこだらけ、山あり谷あり、溝あり、そして石畳あり。もうなんかお買い物競争とか障害物競争とか色々混ざっているみたい。

玉)ロードレース競技って整備されたところばかりを走るんじゃないんですね。

右京)日本人の感覚で言うと、あれだけスピードが出ているロードレースで、細いタイヤで走っているから、マウンテンバイクじゃないしねって思うでしょ。
ところがヨーロッパのロードレースになると、例えばジロ・デ・イタリアなんかは砂利道もあったり、登り坂で22~23%あったりもあるし、それはすべてが試されるというか、僕たちが考えているような良い環境で、過保護って言っちゃおかしいけどね。
でもそれで仮にパンクしようと落車しようと全部自己責任。パンクだけはチームで助ければいいけれど、それでメカトラブルが起きてもチームの責任だから、厳しいよ。

玉)とにもかくにも日本人選手が活躍することを祈っています。



今週のお便りコーナー

川越市 RN「敬老親父マラソンマン」さん からのメール


右京さん、玉ちゃん、おはようございます。
先日番組で話をしていたランス・アームストロングの映画『疑惑のチャンピオン』観てきましたよ。
自転車の凄い迫力の走りとあの山岳ロードの走行は半端じゃないと感じました。
ただ、映画のようにランス選手たちがあのような血液ドーピングをしていたとしたらチームぐるみの失格とチャンピオンはく奪は免れないでしょうね。
でも、映画の作品として観るのは非常に楽しめました。


右京さんのお答え


右京)最初に言っておくと、白か黒かで言ったら完全に黒だからダメです。でも時代で言うと、昔は誰でも頭が痛かったら薬飲むでしょ。だからすべての薬がダメじゃなくて、禁止薬物がダメで。そういうところから「じゃあこっちはいいんじゃないの」って時代がどんどん強くなろうって、どこかで線を引かないといけない時代があったと思うんだけど。
でも僕が自転車を好きになってツール・ド・フランスとか観だしたときに、ランス・アームストロングはヒーローだったから。なんかうまく言えないけど、映画観ているときに訳が分からないけど、涙が出ちゃうの。映画館で一人で観に行ったんだけど、涙が出てきちゃって。裏切られた悔しさの涙でもないし、純粋に悪いことしてって思うのもあるんだけど、でも自分の中のヒーローって言うのは変わらないし、それが色々混ざっちゃって。
でも結果的には事実で、すごいよくできた映画だけど、僕はちょっと残念だったのね。世の中の風潮が白か黒かで言ったら黒だから。アームストロングが癌から立ち直って、癌撲滅の研究する基金とかを世界中から集めて、ケガを乗り越えて、ヒーローになってって部分が全部なくなっちゃって。映画の中ではただの悪者になっちゃったの。その疑惑どころかチャンピオンもはく奪されてね。結果的に何も残らなかったから。
だからそれを教訓に、癌撲滅だとか、社会に貢献できる形で何か残せなかったのかなとか。ヒーローの時代があったから、ただ攻撃するのは方法じゃないような気もするし。そういう難しい話を除いても、映画はよくできていたけどね。

玉)それも含めて事実として残してほしかったというのがあったんですね。

右京)ランスは可哀想だけど、これからは前を向いてクリーンにね。

※映画『疑惑のチャンピオン』の公開は8月20日(土)から川越スカラ座で上映されます。
リオ五輪でも争点に挙がった「ドーピング」が大きくクローズアップされている作品となっております。


番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!


今週の一曲

M       ガラスのジェネレーション        /     佐野元春    
   



ハピリー  04:20

2016年7月30日

7/30 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、そして自転車大好き!
そして、ある動きにひとこと言いたい片山右京さんの登場です。


オリンピックに向けて、国や大きなメーカーを中心に日本にプロコンチネンタルチームを作ろうという動きに、右京さんはモヤモヤしているようで...


右京)(こういう流れは)本当はいいことなんですよ。でも「(チームUKYOから)選手とかを出して下さい」って言われたり。これって独占禁止法に引っかかるんじゃないのって思ったりするけど、トラブルを起こしても仕方ないし、「もちろんですよ」って言いつつ、でもしばらく落ち込んで、心が一瞬やさぐれたりしてね。冷静に考えたら誰が一番なんてって思うから。
だから僕たちは何故最初にそこを目指そうと言ったのか。何をしたいのかって。オリンピックも大事だけど、それがすべてじゃないし。やっぱりツール・ド・フランスだったり、若い人たちが夢を見ることだったり、可能性も含めてだから。自分たちは自分たちの、大きな会社じゃないし、小さなチームだから。
でもF1行ったときみたいに、砂漠を走ったときみたいに、ル・マンやったときみたいにじゃないけど、自分たちでまた頑張ろうって言うのがね、この1日2日でまた小さな芽がぽこっと出てきたね。
最初からやれたんじゃない、お金があれば。でも僕たちみたいなプライベータ―が勝つと、言い方は悪いけど、日本のチームUKYOが、ツアー・オブ・ジャパンを10何年振りに勝ったっていうのは、メーカーの人から見れば面白くない。だからやろうって。それで僕たちが火をつけたならいいのかもしれないし。
でも最後はやっぱりお金かとかってなるけど、そういう風には認めたくない。うちはいつも反体制じゃないけど、大きなところからクビになったような選手たちが集まってやってきているから。若い人たちを育てて、違うやり方で結果出して勝とうってね。


今週のお便りコーナー

水戸市 65歳 男性 山田さんからのメール


(先月の)サイクルカッパは暗いカラーのモノばっかりで雨の日は見にくいので、背中に反射テープを入れるとかしてもらえませんかというこの番組を偶然聞きました。
私、全盲の男性です。一昨年、妻が亡くなり、単身生活者になりました。
私が住んでいる水戸市は歩行環境がすこぶる悪いです。
先日、安全のための蛍光タスキ、蛍光腕輪を買いに片道3キロのホームセンターに行きました。しかし、途中点字ブロックはおろか、音響信号機は一つもありません。
私は道路を横断する時、交差点を渡る時に「渡っていいですか?」「信号は青ですか?」「誰か手伝って下さい」と大声を出して道路を歩かなければなりません。
そこで、お願いがあります。ちょうど扇子のように使わない時にはたたんで、リュックサックに簡単に収納できて、使う時にはそれを開いて、頭上に掲げられる、例えば蛍光で遠くからでも見えて「HELP ME」と書いてあるようなものを作っていただけないでしょうか。点字ブロックも音響信号機がないような交差点や方向が分からなくなってしまった時に大いに助けになると思います。



右京さんのお答え

右京)わかった!うちのHPに書いてください。俺が手作りで作る。
そのぐらいのことはね。「誰か助けてくれないか」って言ったらすぐにできることだから。そういうアシストがいないとね。
もちろん「これもやってください」「あれもやってください」って言われても、できることとできないことがあるけど、「HELP ME」と蛍光でわかりやすく書いてあるものを作ろうなんて言うのは、すぐできることだし。

玉)なんらかのヘルプを必要としている人の合図って、どれだけ浸透しているんでしょうか。

右京)何よりも絶対に大事だよね。

玉)扇子とかがいいんでしょうかね?

右京)合図を発信してくれれば、「どうしました?」って僕たちも声をかけやすいし、意思表示にもなるし。声を出すのって勇気がいることでしょ。

玉)合図を見かけたら「困っているのかも」って思うのが大事で、見かけたら声をかけてあげると、助けを求めている方かもしれないので。

右京)そのサインも僕らはわからないから、「お手伝いを必要としています」とか、そういう伝わりやすいものを全国的に一つの目印としてわかるようなことができればいいね。



番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguuu】までどうぞ!

今週の一曲

M やさしさで溢れるように 
 / JUJU      


ハピリー  17:06

2016年7月23日

7/23 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、そして自転車大好き!
そして、チャレンジスクールの校長先生でもある片山右京さんの登場です。


玉)来月8月の10~12日に、相模原市緑区のふるさと体験の森「やませみ」で行われる「片山右京チャレンジスクール」、今年は再開しますよって先月お伝えして、応募された方も多いんじゃないかって思うんですけど。

右京)応募は多くてやることはやるんですけど、ひとつ困った事態が出てきて・・・それが熊。
つい最近、3件も熊が近くに出て。昼間でたくさんの人数が登山ルートを歩いていたら、普通は鈴とかつけるのと同じように、熊は逃げるよねとは言っても、人のお子様を預かってのことだから万が一ということも考えて、奥深いところの道は修正しています。
それでもチャレンジすることは基本的に変わらないし、普通の家ではできないようなプログラムを自分で努力してやってみようってのは変わらないから。チャレンジすることは生きることなんで。いつも言っているように「少年よ、おじさんよ、道は前にしかない」ってね。

玉)子どもたちが自分たちで色々考えてやっていくようなチャレンジスクールになるって、先月言ってましたもんね。

右京)そうしたらとにかく応募が多いのが、ジュニアリーダーやりたいって子。楽しい参加型よりも、リーダーとか企画とかそういうスタッフとして携わりたいっていう方がね。今の子たちは意識が高くてしっかりしてるんだなあって思います。



今週のお便りコーナー

相模原市 47歳 男性 「トラドラ」さんからのメール

右京さん、玉ちゃん、おはようございます。
ロードバイクを買って1年が経ちました。
この1年、色んな所に行って、自分がどんな自転車乗りになるのかと、暗中模索の1年でもありました。
尾根幹をぶっち切るロードレーサーを目指すのか、はたまた軽量に軽量を施し、タイムを競うヒルクライマーを目指すのか。でも1年経って分かりました。
私はパン屋さん巡りが好きですし、温泉が好き、そして海も山も好きです。自転車でどこへ行こうかと計画を立てるだけでワクワクします。
例え、一日中自転車をこぎまくって、へとへとになって帰ってきたとしても、その充実感と達成感が大好きです。
自転車乗りには色々なタイプがいますが、自分がどういう方向を目指すのか、自転車を買って、乗ってみてから決めるのも、「アリ」ですよね。




右京さんのお答え

右京)でもこれは当然ですよ。
僕も富士ヒルクライムみたいなのは瞬間芸でやっているけど、それはライバルがいるから。
でもね、5年経って、10年経って、やっぱり自分を探すのもいいし、変わってくるのは当然だと思う。
変化していくだろうし、新しい自分と付き合うのもいいしね。
若い時から実業団みたいにやり続けるってことは自分で無理だってわかっているから。
自分も今はね、瞬間芸でヒルクライムをやるけど、一番ホットなのは温泉ライダー。
テレビの番組とかで芸能人の人がやっているみたいに、男連中で旅をして箱根行ったりね。そしてみんなで汗をかいて、着いてすぐ温泉入って、上がって乾杯して、美味しいもの食べて・・・。
次の日またサイクリングしながら、星の王子さまミュージアム行って、おじさん4、5人が甘いもの食べて、帰って来てまたねっていう旅をしたり。
でもその普通は無理でしょっていう長い距離を走破したり、そういう風に速く走るよりも楽しむっていうように変わってきているから。
同じかなっていう気がしますね。


番組では皆さんからの質問を受け付けています。
自転車に関すること、健康やエコに関すること、右京さんに相談したいことなど何でもOKです。
メールの方は、 tama@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送 【玉川美沙ハピリー Radio Koguu】までどうぞ!

今週の一曲

M  また明日 / JUJU  
    


ハピリー  22:33

2016年7月16日

7/16 Radio Koguuu! レポート!

レーシングドライバー、登山家、そして自転車大好き!
富士ヒルクライムを見事走り切った、片山右京さんの登場です。

玉)「富士の国やまなし 第13回マウント・富士ヒルクライム」(6月12日開催)お疲れ様でした。

右京)私にとって、この前の富士ヒルクライムは青春でした。
夏休みの少年のように、今中大介少年と25キロ弱走って、タイム差、コンマ12って(笑)

※右京さんは1時間13分29秒02、今中さんは1時間13分29秒16というタイムで完走。

玉)台本ですか(笑) ホントにそんなドラマが起こるんだぁって思いますよ。

右京)出走8000人以上いるちゃんとした大舞台で、僕と今中さん2人きり。
これは作戦失敗したんだけど、集団で走った方が風とかないから、そういう風にして、ちゃんと50代の年代別のところで、2人でやれば、同じくらいのペースで行け